【プレミア注目プレビュー】3連勝で復調ユナイテッドと開幕5連勝の絶好調アーセナルが激突!

2022.09.04 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第6節、マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルが、日本時間4日24:30にオールド・トラッフォードでキックオフされる。開幕連敗からの3連勝と出入りの激しい序盤戦を過ごす赤い悪魔と、開幕5連勝で首位をキープする絶好調のガナーズによる注目のビッグマッチだ。テン・ハグ新監督の下で捲土重来を期すシーズンに臨むユナイテッドだが、開幕2試合はブライトン、ブレントフォードに低調なパフォーマンスで連敗する最悪なスタートに。それでも、負傷者続出とはいえ格上のリバプール相手のホームゲームで会心の今季初勝利を挙げると、以降はサウサンプトン、レスター・シティを相手に内容面で課題を残しながらも2試合連続の1-0の勝利で3連勝を達成した。

自身の理想をひとまず脇に置き、守備の安定を最優先としたオランダ人指揮官の確かな手腕に加え、移籍市場終盤にはMFカゼミロ、FWアントニーと2人の実力派を獲得し、ここに来て名門復活への機運が高まる。その良いムードで迎える今季2度目のビッグマッチでは、リバプール戦同様に相手が手負いの状況にあるため、首位チームをきっちり叩いて上位浮上への足掛かりとしたい。
対するアーセナルは就任4年目となるアルテタ監督による長期的なプロジェクトが実を結び始め、開幕から唯一の5連勝で首位に立つ。ここまではボーンマスやレスターといった対戦相手に恵まれた部分もあるが、新エースのガブリエウ・ジェズスやジンチェンコが持つ勝者のメンタリティによって、これまででは勝ち点1どまりでもおかしくなかった接戦を勝ち切れている部分に大きな成長を感じる。

今季初のビッグマッチに向けては補強の失敗に加え、負傷者続出のボランチを中心に手負いの状況での戦いとなるが、アルテタのチームがトップ4フィニッシュではなく本気でリーグタイトルを目指すうえでは勝ち点3を持ち帰りたいところだ。

なお、昨シーズンの両者の対戦成績は1勝1敗の五分。ユナイテッドのホームゲームではFWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールの活躍もあり、ホームチームが3-2で勝利。一方、アーセナルのホームゲームではFWサカに加え、DFタヴァレス、MFジャカと伏兵2人がゴールを挙げたノースロンドンのチームが3-1の勝利を収めている。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:デ・ヘア
DF:ダロト、ヴァラン、マルティネス、マラシア
MF:エリクセン、カゼミロ
MF:サンチョ、ブルーノ・フェルナンデス、エランガ
FW:ラッシュフォード

負傷者:DFショー、ワン=ビサカ、ウィリアムズ、FWマルシャル、ペリストリ
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはマルシャルが引き続き欠場となる他、軽傷を抱えるショーとワン=ビサカの両サイドバックも欠場の可能性がある。

スタメンに関しては中2日の過密日程を考慮し、数人の入れ替えを予想。中盤ではマクトミネイに代わって、直近2試合途中出場のカゼミロが満を持して初スタメンとみる。また、アーセナルをリスペクトした場合、エリクセンに代えてより守備的なフレッジをカゼミロとのセットで起用する可能性もある。

前線はプレータイムをコントロールしていることもあり、引き続きサンチョ、エランガ、ラッシュフォードの起用を予想。ただ、エランガに代えてクリスティアーノ・ロナウドを起用し、ラッシュフォードを左に配置する形も想定される。エールディビジ史上最高額での加入となったアントニーはベンチスタートが濃厚だ。

◆アーセナル◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ラムズデール
DF:冨安健洋、サリバ、ガブリエウ、ティアニー
MF:ホワイト、ジャカ
MF:サカ、ウーデゴール、マルティネッリ
FW:ガブリエウ・ジェズス

負傷者:GKラムズデール、DFジンチェンコ、MFトーマス、エルネニー、ウーデゴール、FWネルソン
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはジンチェンコ、トーマス、エルネニーの3選手が引き続き欠場となる。さらに、アストン・ビラ戦でそれぞれ太もも、足に軽傷を負った守護神ラムズデール、主将ウーデゴールにも欠場の可能性がある。

スタメンに関してはラムズデール、ウーデゴールがプレー可能と仮定して前述のメンバーを予想。仮に起用が難しい場合は、新加入のGKターナーがデビューを飾り、スミス・ロウがキャプテンの代役を担うことになる。

ビラ戦と全く同じメンバーの可能性も十分に考えられるが、守備面で大きな不安要素となるサンビ・ロコンガに代えてホワイトを中盤で起用し、冨安健洋を右サイドバックで初先発させるとみる。

★注目選手
◆マンチェスター・ユナイテッド:MFカゼミロ
Getty Images

ビッグマッチで満を持してのスタメンデビューへ。モドリッチ、クロースと黄金の中盤形成し、レアル・マドリーの多くのタイトル獲得に貢献したカゼミロ。しかし、今夏の移籍市場終盤に届いたユナイテッドからの好オファーを受け入れ、30歳にして自身初のプレミアリーグ挑戦を選択した。

ここまではコンディションや戦術への適応を考慮され、サウサンプトン、レスター戦ではリード時のクローザー役という限定的な役目を担う。投入時にチームがガス欠気味ということもあり、攻撃面での本領発揮には至らないが、持ち味のボール奪取、的確なプレー判断と百戦錬磨のホールディング・ロールとしての存在感を早くも示す。そして、満を持してのスタメンデビューが期待される今回のアーセナル戦では、好調な相手に対して攻守両面での本領発揮が期待されるところだ。

年功序列の傾向が強いセレソンにおいて後輩である3人のガブリエウに睨みを利かせつつ、マドリーの後輩であるウーデゴール(スミス・ロウ)というトップ下の選手をきっちり抑え込みたい。攻撃ではまだまだ不安定なビルドアップの起点となりつつ、B・フェルナンデス、エリクセンという名プレースキッカーが揃う中で攻撃時のセットプレーでも勝負強さを発揮したい。

◆アーセナル:FWガブリエウ・ジェズス
Getty Images

かつての宿敵相手に新エースとしての真価試される。今夏の移籍市場でハーランド、アルバレスと2人のストライカーを加えたマンチェスター・シティを去り、多くのオファーが舞い込んだ中でアーセナル行きを決断したジェズス。かつて指導を受けたアルテタの熱心なラブコールもあり、CL出場やタイトルへの野心を脇に置き、定期的なプレータイム、エースとしてのプレーを求めた25歳は、ここまで自身の選択の正しさを個人としてもチームとしても証明している。

プレシーズンの大活躍によってすぐさまエースとしての信頼を獲得すると、ここまでの5試合では3ゴール3アシストを記録。その数字以上に攻守両面での存在感が際立つ。

わずか数試合でオーバメヤンやラカゼットといったかつてのエースストライカーの存在を完全に忘れさせるブラジル代表FWだが、やはり真のエースとなるためにはビッグマッチでの活躍が必須。

シティ時代の対ユナイテッドとのリーグ戦は通算9試合に出場。しかし、ここまでゴールもアシストもなく、対戦成績でも3勝2分け4敗と負け越している。したがって、アーセナルのプレーヤーとして臨む最初のゲームでは初ゴールを奪い、チームを6連勝に導きたい。

関連ニュース
thumb

負傷のブスケッツ、最低でも15日間離脱か…ELユナイテッドとの1stレグは厳しく

バルセロナの元スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツは数週間の離脱を余儀なくされるようだ。 契約最終年の契約状況もあって去就が注目されるなか、今季も中盤の要として存在感を放つブスケッツ。5日にホームで行われたセビージャとのラ・リーガ第20節も先発したが、開始から間もなくして左足を捻り、わずか8分間のプレーで交代した。 クラブからはまだ何のアナウンスもないが、スペイン『アス』によると、ドレッシングルームでの初診ではグレード2と診断。すべては検査を受けてみてどうかというところだが、現時点で少なくとも15日間の離脱が見込まれているという。 今月中旬にはマンチェスター・ユナイテッドを相手にヨーロッパリーグ(EL)プレーオフの2試合が予定され、16日にホームで1stレグが開催。だが、今のところ、ブスケッツの1stレグに出場するのは現時点でかなり怪しい状況とのことだ。 2023.02.06 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

コロ・ムアニにユナイテッド&バイエルン関心… 母国メディアはドイツ王者行きを危惧?

フランクフルトのフランス代表FWランダル・コロ・ムアニ(24)は、ビッグクラブからの関心が高まっているようだ。 コロ・ムアニはU-24フランス代表として2021年の東京オリンピック、A代表として昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)に出場。昨夏に加入したフランクフルトでは公式戦27試合で12得点13アシストと出色のパフォーマンスを披露している。 そんな年々うなぎ上りの24歳をビッグクラブが放っておくはずもなく、すでにマンチェスター・ユナイテッドとバイエルンが関心を寄せる。今夏に移籍する可能性も考えられるが、フランス『フットメルカート』いわく、容易に獲得できるクラブはないという。 コロ・ムアニの契約は2027年6月まで。フランクフルトは今季手に入れたばかりのエースを手放すつもりは毛頭なく、1億ユーロ(約142億2000万円)という巨額の値札をつける意向とされる。 また、『フットメルカート』はバイエルン移籍ならリスクを孕むと主張。「ユリアン・ナーゲルスマン監督が来季意向も職にとどまるか怪しい」とし、コロ・ムアニのキャリアの歯車が狂う危険性が高いのではないかと危惧している。 最後は「コロ・ムアニを欲しいクラブはXXLの努力をしなければならない」と締めくくった。 <span class="paragraph-title">【動画】コロ・ムアニのバイエルン戦豪快ショットを至近距離から</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Just Kolo Muani things<a href="https://twitter.com/hashtag/SGE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SGE</a> <a href="https://t.co/JsMRlTpfqv">pic.twitter.com/JsMRlTpfqv</a></p>&mdash; Eintracht Frankfurt (@Eintracht) <a href="https://twitter.com/Eintracht/status/1621236275507302404?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 16:27 Mon
twitterfacebook
thumb

29歳で代表引退… ヴァランがユナイテッドに集中する意向を強調「今季の終わりに向けて…」

フランス代表からの引退を表明したマンチェスター・ユナイテッドDFラファエル・ヴァランだが、再び引退理由に言及した。フランス『フットメルカート』が伝える。 フランス代表で通算93キャップを誇り、ロシア・ワールドカップ(W杯)の優勝、カタールW杯の準優勝には欠かせぬ存在だったヴァラン。先日2日に29歳での代表引退を表明した。 引退理由については「今が相応しいタイミング。新しい世代にバトンを渡す」と自身のSNSに記していたが、フランス『Canal+』のインタビューで再度問われると、今はユナイテッドに集中したいとの旨を語った。 「カタールW杯はひざまづいて終える形になった。もしアルゼンチンに勝っていたら、直後に発表していただろう。僕はフランス代表に持てる全てを与えてきたから、これはキャリアで最も重要な決定だよ」 「これまでその時々を精一杯生きてきた。今はユナイテッドでのシーズンの終わりに向けて全集中を傾けるべき時さ。去年の6月は失意に沈んでいたからね」 ユナイテッド加入1年目の昨季は失意のシーズンとなったためか、複数のタイトル獲得に可能性を残す今季に集中していると語ったヴァラン。一方、代表引退は愛する両親や家族の存在もあったと暗示した。 「僕は13歳で家を出た。家族のもとに戻ると、そこから離れたくなくなることがある。息が詰まる思いになるんだ。そんな時にコーチと電話するのは、少ししんどい」 どうやら、少しでも家族と過ごす時間を増やしたかったようだ。 2023.02.06 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

序列低下も姿勢に変化なし、テン・ハグ監督がマグワイアと対話 「プレー機会は増える」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督はイングランド代表DFハリー・マグワイア(29)に信頼を置いているようだ。 ユナイテッドの主将を務めるマグワイアだが、昨夏のテン・ハグ監督就任後はセンターバックのサブに降格し、スタメン出場の機会が大幅に減少。4日に行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦も守備固め要員として3分間の出場にとどまった。 1月はインテルなどへの移籍も取り沙汰されたが、ユナイテッドでのタイトル獲得にこだわり、退団を除外。イギリス『サン』によると、テン・ハグ監督もそんなマグワイアの残留を強く要望しており、序列が下がってもネガティブな態度を見せない29歳に感銘を受けてきたという。 また、移籍期間中にはマグワイア本人に「シーズン後半戦の過密日程に対応するため、プレー機会はより増えるだろう」と、起用プランを説明したとのこと。ユナイテッドはすでに消化した2試合を含め、2月だけで公式戦8試合が予定されている。 2023.02.05 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ、デビューのザビッツァー評は…? 「あのような選手はうちに必要」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がデビューのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを評価した。 今冬のデッドラインデイに降って沸いたような移籍話から、瞬く間にバイエルンから加入が決まったザビッツァー。移籍から1日のセッションしかこなしていないものの、MFクリスティアン・エリクセンのほか、MFスコット・マクトミネイ、そしてMFドニー・ファン・デ・ベークが離脱中のボランチ陣が手薄さを極めるとあって、4日にホームで行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦でさっそくメンバー入りした。 そんなC・パレス戦は2-1でユナイテッドが逃げ切り勝ち。後半途中の乱闘騒ぎからMFカゼミロの一発退場で荒れ試合となってしまったが、85分からMFアントニーとの交代でユナイテッドデビューを果たして、チームが数的不利とあって、後ろに重たい展開となるなか、ボールを受ければ、しっかりとの中継役になろうとするなど、一定の存在感を示した。テン・ハグ監督もクラブ公式チャンネル『MUTV』で好印象を口にした。 「そうだね。彼はフットボールというものを理解している。最初からそれが見られ、トレーニングからそうだった。よくやったし、ボールを持っても落ち着いていて、守り方も知っている。試合を理解し、適切なスピリットを持つあのような選手はうちに必要だ」 荒れ模様の難しい試合展開のなか、短い時間ながら中盤で動きをつけ、ボールによく絡んだザビッツァー。ユナイテッドとの契約は買取オプションなしの半年ローンだけに、今後のパフォーマンス次第で完全移籍の動きもあるかもしれない。 2023.02.05 17:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly