シティが低迷セビージャを完膚なきまでに粉砕! ハーランドが対セビージャ3戦連続の2ゴール!《CL》

2022.09.07 06:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループG開幕節、セビージャvsマンチェスター・シティが6日にサンチェス・ピスフアンで行われ、アウェイのシティが0-4で圧勝した。

今季は昨季終盤から続く不振を引きずる形で、開幕1分け3敗と低迷するセビージャ。直近のバルセロナ戦では0-3というスコア以上の力の差を見せつけられる惨敗となり、早くもロペテギ監督の進退が騒がしくなる厳しい状況だ。そのバルセロナ戦の惨敗からのバウンスバックを図ったホームでの開幕戦ではメンバーと並びを大幅に変更。イスコを最前線、カルモナを2センターバックの右、テレスを左ウイングに置く[4-2-3-1]で臨んだ。

対するシティは直近のアストン・ビラ戦で1-1のドローに終わり、開幕から2試合ドローという取りこぼしはあるものの、4勝2分けの無敗と上々の序盤戦を過ごす。とりわけ、開幕6試合で早くも2桁ゴールに到達した怪物ハーランドの活躍が印象的だ。今週末には天敵トッテナムとのリーグ戦を控える中、グアルディオラ監督はビラ戦から先発3人を変更。負傷のストーンズとウォーカーに代えて、いずれも加入後初スタメンとなるセルヒオ・ゴメス、アカンジを起用。また、ギュンドアンに代えて負傷明けのグリーリッシュを左ウイングに置いた。
立ち上がりはセビージャの奇策がシティの混乱を生み、ホームチームが押し込む形を作り出すが、開始7分には右からのクロスに飛び込んだハーランドがいきなりフィニッシュに絡む場面を創出する。

以降はシティが主導権を握って押し込むが、セビージャも粘りの守備で決定機までは持ち込ませない。しかし、シチズンズが誇る新たなホットラインが圧巻のコンビネーションでゴールをこじ開けた。

20分、右サイドでボールを受けたフォーデンを追い越してボックス右に抜け出したデ・ブライネがGKとディフェンスラインの間に高速のピンポイントクロスを供給。これをファーに飛び込んだハーランドが左足のジャンピングボレーの形で合わせた。

ドルトムント時代から続く対セビージャの連続ゴールを3試合に更新するノルウェー代表の一撃で、早くも相手の守備的なゲームプランを破壊したシティ。以降はゲームコントロールを優先しながらも、要所で相手ゴールに迫っていく。30分にはボックス手前左の好位置で得たFKを名手デ・ブライネが直接狙うが、これはわずかに枠の左へ外れる。

前半終盤にかけてはセビージャが徐々に相手陣内でのプレーを増やし、試合はやや拮抗した展開に。シティはデ・ブライネを起点に幾つか良いシーンを作り出したが、追加点を奪うまでには至らなかった。

辛くも1点差を維持して後半に臨んだセビージャは、デラネイ、ラキティッチを下げてジョルダン、ラファ・ミルをハーフタイム明けに投入。イスコのファルソ・ヌエベから本職のストライカーを前に置く本来の戦い方に変更し、まずまずの入りを見せた。

対して後半も同じメンバーで臨んだシティは、開始直後にいきなりゴールに迫る。DFカルモナの不用意な飛び出しもあってハーランドとのパス交換で一気にディフェンスラインを破ると、ベルギー代表MFがGKと一対一の絶好機を迎えるが、ゴール左隅を狙ったシュートはGKボノの見事なセーブに阻まれた。

絶好機を逸したシティだったが、後半最初のゴールは圧倒的な個人技で奪い切る。58分、カウンターの形からボックス右のカンセロが中央のフォーデンに足元にマイナスのパス。ゴールを背にしたフォーデンは細かいターンで無理やりシュートコースを作ると、グデリの股間を抜く見事な左足のシュートをゴール右下隅へ流し込んだ。

この2点目で勝利に大きく近づいたアウェイチームは、気落ちするホームチームに対して畳みかける。67分に再びカウンターの形から長い距離を持ち上がったフォーデンがボックス手前からシュート。これはGKボノの好守に遭うが、こぼれ球に詰めたハーランドが難なくゴールネットへ流し込み、対セビージャ3試合連続2ゴールとした。

これで勝利を確信したグアルディオラ監督は、グリーリッシュに続きハーランド、フォーデンの殊勲の若手2人をベンチに下げてパーマーとアルバレスを、78分にはデ・ブライネ、ロドリも下げてマフレズ、フィリップスを投入。週末のトッテナム戦を睨んだ戦い方にシフトした。

一方、ホームで意地を見せたいセビージャはドルベリ、ヤヌザイといった新戦力をピッチに送り出すが、ゴールが遠い。

その後、シティは試合終了間際の92分にもセットプレーの流れからカンセロの右からの折り返しをゴール前のルベン・ディアスがワンタッチで流し込み、トドメの4点目とした。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、セビージャキラーのハーランドの2ゴールの活躍などでホームチームを粉砕したシティが最高のスタートを切った。

関連ニュース
thumb

シティが再び来日か…この夏に日本&タイを巡るツアー

マンチェスター・シティがこの夏に再び来日するようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今季のプレミアリーグでこそアーセナルに上を走られているが、近年は強さを誇示するシティ。2019年夏のプレシーズン中にアジアツアーの一環で来日したが、今夏も来季に向けた準備で日本を訪ねるという。 今年7月中旬に行われるとされる今回のアジアツアーでは日本のほかにも、タイを訪問する予定。計画はまだ未確定ながら、日本により長く滞在して、短期間の訪問地としてタイに移動する見込みとのことだ。 2019年夏の来日時はシティ・フットボール・グループの繋がりで横浜F・マリノスと対戦。横浜FMが前半のうちにMF遠藤渓太のゴールで一時追いついたが、そこからシティが引き離して、3-1で勝利している。 なお、Jリーグは先月、今年7月にJリーグワールドチャレンジと銘打ち、海外の強豪クラブを招いて試合を行うと発表済み。その参戦クラブがシティなのか。正式発表が待たれる。 2023.02.03 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第22節プレビュー】各新戦力らの活躍に注目! シティは指揮官不在のスパーズと激突

EFLカップやFAカップを挟んで2週間ぶりの開催となるプレミアリーグ。この間に移籍市場が閉幕し、大小様々な取引が行われた。とりわけチェルシーは欧州全体で市場の主役に。総額510億円を費やしてムドリクやエンソ・フェルナンデスを獲得した。 要注目のチェルシーの試合は金曜日開催。相手は戦力では大きく劣るフルアムだが、順位では10位のチェルシーに対して7位と3つ上。プレミアリーグでの通算成績でもわずか2勝だが、現在のブルーズにとっては丁度良い相手だろう。新戦力たちの活躍も楽しみだが、ポッター監督によると負傷離脱していたベン・チルウェル、リース・ジェームス、ラヒーム・スターリング、ルーベン・ロフタス=チークのイングランド人たちが復帰する予定。上位浮上の追い風にしたいところだ。 そのチェルシーから大黒柱のジョルジーニョを獲得したアーセナルはアウェイでエバートンと対戦する。トロサールやキヴィオルに続く今冬3人目の補強はロンドンの宿敵からとなった。優勝に向けて強力な援護射撃となったが、FAカップ4回戦ではリーグ戦でもライバルのマンチェスター・シティに敗戦。これで調子が崩れなければいいが…。 アーセナルを5ポイント差で追うシティはアウェイでトッテナム戦。5ポイント差だが消化試合は1試合多く、これ以上の取りこぼしは許されない状況だ。上述のようにFAカップでアーセナルを下しているため、15日に行われる第12節分のアーセナル戦に向けて良い感触を掴んだに違いない。もちろんトッテナムは手強い相手だが、ここで躓いてはいられない。 前回対戦からわずか3週間での対戦となる両者。先月19日に行われた第7節分の一戦では4-2で敗れたトッテナムは、その後のフルアム戦、FAカップのプレストン戦の連勝で挽回して見せた。だが、先日にコンテ監督が胆嚢摘出のための緊急手術を受け、しばらくマネジメントから離れることに。サイドラインの闘将の不在はどのように影響するのだろうか。一方で、ダンジュマとペドロ・ポロの新戦力のデビューは楽しみなところだ。 4位のマンチェスター・ユナイテッドはクリスタル・パレスをホームに迎え撃つ。前節はアーセナルに敗れ公式戦11試合ぶりの黒星がついたが、その後、EFLカップとFAカップでぞれぞれノッティンガム・フォレストとレディングを退け次のステージへ。EFLカップでは決勝でニューカッスルと対戦する。その勢いをリーグに持ち込みたいところだが、主力のエリクセンが足首のケガで3カ月の離脱を強いられることに。代わりにバイエルンからレンタルしたザビツァーに期待したい。 リバプールはアウェイでウルブスと対戦する。前節は共に不調同士のチェルシーと0-0の引き分けを演じ、痛み分けとなった。ただ、次のFAカップ4回戦のブライトン戦では三笘薫にゴールを奪われるなどして敗戦。公式戦ここ6試合でわずか1勝と体たらくが続いている。移籍市場でもガクポに続く援護射撃は受けられず。加えて、コナテがハムストリングを負傷で3週間の離脱に直面しており、厳しい状況が続いている。 ◆プレミアリーグ第22節 ▽2/3(金) 《29:00》 チェルシーvsフルアム ▽2/4(土) 《21:30》 エバートンvsアーセナル 《24:00》 アストン・ビラvsレスター ブレントフォードvsサウサンプトン ブライトンvsボーンマス マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレス ウォルバーハンプトンvsリバプール 《26:30》 ニューカッスルvsウェストハム ▽2/5(日) 《23:00》 ノッティンガム・フォレストvsリーズ 《25:30》 トッテナムvsマンチェスター・シティ 2023.02.03 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ペップもカンセロとの確執を否定「彼は全ての試合に出場したいと思っていた」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がバイエルンへ電撃移籍したポルトガル代表DFジョアン・カンセロについて言及した。 移籍期限最終日にバイエルンへ買い取りオプション付きのレンタルで加入したカンセロとの間に確執があったのではないかとの憶測もあったが、カンセロ本人に続き、グアルディオラ監督も否定している。 「ワールドカップ後、我々は異なるシステムを使い、別の選手にチャンスを多く与えた。各選手に独自の個性があり、カンセロはプレーするのが大好きな選手だ。彼が幸せを感じるにはプレーする必要がある。彼は全ての試合に出場したいと思っていた。それがバイエルンえ実現することを願っている。彼の健闘を祈るよ」 グアルディオラ監督の言及通り、カタール・ワールドカップ後、カンセロは控えに回る機会が多くなった。プレミアリーグでは6試合中2試合の先発に留まり、3試合は出場機会すらない状況だった。 2023.02.03 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「10億ユーロの価値がある」辣腕代理人ライオラ氏の後を継いだピメンタ氏がハーランドについて言及、自身の仕事も語る「移籍できなかったことは一度もない」

サッカー界の辣腕代理人として名を馳せながらも昨年4月に他界したミーノ・ライオラ氏。25年間にわたりパートナーとして働き、現在は後を継いで代理人を務めているラファエラ・ピメンタ氏がスペイン『マルカ』のインタビューに応えた。 ピメンタ氏は、サンパウロ出身。国際法を専門としていた弁護士モナコにあるライオラ氏が構えたオフィスを引き継いだ。 2022年4月に急逝したライオラ氏。顧客である選手たちがいる中で、世界でも有数の代理人の後を継ぐことになったが、「他に選択肢はなかった」と語り、「ミーノに起こったことは予想外だった」と当時を振り返った。 ライオラ氏からは、この仕事について言及されたといい「このパートナーシップは義務ではない。やりたくなければ、この重い物を運ばなくて良い。幸せになることをするべきだ。続けたいならばそれで良い。もしもやりたくないならばだ」と、代理人業を引き継ぐかどうかを選んで良いと言ってくれたという。 その中で、現在の顧客で最も価値がある1人がマンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(22)。驚異的なゴールの記録を残しており、初挑戦のプレミアリーグでも大暴れしている。 ピメンタ氏は「彼のことを考えると笑わずにはいられない。彼は陽気な男の子」とコメント。「それは彼の1つの側面であり、もう1つの側面はとてもプロフェッショナルで、真剣に仕事に取り組んでいる」と、若さもありながら、フットボーラーとしてのプロフェッショナルさもあるとした。 昨夏にはドルトムントからレアル・マドリーに移籍するのか、シティに移籍するのかが話題となった中、シティへと移籍が決まった。 ハーランドの今の価値について問われたピメンタさんは「私にとってハーランドは10億ユーロ(約1415億円)の価値がある。多分、誰もそれを支払うつもりはないでしょうけど、彼がクラブにやってきた時の可能性ということ。ファンやゴール、結果、プロフェッショナリズム、デジタルコンテンツ、知名度、スポンサーなど、全てを合わせればそれぐらいの価値になる」とコメント。「ただ、実際の選手の価格はクラブによって設定される。選手に7億ユーロも払う人がいないことはわかっているけど、クラブにアーリングが来た時の価値は計り知れないものであり、少なくとも10億ユーロの価値があると思う」と、複合的に考えた価値は計り知れないとした。 そして選手が移籍を望めばできるのかということについては、「25年間、この代理人として全ての契約を結んできた。選手が『行きたい』と言って、行けなかったということは一度もなかった」とコメント。選手の希望を受けて、契約をまとめることが仕事だとした。 2023.02.02 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「可愛すぎて」「ブラックが逆に斬新」シティ長谷川唯が新たな相棒公開!靴合わせた黒コーデにスパイクの差し色も映える

マンチェスター・シティに所属するなでしこジャパンのMF長谷川唯が新スパイクを披露した。 今夏にウェストハムからシティへと加入し、アンカーとしての新境地を切り開いた長谷川。10月のデビュー戦以降はチームも負けなしと、豊富な運動量と戦術眼で存在感を発揮し、1月にはリーグの月間最優秀選手賞にもノミネートされた。 1月29日に誕生日を迎えたばかりの26歳は、1日にインスタグラムを更新。「New さらに履きやすくなった新しいCOPA」と綴り、新たな相棒を公開した。 漆黒のレザーにアディダスのロゴ、かかとやスタッドの一部で映える鮮やかなピンクは「COPA PURE+ FG」。コアブラックのブーツに合わせるように、長谷川自身も黒のコーデで登場している。 アディダス公式が「アディダスと共に、さらなる高みへ」と反応すれば、ファンからも「やっぱりCOPAが似合いますねー!」、「今となってはブラックが逆に斬新ですね」、「可愛すぎて」、「W杯でゴールの量産お願いします」、「カッコいいよ」などの賛辞やエールが送られた。 なでしこジャパンは2月16日からはアメリカでのSheBelieves Cupに臨み、各国のメンバーは続々と発表に。日本はまだ発表されていないが、順当ならば長谷川も選出されるだろう。遠征での活躍、さらには7月のオーストラリア&ニュージーランド・女子ワールドカップ(W杯)へ向けても、新スパイクでの躍動が期待される。 <span class="paragraph-title">【写真】長谷川唯が新スパイク披露、合わせた黒コーデで登場</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoHho7_MNxh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoHho7_MNxh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoHho7_MNxh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">長谷川唯/Yui Hasegawa(@yui___hasegawa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.02 18:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly