山口のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性に…咽頭痛、倦怠感の症状

2022.09.06 14:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
レノファ山口FCは6日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

当該スタッフは本日6日に咽頭痛、倦怠感の症状があり、医療機関で検査を受けたところ陽性判定に。現在は適切な対策のもと、療養しているとのことだ。

なお、クラブによると濃厚接触者はいないと報告している。

関連ニュース
thumb

山口、長期離脱中のMF石川啓人と契約更新 「しっかりとケガを治して、勝利に貢献できるように」

レノファ山口FCは5日、MF石川啓人(24)の契約更新を発表した。 サガン鳥栖の下部組織で育った石川は2016年にトップチームデビュー。その後はなかなか出場機会を得られず、ロアッソ熊本を経て2021年に山口入りを果たすと、初年度から明治安田生命J2リーグで40試合に出場した。 今シーズンもリーグ戦14試合でプレーするなど出番を得ていたが、8月に右ヒザの外側半月板を断裂。全治6カ月程度と診断され、残るシーズンを棒に振ることになった。 それでも、山口との契約更新が発表された石川は、クラブを通じて早期復帰と来季の活躍に対する意気込みを述べている。 「今シーズンたくさんの応援をありがとうございました。まずはしっかりとケガを治して、来シーズンは開幕からレノファ山口の勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.05 11:11 Mon
twitterfacebook
thumb

山口が今季2度の負傷離脱を経験したFW大槻周平と契約更新「自分らしく楽しんで頑張りたい」

レノファ山口FCは1日、FW大槻周平(33)との契約更新を発表した。 大槻は京都府出身で、福知山成美高校から大阪学院大学へと進学。2012年に湘南ベルマーレに入団した。 その後、ヴィッセル神戸、モンテディオ山形、ジェフユナイテッド千葉でプレー。2021年8月に期限付き移籍で山口に加入すると、今シーズンからは完全移籍に切り替わっていた。 今シーズンは4月に右ハムストリング肉離れ、8月には右ヒザ内側側副じん帯損傷と2度の負傷離脱を経験。明治安田生命J2リーグで19試合に出場し3得点、天皇杯で2試合に出場していた。 大槻はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンたくさんの応援ありがとうございました。今年は怪我を二回してしまい、その時にたくさんの人から「大丈夫?早く戻ってきてね」と言われたことが本当に励みになりました」 「今年の悔しさを生かし、来年は必ず結果で恩返しできるよう自分らしく楽しんで頑張りたいと思います。やまぐち一番をたくさん踊りましょう!」 2022.12.01 13:47 Thu
twitterfacebook
thumb

山口が大卒2年目のDF高橋秀典、MF神垣陸と契約更新

レノファ山口FCは25日、DF高橋秀典(24)、MF神垣陸(24)との契約更新を発表した。 高橋は青森山田高校、大阪体育大学を経て、2021年に山口に入団。今シーズンは明治安田生命J2リーグで13試合に出場。天皇杯で1試合に出場した。 神垣は尚志高校から桐蔭横浜大学を経て、2021年に山口に入団。今シーズンはJ2で26試合に出場。天皇杯でも2試合でプレーした。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF高橋秀典 「来シーズンもレノファ山ロでプレーさせていただくことになりました。スポンサー様、ファン・サポーターの皆様、まずは今シーズンもレノファ山口に多大なるご支援、ご声援をありがとうございました」 「何不自由なくサッカーができること、スタジアムにはたくさんの方々に足を運んでいただき、応援していただき、チャントや声援が響き渡る中プレーできることに感謝し、喜びを噛みしめながら来シーズンもプレーしていきます」 「点を取った時、身体を張ってゴールを守った時、試合に勝った時のあの興奮、感動を来シーズンはより多くお届けできるよう精進していきます。来シーズンも共に戦いましょう!よろしくお願いいたします」 ◆MF神垣陸 「来シーズンもレノファ山口でプレーさせていただくことになりました。今シーズン、チームで目標としていた順位で終わる事はできず、個人としても怪我で終わってしまい悔しさの残るシーズンとなりました」 「そんな中、常に温かい言葉をかけてくださり、1年間共に戦ってくれたファン・サポーターの皆さんには感謝しかありません。来シーズン、成長した姿を皆さんに見せられるように、より覚悟を持ってレノファ山口の為に戦います。応援よろしくお願いします」 2022.11.25 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

山口GK寺門陸が期限付き延長! 横浜FMから加入3年目へ

レノファ山口FCは23日、GK寺門陸(20)の育成型期限付き移籍期間延長を発表した。新たな加入期間は2024年1月31日まで。横浜F・マリノスとの公式戦に出場不可となる。 寺門は横浜FMのアカデミー出身で、2021年にトップチーム昇格。そのまま山口に育成型期限付き移籍で貸し出され、今季は明治安田生命J2リーグ6試合に出場した。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆レノファ山口FC 「来シーズンもレノファ山口FCでプレーさせて頂くことになりました。レノファ山口の選手として戦う3年目、覚悟と責任を持って勝利に貢献し、レノファ山口FCのファン、サポーターの皆さんと共にJ1昇格できるように全身全霊で頑張ります。来シーズンも熱く最高の応援で後押し宜しくお願いします!!」 ◆横浜F・マリノス 「来シーズンも引き続きレノファ山口FCに期限付き移籍することになりました。今シーズン、F・マリノスがJリーグで優勝している姿を見て凄く刺激を受け、僕自身ももっと成長しなければいけないと感じましたし、3年目の期限付き移籍になるので、覚悟を結果で示せるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします」 2022.11.23 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

今季J2で16位の山口、3選手との契約更新を発表「より結果にこだわり覚悟を持ってプレー」

レノファ山口は21日、DF上本銀太(19)、MF吉岡雅和(27)、FW河野孝汰(19)の契約更新を発表した。 岡山県出身の上本は、東海大学付属福岡高校から今シーズン山口に加入。明治安田生命J2リーグこそ出場はなかったが、6月に行われた天皇杯2回戦の水戸ホーリーホック戦に出場し、プロデビューを飾った。 吉岡は2017年に駒澤大学からV・ファーレン長崎に加入すると、カターレ富山、アビスパ福岡を経て今シーズンから山口入り。初年度からポジションを掴み、明治安田生命J2リーグで29試合に出場した。 ジュニアユース時代から山口の下部組織に所属する河野は、2019年からトップチームでプレー。今季は昨年に負った左アキレス腱断裂の影響で多くの試合を欠場し、リーグ戦3試合の出場にとどまった。 来季も山口でプレーすることが決まった3選手は、クラブを通じて意気込みを語っている。 ◆上本銀太 「来シーズンもレノファ山口でプレーさせてもらうこととなりました。レノファ山口の勝利のために全力で戦いますので、応援よろしくお願いします!」 ◆吉岡雅和 「来シーズンもレノファ山口でプレーさせていただくことになりました。まずは今シーズン、スポンサーの皆様、ファン・サポーターの皆さん、多大なご支援・ご声援ありがとうございました。チームとして目標としていた順位には届きませんでしたが、皆さんの声援のおかげで、ホームでの勝利や劇的な勝利が多かったと思います」 「僕自身、体調を崩したり、サッカーができないことが続いた時、皆さんからいただいた温かいメッセージで前を向くことができました。試合時に、ゲーフラやユニフォーム・タオル等掲げてくれた事にもすごく元気をもらいました。感謝しています。そして、まだ個人的にレノファ山口でのゴールがないので、そのチャンスをもらえてすごく嬉しいです」 「来シーズンは、より結果にこだわり覚悟を持ってプレーします。徐々に規制も緩和されてきたので、直接皆さんと会話出来る日が来ることを願ってます。来シーズンも共に戦いましょう」 ◆河野孝汰 「来シーズンもレノファ山口でプレーさせてもらうことになりました。今シーズンは怪我で長い期間ピッチから離れて、チームのために結果を残すことはできなかったですがこの期間で感じた悔しさだったりサッカーをする幸せを忘れず山口のために全力で戦います!」 「来シーズン覚悟を持って自分にとって実りある1年にできるよう、結果を求めてやっていきます!来シーズンも熱い応援よろしくお願いします!」 2022.11.21 12:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly