交際相手が敵チームのサポーターだった場合…試合観戦したカップルのリアクションが話題「こんなん憧れる」

2022.08.17 06:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カップルの推しチームが互いに違う場合、どのようなことが起こるのだろうか。14日に行われたセリエA開幕節のレッチェvsインテルの一戦では、観戦に訪れていた1組のカップルが注目を集めることとなった。

レッチェサポーターの男性とインテルサポーターの女性という組み合わせのカップルは隣同士で観戦。互いにそれぞれのクラブのユニフォームを身に纏い気合十分の様子だが、笑顔で試合を楽しんでいた。

その試合は、開始早々の2分にインテルが先制するも、後半3分にはFW アサン・セーサイのゴールでホームのレッチェが同点に追い付く。

値千金の同点ゴールには男性も大喜び。女性の方はというと悔しそうな表情も見せていたが、まだ余裕のある表情だった。

そして、迎えた後半アディショナルタイムのラストプレーにドラマが起こる。

カップルの2人も息をのんで見守る中、インテルの右CKの場面でFWラウタロ・マルティネスがヘッドで合わせると、最後はゴール前のDFデンゼル・ダンフリースが身体ごと押し込み、劇的な決勝ゴールをマークしたのだ。

もちろん、このゴールに女性は大喜び。泣きそうな表情の男性に対し、どうだと言わんばかりに何度も体を叩いた。

この2人のやり取りを、インテルの公式ツイッターがゴールシーンの動画を交えて紹介。なんだかんだ幸せそうな関係に「イイなあ」、「羨ましい」、「こんなん憧れる」、「かわいすぎる」、「フットボールのいいところ」など反響が集まっている。

1 2

関連ニュース
thumb

【CLグループ第3節プレビュー①】バイエルン追うインテルとバルサが激突

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節が4日と5日に開催される。ここでは第3節1日目となるグループA~Dの戦いを展望していく。 ◆3連勝目指すナポリがアヤックスと対戦~グループA~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221001_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループAでは前節、ナポリがレンジャーズを下して2連勝スタート、リバプールがアヤックスに競り勝って初勝利とした。迎える第3節、ナポリが3連勝を懸けてアヤックスと敵地で対戦する。 ナポリは前節、10人となったレンジャーズ相手に後半の3発で勝利。PKを失敗してひやりとするシーンもあったが、しっかりと勝ち切った。セリエAでも好調を維持し、首位をキープ。飛ぶ鳥を落とす勢いのMFクワラツヘリアの活躍に引き続き注目が集まる中、アヤックスとの連戦を乗り切ってグループステージ突破への足がかりとしたい。 対するアヤックスは前節、敵地でのリバプール戦を惜敗。終盤まで1-1で粘ったが、押し切られてしまった。アンフィールドで善戦できた自信をナポリ戦にぶつけたい。 DFマティプの決勝弾でアヤックスを撃破したリバプールは、レンジャーズとのホーム戦に臨む。まだまだ不安定な戦いが続き、直近のブライトン戦では3失点。乗り切れないシーズン序盤となっているが、レンジャーズとの連戦で復調のキッカケを掴めるか。 【グループA】 ▽10/4(火) 《28:00》 リバプール vs レンジャーズ アヤックス vs ナポリ ◆2連勝スタートのブルージュがアトレティコと対戦~グループB~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221001_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループBでは最弱と思われたクラブ・ブルージュが2連勝と意外な展開に。本命のアトレティコがレバークーゼンに敗れて混戦模様となっている。 ブルージュは前節、敵地でポルトに4発快勝。2連勝スタートとし、悲願のグループステージ突破へ最高のスタートを切った。そのブルージュはグループの本命であるアトレティコと連戦。真価が問われるが、ここを乗り切ってラウンド16への扉をこじ開けたい。 対するアトレティコは代表ウィーク前、レバークーゼン戦に続きマドリード・ダービーを落としたこともあって、直近のセビージャ戦ではシステム変更を施した。これまでMFヴィツェルを5バックの中央に据えていたが、4バックとしてヴィツェルを本来の中盤アンカーに据えた。その結果、セビージャ戦では快勝。ブルージュ戦でも4バックで挑むかに注目だ。 ブルージュにホームで痛い惨敗を喫したポルトは、アトレティコ相手に大きな勝利を手にしたレバークーゼンと対戦。混戦のグループとなりそうなだけにここは両陣営勝ちにいきたい一戦となる。 【グループB】 ▽10/4(火) 《28:00》 ポルト vs レバークーゼン クラブ・ブルージュ vs アトレティコ・マドリー ◆バイエルン追うインテルとバルサが激突~グループC~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221001_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 死のグループでは前節、白星スタートを切ったバイエルンとバルセロナが激突。FWレヴァンドフスキの古巣対決が注目されたが、バイエルンが元エースFWをシャットアウトし、2連勝スタートとした。迎える第3節、バイエルンを追うインテルとバルセロナが激突する。 インテルは前節、グループ最弱のビクトリア・プルゼニに2-0と快勝。10人となった相手をしっかりと下して1勝1敗スタートとした。セリエAでは内容こそ悪くないものの、直近のローマ戦も落として早くも4敗を喫し、波に乗り切れない状況が続く。チームの心臓であるMFブロゾビッチを負傷で欠く中、2位通過を争うバルセロナを叩いて流れを変えられるか。 一方、昨季のリベンジを果たすべくバイエルンに挑戦したバルセロナは、幾つか決定機も生み出し善戦したものの結果的には敗戦に終わった。そして代表ウィークでは守備陣にケガ人が出てしまい、苦しい台所事情に。ラ・リーガで早くも9ゴールを挙げる活躍を見せているレヴァンドフスキの活躍で不安な守備陣をカバーしたい。 インテル、バルセロナ相手に連勝スタートと流石の強さを見せ付けるバイエルンは、グループ最弱のプルゼニとの連戦。ブンデスリーガでは直近のレバークーゼン戦で5試合ぶりの勝利を飾って悪い流れを断ち切った中、この連戦で一気にグループステージ突破を決めてしまいたいところだ。 【グループC】 ▽10/4(火) 《25:45》 バイエルン vs ビクトリア・プルゼニ 《28:00》 インテル vs バルセロナ ◆鎌田&長谷部がスパーズと激突~グループD~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221001_12_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループDでは前節、スポルティングがトッテナムを撃破して連勝スタート、フランクフルトがマルセイユに競り勝って初勝利とした。迎える第3節、フランクフルトがトッテナムと対戦する。 マルセイユ戦ではDF長谷部を3バックの中央に据え、見事1-0のシャットアウト勝利を手にしたフランクフルト。粘り強い戦いぶりで嬉しいCL初勝利とした中、ブンデスリーガでも長谷部が3バックの中央を任されて連勝中と、ベテランがチーム状況を好転させた。トッテナム戦でもいぶし銀の長谷部の活躍に注目だ。 対するトッテナムはスポルティングに後半追加タイム被弾で惜敗。どちらに転んでもおかしくない試合を競り負けてしまった。そして直近のアーセナルとのノースロンドン・ダービーでは完敗。悪い流れに陥りそうなところだが、グループの主導権を握るためにもここは負けられない一戦となる。 MF守田がレギュラーとして存在感を示すスポルティングは2連敗スタートのマルセイユと対戦。しっかりと叩いて3連勝スタートとしたい。 【グループD】 ▽10/4(火) 《25:45》 マルセイユ vs スポルティング 《28:00》 フランクフルト vs トッテナム 2022.10.04 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルDFダルミアン、CLバルセロナ戦は不振から抜け出す「絶好のチャンス」

インテルの元イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンが4日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のバルセロナ戦へ向けて意気込みを語った。クラブの公式サイトが伝えている。 1日に行われたセリエA第8節のローマ戦で敗戦を喫し、代表ウィークを挟んでもなお、長引く不振から抜け出せずにいるインテル。そうしたなか、ここまで1勝1敗の3位につけるCLグループステージの戦いに再び舞い戻るが、ダルミアンは勝ち点で並んで2位につけるバルセロナ戦に向けた前日会見で、この一戦こそが不振から脱却する絶好の機会だと力説している。 「このゲームが僕らにとって重要かつ難しいものになると理解している。決意と高い集中力を示さなくてはならない。インテルは勝利のため、常に全力を尽くすべきチーム。選手それぞれが責任を負い、あらゆるものを提供する準備ができていなければならない」 「確かに今は困難な時期だが、僕らは成熟したグループだ。全員がこの状況を好転させたいと願っているよ。90分間、落ち着いてスイッチを入れ続ける必要があるね」 「バルセロナ戦は僕らにとって絶好のチャンス。バルサには瞬時にゲームを決定づけられる優れた選手がいるね。僕らとしては自分たちのチャンスをうまく活用しなくてはならない」 また、離脱中のFWロメル・ルカクはこの一戦での復帰が期待されたが、やはり間に合わず。ダルミアンは他の選手らで埋め合わせが可能と考えている。 「ルカクがチームにとって重要なピースであることは誰もが分かっている。彼の不在は言い訳にできないよ。僕らには他にも偉大なストライカーがいる。ルカクの不在はカバーできるはずさ」 2022.10.04 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがストライカー陣に大補強施す? マルティネッリ&ヴラホビッチにも関心

チェルシーが前線の強化を目論んでいるようだ。 チェルシーはここ数日、RBライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)を来夏に獲得するのではと話題に。メディカルチェックはすでに完了したとも報じられるが、グレアム・ポッター監督はエンクンク以外のアタッカーも欲しているという。 イギリス『サン』によると、その選手とはユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(22)とアーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(21)。ともに若くしてそれぞれのチームで攻撃をけん引し、ヴラホビッチについてはユベントスが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃せば獲得の見込みもあると考えられている。 チェルシーは今夏、トーマス・トゥヘル前監督のチームに補強資金として2億7500万ポンド(約452億円)もの大金を投下。トッド・ベーリー会長はポッター現政権にも同じぐらいの支援をする見込みだという。 なお、ポッター監督の古巣ブライトン&ホーヴ・アルビオンからエクアドル代表MFモイセス・カイセド(20)を引き抜く可能性や、38歳となった最終ラインのリーダー、DFチアゴ・シウバの代わりにインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)を据えるプランも残されているとのことだ。 2022.10.04 16:17 Tue
twitterfacebook
thumb

不調インテルに不穏な空気? クラブ会長はS・インザーギ監督の発言に不満か

インテルで会長を務めるスティーブン・チャン氏がシモーネ・インザーギ監督に不満を抱いているようだ。 昨シーズンのセリエAで惜しくも連覇を逃したインテルは王座奪還を期して今シーズンに臨むも、開幕8試合で4勝4敗とスタートダッシュに失敗。一向に上がらないチームの調子にはウルトラスも痺れを切らし、厳しい財政事情で移籍市場が開くたびに主軸放出を余儀なくされているオーナーの蘇寧グループやチャン会長への退陣を要求している。 首位のナポリとはすでに8ポイント差まで広がり、これ以上トップグループから離されないために一刻も早い復調が求められるが、フロントも決して一枚岩ではない模様。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、チャン会長はS・インザーギ監督に疑念を抱いているとのことだ。 S・インザーギ監督は先週末に行われた第8節のローマ戦前に「私はどこに行ってもトロフィーを手にする。そして(クラブの)収入は増え、損失は減るだろう」と発言。クラブの経営面への影響力を述べたことに、チャン会長は不快感を示したという。 インテルは差しあたってS・インザーギ監督の解任を検討していないものの、今年11月のカタール・ワールドカップ(W杯)までにチーム状態を向上させられるか状況を監視する構えのようだ。この先も復調が果たせない場合、S・インザーギ監督の立場はますます危うくなると報じられている。 2022.10.03 17:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマがインテルに逆転勝利! 殊勲の決勝点スモーリングが喜び爆発「全員で最後の最後まで戦った」

ローマの元イングランド代表DFクリス・スモーリングが、インテル撃破に喜びを爆発させている。 ローマは1日、セリエA第8節でインテルと対戦。30分に先制を許すも、直後の39分にFWパウロ・ディバラのゴールで同点とし、75分にスモーリングが値千金の逆転ゴール。見事な逆転劇で1-2の勝利を飾っている。 殊勲の一撃を決めたスモーリングはクラブ公式サイトで試合を振り返り、苦しみながらもアウェイでインテルに打ち勝ったチームのスピリットを賞賛。喜びをあらわにしている。 「勝利にこの上なく満足しているよ! 本当に重要な勝ち点3だ。チーム全員が最後の最後まで戦い抜いたんだ。僕たちのスピリットを見せつけることができたよ」 「僕自身もこれからもゴールを決め続けたいが、今シーズンはフィールドの11人だけでなく、とにかくチーム全体が強いんだ。僕たちには達成すべき大きな目標がある」 この勝利で暫定ながらも5位まで順位を上げたローマ。6日にはヨーロッパリーグ(EL)でレアル・ベティスをオリンピコに迎え撃つ。 2022.10.02 17:22 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly