6度目の優勝目指すブラジル代表のW杯用ユニフォームは全面“ジャガー柄” のデザインに

2022.08.08 19:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジルサッカー連盟(CBF)とサプライヤーのナイキは7日、ブラジル代表の新ユニフォームを発表した。このユニフォームはカタール・ワールドカップ(W杯)でも使用することとなる。今回発表されたホームユニフォームは、伝統のイエローをベースに、袖口と襟元にはグリーンが配色され、ブルーのラインで縁取られている。

特徴的なのはシャツのデザインで、裏表両面に総柄で南米に多く生息するジャガーの柄が施されている。

ナイキはこのデザインについて、「ジャガーの気迫と美しさにインスパイアされたデザインを採用し、ブラジル国民を団結に導くユニフォーム」だと紹介している。

カタールW杯ではグループGでセルビア代表、スイス代表、カメルーン代表と同居するブラジルだが、このユニフォームで6度目のW杯優勝を目指すこととなる。

1 2

関連ニュース
thumb

ネイマールが不快感? ムバッペの名前が出た途端に明らかに表情が曇る…今季はPKを巡る騒動も

やはり2人の間には何かが起こっているのかもしれない。 現在はインターナショナル・マッチデーでそれぞれの選手たちが代表チームでプレー。カタール・ワールドカップ(W杯)前の大事な時間を過ごしている。 本大会での組み合わせも決定し、それぞれの国が対戦国を想定した相手と対戦している中、ブラジル代表はガーナ代表と対戦し勝利を収めていた。 その試合後、ミックスゾーンでの取材に対応したのがパリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマール。ガーナ戦では2アシストを記録していた中、最後に記者が質問したことが話題になっている。 記者はネイマールに対し、PSGのチームメイトであるフランス代表FWキリアン・ムバッペとの関係について質問。すると、ネイマールは表情を曇らせ、特に何も答えずにその場を去って行った。 ムバッペとネイマールは、今夏の移籍市場でも度々その関係性が報じられ、2025年までPSGと契約を延長したムバッペが発言権を持つようになり、ピッチ内外で力になれていないネイマールを売却するようにクラブへ求めたとされている。 また、2人はモンペリエ戦でPKを巡って争いに。あまり良い関係ではないことは、多くの人が目撃していた。 今回の対応もその関係性の表れと見られており、良く思っていないとの憶測も。チームメイトである以上、ピッチ上ではチームのために協力するものの、それ以外ではイマイチなのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】ムバッペについて聞かれ、明らかに表情が変わるネイマール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">In other news..<br><br>When Neymar was asked about Mbappea href="https://t.co/YnYY761EBj">pic.twitter.com/YnYY761EBj</a></p>&mdash; George Addo Jnr (@addojunr) <a href="https://twitter.com/addojunr/status/1573433253620776966?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジルがリシャルリソン2発などで快勝! ガーナはデビューのI・ウィリアムズが存在感《国際親善試合》

国際親善試合のブラジル代表vsガーナ代表が23日にフランスで行われ、ブラジルが3-0で勝利した。 共にカタール・ワールドカップ(W杯)に出場するチーム同士の一戦。ブラジルはGKにアリソン、4バックは右からミリトン、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、アレックス・テレス。中盤はカゼミロがアンカーに入り、パケタとネイマールのインサイドハーフ。3トップは右からハフィーニャ、リシャルリソン、ヴィニシウスとなった。 対するガーナはアイェウ兄弟やトーマスのベテラン、クドゥス、アフェナ=ギャンら若手を織り交ぜた布陣となった。 立ち上がりから相手を押し込むブラジルは、リシャルリソン、パケタと立て続けにボックス内で際どいフィニッシュのシーンを作り出す。すると、9分には右CKの場面でキッカーのハフィーニャが入れた正確なクロスをゴール前のマルキーニョスが打点の高いヘッドで合わせ、早々にゴールネットを揺らした。 幸先よく先制に成功したブラジルは、以降もカゼミロを除きアタッカーが並ぶ中盤と3トップが内と外を効果的に使いながら多彩な攻撃を仕掛ける。その中でハフィーニャが豪快なバイシクルシュートなどで、スタンドを沸かせる。 そして、28分には相手陣内右のハーフスペースを持ち上がったネイマールからの正確な斜めのグラウンダーパスに反応したリシャルリソンがペナルティアークから右足のダイレクトシュートを右隅に突き刺し、2点目を奪取。さらに、前半終了間際の40分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でネイマールが右足インスウィングで入れた正確なボールをニアに走り込んだリシャルリソンがドンピシャのヘッドで合わせ、背番号10と背番号9の共演による連続ゴールで一気にガーナを引き離した。 3点リードで試合を折り返したブラジルは、チアゴ・シウバを下げてブレーメルをハーフタイム明けに投入。一方、前半はほぼ守備に追われたガーナはスペインから帰化したイニャキ・ウィリアムズが投入され、待望のブラック・スターズデビューを飾った。 すると、後半はウィリアムズの投入で活性化されたガーナがやや省エネモードのブラジル相手に押し込む形を作り出す。56分にはクドゥスの右CKをアンドレ・アイェウがドンピシャのヘッドで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 一方、ブラジルは60分過ぎにカゼミロ、ヴィニシウス、リシャルリソンを下げてファビーニョ、アントニー、クーニャと一気に3枚替えを敢行。これで試合を落ち着かせることに成功した。 その後はフレンドリーマッチらしいやや動きの少ない状況が続き、試合はこのままタイムアップ。リシャルリソンの2ゴールなどで完勝のブラジルが、本大会に向けて順調な仕上がりを見せた。 ブラジル代表 3-0 ガーナ代表 【ブラジル】 マルキーニョス(9分) リシャルリソン(28分) リシャルリソン(40分) 2022.09.24 05:34 Sat
twitterfacebook
thumb

今も第一線で活躍中のチアゴ・シウバが祝38歳のバースデー 「40歳までプレーしたいね!」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバが40歳までの現役を目指した。クラブ公式サイトが伝えている。 2020年夏にチェルシー入りしたチアゴ・シウバ。ベテランの域に入ってから、最もコンタクトが激しいリーグと評されるプレミアリーグでのプレーとなったが、持ち前のリーダーシップと経験に裏打ちされた読みで申し分のない活躍を続けている。 ブラジル代表でも依然として主力を張り続け、今年11月のカタール・ワールドカップのメンバー入りも濃厚視される37歳のセンターバックだが、22日に38歳のバースデー。そのプレーぶりからは大きな衰えを感じないが、ケアを大事にしているようだ。 「この年齢で、このレベルでプレーするのは僕にとってもすごく重要だけど、簡単なことじゃない。プレミアリーグではなおさらね」 「トレーニングが終わって帰宅したら、明日に向けてどうやって調整するかを考えるんだ。最初の1分から最後の1分までインテンシティが高いし、常に準備をしておく必要がある。もう38歳だけど、このチームの力にできる限りなれると思っているんだ」 また、スポーツ科学の進歩と同時に「フィールド外で他のことをすると疲れちゃうから、冷静な頭脳が必要。それが僕の意見で、選手は昔よりもプロフェッショナルだ」と続けると、元戦友のFWズラタン・イブラヒモビッチを引き合いに目標を明かした。 「ズラタンとはよく話をするんだ。今季はチャンピオンズリーグでチェルシーとミランが対戦するから、より頻繁にね。目標は40歳までプレーすること。このレベルでなのか、この大会でなのかはわからないけどね」 「今季次第だし、W杯で何が起こるかもわからない。それと、契約延長にもよるけど、そうだね、僕の目標として40歳までプレーしたいね!」 2022.09.23 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジル屈指の好カードが大荒れ… 元セレソン同士のエキサイトに主審も呆れる?

ブラジル屈指の強豪チーム同士の対戦が、なんとも後味の悪い一戦となってしまった。ブラジル『グローボ』が伝えている。 18日、カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)第27節のフラメンゴvsフルミネンセが行われた。3位と4位の上位対決として大きな注目を浴びた一戦は1-2でフルミネンセが勝利を収めたのだが、86~89分にかけて両チーム計4人の退場者を出す大荒れの展開となった。 フルミネンセの1点リードで迎えた86分、ボックス付近でのファウルを発端に事件は発生。フラメンゴFWマリーニョが倒れた相手選手を踏みつけたかと思えば、それに激昂したフルミネンセDFマノエウがマリーニョを体当たりで突き飛ばす。当然ながら両選手ともレッドカードが提示された。 さらに、両選手を制止する輪とは別のところでフラメンゴDFダビド・ルイスとフルミネンセMFフェリペ・メロの元ブラジル代表同士が激しくエキサイト。すかさず主審が割って入ったものの、お構いなしで口論を続け、主審も半ば諦めた様子で2人のそばを離れていった。 こちらはなんとか落ち着いたようだが、続く89分にもこの大乱闘が尾を引く形で両チームから1人ずつ退場者が。フルミネンセは開始早々の6分にも退場者を出しており、両チーム合わせて5枚ものレッドカードが提示されるという試合になってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】両軍にレッド... さらにD・ルイス&F・メロがエキサイト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dcdlzhIfQco";var video_start = 1274;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.20 17:57 Tue
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督がジェズスらセレソン漏れの3選手に言及「理由は分からない」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、今回のブラジル代表のメンバー選考に言及した。イギリス『メトロ』が伝えている。 9日に発表されたブラジル代表メンバー。新戦力も招集しつつ、ほとんどの主力が順当に選ばれた中で、アーセナルで好調を維持するガブリエウ・ジェズスやガブリエウ・マルティネッリ、ガブリエウ・マガリャンイスの3人は落選となった。 新天地で躍動するジェズスは選ばれて然るべきところだが、セレソンのチッチ代表は招集を見送り。アルテタ監督は「理由は聞いていない」とし、監督として行ったリアクションを説明した。 「私がすべき事は、選手たちに今の調子を維持しなければならないと説得すること、代表監督の決定を頭を下げて受け入れなければならなと言い聞かせることだ」 「そして、必要であればチッチにさらなる理由を与えるのだ。彼らを選ぶべきだという明確な証拠とともにね」 「彼らの反応はそんな感じだ。これ以上コメントすることはない」 2022.09.17 16:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly