パルマMFシプリアンがシオンへ買取OP付きレンタル移籍…昨季はニースとナントでプレー

2022.08.11 08:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スイスのシオンは10日、パルマからフランス人MFウィラン・シプリアン(27)がレンタル移籍で加入したことを発表した。

買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で、背番号は「10」をつける。

シプリアンは、RCランス、ニースでプレーした後、2020年10月にパルマに加入。昨シーズンはニースとナントへ半年間ずつレンタル移籍していた。
パルマでは公式戦15試合に出場。2021-22シーズンはリーグ・アンで24試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。

リーグ・アン通算では151試合で25ゴール15アシスト。世代別のフランス代表もU-16からU-21まで経験していた。

関連ニュース
thumb

バロテッリ、指揮官から愛のイジり?「最後のタイトルは10年前、フォロワーは1700万人(笑)」

元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(32)は、所属先のFCシオンで充実の日々を送っているようだ。 かつてインテルやマンチェスター・シティでその名を轟かせたバロテッリ。ミランやリバプールといった強豪も渡り歩いたが、マルセイユ以降に在籍した4クラブはいずれも1年以内で退団と、以前ほどの活躍は見せられていない。 昨夏にはスュペル・リグ(トルコ1部)のアダナ・デミルスポルからスーパーリーグ(スイス1部)のシオンへと移籍。チームは現在、スペイン南部のアンダルシア地方で合宿中だ。 現地でスペイン『Relevo』のインタビューに応じたシオンのファビオ・セレスティーニ監督の言葉からは、サッカー界屈指の悪童として名高いバロテッリの現在の様子がうかがえる。 「マリオ(・バロテッリ)が特別な選手なのは言うまでもないはず。彼はとても愛らしく、私はすぐに親しみを覚えたよ」 「正直、これまで彼のコーチたちが、なぜ彼と父子の関係を築こうとするのか疑問だった。バロテッリを息子のようだと話していても、のちにバトルが始まるのを何度も見てきた」 「私が見てきた選手の中でマリオはベストの選手なわけだが、彼はここ10年、何のタイトルも獲得していないな? 最後のリーグ優勝はシティ(2011-12シーズン)だろ。でも、SNSのフォロワーは全部で1700万人いるんだよな(笑)」 冗談交じりに愛のあるイジりを頂戴したバロテッリ。シオン加入後はスタメンの座を確保し、リーグ戦では11試合5得点1アシスト。指揮官やチームメイトとともにスイスで充実の日々を送っているようだ。 2023.01.11 19:28 Wed
twitterfacebook
thumb

バロテッリがスイスのシオンに移籍! 今年1月にアッズーリに久々招集も意外な新天地を選択

スイスのシオンは8月31日、トルコのアダナ・デミルスポルからイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となる。 かつてはインテルやマンチェスター・シティ、ミランなどのビッグクラブを渡り歩いたものの、ここ数年はブレシアやモンツァなど、イタリアのプロヴィンチアでのプレーが続いていたバロテッリ。 しかし、昨夏に加入したアダナ・デミルスポルでは、公式戦33試合で19ゴール6アシストを記録。今年1月にはイタリア代表の強化合宿に招集されるなど、ここに来て第二の春を謳歌している。 今夏の移籍市場ではセリエAに昇格した古巣モンツァやジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任したバレンシア行きの可能性が取り沙汰されたが、新天地はスイスのシオンという意外なクラブとなった。 2022.09.01 07:23 Thu
twitterfacebook
thumb

元仏代表FWオアロがプロ引退…PSGやヤング・ボーイズで活躍し、久保裕也や若月ともプレー

元フランス代表FWギヨーム・オアロ(38)がプロフットボーラーからの引退を発表した。 昨シーズンまでスイスのFCシオンに在籍していた元フランス代表は29日、自身の公式インスタグラムを通じて、プロフットボーラーからの引退と共に、生まれ故郷のレユニオン島にある古巣のアマチュアクラブ、サン=ピエローゼへの加入を明かした。 「僕はプロの世界を去る。短い言葉で別れを告げることは簡単ではないね そして、感傷的な気分でもあるよ」 「だから、シンプルな言葉で伝える。ありがとう。僕を信じてくれた人々に感謝している。本当にありがとう! 愛しているよ」 ル・アーヴルでプロキャリアをスタートしたオアロは、2007–08シーズンのリーグ・ドゥ(フランス2部)で得点王に輝く活躍をみせ、クラブの優勝と共にリーグ・アン昇格に貢献。その活躍が認められ、カタール系オーナー買収前のパリ・サンジェルマン(PSG)へステップアップ。加入初年度にリーグ戦17ゴールを挙げる活躍を見せたが、現オーナー体制移行後は出場機会を失い、中国の大連人職業足球倶楽部(当時は大連一方)に完全移籍。 ただ、中国では思うような活躍を見せられず、母国のボルドーを経て201年夏にヤング・ボーイズへ加入。そのスイスの名門では元日本代表FW久保裕也(現FCシンシナティ)らと共に攻撃を牽引。2018–19シーズンにはスイス・スーパーリーグで得点王に輝き、在籍期間にリーグ3連覇にも貢献した。その後、シオンではFW若月大和(現湘南ベルマーレ)と共にプレーしていた。 また、2010年にデビューを飾ったフランス代表では通算5キャップを刻んでいた。 2022.08.29 22:57 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南が入団即スイス行きのFW若月大和の復帰を発表「多くのことを学びました」

湘南ベルマーレは28日、スイス・スーパーリーグのシオンに期限付き移籍していたFW若月大和(19)の復帰を発表した。 若月は桐生第一高校から2020年に湘南ベルマーレに入団が内定。しかし、そのまま湘南に所属せず、シオンへと期限付き移籍を果たしていた。 シオンでは公式戦20試合で1得点を記録。今シーズンはスイス・スーパーリーグでの出番はなく、U-21チームとして14試合に出場し2得点を記録していた。 若月はクラブを通じてコメントしている。 「この度、湘南ベルマーレに加入することになりました若月大和です。2020年1月に湘南ベルマーレからの期限付き移籍でFCSionに行き、2年間プレーしました。スイスでの2年間でたくさんの挑戦をし経験をして、多くのことを学びました。それは自分のサッカー選手としての成長、そして精神面の成長にも繋がったと思います」 「そして来季から湘南ベルマーレでプレーをできることに感謝し、湘南ベルマーレと共に上を目指して頑張りたいと思います。湘南ベルマーレに携わる方々、応援してくれるサポーターの皆さまと共にこれから全力で戦いと思います。よろしくお願いします!」 2021.12.28 10:43 Tue
twitterfacebook
thumb

FW若月大和が所属するシオン、W杯優勝メンバーの元イタリア代表DFグロッソ氏が監督就任

スイスのFCシオンは25日、新監督に元イタリア代表DFのファビオ・グロッソ(42)氏を招へいしたことを発表した。 グロッソ氏は、現役時代にペルージャやパレルモ、インテル、リヨン、ユベントスでプレー。セリエAで206試合に出場し12ゴール6アシストを記録するなど活躍。2012年12月に現役を引退していた。 イタリア代表としても50試合に出場し、2006年のドイツ・ワールドカップでは優勝メンバーの1人だったグロッソ氏は、引退後はユベントスのU-19で監督キャリアをスタート。その後はバーリ、エラス・ヴェローナ、ブレシアで指揮を執っていた。 シオンは2019-20シーズンのスイス・スーパーリーグで8位フィニッシュ。降格を免れていた。 シオンにはU-17日本代表だったFW若月大和が湘南ベルマーレからのレンタル移籍で所属。2019-20シーズンは1試合のみ出場していた。 2020.08.26 21:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly