C大阪が後半ラストプレー弾で劇的4強入り! 悲劇の等々力劇場となった川崎Fはカップ戦すべて敗退…《ルヴァンカップ》

2022.08.10 21:19 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦、川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に等々力陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計3-3もアウェイゴール数で上回ったC大阪がベスト4進出を決めた。

1週間前にヨドコウ桜スタジアムで行われた第1戦は、アウェイの川崎Fが前半半ばに脇坂のゴールで先制に成功したが、ホームのC大阪が後半終了間際にアダム・タガートのゴールで追いつき、1-1のドローとなった。

コロナ禍で多くの選手を欠いた中、アウェイゴールを得てのドローと最低限の結果を残した川崎F。さらに、先週末のリーグ戦では首位の横浜F・マリノスを試合終了間際の劇的ゴールで勝ち切り、今回のホームゲームに大きな弾みを付けた。多くの選手の復帰に伴い、前回対戦からは先発6人を変更。ジェジエウ、山根、登里、チャナティップが起用され、前線は右から家長、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョが並んだ。
一方、内容は上々もホームでの初戦を勝利で飾れなかったC大阪だが、先週末のリーグ戦ではヴィッセル神戸に3-0の快勝。公式戦10試合無敗と好調を維持して敵地へ乗り込んだ。新型コロナウイルス感染で療養中の小菊監督に代わり、引き続き高橋大輔コーチが暫定で指揮を執った中、前回対戦からは山田寛に代えてタガートを上門の相棒に起用した以外、同じメンバーを継続した。

ベスト4進出を懸けた運命の一戦は立ち上がりから拮抗した展開に。戦前の予想通り、ホームチームがボールを握って押し込む時間が続くものの、C大阪も集中した守備で相手の攻撃を撥ね返してカウンター、前線からの積極的な守備で押し返す場面を創出する。

一進一退の攻防が続く中、20分過ぎには川崎Fが右CKから谷口のヘディングシュート、直後にはマルシーニョの突破から橘田のミドルシュートとフィニッシュの局面を作り出す。

対するC大阪は30分、左サイドの山中のクロスの流れから波状攻撃。ゴール右でこぼれ球を回収した松田がGKと一対一も、ここはGKチョン・ソンリョンにうまくコースを消されてセーブされる。さらに、ボックス左でボールを受けた為田にビッグチャンスも、右足のシュートはクロスバーを叩き、両チームを通じた最初のビッグチャンスをモノにできない。

互いに自分たちの時間の中でゴールをこじ開けられない我慢比べの様相を呈した試合は、前半終盤に動く。40分、川崎Fが中央での細かいパス交換から橘田、チャナティップと繋いでボックス右のレアンドロ・ダミアンにシュートチャンス。このシュートはDFのブロックに遭うも、ゴール前でこぼれ球に反応したマルシーニョが相手のゴールカバーを外すクロスバー内側直撃の強烈なシュートを叩き込んだ。

前回対戦に続きこの試合でも先制に成功した川崎Fは、さらに前半終了間際にもレアンドロ・ダミアンの完璧な背後への飛び出しから追加点のチャンスを得たが、ここはボールコントロールの乱れもあり、右足アウトで強引に放ったシュートは枠の左に外れた。

迎えた後半、1点リードの川崎Fはチャナティップを下げて脇坂、逆転突破に2点が必要なC大阪はタガートを下げて加藤をハーフタイム明けに投入。後半も引き続き拮抗した入りとなったが、前回対戦とは異なり川崎Fが追加点を奪い切る。

53分、相手陣内の左サイドに張ってジョアン・シミッチから大きな展開を受けたマルシーニョが一瞬のスピードでDF松田を振り切ってボックス付近までドリブルで運ぶ。そして、中央のレアンドロ・ダミアンにボールを預けて内側へ切れこむと、DFを引き付けた元ブラジル代表FWから絶妙なリターンパス。ボックス中央で完全にフリーとなったマルシーニョが右足の鋭いシュートを突き刺した。

ブラジル人アタッカーコンビの鮮やかな連携で大きな2点目を奪った川崎Fだが、ゴール直後に右足の筋肉系のトラブルかジェジエウがプレー続行不可能となり、車屋がスクランブル投入される。

一方、敵地でより厳しい状況となったC大阪は毎熊、為田、上門を下げて北野、山田寛、ジェアン・パトリッキと前線3枚を一気に入れ替える。さらに、奥埜を下げて中原投入と、よりリスクを冒して前に出る。だが、ゲームコントロールを優先するリーグ王者のしたたかなゲームコントロールを前に、なかなか決定機まで持ち込めない。

その後、過密日程が続く川崎Fは殊勲のブラジル人アタッカーコンビ、家長を下げて遠野や山村の投入で逃げ切り態勢に入る。このまま2-0のスコアで試合終了かに思われたが、昨季の準優勝チームがここから驚異の粘りを見せる。

90分、相手陣内左サイドでボールを受けた山中が低い軌道の高速クロスを入れると、DF谷口の前に入り込んだ加藤がダイビングヘッド。谷口の足にディフレクトしたボールがニア下に決まった。

アディショナルタイムが5分加えられたことで、これでどちらが勝ち抜けるかわからなくなると、決死のパワープレーを敢行したアウェイチームが見事に押し切る。ほぼラストプレーとなった96分、波状攻撃から右サイドの中原が入れたクロスをボックス左の西尾がゴールラインぎりぎりで折り返すと、中央で反応した山田寛が頭で押し込んだ。

そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、90分からの猛攻によって敵地で2点差を追いつく驚異の勝負強さを見せたC大阪がアウェイゴール数で上回り、劇的過ぎる勝ち上がりを見せた。

一方、直近の横浜FM戦とは異なり、悲劇の等々力劇場となった川崎Fは、ACL、天皇杯に続きルヴァンカップ敗退となり、残すコンペティションは逆転での3連覇を目指すリーグ戦のみとなった。

なお、4強入りを決めたC大阪は9月21日、同25日に行われる準決勝で浦和レッズと名古屋グランパスの勝者と対戦する。

川崎フロンターレ 2-2(AGG:3-3) セレッソ大阪
【川崎F】
マルシーニョ(前40)
マルシーニョ(後8)
【C大阪】
加藤陸次樹(後45)
山田寛人(後45+6)


関連ニュース
thumb

C大阪がDFチアゴと契約満了、昨季はACLベストイレブン、今季は名古屋に期限付き移籍

セレッソ大阪は22日、DFチアゴ(32)の契約満了を発表した。 チアゴはブラジル出身で、2021年にブラジルのセアラーからC大阪に加入。圧倒的なヘディングの強さやミドルシュートを武器に、明治安田生命J1リーグで15試合に出場し4得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では6試合で3得点を記録。ベストイレブンにも選出されていた。 しかし、徐々に出番が減り、小菊昭雄監督の下では構想外に。今シーズンは名古屋へと期限付き移籍すると、名古屋ではJ1で14試合、YBCルヴァンカップでは6試合に出場していた。 チアゴは両クラブを通じてコメントしている。 ◆セレッソ大阪 「日本でプレーをするチャンスを与えてくれて本当にありがとうございました。短い期間でしたが、セレッソ大阪ではいろんなことを学んでサッカー選手として成長することができました。私のことをずっと支えてくれた全てのサポーターの皆様に心から感謝しています」 ◆名古屋グランパス 「全てのグランパスファミリーの皆さま、この1年間本当にありがとうございました」 「私にとって厳しい1年間でしたが、名古屋グランパスのユニフォームを着ることができて光栄に思っています。これからもグランパスの活躍を心から願っています。ずっと応援しています」 2022.11.22 16:43 Tue
twitterfacebook
thumb

仙台、C大阪FW中島元彦の期限付き移籍延長を発表 「クラブを居るべき場所に戻す」

ベガルタ仙台は22日、セレッソ大阪より育成型期限付き移籍中のFW中島元彦(23) に関して、移籍期間延長を発表した。新たな期限付き移籍期間は2024年1月31日まで。C大阪との公式戦には出場できない。 中島はU-12からC大阪に所属。2016年、2017年にトップチームで2種登録されると、2018年に正式昇格となった。2021シーズンには明治安田生命J1リーグでデビュー。12試合に出場し、2得点を記録した。 今シーズンは出場機会を求め、4月に仙台へ育成型期限付き移籍の形で加入。早々にチームでポジションを掴むと、明治安田生命J2リーグで33試合に出場して4得点を決めるなど、欠かせない存在となった。 来季も仙台でプレーすることが決まった中島は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「2023シーズンもベガルタ仙台の一員として戦うこととなりました。色々な選択肢の中でもう1年仙台でプレーすることを決断しました。昨シーズンの悔しい思いを胸に、クラブを居るべき場所に戻すことができるように最善を尽くします。引き続き、応援よろしくお願いいたします」 ◆セレッソ大阪 「来シーズンもJ2ベガルタ仙台でプレーすることに決めました。もう一年自分の価値、実力を高めてセレッソの8番を背負えるような選手になれるように努力します。引き続き応援宜しくお願いします」 2022.11.22 10:37 Tue
twitterfacebook
thumb

岐阜がDF舩津徹也の引退を発表、富山、C大阪、山形、群馬でもプレー

FC岐阜は18日、DF舩津徹也(35)の現役引退を発表した。 舩津は大阪府出身で、立正大淞南高校からびわこ成蹊スポーツ大学を経て、2009年にカターレ富山に入団。その後、セレッソ大阪、モンテディオ山形、ザスパクサツ群馬でもプレーし、2021年から岐阜でプレーした。 J1通算12試合出場、J2通算250試合15得点、J3通算93試合4得点を記録。リーグカップで8試合、天皇杯では16試合1得点だった。 2022.11.18 22:47 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪がU-18のFW木下慎之輔、MF石渡ネルソンの来季昇格内定を発表

セレッソ大阪は16日、U-18所属のFW木下慎之輔(18)、MF石渡ネルソン(17)の昇格内定を発表した。 木下は大阪府出身で、エリートクラス、U-15、U-18とC大阪の下部組織でプレー。トップチームに2種登録もされている。 また、石渡もエリートクラスからU-18までC大阪の下部組織でプレーし、木下同様に2種登録されていた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW木下慎之輔 「木下慎之輔です。セレッソ大阪で、プロのスタートが切れる事を嬉しく思います。良い環境の中でサッカーができ、海外遠征などの貴重な経験を積む機会を与えて頂いたハナサカクラブの方々や、今まで応援して下さった指導者の方、また支えてくれた家族や友人への感謝を忘れず、ゴールやゴールに繋がるプレーで結果を出したいと思います」 「ドリブルや相手との駆け引きで観ている人に楽しいと思ってもらえる選手になります。応援よろしくお願いします」 ◆MF石渡ネルソン 「トップチームに昇格することになりました、石渡ネルソンです。エリートクラスからお世話になった大好きなセレッソ大阪で、プロ選手としてのキャリアをスタートできることをとてもうれしく思います」 「これまで、ハナサカクラブの皆様から多くのご支援をいただき、国内・海外遠征等へいくことができました。そこで得た経験はすべて僕の糧になっています。本当にありがとうございました」 「これからは今まで以上に努力を重ね、セレッソ大阪を代表する選手になるようがんばります!」 <span class="paragraph-title">【写真】来季からトップチーム昇格が内定した木下慎之輔&石渡ネルソン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\セレッソ大阪U-18 木下 慎之輔 選手 2023シーズン加入内定/<br><br><a href="https://t.co/qe3wBkRfJw">https://t.co/qe3wBkRfJw</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a> <a href="https://t.co/cot5lK57eN">pic.twitter.com/cot5lK57eN</a></p>&mdash; セレッソ大阪オフィシャル (@crz_official) <a href="https://twitter.com/crz_official/status/1592714386799747072?ref_src=twsrc%5Etfw">November 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\セレッソ大阪U-18 石渡 ネルソン 選手 2023シーズン加入内定/<br><br><a href="https://t.co/NxOam5186l">https://t.co/NxOam5186l</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a> <a href="https://t.co/uQtUEZTwWP">pic.twitter.com/uQtUEZTwWP</a></p>&mdash; セレッソ大阪オフィシャル (@crz_official) <a href="https://twitter.com/crz_official/status/1592714306583662592?ref_src=twsrc%5Etfw">November 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.16 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸がC大阪育ちのU-19日本代表候補GK春名竜聖の加入内定を発表「自分を受け入れてくださり感謝」

水戸ホーリーホックは16日、セレッソ大阪U-18のU-19日本代表候補GK春名竜聖(18)の加入内定を発表した。 兵庫県出身の春名は、182cm、81kgの体格を持ち、U-15からC大阪の下部組織で育ってきた。 トップチームに2種登録もされ、今年8月にはU-19日本代表候補としてトレーニングキャンプのメンバーにも選ばれていた。 春名はクラブを通じてコメントしている。 「この度、来季から水戸ホーリーホックに加入することになりました。セレッソ大阪U-18の春名竜聖です」 「他のJクラブアカデミーである自分を受け入れてくださった水戸ホーリーホックには感謝でいっぱいです」 「1日でも早く水戸のゴールを守り、ファン・サポーターの皆さんと共に闘えるように日々全力を尽くします」 また、西村卓朗GM(ゼネラルマネージャー)も春名の獲得にコメントしている。 「まずはこれまで春名竜聖選手の育成に携わって頂いた指導者をはじめとする多く関係者の皆様、ご家族の皆様に感謝申し上げます。春名選手がプロキャリアのスタートのチームとして水戸ホーリーホックを選んでくれたことを大変嬉しく思います」 「バランスのとれた身体、身体能力、そして判断力、また特筆すべきは現代サッカーに必要な足元の技術、キックの精度が非常に高く、世代別の代表に選ばれている才能豊かなGKです。 春名選手の才能を開花させるために、クラブはすべての力を注ぎ彼の成長をサポートしたいと思っております」 「ファン・サポーター、パートナー企業の皆様にはこれからの春名選手の活躍を温かく見守って頂けたら幸いです」 <span class="paragraph-title">【写真】C大阪の下部組織から水戸に加入するGK春名竜聖</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【春名竜聖選手(セレッソ大阪U-18)来季加入内定のお知らせ】<br><br>この度、水戸ホーリーホックではセレッソ大阪U-18所属の春名竜聖選手の来季新加入が内定いたしましたので、お知らせいたします。<a href="https://t.co/h8MFGsKenu">https://t.co/h8MFGsKenu</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%98%A5%E5%90%8D%E7%AB%9C%E8%81%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#春名竜聖</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#セレッソ大阪</a> <a href="https://twitter.com/crz_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@crz_official</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#水戸ホーリーホック</a> <a href="https://t.co/82cHexZe4p">pic.twitter.com/82cHexZe4p</a></p>&mdash; 水戸ホーリーホック (@hollyhock_staff) <a href="https://twitter.com/hollyhock_staff/status/1592714081378738178?ref_src=twsrc%5Etfw">November 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.16 12:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly