カゼミロデビューのユナイテッドが辛勝で今季初連勝! ブルーノ弾で昨季から続くアウェイ連敗を「7」でストップ《プレミアリーグ》

2022.08.27 22:32 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第4節、サウサンプトンvsマンチェスター・ユナイテッドが27日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが0-1で勝利した。

ユナイテッドは前節、守備陣の奮闘に攻撃陣の決定力に加え、チーム全体のハードワークが光る会心のパフォーマンスをみせ、リバプールとの開幕未勝利対決に2-1で勝利。開幕連敗をストップすると共にテン・ハグ新体制で待望の初白星を手にした。

その初勝利を追い風に連勝を目指す今節は、同じく前節レスター・シティを相手に初勝利を挙げたセインツとアウェイで対峙。オランダ人指揮官はリバプール戦と全く同じスタメンを採用し、注目のカゼミロはクリスティアーノ・ロナウドらと共にベンチスタートとなった。
共に今季初白星を手にしたことで、アグレッシブな形で試合に入る。アウェイのユナイテッドがボールを握って押し込む入りとなるが、サウサンプトンも集中した守備で攻撃を撥ね返しつつカウンターでチャンスを窺う。

以降、サウサンプトンがより相手ゴールに迫りながらも決定機まであと一歩という状況が続く中、先にチャンスを作ったのはユナイテッド。20分、ボックス手前右でマクトミネイが入れたクロスをゴール前のブルーノ・フェルナンデスが頭で折り返す。ゴール右で反応したエランガに絶好機も、ここはシュートをGKバズヌに見事な反応で阻まれる。さらに、こぼれ球にB・フェルナンデス、エリクセンが詰めるが、いずれのシュートも相手守備陣の決死のブロックに阻止された。

この決定機をキッカケに一気に流れを引き寄せたいユナイテッドだったが、引き続きボールを握るものの、前線への効果的な配球は少なくラッシュフォード、エランガの存在感のなさが目立つ中、左サイドのサンチョの個人技以外に攻め手を見いだせない。

一方、前半半ばを過ぎた辺りからカウンター以外に遅攻での崩しも増えてきたホームチームは、31分に右CKからファーでこぼれに反応したベラ=コチャプが最初の際どいシュートを放つと、以降は最前線のアダムスが良い形でボールを引き出して幾度もフィニッシュまで持ち込む。だが、最後の精度を欠いて先制点を奪うまでには至らなかった。

互いに攻撃面の停滞感が漂う中、試合はゴールレスで後半へ突入。立ち上がりは開始直後にマクトミネイが鋭い枠内シュートを放つなど、アウェイチームが優勢な入りを見せる。すると、55分には右サイドでエランガ、サンチョ、ダロトと細かな連携から低いクロスが上がると、タイミング良くボックス中央へ走り込んできたB・フェルナンデスが右足のインサイドを使った巧みなダイレクトシュートをゴール左下隅へ流し込んだ。

B・フェルナンデスの今季初ゴールで先制に成功したユナイテッドだが、ここからホームチームの攻撃に対して受け身の展開に。

早い時間帯の同点ゴールを目指すサウサンプトンは、ボールを完全に握って押し込む。66分にはボックス左でアダム・アームストロングが強引に左足で上げたクロスをゴール前のアリボがヘディングシュート。だが、これはGKデ・ヘアが見事な反応で阻止。さらに、こぼれ球をフリーのウォーカー=ピータースが頭で狙うが、枠の上に外れた。

以降も守勢が続くユナイテッドはサンチョを下げてC・ロナウド、80分にはエランガを下げて注目のカゼミロをピッチに送り出し、痺れる状況でデビューさせる。一連の交代でカウンターを狙いつつ試合を落ち着かせることに成功した。

だが、最少得点差のまま試合は最終盤に突入すると、長身センターバックのリャンコを前線に投入し、決死のパワープレーを敢行するサウサンプトンが最後の粘りを見せる。セットプレーの流れから途中出場のマーラが豪快なオーバーヘッド、ダイレクトシュートと続けて決定的な場面に絡むが、ユナイテッドもゴール前に人数をかけた守備でこれを何とか撥ね返した。

この結果、内容面では大きな課題もカゼミロのデビュー戦を白星で飾ったユナイテッドは、今季初の連勝と共に昨季から続いていたアウェイ連敗を「7」でストップした。

関連ニュース
thumb

「なんという女神」「いつ見ても美しい」ユナイテッドDFのガールフレンド、過激なカーニバル衣装姿が大きな話題に「美しさが爆発」

マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスのガールフレンドが過激衣装で話題となっている。 アヤックスでプレーしていたマルティネスは、今シーズンからエリク・テン・ハグ監督と共にユナイテッドへと移籍。ここまで公式戦28試合に出場し1ゴールを記録している。 アルゼンチン代表としても15試合に出場し、カタール・ワールドカップ(W杯)でもプレー。先日のアーセナルとのビッグマッチでは、加入後初ゴールを記録していた。 気迫溢れるプレーが特徴で、ユナイテッドの守備を支えるマルティネスだが、ガールフレンドはムリ・ロペス・ベニテスさん。14歳の時に出会ったとされ、ニューウェルズ・オールドボーイズ、デフェンサ・イ・セントラル、アヤックスと全てのプロキャリアを見守ってきた長年のパートナーだ。 マルティネスへの愛を隠さないムリさんだが、一番愛しているのがカーニバル。自身のインスタグラムでカーニバルの衣装姿を載せた中、大きな話題となっている。 非常に露出度の高いカーニバル衣装を見に纏ったムリさん。クジャクをモチーフとしたような派手なデザインの衣装で、非常に美しい。 投稿には「美しさが爆発」、「なんという女神」、「とても美しい!」、「愛している!」、「いつ見ても美しい」と称賛の言葉が並んだ。 カタールW杯でもマルティネスのユニフォームを着てスタンドから応援。トロフィーを掲げたムリさん。今後も注目を集めていきそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】リサンドロ・マルティネスの彼女が披露したセクシーなカーニバル衣装</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CnsLj_UsX1I/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CnsLj_UsX1I/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CnsLj_UsX1I/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Muri López Benítez(@lopezbenitezmuri)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.26 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「止まんねえ」「ゲームやん」覚醒状態のラッシュフォードが決めた50m独走弾に脚光!「スペースを与えたら終わり」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが好調だ。 25日にEFL(カラバオ)カップ準決勝1stレグでノッティンガム・フォレストと対戦したユナイテッド。ラッシュフォードも先発すると、開始6分に個の力でゴールを奪う。 自陣の中盤でボールを受けたラッシュフォードは、左サイドをドリブルで持ち上がると、相手DF2人をかわしてボックス内まで一気に侵入。対応したDFをものともせずそのままシュートを決めきった。 あまりに簡単に決まった50m独走ゴールには、ファンも驚き。「止まんねえ」、「ゲームやん」、「スペースを与えたら終わり」、「スペースを与えたら終わり」、「すごすぎて目が覚めた」と反響が集まった。 この先制点で優位にたったユナイテッドは3-0で完勝を収めている。 これでラッシュフォードは、今季のここまで公式戦29試合で18ゴールをマーク。2019-20シーズンの22ゴールを上回りそうな勢いだ。 <span class="paragraph-title">【動画】もはやサッカーゲームのようなラッシュフォードの50m独走弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今一番ノッている選手?<br>ラッシュフォードが50m独走弾<br>\<br><br>カラバオカップ準決勝1stレグ<br>ノッティンガム・F×マンチェスター・U<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信 <a href="https://t.co/pEiw6UDyYC">pic.twitter.com/pEiw6UDyYC</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1618417887387222016?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.26 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーク・ショーの不在理由は? 指揮官はケガ否定も明言回避「ちょっとした風邪…」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショーに対し、ケガの懸念が広がっているようだ。イギリス『サン』が伝える。 中断期間明けからうなぎ上りに安定感を取り戻したユナイテッドにおいて、最終ラインに欠かせぬピースとして活躍するショー。本職の左サイドバックのみならず、センターバックでも及第点以上のパフォーマンスを披露している。 だが、25日に行われたカラバオ・カップ(EFLカップ)準決勝第1戦のノッティンガム・フォレスト戦では、当初スタメン入りが予想されていたものの、遠征自体に帯同しなかった。 チームは3-0で完勝を収め、決勝戦進出へと大きく前進したが、ショーが負傷したとの懸念が広がっている模様。エリク・テン・ハグ監督が試合後にショーの不在理由を問われ、うやむやな回答をしている。 「ケガ? ちょっとした風邪だよ… どのような経過を辿るか展望するのは難しい。何時間、いや、何日もかけて様子を見る必要がある」 ショーは2014年夏のユナイテッド加入以降、幾度か長期離脱を経験。ショー=ケガのイメージはどうしても拭えないことから、今回も懸念が広がっているようだ。 2023.01.26 17:27 Thu
twitterfacebook
thumb

ゴールから遠ざかるアントニーは「プレーの予測がしやすい」 ユナイテッドOBが課題指摘

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏が、ブラジル代表FWアントニーに向上を求めた。 アントニーは昨夏の移籍市場でアヤックスから総額1億ユーロ(約141億6000万円)の移籍金で加入。デビュー戦となったプレミアリーグ第6節のアーセナル戦でゴールを決めるなど絶好のスタートを切ったが、リーグ戦直近8試合でゴールもアシストもなく、25日に行われたEFL(カラバオ)カップ準決勝1stレグのノッティンガム・フォレスト戦も不発に終わった。 イギリス『スカイ・スポーツ』でフォレスト戦を振り返ったネビル氏は、アントニーの改善点を指摘。カットインを多用する選手に対して、マンチェスター・シティのMFリヤド・マフレズを引き合いに出し、プレー選択の幅を増やさなければならないと忠告した。 「ここ数日、私はアントニーについていろいろと考えていた。彼はあのリヤド・マフレズのように、縦への突破とカットイン両方の選択肢を示せるようにしなければならない。今のところ、彼は常に左足を活かすことばかりに注力していて、予測しやすくなっている」 アントニーの課題については、元イングランド代表DFのマイケル・ドーソン氏もネビル氏に同調。フィットするには時間が必要だとしつつ、多くを学ばなければならないと指摘した。 「マーカス・ラッシュフォードを見てほしい。彼がシーズン開始時の低調な状態から、いかにしてカムバックしたかがわかるだろう。今の彼は、本当に素晴らしい選手だ」 「アントニーはそれを見て、『マーカスのレベルにまで到達する必要がある』と思うべきだね。彼はユナイテッドのためにも、向上する必要がある。とはいえ、彼には時間が与えられるべきだ。ユナイテッドでのキャリアはまだ浅いのだからね」 「彼はアタッカーとしてやってきた。それでも、彼が学ぶべきなのは、トロフィーを目指す優れたクラブでプレーするなら、オフザボールでもっと働き、チームメイトをもう少し助けるべきという点だろう」 2023.01.26 17:14 Thu
twitterfacebook
thumb

「巨人を手に入れた」辛口OBもお褒め! ヴェグホルストが加入初弾に喜び「心の底から幸せ」

ロイ・キーン氏が、マンチェスター・ユナイテッドで初ゴールを記録したオランダ代表FWワウト・ヴェグホルストを称えた。イギリス『サン』が伝えている。 ユナイテッドは25日に行われたカラバオ・カップ(EFLカップ)準決勝第1戦でノッティンガム・フォレストと対戦。6分にFWマーカス・ラッシュフォードの先制点で口火を切ると、前半終了間際にヴェグホルストが加入後初ゴールとなる追加点をゲットした。 試合終了間際にもMFブルーノ・フェルナンデスがダメ押しの3点目を記録。決勝戦進出を大きく手繰り寄せる3-0の完勝となり、ユナイテッドOBのキーン氏も満足げ。イギリス『スカイ・スポーツ』でヴェグホルスト加入の意義を実感したと語った。 「ヴェグホルストのユナイテッド加入は少なからず批判されていたね。だが、彼が今日見せたものこそ、クラブが彼を連れてきた理由と言える。ユナイテッドは巨人(身長197cm)を手に入れた」 同胞FWの獲得をクラブに求めたエリク・テン・ハグ監督も試合後の記者会見で「ストライカーらしさが凝縮されたゴール」と振り返った同選手の一撃。FWアントニーのシュートが相手GKに阻まれたこぼれ球を押し込んだ。 また、ヴェグホルスト自身も「心の底から幸せだ。こぼれ球を期待して走ったからこその結果だよ。ハーフタイムは気分が良かったな(笑) 素晴らしい勝利も手にしたし、来週に向けてまた頑張るよ」と晴れやかに語っている。 <span class="paragraph-title">【動画】嬉しい加入後初ゴールのヴェグホルスト、終始笑顔でインタビューに答える</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Off the mark <br><br>Wout is hoping tonight&#39;s goal is the first of many in United colours <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> || <a href="https://twitter.com/hashtag/CarabaoCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CarabaoCup</a></p>&mdash; Manchester United (@ManUtd) <a href="https://twitter.com/ManUtd/status/1618395919547875328?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.26 13:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly