岡山の選手1名が新型コロナ陽性…選手2名が濃厚接触疑いに

2022.08.15 18:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ファジアーノ岡山は15日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は14日の夜に発熱。15日に医療機関にてPCR検査を受け、陽性診断を受けたとのことだ。

現在は保健所等の指導のもと療養中だという。

なお、Jリーグの定める基準で濃厚接触疑い者に選手2名が該当したとのこと。体調不良などの症状はないとのことだ。

関連ニュース
thumb

4連勝の新潟がJ1昇格に王手! 徳島は珍記録を樹立【明治安田J2第38節】

25日、明治安田生命J2リーグ第38節の7試合が各地で行われた。 首位の新潟はホームに残留争い中の大宮を迎えた。16分の小見のミドルシュート、24分の伊藤のボックス右から左ポストを掠める際どいシュートなど、序盤から相手を圧倒しながら試合を進めていく。 しかし、一方で44分には大宮にCKからポスト直撃のヘディングシュートを許すなど危ないシーンも。後半に入った63分にも柴山のミドルシュートがGK小島を強襲。なんとか好セーブで難を逃れたが、決定的な場面を作られてしまう。 それでも迎えた72分、ハーフウェイラインから連動しながらパスを繋ぎ、最後はボックス中央で鈴木が潰れたところを秋山が押し込んで先制。新潟が遂に均衡を破った。 そして、その後は危なげない試合運びで逃げ切りに成功。4連勝で6年ぶりのJ1昇格に王手をかけた。 3位の岡山は仙台に快勝を収めた。ミッチェル・デュークがオーストラリア代表で結果を残すなか、シティライトスタジアムではもう一人のオーストラリア人が活躍。40分、岡山がカウンターから攻勢に転じると、中央でボールを持ったステファン・ムークがドリブルで運び、ボックス中央の永井とのワンツーでボックス左に侵入。そのまま左足でシュートを流し込み、先制点を奪った。 後半に入ると、立ち上がりに岡山に追加点。右サイドを懸命に駆け上がる河野がスルーパスを受け、ゴール前にクロスを供給。逆サイドから走り込んだ佐野が左足インサイドステップで丁寧にハーフボレーで合わせ、ネットを揺らした。 後半アディショナルタイムにも途中出場の仙波がダメ押しゴールを挙げた岡山はこれで2連勝。2位横浜FCと5ポイント差をキープしつつ、昇格プレーオフ圏内をほぼ確実なものとした。 その他、4位の熊本は黒木の今季初ゴールで千葉を下して2連勝。また、ホームで水戸と対戦した徳島は1-1出引き分けに。この結果、今季のドロー数が23試合となり、2004年に横浜FCが記録した22試合というJリーグ記録を更新した。 ◆明治安田生命J2リーグ第38節 ▽9/25(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-0 ベガルタ仙台 いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 2</span>-1 FC町田ゼルビア ジェフユナイテッド千葉 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 大宮アルディージャ 徳島ヴォルティス 1-1 水戸ホーリーホック 栃木SC 0-0 FC琉球 ▽9/24(土) ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">6 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 2022.09.25 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

岡山FWミッチェル・デュークが代表戦でもドンピシャヘッド! 裏ではJ2でムークがゴールとオーストラリア戦士がリンク

ファジアーノ岡山のオーストラリア代表FWミッチェル・デュークが代表戦で見事なヘディングを叩き込んだ。 オーストラリア代表は25日、アウェイでニュージーランド代表と国際親善試合を行った。 代表に復帰したGKミチェル・ランゲラック(名古屋グランパス)は、かつて横浜F・マリノスでプレーしたDFミロシュ・デゲネク(コロンバス・クルー)らとともに控えに回り、FWアダム・タガート(セレッソ大阪)はベンチ外となった。 デュークはDFトーマス・デン(アルビレックス新潟)とともに先発出場。54分には高い打点のヘディングで均衡を破った。 オーストラリア代表はスルーパスから左サイドの高い位置を取って時間を作ると、ワンクッション入れてMFコナー・メトカーフがボックス手前左から鋭いクロスを供給。中央のデュークが完璧にボールを捉え、豪快にネットを揺らした。 J2でも見せる得意のヘッドを代表でも叩き込んだデューク。サッカルーズはその後、終了間際にFWジェイソン・カミングスのPKで加点し、2-0で勝利を収め、22日の試合に続いて連勝を飾っている。 また、この試合の裏で行われていた明治安田生命J2リーグ第38節ファジアーノ岡山vsベガルタ仙台では、岡山のオーストラリア人MFステファン・ムークが先制ゴールを決めるなど、岡山のオーストラリア人の活躍がリンクする結果となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】J2の枠には収まらない!代表でも見せたデュークのヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">.<a href="https://twitter.com/mitchduke8?ref_src=twsrc%5Etfw">@mitchduke8</a> nods in the opener <br><br><a href="https://twitter.com/10FootballAU?ref_src=twsrc%5Etfw">@10FootballAU</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/NZLvAUS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NZLvAUS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Socceroos?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Socceroos</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/GiveIt100?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GiveIt100</a> <a href="https://t.co/5Qsy24ade8">pic.twitter.com/5Qsy24ade8</a></p>&mdash; Socceroos (@Socceroos) <a href="https://twitter.com/Socceroos/status/1573892038034018304?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.25 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

初のJ1昇格目指す3位岡山、長崎に3発快勝! 暫定ながら2位と勝ち点差「2」に【明治安田J2第37節】

17日、明治安田生命J2リーグ第37節のファジアーノ岡山vsV・ファーレン長崎がシティライトスタジアムで行われ、ホームの岡山が3-0で勝利を収めた。 3位の岡山は今節を含めて残り6試合で2位の横浜FCとの勝ち点差は5と、J1自動昇格圏を射程に。この一戦で是が非でも勝ち点3を積み上げ、少しでも差を縮めておきたいところだ。 その岡山は24分、右CKの流れからこぼれ球をヨルディ・バイスがボックス中央で拾い、ワントラップから左足ボレーを放つが、このシーンは長崎GK富澤のビッグセーブに遭う。 対する長崎は前半のうちに数的不利に。25分に1枚目のイエローカードを提示されていたクレイソンが直後の27分、プレーが止まっていた際にボールを主審に当ててしまい、痛恨の2枚目を提示された。 数的優位に立った岡山はアディショナルタイムに先制点。相手のハンドでPKを獲得すると、キッカーを務めたヨルディ・バイスが右足で冷静にネットを揺らした。 後半はこう着状態が続いた中、70分に岡山に追加点。自陣から長崎の最終ライン背後にロングボールが入り、チアゴ・アウベスがボックス手前でDFに競り勝ち回収。最後は飛び出してきたGKの頭上を越す左足ループシュートを流し込んだ。 75分には勝利を決定づける3点目。徳元が左サイドからセンタリングを供給し、ゴール前に走り込んだミッチェル・デュークがDFと競り合いながらも強烈なヘディングを叩き込んだ。 岡山は3-0で長崎に勝利。この結果、2位との勝ち点差を暫定で2ポイントまで縮めた。 ◆明治安田生命J2リーグ第37節 ▽9/17(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-0 V・ファーレン長崎 ▽9/18(日) ベガルタ仙台 vs 徳島ヴォルティス ブラウブリッツ秋田 vs ザスパクサツ群馬 モンテディオ山形 vs ジェフユナイテッド千葉 FC町田ゼルビア vs 東京ヴェルディ 横浜FC vs ヴァンフォーレ甲府 アルビレックス新潟 vs 水戸ホーリーホック ツエーゲン金沢 vs 大分トリニータ FC琉球 vs レノファ山口FC 大宮アルディージャ vs 栃木SC ロアッソ熊本 vs いわてグルージャ盛岡 2022.09.17 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

代表引退の名古屋GKランゲラックが復帰、トーマス・デンは4年ぶり招集! オーストラリア代表メンバーが発表《国際親善試合》

オーストラリアサッカー協会(FFA)は14日、国際親善試合に臨むオーストラリア代表メンバー31名を発表した。 大陸間プレーオフを制し、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得したオーストラリア。今回は6名の初招集選手をメンバーに含めた。 さらに、DFトーマス・デン(アルビレックス新潟 )を2018年以来となる招集。また、代表引退を発表していたGKミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス)も招集している。その他、FWミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山)、FWアダム・タガート(セレッソ大阪)が招集され、Jリーグからは4名が召集された。 オーストラリアは22日にホームでと25日にアウェイでニュージーランド代表と2試合を戦う。 今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下の通り。 ◆オーストラリア代表メンバー31名 GK ミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス/日本) アンドリュー・レッドメイン(シドニーFC) マシュー・ライアン(コペンハーゲン/デンマーク) DF ナサニエル・アトキンソン(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド) アジズ・ベヒッチ(ダンディー・ユナイテッド/スコットランド) ハリソン・デルブリッジ(仁川ユナイテッド/韓国) ミロシュ・デゲネク(コロンバス・クルー/アメリカ) トーマス・デン(アルビレックス新潟/日本) フラン・カラチッチ(ブレシア/イタリア) ジョエル・キング(オーデンセ/デンマーク) トレント・セインズベリー(アル・ワクラ/カタール) ベイリー・ライト(サンダーランド/イングランド) MF キアヌ・バッカス(セント・ミレン/スコットランド) キャメロン・デブリン(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド) タイリース・フランソワ(HNKゴリツァ/クロアチア) デニス・ジェンロー(トゥールーズ/フランス) アルディン・フルスティッチ(エラス・ヴェローナ/イタリア) ジャクソン・アーバイン(ザンクト・パウリ/ドイツ) マシュー・レッキー(メルボルン・シティ) ライリー・マクグリー(ミドルズブラ/イングランド) コナー・メトカーフ(ザンクト・パウリ/ドイツ) アーロン・ムーイ(セルティック/スコットランド) ライアン・ストレイン(セント・ミレン/スコットランド) FW マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド) ジェイソン・カミングス(セントラルコースト・マリナーズ) ミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山/日本) ガラン・クオル(セントラルコースト・マリナーズ) アワー・メイビル(カディス/スペイン) ジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ) アダム・タガート(セレッソ大阪/日本) マルコ・ティリオ(メルボルン・シティ) 2022.09.14 10:12 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎Fの家長昭博が今季月間MVP初受賞! 2G3Aの活躍でチームを全勝に導く

Jリーグは13日、8月度の月間MVPを発表した。 J1からは川崎フロンターレの家長昭博が受賞。8月は4試合で2ゴール3アシストの活躍を披露し、チームも4戦全勝で首位の横浜FMに肉薄する成績を収めた。 今月の活躍には審査委員も舌を巻いており、北條聡委員は「ボールを持てば無双状態」と高く評価。家長は今季初受賞、通算では2度目の受賞となる。 「この度は明治安田生命J1リーグ8月度KONAMI月間MVPに選出頂きありがとうございます。喜びと同時に、共に戦ってくれた全ての方に感謝しておりま」 「この賞をこれからも受賞できるように、自分自身が少しでも成長できるように日々努力していきたいと思います」 「残りのシーズンもJリーグ、川崎フロンターレの応援を宜しくお願いします」 なお、J2からはチームの5連勝に貢献し、2アシストも記録したファジアーノ岡山のヨルディ・バイスが選出。J3は3ゴールで攻撃を牽引したいわきFCの有田稜が選ばれた。両選手とも初受賞となる。 2022.09.13 17:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly