シティが開幕2連勝! デ・ブライネの圧巻アウトサイド弾などでボーンマスに完勝!《プレミアリーグ》

2022.08.14 01:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第2節、マンチェスター・シティvsボーンマスが13日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-0で圧勝した。

リーグ3連覇を目指すシティは前節、プレミアデビューとなったハーランドの2ゴールの活躍によって難敵ウェストハムを敵地で退け、2-0の快勝スタートを飾った。ホーム開幕戦となる今回の一戦では、アストン・ビラ相手に2-0の白星スタートを飾った昇格組ボーンマスを迎え撃った。

グアルディオラ監督は初戦からグリーリッシュに代えてフォーデンを起用した以外、同じスタメンを採用。3トップは右からマフレズ、ハーランド、フォーデンという並びとなった。

立ち上がりから相手を圧倒的に押し込むシティは、的確な立ち位置、正確なパスを軸に引いたボーンマスを揺さぶり続ける。さらに、ボールを失っても連動したプレスですぐさまボールを奪い返し、ハーフコートゲームを展開。

開始9分にはデ・ブライネの鋭いグラウンダーのパスをボックス左で足元に収めたフォーデンがGKと一対一の場面を作り出すが、ここはGKトラバースの好守に阻まれる。以降もセットプレーから際どいシーンを作り続けると、前半半ばを前にしてゴールをこじ開ける。

19分、相手陣内中央でウォーカーがグラウンダーで差し込んだボールをギュンドアンがワンタッチでハーランドに預けると、ノルウェー代表FWはDFを背負いながらも見事な粘りで完璧なリターンパス。完璧にゴール前へ抜け出したギュンドアンが難なくGKとの一対一を制した。

前節のPK獲得シーンの逆の形からギュンドアンに今季初ゴールが生まれたホームチームは、これで落ち着くことなく相手を圧倒。徐々にボーンマスに自陣の深い位置へ運ばれるシーンも出てきたが、逆に個のクオリティを生かしたロングカウンターが機能する。

そして、31分にはロングボールのセカンドボールを奪った流れからロドリ、フォーデン、デ・ブライネとスムーズに右サイドへパスが繋がる。ここでベルギー代表MFはペナルティアーク付近で左へ切り込みながら右足アウトサイドを使ったシュートを放つと、ゴール左下隅の完璧なコースに決まった。

デ・ブライネの芸術的なシュートで追加点を奪ったシティはその数分後にも三度ゴールを奪取。37分、自陣右サイドでのボールを奪ったマフレズが左サイドのスペースを狙うデ・ブライネへ絶妙なミドルレンジのパスを供給。そのままボックス付近まで運んだデ・ブライネは相手DFを引き付けながらゴール前に走り込んだフォーデンへ絶妙なラストパスを通すと、フォーデンがこの試合2度目の決定機を今度は決め切った。

その後、ボーンマスの士気、運動量にかげりが見え始めると、前半終了間際には2試合連続ゴールを狙うハーランドに幾度か際どいチャンスが訪れるが、4点目を奪うまでには至らなかった。

昇格組相手に格の違いを見せつけた2連覇王者は、ハーフタイム明けに1ゴール1アシストのフォーデンを下げてグリーリッシュを投入。後半もボールを握って危なげなくゲームをコントロールしていく。

3点のリードがあることもあり、リスクを冒して攻める場面は少ないものの、相手を押し込んではボックス付近での相手の隙を突いてはデ・ブライネ、ギュンドアン、マフレズとミドルシュートで4点目に迫る。

後半も完全に主導権を掌握するシティは65分、フォーデンに続きルベン・ディアス、ギュンドアンがお役御免となり、ストーンズ、ベルナルド・シウバがピッチへ送り出される。さらに、76分にはハーランドが下がり、アルバレスが送り込まれた。

勝利は確実なものの、もうひと盛り上がりがほしいところだった79分にはボックス左に抜け出したカンセロのクロスがレルマのオウンゴールを誘い、ようやく後半最初のゴールが生まれた。

その後、ウォーカーを下げてプレミアデビューのDFルイスをピッチに送り込んだシティは、ボーンマスの反撃を危なげなく封じ切って4-0の完勝。昇格組相手に王者の貫録を見せつけて開幕2連勝を飾った。

関連ニュース
thumb

宿敵戦で完敗のユナイテッド、ヴァランが前半途中に負傷交代

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がマンチェスター・ダービで負傷交代したフランス代表DFラファエル・ヴァランの状態に言及した。 2日のプレミアリーグ9節でマンチェスター・シティと対戦したユナイテッド。4連勝中のチーム状況下でDFリサンドロ・マルティネスとともにセンターバックの1stチョイスとなるヴァランは代表活動を挟み、この宿敵戦でも先発した。 だが、30分過ぎにバイタルエリア中央でMFフィル・フォーデンの左足シュートをブロックした際に伸ばした左足首を痛め、一時ピッチの外に。一度はプレーに戻ったが、やはり続行が難しく、41分にDFビクトル・リンデロフと交代した。 クラブ公式サイトによると、テン・ハグ監督は3-6で負けた試合後、元々ケガが少なくなく、状態が気がかりな29歳のセンターバックに関する質問も飛び、説明している。 「得点差が僅差であっても、彼はプレーを続けられたとは思わない。ただ、0-4で負けていたし、交代させた。これ以上、ケガを悪化させるリスクを回避したかったからだ。とはいえ、あのケガはプレーを続けられないほどの大きなものだったと思う」 オランダ人指揮官から多く語られなかったが、ヴァランも負傷離脱となれば、泣きっ面に蜂となるユナイテッド。DFハリー・マグワイアも代表先でのケガで今回のダービーを欠場したが、ヴァランの状況やいかに。 2022.10.03 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「マンチェスターは青だ!」ハーランドの“強気宣言”にファンも熱狂!「その通りだ」「もっと染めてくれ」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが息巻いた。 2日のプレミアリーグ第9節で宿敵のマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え撃った2連覇中の王者シティ。エリク・テン・ハグ新監督の下で4連勝中の相手だったが、開幕から7試合負けなしの勢いを持って立ち上がりから攻め立て、前半だけでハーランドとMFフィル・フォーデンが2得点ずつと4-0の大差をつける。 後半は選手の入れ替えによるトーンダウンもあり、3失点を喫したが、それでもハーランドとフォーデンがさらに1得点ずつを決め、2選手揃ってハットトリックを達成。今季最初のマンチェスター・ダービーを派手に飾った。 試合後、ハーランドは自身のインスタグラムを更新。フォーデンとの2ショットを添え、「マンチェスターは青だ!」と高らかに告げた。 この宣戦布告には、ファンも反応、「その通りだ」、「最高のゲームだった」、「もっと青に染めてくれ」、「2人とも最高だ」と喜んでいる。 ハーランドの加入でより破壊力が増したシティ。このまま誰も止められないチームになるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】「マンチェスターは青だ!」ハーランドとフォーデンの試合直後の2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjN345QDMQN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjN345QDMQN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjN345QDMQN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Erling Braut Haaland(@erling.haaland)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】衝撃ゴール連発!マンチェスターダービーのハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">衝撃的な結果となった <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#マンチェスターダービー</a> のハイライトをご覧ください<a href="https://twitter.com/hashtag/ManCity?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ManCity</a> <a href="https://t.co/ydtHbi5JXb">pic.twitter.com/ydtHbi5JXb</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCityJP) <a href="https://twitter.com/ManCityJP/status/1576739130070822912?ref_src=twsrc%5Etfw">October 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.03 11:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ダービー不出場のC・ロナウド、使わずは「敬意によるもの」…テン・ハグ監督が説明

マンチェスター・ダービーでベンチ入りしながら不出場だったマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、エリク・テン・ハグ監督の気遣いによるもののようだ。 代表ウィーク明けの再開初戦となる2日のプレミアリーグ第9節で宿敵のマンチェスター・シティと対戦したユナイテッド。4連勝をもって開幕7戦無敗を続ける2連覇中の王者に立ち向かったが、序盤から完成度での違いも大きく見せつけられ、3-6で散った。 前半だけで4-0の大差をつけたシティが選手の入れ替えによってトーンダウンした後半に3ゴールを奪い返したが、ベンチスタートのC・ロナウドは最後まで呼ばれず。ひたすらベンチから戦況を見守り、今季のリーグ戦7試合目にして初の不出場試合となった。 4失点の前半から巻き返す策として、C・ロナウドの交代カードを切るのも1つの手だったはずだが、それを選択しなかったオランダ人指揮官はイギリス『スカイ・スポーツ』によると、その理由をこう説明したようだ。 「彼の大きなキャリアに敬意を表して使わなかった。そして、もう1つはアントニー・マルシャルを起用できるというのもあったし、彼もプレータイムが必要だった。しかし、この件をそんなふうに目立たせたくはない」 2022.10.03 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップ、派手にダービー制すも「完璧なんて存在しないし、不可能」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が振り返った。 2日のプレミアリーグ第9節で宿敵のマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え撃った2連覇中の王者シティ。エリク・テン・ハグ新監督の下で4連勝中の相手だったが、開幕から7試合負けなしの勢いを持って立ち上がりから攻め立て、前半だけでFWアーリング・ハーランドとMFフィル・フォーデンが2得点ずつと4-0の大差をつける。 後半は選手の入れ替えによるトーンダウンもあり、3失点を喫したが、それでもハーランドとフォーデンがさらに1得点ずつを決め、2選手揃ってハットトリックを達成。今季最初のマンチェスター・ダービーを派手に飾り、首位のアーセナルとの1ポイント差をキープした。 練度の差をまざまざと見せつけ、注目のダービーを制したグアルディオラ監督もイギリス『スカイ・スポーツ』によると、「本当に良かった」と満足感を露わに。ただ、3失点の後半に改善の余地ありとし、自チームが露呈した課題にもしっかりと向き合う姿勢を示した。 「前半に4ゴールを奪い切り、もっと決められたはず。後半に相手が良くなり、ラスト数分は平凡だったが、良い試合ができたし、スタジアムのみんなも喜んでくれたね。前半はアグレッシブにいけ、スペースもあった。前線のクオリティが違いになってくれたよ」 「今日は何選手が良くなかった。そこは改善しないと。完璧というものは存在しないし、不可能だ。ただ、それを探る努力は必要。今日はよくやったが、もっとうまくやれるはずだよ」 「多くの選手がずさんなパスを出して、失点してしまったのはよろしくない。もっと安定したパスを出していかないとね。ファイナルサードではもっとクリエイティブになっていけるし、もっとリスクを負えるのに、いくつかのエリアで良くなかったね」 2022.10.03 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

宿敵戦でも大暴れの怪物ハーランド「最高の試合に」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがコメントした。 2日のプレミアリーグ第9節で実現した今季最初のマンチェスター・ダービー。エリク・テン・ハグ新監督のマンチェスター・ユナイテッドも4連勝中だったが、練度の差を印象づけ、前半だけで4ゴールを奪ってみせるなど、6-3で完勝した。 宿敵戦を派手に飾り、開幕から8試合負け知らずとしたシティで殊勲者の1人が5ゴールに絡んだハーランドだ。今夏加入後初のダービーだったが、34分、37分、64分のゴールで早くも今季3度目のハットトリック。さらに2アシストと大暴れした。 イングランドでもアンストッパブルな22歳の怪物ストライカーはイギリス『スカイ・スポーツ』で「悪くないね! 6ゴールも決めたし! 何て言ったら良いだろうね。すごいよ。ホームで勝てて、しかも6ゴールを決められて最高だ」と喜んだ。 一方で、イギリス『BBC』の『Match of the Day』では「もっとやれたはずだし、後半は少しだらしないところもあった。もっとタイトにもう少しハードにやるべきだったよ。まだまだ頑張らないといけない」と3失点の後半を問題視している。 そして、話は個人の話題に。自身初のマンチェスター・ダービーを「試合前から何かしら特別なことが起こる予感が少しあったし、実際に今日も起こった。最高だよ」と振り返ると、こう続けた。 「金曜日(9月30日)のトレーニング場からそういう感じがあった。こういう試合こそ、僕がプレーしたかった試合だし、少しのプラスアルファもある最高の試合になってくれたよ」 「自信も良い感じだった。常に良いけどね。コミュニティ・シールドでリバプールと対戦してから、良い感じだった。あの試合も良かったけど、もう少し準備をしないといけないと思ったんだ」 2022.10.03 09:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly