徳島が東京Vに競り勝ち7戦連続ドローストップ! 杉森考起のゴールを自慢の堅守で守り切る【明治安田J2第27節】

2022.08.24 21:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第27節延期分の東京ヴェルディvs徳島ヴォルティスが24日に味の素スタジアムで行われ、アウェイの徳島が0-1で勝利した。

当初、この試合は7月16日に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染が続出した東京Vのトップチーム活動停止に伴い中止に。約1カ月後の開催となった。

プレーオフ圏内浮上を目指す12位の東京Vと14位の徳島によるボトムハーフ同士の一戦は、強い雨が降りしきる中でスタート。
試合の立ち上がりは拮抗した展開となり、開始5分に徳島の杉森考起がボックス左でシュートを放つと、直後の7分には東京Vもショートカウンターからボックス中央で西谷亮が鋭い左足のシュートを放つが、いずれもGKの好守に遭う。

以降、ボール支配率ではほぼ五分も西谷和希、杉森の両ウイングが個人技で違いを見せるアウェイチームが優勢に試合を進めていく。そして、サイドを起点に幾度か際どい場面を作り出した中、前半終了間際にゴールをこじ開ける。

前半アディショナルタイム2分、相手陣内左サイドでのスローインの流れから児玉駿斗がタッチライン際でDFに寄せられながらもヒールパスを杉森に繋ぐ。杉森は細かいフェイントから一瞬のスピードでボックス中央へ切り込むと、GKマテウスの手をはじくパワフルな右足のシュートを突き刺した。

前半終了間際の先制点によって徳島の1点リードで試合は折り返す。東京Vは相手の堅守攻略に向け、ハーフタイム明けに3枚替えを敢行。染野唯月ら攻撃的なカードを切った。

後半も徳島が押し込む状況が続いたが、55分には東京Vにビッグチャンス。右サイドで押し込んだ流れからボックス手前右の馬場晴也が丁寧なダイレクトクロス。これに左サイドバックの加藤蓮が完璧なタイミングでゴール前に飛び出すが、ヘディングシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。

この決定機以降は東京Vが攻勢を強めていくが、徳島も安定した守備とボール保持で主導権を易々と与えず。試合は膠着状態に陥る。

後半半ばを過ぎて東京Vは切り札の阪野豊史を投入。徳島はカカとエウシーニョの投入で[5-3-2]の守備的な布陣にシフト。ホームチームは右サイドの河村慶人の積極的な背後へのランニングからチャンスの糸口を掴む。81分には右サイド深くに抜け出した河村がプルバック。GKが弾いたボールを阪野が冷静にマイナスに落としてボックス中央の染野が左足のシュートに持ち込むが、これは枠の左に外れた。

その後、5分が加えられた後半アディショナルタイムに東京Vは決死のパワープレーを敢行。その流れから河村のボレーシュート、攻撃参加したGKマテウスのボックス内でのシュートで同点ゴールに迫ったが、徳島はGKスアレスのファインセーブ、守備陣の身体を張ったブロックで凌ぎ切った。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、杉森のファインゴールを持ち味の堅守で守り切った徳島が7戦連続ドローをストップする8試合ぶりの勝利を手にした。

東京ヴェルディ 0-1 徳島ヴォルティス
【徳島】
杉森考起(前半45+2)

関連ニュース
thumb

徳島の大卒ルーキー森昂大が契約更新 「来シーズンはJ1復帰に向けてチームに貢献」

徳島ヴォルティスは3日、DF森昂大(23)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 創造学園高校出身の森はびわこ成蹊スポーツ大学に在学中の2021年9月から徳島の特別指定選手となり、今年から正式入団。明治安田生命J2リーグで出番なしだったが、カップ戦の2試合でプレーし、4月のルヴァンカップでプロ初出場を記録した。 契約更新を受け、クラブ公式サイトで「来シーズンも徳島ヴォルティスでプレーすることができ、とても嬉しい気持ちです」と喜び、今季の振り返りとともに、来季に向けた抱負を語った。 「今シーズンはチームとしても個人としても苦しく厳しいシーズンになりました。しかし個人としてはとても成長でき、このチームで試合に出て活躍したいという気持ちがより一層湧いてきました。来シーズンはJ1復帰に向けてチームに貢献し、ファン・サポーターの皆さんと共に喜びを感じられるように覚悟を持って戦います! 共に戦いましょう!」 2022.12.03 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島が大卒1年目の田中颯と契約更新 「全てを懸けて挑んでいきたい」

徳島ヴォルティスは3日、GK田中颯(23)の契約更新を発表した。 田中は東京ヴェルディのアカデミー卒で、トップチームに昇格せず、京都産業大学に進学。今年から徳島入りし、1年目は出番なしだった。 クラブ公式サイトで「2022シーズンも徳島ヴォルティスでプレーさせていただくことになりました」と報告し、来季の抱負を語った。 「来シーズンこそJ1に戻れるように、その力になれるように全てを懸けて挑んでいきたいと思っています。みんなで頑張りましょう!」 2022.12.03 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台がMF氣田亮真と契約更新「宮城県に住むすべての人たちを熱狂させたい」

ベガルタ仙台は3日、MF氣田亮真(25)の契約更新を発表した。 氣田はジェフユナイテッド千葉の下部組織出身で、専修大学を経て、V・ファーレン長崎でプロ入り。2021年に仙台に加入した。 仙台での2年目となった今シーズンは、明治安田生命J2リーグで33試合に出場し6得点、天皇杯で1試合に出場した。 氣田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンも熱いご声援ありがとうございました。引き続きベガルタ仙台でプレーできることになりました。2023シーズンはより多くの笑顔と感動をお届けします」 「そして、ベガルタ仙台を応援してくださるみなさまはもちろんのことですが、宮城県に住むすべての人たちを熱狂させたいと思います。来シーズンもよろしくお願いいたします」 2022.12.03 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸が大卒ルーキー高岸憲伸と複数年契約 「この愛するクラブで共にJ1へ」

水戸ホーリーホックは3日、MF高岸憲伸(23)と複数年契約にて更新した旨を発表した。 高岸は川崎フロンターレのアカデミー卒で、星稜高校から中央大学に進学。大学在学中の2021年9月から同年12月まで特別指定選手として水戸で過ごし、今季から正式入団した。 その今季は明治安田生命J2リーグ24試合でプレー。契約更新を受け、クラブを通じて決意を新たにしている。 「水戸ホーリーホックをこよなく愛する皆さんこんにちは! 来シーズンも水戸ホーリーホックファミリーと戦いたいという想いが強すぎて、更新リリースの時間をサポーター番号の『12』、僕の背番号の『30』で12時30分にして欲しいとクラブにお願いした、髙岸憲伸です! 皆さんと #高岸タオルチャレンジ を筆頭にたくさん絡める機会を楽しみにしています! この愛するクラブで共にJ1へ行きましょう!」 2022.12.03 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

J2初昇格の藤枝、大宮退団のDF山田将之、GK上田智輝を完全移籍で獲得

藤枝MYFCは3日、大宮アルディージャを今季限りで退団したDF山田将之(28)、GK上田智輝(26)を完全移籍で獲得することを発表した。 山田は青森山田高校から法政大学を経て、2016年にFC東京へ入団。FC町田ゼルビア、アビスパ福岡、ツエーゲン金沢への期限付き移籍を経て、2020年途中から大宮に期限付き移籍。その後完全移籍に切り替わっていた。 大宮では2シーズン半を過ごし、J2通算36試合1得点、天皇杯通算2試合出場。今シーズンはJ2で9試合、天皇杯で1試合に出場していた。 上田は京都サンガF.C.の下部組織出身で関西学院大学から奈良クラブを経て、2021年に大宮に加入。2シーズンでJ2通算13試合に出場。今年3月に右ヒザ膝蓋腱断裂の重傷を負い、ほとんどプレーできていなかった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF山田将之 「この度、大宮アルディージャから移籍してきました山田将之です!とても魅力的で見ていてもワクワクするようなサッカーをするこのクラブに加入できたことを本当に嬉しく思います」 「藤枝MYFCが掲げる目標に自分の持っている力を全力で注ぐことは前提に、自分の持っている闘志や想いを発揮して見ていただいている方々に感動を届け、胸が熱くなる応援をしてもらえるような熱いプレーをします!」 「ファン、サポーターの皆さん!共に藤枝MYFCの新たな歴史を創っていきましょう!自分の価値を証明します。よろしくお願いします」 ◆GK上田智輝 「藤枝MYFCに関わる皆様、はじめまして。大宮アルディージャから加入することになりました上田智輝です」 「J2初挑戦となるチームで一緒に戦わせてもらえることを嬉しく思います。新しい景色をファン・サポーターの皆様と一緒に掴むため、早くチームにフィットし戦力となれるよう頑張ります!応援のほどよろしくお願いいたします」 2022.12.03 12:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly