クレモネーゼが昨季フェイエでECL得点王のFWデサースを獲得!

2022.08.10 19:41 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クレモネーゼは10日、ヘンクからナイジェリア代表FWシリル・デサース(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間に関する詳細は明かされていないが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、2027年6月30日までの5年契約を締結したという。移籍金は650万ユーロ(約9億円)程度になる模様だ。

ベルギー人の父親、ナイジェリア人の母親の元でベルギーで生まれ育ったデサースは、OHルーヴェンでプロキャリアをスタート。以降はロケレン、2016年からはオランダのNACブレダ、ユトレヒト、ヘラクレス・アルメロとオランダのクラブを渡り歩き、2020年にヘンクへ完全移籍した。

ヘンクでは加入初年度にリーグ戦32試合7ゴールの数字を残したが、2021年夏には買い取りオプション付きのレンタル移籍でフェイエノールトへ加入。オランダ屈指の名門ではエールディビジで27試合9ゴール2アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では13試合10ゴール2アシストをマーク。準優勝したECLでは初代得点王にも輝いていた。

フェイエノールトが買い取りオプション行使を見送り、今夏に復帰したヘンクではリーグ開幕から3試合3ゴールの活躍を披露。また、2020年10月にデビューを飾ったナイジェリア代表ではここまで3試合に出場している。

フェイエノールト、ヘンクでの活躍を引っ提げてストライカーにとっては受難のセリエA初挑戦となる185cmの27歳FWは、持ち味の決定力を発揮してチームを残留に導けるか。

関連ニュース
thumb

アタランタ、痛恨ドローで首位陥落… 未勝利クレモネーゼに同点許す《セリエA》

アタランタは11日、セリエA第6節でクレモネーゼとホームで対戦し、1-1のドロー決着となった。 開幕から好調を維持するアタランタ。前節のモンツァ戦も2-0で勝利し、第5節を終えた段階で首位に。今節のスタメン変更は2名で、ホイルンドとザッパコスタに替えてムリエル、オコリを起用した。 勝って首位をキープしたいアタランタは15分に肝を冷やすシーンが。オコリが自陣深い位置でクレモネーゼのデサースにボールを奪われ、ボックス内で右足シュートを放たれるも、トロイが身体を張ってブロック。こぼれ球から強烈ミドルを浴びせられるも、こちらもGKムッソがセーブし、なんとかCKに逃れた。 今度はアタランタにチャンス。23分、左サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーのムリエルはゴール前へのクロスではなく、ボックス手前へのパスを選択。フリーで受けたコープマイネルスが左足ダイレクトでミドルを打ち込むも、クレモネーゼGKラドゥに右手一本で掻き出される。 さらに41分、左サイドからカットインしたルックマンがボックス手前中央から強烈な右足ミドルを放つが、このシーンは惜しくもゴール左に外れる。 前半は0-0で終えた中、迎えた64分、ボックス右手前でFKを獲得。コープマイネルスが強烈な左足シュートを放つと、直接ファーネットに突き刺さる。先制かと思われたが、ネットに吸い込まれる直前にオコリの手がボールに当たっていたとして、VARチェックの結果、ノーゴール判定となった。 先制を逃したアタランタだったが、それでも待望の先制点を奪う。74分、敵陣右サイドのタッチライン沿いでFKを獲得し、キッカーは先ほどと同じくコープマイネルス。左足から放たれた鋭いクロスに対して、ゴール前のデミラルが頭でわずかにコースを変え、ネットを揺らした。 なんとかゴールを奪ったアタランタだったが、喜びもつかの間。78分、ボックス手前からのミドルをGKムッソがキャッチし損ねてしまうと、こぼれ球に反応したヴァレリに左足シュートを叩き込まれ、同点とされる。 首位キープのために何としてでも勝ち越し点が欲しいアタランタは90分、最終ラインから攻め上がったオコリがボックス右から右足で強烈な一撃を放つも、GKに正面でキャッチされてしまう。 なおも果敢に攻め込むアタランタだったが、最終ラインに人数を集めて強固なブロックを敷くクレモネーゼを打開することはできず。結局1-1のまま試合終了となり、この結果、10日に勝ち点3を積み上げていたナポリに首位を譲ることとなった。 2022.09.11 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

クレモネーゼ、スコットランド代表DFヘンドリーを獲得

クレモネーゼは1日、クラブ・ブルージュのスコットランド代表DFジャック・ヘンドリー(27)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。レンタル料は60万ユーロ(約8300万円)、買い取る際の移籍金は600万ユーロ(約8億3000万円)となっている。 スコットランド代表として17試合に出場し、ウィガンやセルティックに在籍した経歴を持つセンターバックのヘンドリーは、2021年夏にクラブ・ブルージュに加入。昨季はチャンピオンズリーグ6試合を含む公式戦33試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2022.09.02 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

バレッラ躍動インテル、クレモネーゼに快勝でミラノ・ダービーに弾み《セリエA》

インテルは30日、セリエA第4節でクレモネーゼをホームに迎え、3-1で快勝した。 前節ラツィオ戦では相手の交代選手に仕事をされて敗れ、初黒星となったインテル。そのインテルは練習中の負傷によりルカクが欠場。代わってジェコが先発となった。 3連敗スタートのクレモネーゼに対し、ジェコとホアキン・コレアの2トップで臨んだインテルが立ち上がりから攻勢をかける。 開始3分、ディマルコの直接FKで牽制すると、12分に先制する。ロングカウンターに転じた流れからバレッラが持ち上がり、前線へパス。ボックス中央ジェコのシュートはGKラドゥにセーブされるもルーズボールをコレアが押し込んだ。 その後も主導権を握ったインテルは38分にリードを広げる。ボックス左でチャルハノールがタメを作って丁寧な柔らかいクロス。ファーサイドのバレッラが見事なボレーでネットに突き刺した。 迎えた後半、守備に重点を置いた余裕を持った戦いで時間を進めるインテルは、コレアやブロゾビッチらを下げていった中、76分に3点目。 ロングカウンターに転じた流れからバレッラのスルーパスを受けた途中出場のラウタロがシュートを決めきった。終盤の90分にオケレケにコントロールシュートを決められて1点を返されたインテルだったが、3-1で快勝。 4日後に行われるミラノ・ダービーに弾みを付けている。 2022.08.31 05:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマFWアフェナ=ギャンがクレモネーゼに完全移籍!

クレモネーゼは29日、ローマからガーナ代表FWフェリックス・アフェナ=ギャン(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。 なお、移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、移籍金は600万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額900万ユーロ(約12億5000万円)となるという。また、19歳FWは2027年までの5年契約にサインした模様だ。 母国のEurアフリカFCから2021年3月にローマのプリマヴェーラに加入したアフェナ=ギャン。アルベルト・デ・ロッシ前監督率いるプリマヴェーラで早くも頭角を現した快足FWは、昨年10月末に行われたカリアリ戦でトップチームデビュー。そして、同11月に行われたセリエA第13節のジェノア戦では途中出場からチームを勝利に導く圧巻のドッピエッタを達成。その数日後にはジョゼ・モウリーニョ監督から約束していた『バレンシアガ』の高級スニーカーをプレゼントされたことでも、大きな注目を集めた。 そのデビューシーズンは前述の2ゴールにとどまったものの、公式戦22試合に出場。クラブのヨーロッパ・カンファレンスリーグ初優勝にも貢献した。 ローマはまだまだ粗削りも圧倒的なスピードと独特なシュート感覚を持つ逸材を評価していたものの、イタリア代表FWアンドレア・ベロッティ獲得のために現有戦力の現金化が求められた中、19歳の売却を決断した。 一方、今年3月にガーナ代表デビューを飾ったアフェナ=ギャンは、すぐさま前線の主力に定着しており、カタール・ワールドカップ出場に向けて出場機会を得られるセリエA昇格組への移籍はプラスに働くはずだ。 2022.08.29 23:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ベロッティのローマ加入が迫る! アフェナ=ギャン売却で財政問題クリア

イタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)のローマ加入が迫っているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ベロッティにはガラタサライやウォルバーハンプトンが獲得へ好条件のオファーを掲示していたが、ローマ行きを希望する元トリノのエースはその申し出を固辞していた。 一方、ローマではベロッティと個人間での合意を取り付け、ジョゼ・モウリーニョ監督もすでに選手サイドと今後に向けた具体的な話し合いを行っていた。 ただ、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるローマでは、ベロッティ獲得のために人員整理が必要な状況で、ボローニャなど国内クラブが関心を寄せるウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ、フルアムとの交渉が続くオランダ代表FWユスティン・クライファートのいずれかの売却を目指していた。 両者の売却交渉が難航したことを受け、クラブはクレモネーゼが獲得を目指すガーナ代表FWフェリックス・アフェナ=ギャン(19)の交渉を進め、移籍金600万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額900万ユーロ(約12億3000万円)の条件で合意。なお、この契約には買い戻しオプションは含まれていないという。 これにより、ローマは近日中にベロッティと年俸300万ユーロ(約4億1000万円)の3年契約を結ぶ見込みだ。 セリエA通算106ゴールを誇り、カルチョを代表するストライカーの一人であるベロッティは、カピターノを務める同胞MFロレンツォ・ペッレグリーニとアッズーリで、今夏ユベントスから加入のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとパレルモで友人関係を築いており、チームへの即フィットが期待できる。 また、2トップと1トップの両方でプレー可能なこともあり、主砲タミー・エイブラハムのバックアップだけでなく、[3-4-1-2]の採用時はトップ下にディバラを置き、エイブラハムと2トップで並ぶなど、ジョゼ・モウリーニョのチームに新たな攻撃オプションを与える存在となるはずだ。 2022.08.25 01:28 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly