新加入ディ・マリア&ヴラホビッチ弾で3発完勝のユベントスが白星発進!《セリエA》

2022.08.16 05:46 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは15日、セリエA開幕節でサッスオーロと対戦し3-0で勝利した。

昨夏にマッシミリアーノ・アッレグリを復帰させたユベントスは、ミラノ勢からの覇権奪還に挑んだが、結果は2年連続の4位フィニッシュと失敗。

そして、アッレグリ体制2年目で3年ぶりのリーグ制覇を狙うビアンコネーロは、今夏の移籍市場で昨季主力を担ったディバラとデ・リフトがクラブを離れたが、ポグバやディ・マリア、コスティッチ、ブレーメルなど実力者を補強。戦力を上積みし新シーズンを迎えた。
昨季11位のサッスオーロをホームに迎えた開幕戦では、ヴラホビッチやクアドラード、ザカリア、ボヌッチなど昨季の主力に加えて、新戦力のディ・マリアとブレーメルが先発に名を連ねた。

立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先に決定機を作ったのはサッスオーロ。20分、右サイドでボールを受けたベラルディのクロスをファーサイドに駆け上がったデフレルがジャンピングボレーで合わせたが、このシュートはGKペリンが正面で弾いた。

ここまでシュートのなかったユベントスだが、クーリングブレイク明けに最初の決定機を迎える。26分、ボックス左から侵入したクアドラードの落としからボックス左横のアレックス・サンドロがクロスを供給すると、ボックス右のディ・マリアが左足ボレー。うまくピッチに叩きつけたシュートがゴール左隅に決まった。

先制したユベントスは、41分に追加点を奪う。アレックス・サンドロのロングパスに反応したヴラホビッチがフェッラーリにボックス内で倒されてPKを獲得。このPKをヴラホビッチがど真ん中に沈め、2-0で前半を終えた。

迎えた後半、先にチャンスを創出したのはユベントス。51分、アイハンのパスミスをボックス手前でカットしたディ・マリアがラストパスを供給。これをゴール前のヴラホビッチがバランスを崩しながらも右足でゴール左隅に流し込んだ。

リードを広げたユベントスは、61分にクアドラードとアレックス・サンドロを下げてデ・シリオと新加入のコスティッチを投入。さらに66分には、内転筋付近を痛めたディ・マリアを下げてミレッティがピッチに送り出された。

その後は拮抗した展開が続いたが、ユベントスは74分にピンチ。ロジェリオのスルーパスで左サイドを抜け出したピナモンティがボックス左からシュートを放ったが、これはGKペリンのセーブで難を逃れた。

一方のユベントスは86分、トリプレッタを狙うヴラホビッチがチャンスを迎えたが、シュートはトルヤンに当たりゴール右に逸れた。結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。

新加入ディ・マリアとヴラホビッチのゴールで完勝したユベントスが覇権奪還に向けて最高のスタートを切った。

関連ニュース
thumb

モンツァに敗れたユーベが13位に転落…落胆の指揮官「これまでになく悪かった」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が敗戦に落胆した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは29日に行われたセリエA第20節でモンツァをホームに迎えた。序盤から相手に押し込まれる展開が続き、18分には相手FWパトリック・チュリッアに先制点を奪われると、39分にも相手FWダニー・モタにゴールを許して失点。試合を折り返してもペースを握れないまま0-2で敗れ、セリエA初昇格のモンツァに屈辱のシーズンダブルを食らう結果に終わった。 不正会計のペナルティにより、先日15ポイントをはく奪されたユベントスは、この敗戦で順位を13位まで落とす結果に。アッレグリ監督は試合後、チームのパフォーマンスに苦言を呈しつつ、前を向くように促した。 「今日の前半はこれまでになく悪かった。後半はうまくいったが、責任を持って前半を振り返り、全員のパフォーマンスについて考えなければならない」 「前節のアタランタ戦では取り返すことができたが、失点が多いということは考えなければならない。今日はモンツァにあっけなくやられてしまった。本来38ポイントあることは分かっているが、今は23ポイントしかない。ナポリを追いかけていたあの状況に戻らなければならないのだ。我々はピッチで仕事をしなければならないし、それができない者は外に出ていく必要がある」 「少なくとも現時点では、我々は自分たちの順位と向き合い、勝ち点を重ねる必要が絶対にある。今は穏やかであるが、怒りや虚しさも感じている」 「木曜日はカップ戦があり、今は目の前のコンペティションが最優先だ。不調から抜け出さなければならない」 2023.01.30 12:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバがベンチ入りのユベントス、モンツァに屈辱のシーズンダブルを喫する《セリエA》

ユベントスは29日、セリエA第20節でモンツァをホームに迎え、0-2で敗れた。 前節アタランタに3-3の打ち合いドローとした10位ユベントス(勝ち点23)は、4日後にコッパ・イタリア準々決勝ラツィオ戦を控える中、ミリクとロカテッリをベンチスタートとした。そして長期離脱していたポグバ、負傷明けのヴラホビッチがベンチ入りした。 今季の1stマッチでクラブ史上初のセリエA勝利をプレゼントした13位モンツァ(勝ち点22)に対し、ケアンを最前線に、ディ・マリアをセカンドトップとする[3-5-1-1]で臨んだユベントスは10分に失点しかける。 カプラーリにボックス左からカットインシュートを決められたが、VARの末にオフサイドがありノーゴールとなった。しかし18分に失点する。 マチンのスルーパスでボックス右に侵入したチュリッアにシュートを決められた。失点後もモンツァにボールを持たれる苦しいユベントスは、39分にリードを広げられた。 カルロス・アウグストにドリブルで打開された流れから最後はスルーパスを受けたモタにシュートを決められた。 屈辱的な内容の前半を受け、ロカテッリら3選手を投入して迎えた後半、ユベントスが圧力をかけていく。しかし好機を作るには至らず、ミリク、ヴラホビッチを投入していく。 すると75分にはディ・マリアのミドルシュートが枠を捉えたが、GKディ・グレゴリオのファインセーブに阻まれた。さらに78分、FKの流れからラビオのシュートが枠を捉えるも、ここもGKディ・グレゴリオの好守に阻止されてしまう。 すると1点が遠いユベントスに追い打ち。ミリクが負傷し、交代枠を全て使い切っていたため10人での戦いを強いられてしまう。 結局、0-2のまま敗戦。セリエA初昇格のモンツァに屈辱のシーズンダブルを食らう結果となった。 2023.01.30 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルにもチェルシーにも居場所のないルカク、夏にプレミアの他クラブへ?

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)にトッテナムやニューカッスル行きの可能性があるようだ。 2021年夏にインテルからチェルシーへと活躍の場を移したルカクだったが、低調なパフォーマンスや本人の希望もあり、1年を経たずして今夏にインテルへとレンタル移籍で復帰。しかし、度重なる負傷によって、今季のここまで公式戦出場は9試合のみとイタリアの地でも期待に応えられていない。 チェルシーとの契約を2026年夏まで残す中、ルカク本人は引き続きインテルでのプレーを希望するも、同クラブはレンタル期間延長や買い取りを行うつもりはない模様。保有元のチェルシーでも復帰は歓迎されていないようで、このままでは今夏には居場所を失うことになりそうだ。 そうした中、イタリア『calciomercatoweb』はトッテナムとニューカッスルへの今夏移籍の可能性があると報道。前者についてはインテル時代に師弟関係にあったアントニオ・コンテ監督の存在も理由の一つであると伝えた。 また、『calciomercatoweb』によると、ユベントスも新天地候補の一つである模様。同クラブは不正会計のペナルティによってUEFA主催大会から追放される可能性がある中、チェルシーの提案するルカクとセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)とのトレードを受け入れる可能性があるようだ。 2023.01.29 17:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ復帰後未デビューのポグバがついに今節復帰か、指揮官明かす

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバに復帰の可能性があるようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 今季開幕前の7月にヒザを負傷したポグバ。当初はカタール・ワールドカップ(W杯)出場のために保存療法を選択したが、思わしくなく、予定を変更して9月初旬に手術を受けた。 今夏に6年ぶりとなるユベントス復帰を果たすも、1分もプレーしないまま半年が過ぎたポグバだが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は29日に行われるセリエA第20節のモンツァ戦前の会見で「ヴラホビッチとポグバは出場可能だ」とコメント。カタール・ワールドカップ以降長期離脱しているとセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチと併せて復帰の可能性を述べた。 また、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザについては「手術した足に疲労が残っているために欠場する」と明言。一方で、「長い間苦しんだケガの後では当たり前のことだ。木曜日のラツィオ戦で彼は戻ってくるだろう」と早期復帰の見込みを語った。 2023.01.29 16:52 Sun
twitterfacebook
thumb

マッケニーのリーズ移籍迫る! ユーベ指揮官アッレグリも認める

ユベントスのアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)がリーズ・ユナイテッドに移籍するようだ。 2021年夏にシャルケからユベントスに移り、公式戦90試合以上に出場するマッケニー。今季もカタール・ワールドカップ(W杯)でのプレーを挟みながら、公式戦21試合に出場して3得点2アシストを記録中だが、今冬のマーケット閉幕が近づくなか、リーズ・ユナイテッド行きの噂が浮上している。 プレミアリーグ15位で残留を争うチームと紐づく噂だが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、この移籍が決まった模様。120万ユーロ(約1億6000万円)のレンタルに3300万ユーロ(約46億5000万円)+アドオンの買取オプションで決着したという。 マッケニー本人も個人条件で合意に至っており、24時間以内にメディカルチェックを受けるためにイングランドへ。その後、契約にサインするようだ。 そんなリーズを率いるのはアメリカ人指導者のジェシー・マーシュ監督。選手にもMFブレンデン・アーロンソンとMFタイラー・アダムスのアメリカ代表勢がおり、よりアメリカ色の強いチームになりそうだ。 なお、29日にホームでセリエA第20節のモンツァ戦に臨むユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督もイタリア『スカイ』によると、マッケニーの欠場を明言。リーズとのクラブ間合意も明かして、移籍の可能性を認めている。 2023.01.29 11:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly