【セリエA・シーズンプレビュー】ルカク復帰のインテルが本命、積極補強のユーベが対抗

2022.08.12 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのセリエAが13日に開幕する。昨季はミランがインテルとの熾烈なスクデット争いの末、11季ぶりに優勝を果たした。迎える新シーズン、覇権奪還を目論むインテルを本命、2季連続不本意なシーズンを送ったユベントスを対抗に推したい。

◆ルカク復帰で覇権奪還へ~インテル~
Getty Images

昨季はミランとのデッドヒートの末、後一歩で連覇に届かなかったインテル。ただ、主砲のFWルカクが移籍し、コンテ監督が退任となった中、大健闘のシーズンだったとも言える。そのインテルは新シーズンに向けてチェルシーで不発に終わったルカクが復帰。これ以上ない戦力が戻り、年々進化を遂げるFWラウタロ・マルティネスとのコンビで優勝したシーズンのような破壊力が復活するはずだ。

守備面に関しては相変わらずの安定感を誇る守護神のハンダノビッチが健在。仮に離脱したとしても控えにGKオナナを獲得と隙がない。そして財政難により放出が噂されたDFシュクリニアル、DFダンフリース、DFデ・フライらが揃って残留濃厚な情勢と、S・インザーギ監督にとっては好ましい状況だ。現状の戦力を維持できれば、スクデットの本命で間違いないだろう。
◆積極補強で3季ぶり王座奪還へ~ユベントス~
Getty Images

昨季はアッレグリ監督が復帰し、少なくとも優勝争いをすることが予想されたが、甘くはなかった。FWロナウドが去った前線は得点力不足に陥り、1月にFWヴラホビッチが加入するまで攻撃の形が見えない程だった。何とか4位に滑り込んでチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得し、体裁を保っただけのシーズンとなった。

そのユベントスは新シーズンに向けてFWディ・マリア、MFポグバ、MFコスティッチ、DFブレメルと好タレントを各ポジションに迎え入れた。FWディバラとDFデ・リフトの両主力がクラブを去ったが、戦力は増した印象だ。とりわけプレシーズンを見る限り、ディ・マリアの加入が大きそうだ。34歳となったアルゼンチン代表FWだが依然としてキレがあり、ボールを持った際の選択肢の豊富さはディバラを上回り、攻撃のバリエーションが増えそうだ。心配なのはケガがちなポグバだ。彼がユナイテッド時代同様にケガに悩まされ続けるようだとインテルの背中は遠のくばかりだ。

◆ベルギーの至宝一本釣り~ミラン~
Getty Images

フロントの的確な補強、ピオリ監督の手腕で11季ぶり優勝を遂げたミランも優勝候補の一角だ。主力ではMFケシエとDFロマニョーリが契約満了で旅立ったが、大半の主力が残留しており、戦力は維持されている。得点力不足の前線にはFWオリジが加入したが、まだまだ粗削りな印象の27歳はイタリアの地で覚醒となるか。

そして何より楽しみなのが至宝MFデ・ケテラエルの加入だ。次世代のベルギー代表の中軸を担うことが期待される21歳は、ゴールとアシストでチームを勝利に導ける、かつてのレジェンドであるカカのような存在。トップ下の人材が定まらないミランとしては打ってつけのタレントと言えそうだ。昨季露呈した脆弱な攻撃陣をどれだけこの若武者が牽引できるか、ミランの命運を握っている。

◆欧州王者が3強に続くか~ローマ~
Getty Images

ミラノ勢、ユベントスに次ぐ存在が昨季ヨーロッパ・カンファレンスリーグ初代王者となったローマになるだろう。ユベントス退団となったディバラを迎え、モウリーニョ監督の愛弟子であるMFマティッチを獲得。それに留まらずMFワイナルドゥムまで獲得とセンターラインを強化。仮にFWベロッティまで加われば各セクションの充実ぶりは上記の3強に匹敵する。移籍が噂されたMFザニオーロも残留濃厚で攻撃陣は十分。モウリーニョ監督の戦術が浸透して鉄壁の守備が築かれれば、CL出場権獲得は難しくないタスク。あわよくばスクデット争いに絡んでいきたい。

◆戦力維持で迎えるサッリ体制2季目~ラツィオ~
Getty Images

サッリ体制2季目のラツィオは戦力維持に成功している。新加入はDFロマニョーリとMFベシーノと計算の立つ実力者だ。スクデット争いに絡むには戦力不足かもしれないが、CL出場権争いには確実に絡んでくるだろう。サッリ監督の戦術がさらに浸透することが予想され、上位に食い込んでくることは間違いなさそうだ。

◆攻守の要流出…~ナポリ~
Getty Images

昨季はスクデットが狙える陣容だったが、財政難によりクラブの象徴だったFWインシーニェ、DFクリバリ、FWメルテンスがクラブを去った。代役として獲得したのはセリエA未経験のMFクワラツヘリア、DFキム・ミンジェと不安が大きい。CL出場権を確保できれば十分なシーズンか。

◆リーグ戦一本の強み~アタランタ~
Getty Images

上位に居ることが定着したプロビンチャの雄アタランタは静かな夏を過ごしている。目立った補強はせず、主力の流出もない。FWムリエルに移籍の噂があるが、残留すればCL出場返り咲きを狙える戦力を擁しているものと思われる。何より今季は欧州の大会に出場しないため、セリエAだけに集中できる状況。名将ガスペリーニ監督も続投しており大崩れはしないだろう。

関連ニュース
thumb

インテルの38歳ハンダノビッチ、シーズン途中で現役引退も?

インテルの元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(38)がシーズン途中での現役引退を考えているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。 2012年夏にウディネーゼからインテルへ移籍して以来、昨季まで10シーズンにわたって不動の正GKに君臨してきたハンダノビッチ。セリエA通算560試合の出場数を誇り、2020-21シーズンには自身初となるスクデットを獲得した。 しかし、今季は10月以降、新加入のGKアンドレ・オナナにポジションを明け渡しており、控えに降格。イタリア『Sportmediaset』によると、2023年6月の契約満了を待たずしてシーズン途中の引退を検討しているという。 仮に引退を決断した場合もシモーネ・インザーギ監督の下でコーチやスタッフに就任するとされ、残留は間違いないとも。ひとまずは中断期間を利用して行われるマルタ遠征に選手として帯同するとのことだ。 2022.12.05 13:33 Mon
twitterfacebook
thumb

失意のルカク… サネッティ副会長に続いて伝説のOBも励まし「運が悪かっただけ」

インテルの伝説的OBジュゼッペ・ベルゴミ氏が、失意に沈むベルギー代表FWロメル・ルカクを励ました。 ルカクはケガを押してカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むも、前回大会3位のベルギー代表はグループステージ敗退というまさかの結末に。自身も最終節のクロアチア代表戦で再三にわたって決定機を逃し、今大会を無得点で終えた。 早々にカタールを去ることとなり、失意に沈むルカク。インテルのハビエル・サネッティ副会長から慰めの手紙を貰ったことも話題となったが、ベルゴミ氏もイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで励ましの言葉を並べている。 「明らかに彼(ルカク)の実力に見合った結果ではない。運が悪かっただけだよ。長い間プレーができなかったなかでも、ベルギーは(クロアチア戦で)彼が出てきて少しチャンスが増えただろう?」 「インテルへと戻ってくる頃には、フィジカル面ももう少し改善されているだろう。わずかでもW杯でピッチに立ったことが、インテルに還元されてくれると嬉しいよ。シモーネ・インザーギ(監督)だって彼を必要としている」 ここ最近は何かとマイナスの印象が強いルカクだが、インテルがスクデットを奪還するためにこの男の活躍は不可欠。中断期間明けの爆発に期待したい。 2022.12.04 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

慰めの手紙…インテル副会長のサネッティ、W杯で失意に沈むルカクをケア

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、ベルギー代表のカタール・ワールドカップ敗退後に、ロメル・ルカクへ手紙を送っていたことを明かした。『ESPN』が伝えている。 今大会は優勝候補と目されながらも、グループステージ敗退となったベルギー代表。とりわけ、エースとして期待されたルカクはケガの影響もあり、出場したのは2試合でわずか54分間のみ。勝利必須のクロアチア戦では、何度か決定機を外し、非難の対象となってしまった。 そんなルカクのメンタルを心配してか、手紙を書いたというサネッティ副会長。クロアチア戦の決定機逸については同情を示している。 「あの試合の後、彼に手紙を書いた。本当に悲しいよ。彼は懸命に努力してあの舞台に立ったわけだからね」 「長いケガから復帰し、ベルギーも彼を求め、最終的に45分間プレーさせた。あのような試合はストライカーにはつきものだ。ラウタロ・マルティネスにもサウジアラビア戦の後に同じようなことを言ったよ。ゴールを決めれば心のモヤが全て晴れるとね」 「ルカクは足と頭で決められるチャンスを逃し、W杯から敗退することになった。不運にも枠にも嫌われてしまったね」 「最後のチャンスに関しては、彼は予想していなかったし、前にいたディフェンダーが彼の視界を遮っていた」 2022.12.04 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

失意のルカク、インテルのマルタ遠征には帯同せず… しばしのオフへ

ベルギー代表FWロメル・ルカクは、中断期間を利用して行われるインテルのマルタ遠征には帯同しないようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ケガの状態が不安視されながらもカタール・ワールドカップ(W杯)に臨んだルカク。だが、1日に行われたグループF最終節のクロアチア代表戦では何度も訪れた決定機をモノにできず、チームも0-0のドローに。前回大会3位のベルギー代表はグループステージ敗退というまさかの結末を迎えた。 失意に沈む一方、所属するインテルは中断期間明けに向けて再始動しており、3日には隣国マルタへの遠征に。だが、W杯を終えたばかりのルカク、大会途中にカメルーン代表を離脱したGKアンドレ・オナナは帯同せず、しばしのオフを挟んで来週末に合流するという。 また、ケガからの回復途上にあるDFダニーロ・ダンブロージオとDFマッテオ・ダルミアンも遠征に帯同しない一方、ケガでW杯を断念したアルゼンチン代表FWホアキン・コレアは途中から帯同する可能性もあるとのことだ。 シーズン開幕直後のケガに端を発した離脱が長引き、W杯では失意の結果に終わったルカク。最近は今季終了後のレンタル期間満了に伴うインテル退団が濃厚とも言われているが、後半戦の巻き返しには期待したい。 2022.12.03 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ケシエがインテルに売り込みか、1月にレンタルの可能性

バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の代理人がインテルに売り込みをかけているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ケシエは今夏、ミランからバルセロナにフリーで加入。4年契約を結んだが、負傷や適応に苦しみバルセロナではラ・リーガ2試合、チャンピオンズリーグでは3試合のスタメン出場にとどまっている。 出場機会を得られない中、ケシエの代理人はインテルに売り込みをかけているようで、1月にも話し合いが持たれるとのことだ。 ただ、インテル側の財政的にレンタルであること、650万ユーロの一部年俸をバルセロナに支払ってもらうことが条件となるようだ。果たしてケシエは半年でミラノに戻ってくることになるのだろうか。 2022.12.02 22:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly