讃岐の選手2名が新型コロナ陽性、13日のJ3宮崎戦は実施も14日のエリートリーグ岡山戦は中止

2022.08.12 22:32 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カマタマーレ讃岐は12日、トップチームの2選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定となったことを発表した。

クラブの発表によると、2選手ともに12日のPCR検査で陽性となったとのことだ。

なお、濃厚接触者に関しては現在調査中。2名は療養中とのことだ。
また、これにより14日に予定されていたJエリートリーグのファジアーノ岡山戦は中止に。13日に予定されている明治安田生命J3リーグ第20節のテゲバジャーロ宮崎戦は、スクリーニング検査で陰性となった者のみがエントリーされる。

関連ニュース
thumb

讃岐、小松拓幹と鯰田太陽の契約を更新

カマタマーレ讃岐は8日、DF小松拓幹とMF鯰田太陽と来季の契約を更新したことを発表した。 小松は2020年に立命館大学から讃岐に加入。在籍3年目を迎えた今季はリーグ戦9試合の出場にとどまった。 鯰田は柏レイソルのユース出身で、仙台大学を経て2021年に讃岐へ。昨季は10試合、今季は12試合に出場した。 ◆小松拓幹 「2023シーズンもカマタマーレ讃岐でプレーさせていただくことになりました。スポンサー企業の皆様、サポーターの皆様、チーム関係者の皆様、2022シーズンはご支援ご声援ありがとうございました。2023シーズンは、チームとしても、個人としても躍進の年になれるよう、頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆鯰田太陽 「昨シーズンなかなか思うような結果が出ず、ファン・サポーター、支えてくださっているスポンサーの皆様に悔しい思いをさせてしまいました。それにもかかわらずどんなときでも応援し、支え共に戦ってくれた皆さんに来シーズンこそ結果で恩返ししたいと思っています。全力で戦います。来シーズンもよろしくお願いします!」 2022.12.08 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

讃岐が高橋拓也と契約更新、今季も正GKとしてプレー

カマタマーレ讃岐は7日、GK高橋拓也(33)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 高橋は横浜F・マリノスのアカデミー出身だが、神奈川大学に進学。2012年に当時日本フットボールリーグ(JFL)のY.S.C.C.横浜に加わると、横浜FM、ギラヴァンツ北九州でのプレーも挟み、2021年から讃岐に活躍の場を移した。 移籍2年目の今季も守護神を務め、明治安田生命J3リーグ32試合に出場。来季に向け、抱負を語っている。 「今シーズンも多くのご支援、ご声援をいただき、ありがとうございました。来季もカマタマーレ讃岐でプレーさせていただくことになりました。清水健太GKコーチから多くのことを学び、若く才能豊かなGK達と共に切磋琢磨し、讃岐ゴールを守っていきたいと思います。2023年も共に戦いましょう! 応援よろしくお願いします」 2022.12.07 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸MF森勇人が讃岐に完全移籍 「強い覚悟で決断」

カマタマーレ讃岐は7日、水戸ホーリーホックからMF森勇人(27)の完全移籍加入を発表した。 森は名古屋グランパスのアカデミー卒で、トップチームに昇格したが、2016年シーズン終了後に契約満了。2017年からガンバ大阪で再起を期したが、そこでもインパクトを残せず、2018年に退団した。 そうして2019年から水戸入りし、移籍2年目と3年目の明治安田生命J2リーグで30試合以上の出場数を記録。今季も16試合に出場して2得点だったが、来季からは讃岐に活躍の場を移す運びとなった。 森は讃岐を通じて「カマタマーレ讃岐に関わる全ての皆様。はじめまして、水戸ホーリーホックから加入しました森勇人です」と挨拶の言葉とともに意気込みを語っている。 「オファーをいただき熟考を重ね、このチームでプレーすることを強い覚悟で決断しました。米山監督のもと、持っている全ての力を発揮し、ゴールやアシストでチームの勝利に貢献出来るよう日々精進していきます」 「スポンサーの皆様、サポーターの皆さん。カマタマーレ讃岐のために僕に出来ることを全て行っていきます。まずは日々の行動から示し続けて信頼を勝ち取っていきます」 「またはじめて四国、香川県に住むということでとてもワクワクしています。素敵な場所や食べ物など皆さんからのおすすめを教えていただけると嬉しいです。こちらもすごく楽しみにしています! これからどうか応援よろしくお願いします!」 一方で、水戸を通じてはチームに関わる各方面に感謝の言葉を綴り、「水戸ホーリーホックに関わるすべての皆様の活躍を願っております。4年間本当にお世話になりました」などとコメントしている。 2022.12.07 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ACL戦う甲府、J3讃岐FWを完全移籍で獲得「J2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレー」

ヴァンフォーレ甲府は6日、カマタマーレ讃岐のFW松本孝平(28)が完全移籍で加入することを発表した。 松本は神奈川県出身で、国士舘大学から2017年に名古屋グランパスへと入団。SC相模原、FCマルヤス岡崎、FCティアモ枚方でプレー。今シーズンから讃岐に完全移籍で加入した。 松本は讃岐では明治安田生命J3リーグで31試合に出場し9得点を記録していた。 松本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「この度、カマタマーレ讃岐より加入させていただきます、松本孝平です。この歴史あるクラブ、ヴァンフォーレ甲府でプレーできることにとても感謝しています」 「天皇杯での活気ある甲府サポーターの熱い応援。そして、優勝という素晴らしい功績、とても震えました」 「来シーズンのJ2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレーしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆カマタマーレ讃岐 「この度、ヴァンフォーレ甲府に移籍になりました。まず今シーズン通して応援してくださったファン、サポーターの皆さま、チームがどんな状況でも支えていただきありがとうございました」 「正直みなさんが思うような結果ではなかったと思います。僕自身ももっともっとチームに貢献できたと思います。JFLで、もがき苦しんでいた僕に再びJリーグの舞台で闘う機会を与えてくれたこのクラブ。そしてチームを支えていただいているスポンサーの皆様には本当に感謝しています」 「Jリーグで1番若いチームとしてシーズンが始まり。経験が浅い選手が多い中、僕がみんなにできることは常に結果を求め、その姿勢を見せること。常に自分に何が足りなくてどうすれば良くなるのかを考え行動すること。それも全て今シーズン共に闘ってくれた仲間たちに学ばせてもらったことです」 2022.12.06 17:33 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖がイスマエル・ドゥンガと契約満了 レンタル先の讃岐からも退団

サガン鳥栖は30日、FWイスマエル・ドゥンガ(29)の契約満了を発表した。 かつて母国ケニアや、ギリシャ、ザンビア、アルバニアでプレーしたドゥンガは2021年の鳥栖入りで初来日。今年からカマタマーレ讃岐に期限付き移籍したが、明治安田生命J3リーグ4試合の出場で無得点だった。 2021年11月にケニア代表から声がかかった経歴の持ち主だが、レンタル加入先の讃岐からも退団が発表されたドゥンガ。両クラブを通じて、それぞれ別れの挨拶をしている。 ◆サガン鳥栖 「愛するサガン鳥栖ファミリーの皆様、この度、鳥栖を離れることになりました。鳥栖では1年のみのプレーとなりましたが、まずは日本でプレーできる機会を与えてくださったすべての関係者、私を受け入れてくれたチームメイトやスタッフの皆さんに感謝申し上げます」 「私自身日本に来て最初のクラブがサガン鳥栖でとても良かったと思います。試合に出た際にはいつも力強いパワーをサポーターから感じていました。今でもその光景が忘れられません。また皆さんにお会いできるようにこれからも頑張りたいと思いますので、どうぞ今後もドゥンガをよろしくお願いします。DOMO ARIGATOGOZAIMASHITA.」 ◆カマタマーレ讃岐 「ファン、サポーター、関係者の皆様、このたびチームを離れることとなりとても残念です。日本に来た2年間は私にとっていい時も悪い時もありましたが、全ていい経験でした」 「試合に出れずチームも勝てない苦しい中、それでもスタジアムで声をかけてくれるファンの皆さん、私のフラッグを作ってくれて声出し応援の時に私の名前を呼んでくれたファンの皆さんのことは一生忘れません。今後のことはまだわかりませんがまた皆さんにお会いできる日を楽しみにしております! DOMO ARIGATOGOZAIMASHITA.」 2022.11.30 14:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly