C大阪が後半ラストプレー弾で劇的4強入り! 悲劇の等々力劇場となった川崎Fはカップ戦すべて敗退…《ルヴァンカップ》

2022.08.10 21:19 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦、川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に等々力陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計3-3もアウェイゴール数で上回ったC大阪がベスト4進出を決めた。

1週間前にヨドコウ桜スタジアムで行われた第1戦は、アウェイの川崎Fが前半半ばに脇坂のゴールで先制に成功したが、ホームのC大阪が後半終了間際にアダム・タガートのゴールで追いつき、1-1のドローとなった。

コロナ禍で多くの選手を欠いた中、アウェイゴールを得てのドローと最低限の結果を残した川崎F。さらに、先週末のリーグ戦では首位の横浜F・マリノスを試合終了間際の劇的ゴールで勝ち切り、今回のホームゲームに大きな弾みを付けた。多くの選手の復帰に伴い、前回対戦からは先発6人を変更。ジェジエウ、山根、登里、チャナティップが起用され、前線は右から家長、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョが並んだ。

一方、内容は上々もホームでの初戦を勝利で飾れなかったC大阪だが、先週末のリーグ戦ではヴィッセル神戸に3-0の快勝。公式戦10試合無敗と好調を維持して敵地へ乗り込んだ。新型コロナウイルス感染で療養中の小菊監督に代わり、引き続き高橋大輔コーチが暫定で指揮を執った中、前回対戦からは山田寛に代えてタガートを上門の相棒に起用した以外、同じメンバーを継続した。

ベスト4進出を懸けた運命の一戦は立ち上がりから拮抗した展開に。戦前の予想通り、ホームチームがボールを握って押し込む時間が続くものの、C大阪も集中した守備で相手の攻撃を撥ね返してカウンター、前線からの積極的な守備で押し返す場面を創出する。

一進一退の攻防が続く中、20分過ぎには川崎Fが右CKから谷口のヘディングシュート、直後にはマルシーニョの突破から橘田のミドルシュートとフィニッシュの局面を作り出す。

対するC大阪は30分、左サイドの山中のクロスの流れから波状攻撃。ゴール右でこぼれ球を回収した松田がGKと一対一も、ここはGKチョン・ソンリョンにうまくコースを消されてセーブされる。さらに、ボックス左でボールを受けた為田にビッグチャンスも、右足のシュートはクロスバーを叩き、両チームを通じた最初のビッグチャンスをモノにできない。

互いに自分たちの時間の中でゴールをこじ開けられない我慢比べの様相を呈した試合は、前半終盤に動く。40分、川崎Fが中央での細かいパス交換から橘田、チャナティップと繋いでボックス右のレアンドロ・ダミアンにシュートチャンス。このシュートはDFのブロックに遭うも、ゴール前でこぼれ球に反応したマルシーニョが相手のゴールカバーを外すクロスバー内側直撃の強烈なシュートを叩き込んだ。

前回対戦に続きこの試合でも先制に成功した川崎Fは、さらに前半終了間際にもレアンドロ・ダミアンの完璧な背後への飛び出しから追加点のチャンスを得たが、ここはボールコントロールの乱れもあり、右足アウトで強引に放ったシュートは枠の左に外れた。

迎えた後半、1点リードの川崎Fはチャナティップを下げて脇坂、逆転突破に2点が必要なC大阪はタガートを下げて加藤をハーフタイム明けに投入。後半も引き続き拮抗した入りとなったが、前回対戦とは異なり川崎Fが追加点を奪い切る。

53分、相手陣内の左サイドに張ってジョアン・シミッチから大きな展開を受けたマルシーニョが一瞬のスピードでDF松田を振り切ってボックス付近までドリブルで運ぶ。そして、中央のレアンドロ・ダミアンにボールを預けて内側へ切れこむと、DFを引き付けた元ブラジル代表FWから絶妙なリターンパス。ボックス中央で完全にフリーとなったマルシーニョが右足の鋭いシュートを突き刺した。

ブラジル人アタッカーコンビの鮮やかな連携で大きな2点目を奪った川崎Fだが、ゴール直後に右足の筋肉系のトラブルかジェジエウがプレー続行不可能となり、車屋がスクランブル投入される。

一方、敵地でより厳しい状況となったC大阪は毎熊、為田、上門を下げて北野、山田寛、ジェアン・パトリッキと前線3枚を一気に入れ替える。さらに、奥埜を下げて中原投入と、よりリスクを冒して前に出る。だが、ゲームコントロールを優先するリーグ王者のしたたかなゲームコントロールを前に、なかなか決定機まで持ち込めない。

その後、過密日程が続く川崎Fは殊勲のブラジル人アタッカーコンビ、家長を下げて遠野や山村の投入で逃げ切り態勢に入る。このまま2-0のスコアで試合終了かに思われたが、昨季の準優勝チームがここから驚異の粘りを見せる。

90分、相手陣内左サイドでボールを受けた山中が低い軌道の高速クロスを入れると、DF谷口の前に入り込んだ加藤がダイビングヘッド。谷口の足にディフレクトしたボールがニア下に決まった。

アディショナルタイムが5分加えられたことで、これでどちらが勝ち抜けるかわからなくなると、決死のパワープレーを敢行したアウェイチームが見事に押し切る。ほぼラストプレーとなった96分、波状攻撃から右サイドの中原が入れたクロスをボックス左の西尾がゴールラインぎりぎりで折り返すと、中央で反応した山田寛が頭で押し込んだ。

そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、90分からの猛攻によって敵地で2点差を追いつく驚異の勝負強さを見せたC大阪がアウェイゴール数で上回り、劇的過ぎる勝ち上がりを見せた。

一方、直近の横浜FM戦とは異なり、悲劇の等々力劇場となった川崎Fは、ACL、天皇杯に続きルヴァンカップ敗退となり、残すコンペティションは逆転での3連覇を目指すリーグ戦のみとなった。

なお、4強入りを決めたC大阪は9月21日、同25日に行われる準決勝で浦和レッズと名古屋グランパスの勝者と対戦する。

川崎フロンターレ 2-2(AGG:3-3) セレッソ大阪
【川崎F】
マルシーニョ(前40)
マルシーニョ(後8)
【C大阪】
加藤陸次樹(後45)
山田寛人(後45+6)

関連ニュース
thumb

残留争う湘南がC大阪との敵地戦で執念の勝ち点1! 最終盤にPK献上も同点OG【明治安田J1第31節】

明治安田生命J1リーグ第31節の1試合が1日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、セレッソ大阪vs湘南ベルマーレは1-1の引き分けに終わった。 さらなる上位進出を期す4位のC大阪と、残留争いからの生還を目指す15位の湘南。ルヴァンカップ決勝にも勝ち進み、ムードも良いC大阪は先発にキム・ジンヒョンが戻り、湘南は代表帰りの谷がスタートから出場した一方で、町野がベンチから出番を待った。 序盤からC大阪がポゼッションで優位に立った試合だが、前半は湘南のタイトな守りが光る流れに。突破口を探るC大阪は13分に左サイドバックに入る山中の左足クロスからアダム・タガートのヘッドでゴールに迫った以外に攻め切る場面を作れない。 そんななか、44分にようやく湘南の裏を突いての攻撃に転じたC大阪はボックス右の上門が並走したアダム・タガートに折り返すと、戻りながらの対応を強いられた岡本のオウンゴールを誘発。だが、VARでオフサイドの判定が下され、認められない。 6割近いポゼッション率に比べて、シュート数2本と物寂しいスタッツで試合を折り返したC大阪はその後半の頭からジェアン・パトリッキと北野をピッチに。立ち上がりから一段ギアを上げにかかるが、湘南も粘りある守りから攻めに出る流れをやり通す。 だが、半ばを迎えてもこう着状態が続き、両軍のベンチワークも活発化するなか、湘南は68分からピッチに入った町野にビッグチャンス。75分、阿部の絶妙なパスをボックス右で受けた町野が右足を振り抜くが、GKキム・ジンヒョンにブロックされてしまう。 冷や汗のC大阪は71分のアダム・タガートに続いて、78分にもマテイ・ヨニッチが負傷交代を強いられ、嫌なムードに。そのなかで、北野が80分に中原のパスからフィニッシュに持ち込んでいったが、ここはGK谷のファインセーブに阻まれ、先制機を逸する。 ややオープンな展開の終盤もスコアが動かず、引き分けもやむなしの様相を呈すなか、71分から出場した加藤がボックス内で山本からファウルを受けて、C大阪がPKのチャンスをゲット。これをキッカーのジェアン・パトリッキが決め、土壇場で一歩前に出る。 これで万事休すかに思われた湘南だが、後半アディショナルタイム6分に敵陣左サイドでFKのチャンスを獲得すると、キッカーを務めた阿部が右足でキック。加藤が頭で処理しようとしたボールがそのままゴールに吸い込まれ、土壇場で追いついてみせる。 逃げ切れなかったC大阪はACL出場圏の3位以内浮上に向けて手痛い2試合連続のドローに。湘南も4試合勝ちなしとなったものの、敗色ムードの一戦で残留に向けて勝ち点1をもぎ取った。 セレッソ大阪 1-1 湘南ベルマーレ 【C大阪】 ジェアン・パトリッキ(後45+2) 【湘南】 OG(後45+6) 2022.10.01 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第31節:C大阪vs湘南】優勝へ、残留へ…互いに負けは許されない

【明治安田生命J1リーグ第31節】 2022年10月1日(土) 14:00キックオフ セレッソ大阪(4位/48pt) vs 湘南ベルマーレ(15位/31pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆取りこぼしは許されない【セレッソ大阪】 中断期間中はYBCルヴァンカップの準決勝2試合を戦ったC大阪。浦和レッズ相手に見事に勝利を収め、2年連続の決勝進出を果たした。 チームとしても昨年逃したタイトルを獲得したいところだが、一旦はリーグ戦にフォーカスしなければいけない状況。逆転優勝に向けて、そして3位確保に向けては勝ち続けなければいけない。 今節は今季3度対戦し3勝を収めた湘南が相手。とはいえ、簡単に勝てる相手ではないことも理解している。特に、今季は長らく続く決定力不足は解消していない。試合を支配しチャンスを作りながらもゴールが決まらなくては勝ち点3は奪えないだけに、しっかりとフィニッシュワークを行えるかがポイントだ。 警戒しなければいけないのは、相手の貪欲さ。立場としては、相手の方が残留に向けて必死さが出るだけに、9月に下位との対決で勝ち点を落としていることを思い出し、気を引き締めて望みたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、鳥海晃司、山中亮輔 MF:毎熊晟矢、奥埜博亮、鈴木徳真、為田大貴 FW:加藤陸次樹、上門知樹 監督:小菊昭雄 ◆4度目の正直で残留へ【湘南ベルマーレ】 中断明けの初戦。相手は今季3度対戦して3連敗を喫しているC大阪だ。 降格圏との勝ち点差は僅かに「2」。プレーオフ圏とは「1」という状況。気を抜くことなど許されなく、勝ち点をしっかりと積み上げることが残留に向けての最善の策となる。 湘南がすべきことは明白。強度の高い守備を続けてゴールを許さないこと、そして相手からボールを奪ってショートカウンターを仕留めること。これまでやり続けてきたことをしっかりできるかどうかだ。 攻から守、守から攻をしっかりと繰り返せるか。決定力が足りないのであれば、その回数をいかに増やすかでゴールと勝ち点を奪っていきたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:岡本拓也、大野一成、杉岡大暉 MF:石原広教、米本拓司、畑大雅 MF:池田昌生、タリク FW:ウェリントン、瀬川祐輔 監督:山口智 2022.10.01 11:11 Sat
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯決勝は5年ぶり優勝目指すC大阪vs初優勝目指す広島に決定

25日、YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の2試合が行われ、決勝カードが決定した。 21日に第1戦が行われ、セレッソ大阪vs浦和レッズは1-1のドロー、アビスパ福岡vsサンフレッチェ広島は2-3で広島が勝利していた。 迎えた第2戦。アウェイゴールというアドバンテージを持つ浦和はホームにC大阪を迎えた中、23分にオウンゴールでC大阪が先制すると、30分にも奥埜博亮が追加点を奪う。 昨季も準決勝で敗れていた浦和だが、このビハインドを盛り返せず。51分に加藤陸次樹に3点目を決められると、80分にはジェアン・パトリッキにダメ押しゴールを決められ勝負あり。成す術なく敗れ、2年連続準決勝敗退。C大阪は2年連続3度目の決勝に駒を進めた。 もう1試合の広島vs福岡は、勝たなければいけない福岡が積極的にゴールに迫るプレーを見せる。 広島は攻め込む時間もあった中、ほとんどの時間を福岡が攻撃に使ったが、その攻撃を凌いで0-0のゴールレスドロー。見どころは作れなかったが、8年ぶりの決勝に駒を進めた。 広島とC大阪による決勝は10月22日(土)に国立競技場で13時5分キックオフで開催される。 広島は初優勝、C大阪は2017年以来2度目の優勝を目指して戦う。 2022.09.25 21:26 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪が好相性・浦和に4発大勝!2大会連続3度目の決勝進出で前回大会のリベンジへ《ルヴァンカップ》

25日、YBCルヴァンカップ・プライムステージ準決勝第2戦の浦和レッズvsセレッソ大阪が埼玉スタジアム2002で行われ、4-0でC大阪が勝利。合計スコア5-1で、C大阪が2大会連続の決勝進出を決めた。 優勝した2016年以来、6大会ぶり6度目の決勝進出を狙う浦和と、準優勝に終わった前回大会の借りを返すため、2大会連続3度目のファイナルを目指すC大阪。C大阪のホームで行われた第1戦は上門のミドルでC大阪が先制するも、小泉のゴールで浦和が追い付き、1-1で終えた。 4日前の試合からスタメンの変更は互いに1人。浦和はダヴィド・モーベルグに代わって松崎が、C大阪はGK清水に代わってGKキム・ジンヒョンが先発に名を連ねた。 比較的穏やかな序盤の中で、C大阪は12分にくさびの縦パスを受けた加藤がボックス手前から反転シュート。18分には高い位置でのボール奪取から奥埜が狙う。 浦和がアタッキングサードに人数を掛けられないでいると、試合を動かしたのはシンプルな攻撃を仕掛けたC大阪。23分、右タッチライン際中央付近でマテイ・ヨニッチからのパスを受けた毎熊は、横の奥埜に預けてダイアゴナルにスプリント。鈴木のスルーパスを呼び込んでボックス右から折り返すと、これが対峙した明本の足に当たってゴール方向へ。GK西川も反応できずネットを揺らし、貴重なアウェイゴールとなった。 今季の対浦和戦は負けなしのC大阪は、さらにCKから上門、為田に山中のミドルと効率よくフィニッシュまでつなげると、30分に追加点を奪取。左サイド中央で山中が縦に送り、スペースへ走り込んだ為田がグラウンダーのクロスを送ると、ゴール前の加藤がスルーし、裏から顔を出した奥埜が受ける。コントロールはやや大きくなったかに思われたが、処理に来たGK西川より先に触り、見事なループを沈めた。 前半終了間際にも上門のミドルがゴールを強襲するなど、C大阪は内容、スコアともに充実して45分を終えた。 決勝進出のためには最低でも3点が必要になった浦和は、後半頭から松崎に代えて馬渡をピッチへ。左サイドバックに配置し、明本を一列押し出した。その馬渡は強烈なミドルシュートでC大阪守備陣に冷や汗をかかせると、ボックス外に飛び出したGKキム・ジンヒョンのパスをカットした小泉、続けて松尾が狙う。 C大阪はいずれのシュートもカバーに入った鳥海がブロック。GKキム・ジンヒョンと明本との交錯でしばしゲームが止まったこともあり、冷静さを取り戻すと、再開後に大きな展開から再び加点する。 51分、為田がボックス手前から左サイドへはたき、山中がファーサイドへ鋭いクロス。完璧なタイミングで走り込んだ加藤が馬渡に競り勝ち、ヘディングを叩き込んだ。 窮地に立たされた浦和だが、伊藤のボレーや途中出場のキャスパー・ユンカーのシュートも枠を捉えられず、逆にミスから80分に痛恨の4失点目を喫する。岩波から岩尾へ渡ったタイミングを北野に狙われ、ジェアン・パトリッキに独走からゴールを許した。 ジョーカーの一発で勝負を決めたC大阪は残り時間も安定した試合運びを見せる。クロスこそ許すも、ボックス内では部類の強さを見せ、クリーンシートで試合終了。相性の良い浦和を相手に4-0、合計スコアを5-1とし、2年連続の決勝進出を決めた。 決勝戦は10月22日、国立競技場で行われる。 浦和レッズ 0-4(AGG:1-5) セレッソ大阪 【C大阪】 OG(前23) 奥埜博亮(前30) 加藤陸次樹(後6) ジェアン・パトリッキ(後35) 2022.09.25 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

上門の十八番でC大阪が先制も、小泉弾で浦和が追い付き第1戦はドロー《ルヴァンカップ》

21日、YBCルヴァンカップ・プライムステージ準決勝第1戦のセレッソ大阪vs浦和レッズがヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 前回大会に続く決勝進出を目指すC大阪と、優勝した2016年以来となるファイナルも目論む浦和。昨年の準決勝と同一のカードとなり、その際は浦和ホームの第1戦を1-1、C大阪ホームの第2戦を1-0と、桜のユニフォームが上回った。 1週間前のリーグ戦でも埼玉スタジアム2002で顔を合わせている両者は、C大阪が1-0で勝利し、シーズンダブルを達成している。C大阪は代表活動で西尾とアダム・タガートがチームを離れたが、マテイ・ヨニッチと鳥海の2センターバックは健在で、前線には上門を起用。懸念事項のGKキム・ジンヒョン欠場に際しては、清水圭介がゴールマウスを守った。 同じ相手にこれ以上苦汁を飲まされる訳にはいかない浦和は、同じく代表活動で酒井、鈴木、大畑が不在に。リカルド・ロドリゲス監督は右サイドバックに関根を配置する奇策を取り、前線では直近の湘南ベルマーレ戦からダヴィド・モーベルグ以外の3人を変更。松尾、小泉、大久保が起用された。 僅差のゲームが予想された一戦は開始早々にホームチームが動かす。明本のフィードをヨニッチが頭で跳ね返し、中盤の奥埜がコントロールから反転してシンプルに前線へ送ると、バイタルエリア右で受けた上門はルックアップして迷いなく右足を一閃。名手GK西川の手も空を切り、無回転ミドルが鮮やかにネットに突き刺さった。 痛烈な先制パンチを食らった浦和だがすぐさま反撃。小泉がヨニッチへ圧力を掛けてパスを引っ掛けると、そのまま持ち込んで一対一に。だが、GK清水の逆を突いたシュートも残した右足に当たり、続くCKからのアレクサンダー・ショルツのヘッドも枠の左へ外れた。 C大阪は10分、鈴木のFKにヨニッチが頭で合わせ、さらにショートカウンターから加藤のフィニッシュ。手数を掛けない攻撃で追加点を狙いつつ、じわじわとポゼッション率を高める浦和の前にまずは守備という姿勢を見せる。 前半終了間際にバックパスを受けたGK清水に対し、松尾があわやというプレスを掛けた浦和。ビハインドで折り返した後半も頭から足を止めずに攻勢を強めると、53分に実を結ぶ。 左サイドでの組み立てから明本がグラウンダーで折り返し、小泉がスルー。ペナルティアークからの伊藤の左足シュートはGK清水に弾かれたが、こぼれ球を小泉が詰めて貴重なアウェイゴールをもぎ取った。 相手の勢いにミスも散見し出したC大阪は先制ゴールの上門に代えて清武を投入する。すると、66分には最終ラインでのビルドアップからアタッキングサードまで運び、右サイドから清武の上げたクロスにニアで毎熊がつぶれ、正面から加藤がフリーでボレー。しかし、体を倒しながらの一撃も抑えきれず、フィニッシュはクロスバーを越える。 75分過ぎには浦和が連続してCKを得るも、空中戦ではヨニッチが部類の強さを発揮。終了間際の左CKでは岩尾が意表を突いて直接ファーを狙うと、GKの手は越えたが、毎熊が懸命にカバーした。 その後もアウェイチームの攻勢が続いたものの、再びスコアが動くことなくタイムアップ。C大阪が上門の十八番で期先を制したが、意地を見せた浦和が追い付き、ドローで第1戦を終えた。 第2戦は25日に埼玉スタジアム2002で行われる。 セレッソ大阪 1-1 浦和レッズ 【C大阪】 上門知樹(前2) 【浦和】 小泉佳穂(後8) 2022.09.21 21:03 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly