元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロがボカ・ジュニアーズに移籍!

2022.08.09 15:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(35)が8日、ボカ・ジュニアーズに加入した。契約は2024年12月31日までとなる。

母国ラシン・クラブ出身で、2007年に加入したAZを足がかりに欧州進出を果たしたロメロ。2015年から2021年にかけてはマンチェスター・ユナイテッドに在籍し、バックアッパーながら2016-17シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献。昨季はヴェネツィアに移籍するも、シーズン後半はヒザの負傷に悩まされ、セリエA16試合の出場に終わった。

契約満了でフリーとなった35際には今夏、イングランド人GKリー・グラントが現役を退団したユナイテッドが再獲得に動いていたが、新天地は母国の名門クラブに。実に15年ぶりのアルゼンチン復帰を果たしたロメロは、今回の移籍をステップアップだと意気込んでいる。
「ご存知のように、先週ラシンでトレーニングをしていた時にボカから打診があった。よく考えた結果、受けることにしたよ。この機会に満足している。これはキャリアにおいてステップアップだと思っているよ」

関連ニュース
thumb

アヤックス、今季終了までヨン・ヘイティンガ暫定体制を継続! 元千葉監督ドワイト氏が副官就任

アヤックスは2日、暫定指揮官を務めていたヨン・ヘイティンガ氏(39)が今シーズン終了までトップチームを率いることを発表した。 また、ドワイト・ローデヴェーヘス氏(66)のアシスタントコーチ招へいを併せて発表した。 ドワイト氏は過去にジェフユナイテッド千葉の指揮官、名古屋グランパスでアシスタントコーチを務め、PSVの指揮官やオランダ代表暫定監督の経験もある指導者だ。 アヤックスは先月27日に、成績不振を理由にアルフレッド・スロイデル監督(50)を解任。これを受け、クラブはU-21チームを率いているヘイティンガ氏を暫定指揮官に据え、直近のエクセルシオール戦では6試合連続ドローに終止符を打つ、4-1の快勝に導いていた。 12歳でアヤックスの下部組織に入団したヘイティンガ氏は、2001年にトップチームデビューを飾ると、エールディビジを2度、KNVBカップを3度、ヨハン・クライフ・シャーレで4度のタイトルを獲得。 現役引退後は、アヤックスユースや、ヨング・アヤックスのコーチを歴任。その後、U-18チームとU-19チームの監督を経て、2021年夏からU-21チームの監督に就任すると、これまで58試合を指揮し22勝17分け19敗の戦績を残していた。 アヤックスでCEO(最高経営責任者)を務めるエドウィン・ファン・デル・サール氏は、今回の決断に際して以下のコメントを残している。 「これが正しい解決策であると確信している。ヨンは明確で着実な道を歩んでおり、その結果、彼は何年にもわたって自分自身を非常にうまく成長させてきた。ゲリー・ハムストラ、クラース・ヤン・フンテラール、そして私は何度も話し合った。もちろん、ヨンと一緒にいくつかの話し合いも行った。そして、我々はヨンの資質とビジョンに自信を持っている」 「テクニカルスタッフの追加を探していたとき、我々は全会一致でドワイト・ローデヴェーヘに同意した。彼の知識と豊富なコーチングの経験は、ヨンと他のスタッフを補完するものだ。チームは今、勝利し、自信を持って取り組み、さらに成長する必要がある。我々は今シーズンまだ戦わなければならないことがたくさんある」 現在、首位フェイエノールトと5ポイント差の4位に位置するアヤックスは、リーグ戦での巻き返しと共に、今月にはヨーロッパリーグ決勝トーナメントのプレーオフでウニオン・ベルリンとの対戦が控えている。 2023.02.02 23:15 Thu
twitterfacebook
thumb

元仏代表FWロイク・レミが母国のスタッド・ブレストに加入!

スタッド・ブレストが元フランス代表FWロイク・レミ(36)の加入を認めた。 同クラブを率いるエリック・ロワ監督が、1日に行われたリヨン戦後の会見で認めた。 「我々は彼が準備ができていないこと、2週間以内に彼がいないことを理解している。しかし、我々は彼を連れて行くつもりだった」 リヨンでプロデビューを飾ったレミは、RCランスやニース、マルセイユに在籍後、イングランドに渡りQPR、ニューカッスル、チェルシー、クリスタル・パレスでプレー。その後はスペインに渡り、ラス・パルマス、ヘタフェでプレーし、2018年7月から再び母国のリールでプレー。2020年以降はトルコのリゼスポル、アダナ・デミルスポルでプレー。 ただ、アダナ・デミルスポルでは完全に構想外の扱いとなっており、リーグ戦わずか2試合の出場で昨年7月に退団。以降は半年以上フリーの状況が続いていた。 それでも、ブレストはリーグ・アンで通算211試合71ゴール22アシスト、フランス代表でも31試合7ゴールの実績を持つベテランストライカーの復活を期待して今季終了までの短期契約での獲得に踏み切った。 2023.02.02 22:29 Thu
twitterfacebook
thumb

柏が元U-21オランダ代表FWフロートを完全移籍で獲得、今季はデンマーク1部で9ゴール3アシスト…背番号は「17」

柏レイソルは2日、デンマークのヴィボーFFに所属するオランダ人FWジェイ・ロイ・ジョーネル・フロート(24)が完全移籍で加入することを発表した。 背番号は「17」。登録名はフロートとなり、手続きが完了次第出場登録されるという。 フロートは、NECナイメーヘンのアカデミー出身。2015年7月にファーストチームに昇格すると、2017年8月にはリーズ・ユナイテッドへと完全移籍する。 その後、レンタル移籍でVVVフェンロ、フィテッセに加入。2021年2月にドイツのオスナブリュックへと完全移籍。同年7月にヴィボーへと完全移籍で加入した。 今シーズンのスーペルリーガ(デンマーク1部)では17試合に出場し9ゴール3アシストを記録。4試合連続ゴールで中断期間に入っており、好調を維持している。 また、これまでエールディビジで85試合13ゴール4アシスト、スーペルリーガで33試合11ゴール3ゴールを記録しているストライカーだ。 なお、U-17からU-21まではオランダ代表としてもプレーしている。 フロートはクラブを通じてコメントしている。 「この日本に来ることができて嬉しく思っていますし、新しいチャレンジに向けて興奮しています。私のストロングポイントはスピードと体の使い方です」 「常にベストを尽くし、多くのチャンスに絡んで、得点を重ねていきたいです。ニックネームの『ジェイ』と呼んでください。これから応援よろしくお願いします」 2023.02.02 18:14 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーがPL史上最高額エンソ・フェルナンデス獲得発表! ジョルジーニョ背負った5番を着用

チェルシーは1日、ベンフィカからアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「5」に決定。契約期間は2031年6月30日までの8年半となる。 なお、ベンフィカの発表によると、移籍金は総額1億2100万ユーロ(約170億8500万円)となり、フェルナンデスはプレミアリーグ史上最高額での加入選手となった。 アーセナルに移籍したイタリア代表MFジョルジーニョが直前まで着用していた背番号5を背負い、ブルーズの新司令塔として大きな期待を集める22歳は、クラブ公式サイトで意気込みを語った。 「チェルシーとそのオーナーに心から感謝しているよ。ロンドンの誇りであるチェルシーに加入し、世界最高のリーグでプレーし、最大のトロフィーを目指して戦うことができる。本当に嬉しく、興奮しているよ。ファンの前でプレーし、ピッチ内外でチームメイトを助けることが待ち遠しいよ」 一方、今冬のデッドライン・デーに最大のオペレーションを実現させたトッド・ベーリー会長と共同経営者のベフダド・エグバリ氏は、逸材への大きな期待を語っている。 「エンソは、ワールドカップ王者であり、世界のフットボール界で最も輝かしい才能を持つプレーヤーの一人とみなされている。そのプレーヤーと契約することができた。グレアムのチームに彼を加えることができ、今後、我々のチームの重要な一員となってくれると確信している。エンソは非常に高い能力を発揮しているので、チェルシーでどんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ」 フェルナンデスは母国のリーベル・プレートの下部組織育ち。デフェンサ・イ・セントラルでもプレーした。 2022年7月にベンフィカに完全移籍。プリメイラリーガで17試合に出場し1ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグで5試合に出場し2アシストを記録していた。 カタール・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、チームの36年ぶり3度目の優勝に大きく貢献。最優秀若手選手賞を受賞していた。 その活躍もあり、今冬には多くのクラブが獲得に動いたものの、ベンフィカが徹底抗戦して交渉が難航。しかし、最終的には合意に至った。 2023.02.02 07:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ウルブス、メスからレンタル中のマリ代表MFトラオレの来夏買い取りを発表!

ウォルバーハンプトンは1日、メスからレンタル移籍で加入しているマリ代表MFブバカル・トラオレ(21)の購入義務の条件が達成されたため、来夏に買い取ることを発表した。 ウルブスによれば、昨年9月にメスから1年レンタルで加入したトラオレには、特定の条件が達成された場合は買い取り義務が発生するオプションが付随しており、今回それが達成されたとのこと。なお、契約期間は2027年6月末までで、1年間の延長オプションは付随しているとのことだ。 昨年9月のマンチェスター・シティ戦でプレミアリーグデビューを飾ったトラオレは、今季ここまで公式戦12試合に出場。同年11月のEFL(カラバオ)カップ3回戦のリーズ・ユナイテッド戦では、移籍後初ゴールを記録していた。 また、各年代のマリ代表に選出されてきたトラオレは、昨年11月に行われたアルジェリア代表との国際親善試合でフル代表デビューを飾っている。 2023.02.02 07:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly