クレモネーゼが昨季フェイエでECL得点王のFWデサースを獲得!

2022.08.10 19:41 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クレモネーゼは10日、ヘンクからナイジェリア代表FWシリル・デサース(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間に関する詳細は明かされていないが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、2027年6月30日までの5年契約を締結したという。移籍金は650万ユーロ(約9億円)程度になる模様だ。

ベルギー人の父親、ナイジェリア人の母親の元でベルギーで生まれ育ったデサースは、OHルーヴェンでプロキャリアをスタート。以降はロケレン、2016年からはオランダのNACブレダ、ユトレヒト、ヘラクレス・アルメロとオランダのクラブを渡り歩き、2020年にヘンクへ完全移籍した。
ヘンクでは加入初年度にリーグ戦32試合7ゴールの数字を残したが、2021年夏には買い取りオプション付きのレンタル移籍でフェイエノールトへ加入。オランダ屈指の名門ではエールディビジで27試合9ゴール2アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では13試合10ゴール2アシストをマーク。準優勝したECLでは初代得点王にも輝いていた。

フェイエノールトが買い取りオプション行使を見送り、今夏に復帰したヘンクではリーグ開幕から3試合3ゴールの活躍を披露。また、2020年10月にデビューを飾ったナイジェリア代表ではここまで3試合に出場している。

フェイエノールト、ヘンクでの活躍を引っ提げてストライカーにとっては受難のセリエA初挑戦となる185cmの27歳FWは、持ち味の決定力を発揮してチームを残留に導けるか。

関連ニュース
thumb

ユベントスがシェチェスニーの後継者獲り?クレモネーゼの若き守護神に熱視線

ユベントスが、クレモネーゼのU-21イタリア代表GKマルコ・カルネセッキ(22)の獲得に関心を示しているようだ。 長年にわたってゴールマウスを守っていた元イタリア代表ジャンルイジ・ブッフォンの勇退以降、ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(32)が守護神を務めるユベントス 。しかし、同選手はケガによる離脱でサブの元イタリア代表GKマッティア・ペリン(30)に出番を明け渡すことも多く、未だに絶対的存在とはなれていない状況だ。 そんなシュチェスニーとユベントス との契約は2024年6月まで。1年間の延長オプションが付いているものの、クラブとしては早めに後継者を確保したいところだ。 イタリア『calciomercato.com』によると、ユベントスは将来の守護神としてアタランタからクレモネーゼへレンタル中のカルネセッキを注視している模様。同選手はアタランタの下部組織出身で、2020年夏にクレモネーゼへのレンタルが決まると、加入直後から守護神の座を奪取。昨季にはセリエA昇格に大きく貢献する活躍を見せた。 今夏にはラツィオへの移籍や、アタランタへのレンタルバックなどが噂されたが、6月に肩を負傷したことにより、両クラブとも加入を敬遠。その結果、クレモネーゼで3シーズン目を過ごすことになった。 なお、エンポリのイタリア代表GKグリエルモ・ヴィカーリオ(26)も補強候補だと伝えられている。 2022.11.21 18:48 Mon
twitterfacebook
thumb

オリジ弾幻のミラン、格下クレモネーゼに低調ゴールレスドロー《セリエA》

ミランは8日、セリエA第14節でクレモネーゼとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 前節スペツィアに競り勝った2位ミラン(勝ち点29)は、その試合で決勝点を挙げたもののユニフォームを脱いで退場したジルーが出場停止となった中、オリジが2試合連続スタメンとなった。 19位クレモネーゼ(勝ち点6)に対し、オリジを最前線に、2列目に右からメシアス、ブラヒム・ディアス、レビッチと並べたミランが押し込む展開で立ち上がっていく。 すると23分、メシアスのクロスに合わせたブラヒム・ディアスのボレーが枠を捉えたが、GKのセーブに阻まれた。さらに26分、レビッチのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったオリジが決定的なシュートに持ち込むもGKカルネセッキのセーブに阻まれた。 押し込み続けるミランは36分、CKからチャウのヘディングシュートが枠を捉えるも、ここもGKカルネセッキの好守に阻止された。 40分にはボックス右からメシアスがGK強襲のシュートを浴びせたミランだったが、前半のうちにゴールを奪うことはできなかった。 ゴールレスで迎えた後半、55分にミランが先制しかける。レビッチのパスをボックス内で受けたオリジがシュートを押し込んだが、VARが入りオフサイドがあったとしてノーゴールに。 その後、レオンやデ・ケテラエルを投入していくも、後半半ばから終盤にかけては全くチャンスを作れず。 格下相手にゴールレスに終わり、勝ち点1を積み上げるに留まって首位ナポリとの勝ち点差は8ポイント差に広がった。 2022.11.09 06:51 Wed
twitterfacebook
thumb

公式戦8連勝で首位キープ、ナポリ指揮官がチームのメンタリティを称賛「誰もが自らの力を発揮している」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督がチームの戦いぶりを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 9日のセリエA第9節でクレモネーゼとのアウェイ戦に臨んだナポリ。24分にイタリア代表FWマッテオ・ポリターノがPKを決めて先制するも、試合を折り返して47分に同点に追いつかれてしまう。その後はこう着状態が続いたが、76分にセットプレーからアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネがヘディングシュートを決めて、勝ち越しに成功。後半アディショナルタイムにはメキシコ代表FWイルビング・ロサーノと、ウルグアイ代表DFマティアス・オリベラのゴールも生まれ、4-1で勝利した。 これで公式戦8連勝となり、首位をしっかりとキープしたナポリ。スパレッティ監督は試合後、簡単な勝利ではなかったことを強調しつつ、終盤の得点で3ポイントを手にした選手たちの精神力を称えた。 「楽な試合では全くなかった。クレモネーゼは下位に値するチームではない。試合は最初から複雑で、リードした後に失点を許してしまった。クレモネーゼは、私たちにあまり適さない機能で試合を進めたが、私たちは試合のリズムにうまく合わせることができた」 「難しい局面でも、決して冷静さを失うことはなかった。最後まで素晴らしいインテンシティを発揮することができ、それが報われた」 「今、最もポジティブに感じているのは、最初から出場している選手も、交代で出場している選手も、ピッチ上で決意を持ってプレーしているということだ。同じ考え、同じ意思でプレーし、いつも最後まで自分たちを信じている」 「このような姿勢の選手たちがいれば、何事もやりやすく、やりがいのあるものになる。プレーするしないにかかわらず、誰もが自らの力を発揮している。このユニフォームの重要性を感じながら、チームはとても良く頑張っていると思う」 2022.10.10 13:31 Mon
twitterfacebook
thumb

後半終盤に3発のナポリが格下クレモネーゼに辛勝で公式戦8連勝《セリエA》

ナポリは9日、セリエA第9節でクレモネーゼとのアウェイ戦に臨み、4-1で勝利した。 前節トリノ戦を伏兵アンギサのドッピエッタで快勝とした首位ナポリ(勝ち点20)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグではアヤックス相手に敵地で6発圧勝。そのアヤックス戦のスタメンから3選手を変更。ジエリンスキ、ロサーノ、オリベラに代えてポリターノ、エンドンベレ、マリオ・ルイを起用した。 19位クレモネーゼ(勝ち点3)に対し、3トップにラスパドーリ、クワラツヘリア、ポリターノと並べたナポリは10分にピンチ。CKの流れからザニマッキアのシュートが枠の右角に直撃した。 それでも押し込む展開としたナポリは24分、ボックス右で仕掛けたクワラツヘリアが倒されてPKを獲得。これをポリターノが決めて先制した。 前半半ば以降もナポリがボールを保持。主導権を渡さず1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、開始1分にラスパドーリが決定的なシュートを浴びせて追加点に迫ったナポリだったが、直後に同点とされる。アスカシバルのシュートのルーズボールをデサースに決められた。 同点とされたナポリはエンドンベレに代えてシメオネを投入。2トップとして圧力を強めると、76分に勝ち越した。CKの流れからマリオ・ルイのクロスをファーサイドのシメオネがヘッドで押し込んだ。 そして追加タイムにロサーノとオリベラのゴールが生まれたナポリが公式戦8連勝とした。 2022.10.10 02:56 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタ、痛恨ドローで首位陥落… 未勝利クレモネーゼに同点許す《セリエA》

アタランタは11日、セリエA第6節でクレモネーゼとホームで対戦し、1-1のドロー決着となった。 開幕から好調を維持するアタランタ。前節のモンツァ戦も2-0で勝利し、第5節を終えた段階で首位に。今節のスタメン変更は2名で、ホイルンドとザッパコスタに替えてムリエル、オコリを起用した。 勝って首位をキープしたいアタランタは15分に肝を冷やすシーンが。オコリが自陣深い位置でクレモネーゼのデサースにボールを奪われ、ボックス内で右足シュートを放たれるも、トロイが身体を張ってブロック。こぼれ球から強烈ミドルを浴びせられるも、こちらもGKムッソがセーブし、なんとかCKに逃れた。 今度はアタランタにチャンス。23分、左サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーのムリエルはゴール前へのクロスではなく、ボックス手前へのパスを選択。フリーで受けたコープマイネルスが左足ダイレクトでミドルを打ち込むも、クレモネーゼGKラドゥに右手一本で掻き出される。 さらに41分、左サイドからカットインしたルックマンがボックス手前中央から強烈な右足ミドルを放つが、このシーンは惜しくもゴール左に外れる。 前半は0-0で終えた中、迎えた64分、ボックス右手前でFKを獲得。コープマイネルスが強烈な左足シュートを放つと、直接ファーネットに突き刺さる。先制かと思われたが、ネットに吸い込まれる直前にオコリの手がボールに当たっていたとして、VARチェックの結果、ノーゴール判定となった。 先制を逃したアタランタだったが、それでも待望の先制点を奪う。74分、敵陣右サイドのタッチライン沿いでFKを獲得し、キッカーは先ほどと同じくコープマイネルス。左足から放たれた鋭いクロスに対して、ゴール前のデミラルが頭でわずかにコースを変え、ネットを揺らした。 なんとかゴールを奪ったアタランタだったが、喜びもつかの間。78分、ボックス手前からのミドルをGKムッソがキャッチし損ねてしまうと、こぼれ球に反応したヴァレリに左足シュートを叩き込まれ、同点とされる。 首位キープのために何としてでも勝ち越し点が欲しいアタランタは90分、最終ラインから攻め上がったオコリがボックス右から右足で強烈な一撃を放つも、GKに正面でキャッチされてしまう。 なおも果敢に攻め込むアタランタだったが、最終ラインに人数を集めて強固なブロックを敷くクレモネーゼを打開することはできず。結局1-1のまま試合終了となり、この結果、10日に勝ち点3を積み上げていたナポリに首位を譲ることとなった。 2022.09.11 21:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly