新生ユナイテッドがブレントフォードに屈辱の4失点大敗…開幕連敗で次節リバプールとのビッグマッチへ《プレミアリーグ》

2022.08.14 03:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第2節、ブレントフォードvsマンチェスター・ユナイテッドが13日にグリフィン・パークで行われ、ホームのブレントフォードが4-0で圧勝した。

テン・ハグ新体制の初陣となったホームでのブライトン戦に1-2で敗れ、厳しい船出を強いられた新生ユナイテッド。その開幕戦の失態を払しょくしたい赤い悪魔は、開幕ドロースタートのブレントフォードのホームに乗り込んだ。

オランダ人指揮官は初戦からマクトミネイに代えてクリスティアーノ・ロナウドを起用し、[4-2-3-1]の布陣を採用。最前線にロナウド、2列目に右からサンチョ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードが入った。

立ち上がりからボールを握り、開始直後にはロナウドが早速シュートを放つなど、まずまずの入りを見せたユナイテッド。しかし、思わぬミスから開幕戦に続いて先制を許す。

10分、自陣右サイドでのスローインからロナウドが中央でボールを奪われてカウンターを許すと、ペナルティアーク付近でダシルバが右足で放ったシュート。ゴール右下隅の良いコースに飛んだとはいえ、ボールの勢いを考えれば、問題なく対応できるものだったが、GKデ・ヘアが脇の下を抜かれる失態で先制点を献上した。

これで俄然勢いづくホームチームに対して、早い時間帯の同点ゴールを目指すユナイテッドは、前がかって攻めに出る。しかし、開幕戦でも露呈した不安定なビルドアップを相手に突かれる。

攻撃時にアンカーに入るエリクセンの直前のボールロストはマグワイアのカード覚悟のファウルで事なきを得るが、18分にはゴールキックのリスタートの際に相手が完全に狙っていた中、GKデ・ヘアからエリクセンに出したパスに猛然としたプレスを仕掛けたイェンセンにボックス内でボールを奪われ、巧みな切り返しから右足のシュートを流し込まれ、再びミスから2失点目を喫した。

信じがたいミスの連続で開幕戦に続く2点ビハインドとなったユナイテッドは、ボールを握って攻め手を窺うものの、持たされる印象が強く相手の5バックを揺さぶり切れない。そうなると、流れに関係なくゴールを決められるエースに期待がかかるが、立ち上がり以降はなかなか見せ場を作れない。

すると、苦境の中で粘りを欠くチームは耐え切れない。まずは30分、ブレントフォードの右CKの場面で大外のトニーに頭で折り返されると、ファーサイドで待つベン・ミーに泥臭く頭で押し込まれて3失点目。さらに、35分には人数をかけた攻撃で攻め切れず、相手ボックス内からのクリアでロングカウンターを浴びる。左サイドのスペースに飛び出したトニーに速いタイミングでムベウモへのラストパスを許すと、DFショーの必死の戻りも及ばずにボックス内へ侵入したムベウモに左足のシュートを流し込まれ、屈辱の4失点目となった。

この連続失点で完全に心が折れたようにも見えるアウェイチームは、まずは1点ずつを返そうと攻勢を強めていく。だが、相手を上回るプレー強度はなくさしたる見せ場を作れぬまま、最悪な形でハーフタイムのドレッシングルームに戻ることになった。

迎えた後半、テン・ハグ監督はリサンドロ・マルティネス、ショー、フレッジを下げてヴァラン、マラシア、マクトミネイをそれぞれ同じポジションで投入。攻撃に全振りの交代というよりも、まずは崩壊しかけていた部分にテコ入れを図る形となった。

後半立ち上がりの守勢を凌いで徐々に押し込む時間帯を作り出すユナイテッドだが、4点リードによって余裕を持って守る相手の守備に苦戦。ボールは握るものの攻めあぐねる状況が続き、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない。

さらに、存在感を欠いたサンチョを諦めてエランガを60分過ぎにピッチへ送り出すが、この交代策も流れを引き寄せるまでには至らない。ゴールが遠く時間だけが過ぎていく中、80分過ぎにはグリフィン・パーク帰還のエリクセンに見せ場も、ボックス中央でのシュートチャンスで枠に飛ばすことができない。

その後も覇気のない戦いに終始したユナイテッドは、無抵抗のままタイムアップを迎え、敵地で屈辱の0-4の大敗。厳しい開幕連敗スタートとなった赤い悪魔は、最悪な形で次節リバプールとのビッグマッチに臨むことになった。

関連ニュース
thumb

今夏加入のアントニー、早くもユナイテッドに順応?「家にいるような気分」

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表FWアントニーは、すでにチームに馴染んでいるようだ。 ボーナスの500万ユーロを含め1億ユーロ(約139億1000万円)もの移籍金でアヤックスから加入したアントニー。これはユナイテッド史上でも2番目に高額であり、鳴り物入りでの移籍となった。 アヤックスで残した数字を考えると、高額な移籍金額に懐疑的な意見も少なくないなか、4日にホームで行われたプレミアリーグ第6節のアーセナル戦で初先発すると、いきなりゴールを決めて3-1での勝利の立役者に。その後もヨーロッパリーグ(EL)の2試合に先発して存在感を示している。 アントニーはクラブ公式サイトのインタビューで、「トレーニングは以前と全く異なっているが、精神的な準備はしてきた。プレミアリーグをずっと見てきたから、どれだけ激しい試合になるかは分かっていたし、できるだけ早く100%の力を発揮できるよう、たくさん準備とトレーニングをしてきたんだ」とコメント。モチベーションの高さを示した。 また、チームへのフィットについても言及。同じく今夏加入のブラジル代表MFカゼミロの存在もあり、早くもチームに馴染むことができていると語った。 「素晴らしいチームの一員となったからには、高いレベルに到達し、プレーを発展させるためにお互いを知って、チームメイトを理解しようとしきた。 僕たちは日々、一戦一戦お互いを知ることができていると思う。その調和によって僕らのすべてがうまくいくようにね」 「まだここに来て数週間だけど、すでにブラジル料理のレストランをいくつか見つけたよ。カゼミロと一緒に行ったんだ。ここではみんなに歓迎されているし、家にいるような気分だよ。マンチェスターの街にうまく馴染めていると感じるね」 「セレソンの友人と一緒にここで仕事ができることが本当に嬉しい。とても良い気分だよ。代表のチームメイトだけでなく、他の選手たちも僕を温かく迎えてくれて、それがチームに適応するのにとても役立っているんだ」 2022.09.26 14:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドDFマルティネス、危惧されるサイズに言及「批判を気にしていない」

マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスが、自身の体格に関する批判を一蹴した。 アヤックスから今夏ユナイテッドへと完全移籍したマルティネス。移籍金は5600万ポンド(約85億8600万円)と、安くはない買い物となった。 大きな期待が寄せられる一方で、175cmというセンターバックとしては小柄な体格を心配する声も。著名な解説者などは、そのサイズを不安視していた。 しかし、エリク・テン・ハグ監督はマルティネスを開幕から全試合で起用。センターバックとして闘志溢れる守備だけでなく、左利きを生かした後方からのビルドアップでもチームに貢献。そのサイズを感じさせないプレーを見せている。 アルゼンチン代表としてもプレーするマルティネスだが、ホンジュラス代表戦後、アルゼンチン『TyC Sports』に自身の批判についてコメント。ユナイテッドでプレーできて嬉しいと語った。 「正直に言って、マンチェスター・ユナイテッドのようなビッグクラブ、特に世界最高のリーグの1つであるプレミアリーグでプレーできることは夢が叶ったんだ」 「プレミアリーグのリズムに慣れることができて嬉しいよ。僕は幸せだ」 「僕は批判を気にしていない。自分自身を信じているし、信頼している」 「いつだって毎日一生懸命働いている。それが、最終的に結果をもたらすんだ」 2022.09.26 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「何度かチャンスを逃した」決定機逸も勝利を喜ぶエリクセン「今日は良い試合ができた」

デンマーク代表のMFクリスティアン・エリクセン(マンチェスター・ユナイテッド)が、フランス代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ1最終節でフランスと対戦したデンマーク。クロアチア代表の結果次第では首位に立つチャンスを残した一戦となった。 立ち上がりはフランスのペースで試合は進んでいくものの、34分にカスパー・ドルベリがゴールを決めてデンマークが先制。さらに5分後の39分にはアンドレアス・スコフ・オルセンがネットを揺らし、2-0とデンマークがリードする。 その後はフランスの反撃を凌いで2-0のまま勝利。しかし、クロアチアがオーストリア代表に勝利したため、2位で終了することとなった。 エリクセンはデンマーク『TV2』に試合後にコメント。良い試合ができたとパフォーマンスに満足感を示した。 「今日は良い試合ができたと思う。全てを考え、コントロールできたことが良かった」 「何度かチャンスを逃したけど、フランス戦で、それをしないということはほぼ不可能だろう」 「僕たちは鋭く、上手くコントロールできていたと思う」 2022.09.26 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏ローマに加入のマティッチ、W杯前にも自動契約更新か

元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)がローマとの自動契約更新に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 マティッチは今夏にマンチェスター・ユナイテッドを退団し、チェルシーやユナイテッド時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマに加入。3度目の共闘となるモウリーニョ監督との信頼関係は変化なく、今季もここまでセリエA全試合に出場している。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、2023年6月でローマとの契約が切れるマティッチだが、今シーズンのリーグ戦19試合に出場した時点で1年間の自動契約更新が行われる条項が含まれており、早ければカタール・ワールドカップ前にも契約更新が行われる見込みであることと主張している。 なお、年俸についてはチームがチャンピオンズリーグやその他の欧州大会の出場権を獲得するかどうかにかかっているため、シーズン終了まで確定しないとのことだ。 2022.09.26 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

人気沸騰のカイセドに“先輩”バレンシアの願い 「ユナイテッドに」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンで存在感を放ち、人気も高まるエクアドル代表MFモイセス・カイセド(20)だが、“同胞の先輩”アントニオ・バレンシア氏は自身の古巣マンチェスター・ユナイテッド行きを願っているようだ。 昨季後半にブライトン入りしたカイセド。今季のブライトンは中盤の絶対軸だったMFイヴ・ビスマを失ってのシーズンインだったが、運動量、ボールの奪取力、そして推進力をもってさっそくその穴を埋めている。 そうした活躍は早くも移籍話に発展。今夏もビッグクラブからの関心が取り沙汰されたが、最近では今季開幕後にブライトンからグレアム・ポッター監督を引き抜いたチェルシーのターゲット入りが噂されている。 だが、2021年に現役引退のバレンシア氏は自国の新たなスター候補の将来に関して、自身も2009〜2019年までを過ごしたユナイテッドでプレーする姿を期待しているようだ。『La Radio Redonda』で明かした。 「モイセス・カイセドがイングランドのビッグクラブに行けるのを願っている。彼は謙虚な青年で、偉大な選手になるために生まれてきた。マンチェスター・ユナイテッドに行ってくれたらいいね」 2022.09.25 15:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly