ボルシアMGが10人のホッフェンハイムに逆転勝利!開幕先発の板倉は1Aを記録《ブンデスリーガ》

2022.08.07 00:31 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
板倉滉に所属するボルシアMGは6日、ブンデスリーガ第1節でホッフェンハイムと対戦し3-1で勝利した。板倉はフル出場している。

昨季10位のボルシアMGがホームに昨季9位のホッフェンハイムを迎えた一戦。7月31日に行われたDFBポカール1回戦のオーバーアハーン(ドイツ4部)戦を9-1で圧勝したボルシアMGは、今夏にマンチェスター・シティから加入した日本代表DF板倉滉がセンターバックで先発出場している。

立ち上がりから丁寧にボールを繋ぎながら攻撃を組み立てるボルシアMG対し、ホッフェンハイムは積極的なプレッシャーからカウンターを狙う展開で推移する。

膠着状態が続く中、ホッフェンハイムは19分にベンセバイニに対してアフターチャージを見舞ったポッシュが2枚目の警告を受け、退場処分となった。

数的優位を得たボルシアMGだったが、25分に先制点を許す。右サイド高い位置でパスを受けたラターが縦への突破からボックス内へ侵入。折り返しは相手DFに弾かれるも、これを拾ったクラマリッチのラストパスから最後はスコフがゴールネットを揺らした。

先制を許したボルシアMGは32分、バイタルエリア中央右でボールを受けたプレアが反転から中に切り込み、コントロールショットを狙ったがシュートはわずかにゴール右に逸れた。

ハーフタイムにかけて攻勢を強めるボルシアMGは、42分にセットプレーから試合を振り出しに戻す。ホフマンの右CKをファーサイドの板倉が頭で折り返すと、ベンセバイニがオーバーヘッドシュートをゴール右に突き刺した。

迎えた後半、ボルシアMGは開始早々の49分にカウンターから決定機。持ち上がったホフマンのラストパスを受けたスカリーがボックス右からシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃。

後半の主導権を握るボルシアMGは71分、ボックス左手前でボールを受けたプレアのラストパスでゴール前に抜け出したテュラムが冷静にゴールネットを揺らした。

勝ち越したボルシアMGは、78分にもショートコーナからバイタルエリア中央のプレアへボールを繋ぐと、プレアのループパスをゴールエリア右横で受けたエルベディが難なくシュートをゴールに沈めた。

攻撃の手を緩めないボルシアMGは89分、プレアのパスからDFの裏に抜け出したたテュラムが飛び出したGKをかわすも、守備に戻ったオザン・カバクにボールを突っつかれシュートは打てず。

結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。10人のホッフェンハイムに逆転勝利したボルシアMGが開幕白星スタートを飾った。

関連ニュース
thumb

ボルシアMGのヴォルフ、肩の手術で前半戦残り欠場

ボルシアMGのオーストリア代表MFハンネス・ヴォルフが肩の手術を受けるため、今季前半戦残りを欠場することになった。ボルシアMGを率いるダニエル・ファルケ監督が明かしている。 ヴォルフは17日に行われたブンデスリーガ第7節ライプツィヒ戦に後半37分から出場するも、負傷してわずか4分後に交代となっていた。 ドイツ『キッカー』によれば保存療法の場合は4週間の離脱で済む負傷だが、オーストリア代表がワールドカップに出場しないこともあって手術を行い、万全の状態で復帰することをヴォルフは選択した模様だ。 2022.09.26 01:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがボルシアMGの元辣腕SDマックス・エバールを招へい

RBライプツィヒが、ボルシアMGからマックス・エバール氏(48)の引き抜きに成功した。 なお、2008年10月から2021年1月までボルシアMGでスポーツディレクターを務め、現在は一時同職から離れているものの、クラブとの契約が残っているエバール氏は、2022年12月15日付けでライプツィヒの新たなスポーツディレクターに就任することになる。 ボルシアMGを離れてライプツィヒで新たな挑戦に挑むことになった辣腕スポーツディレクターは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「RBライプツィヒへの加入を発表できることをとても嬉しく思う。回復に必要な時間を与えてくれたことに感謝しているし、再びフットボールの世界で働きたいと思う準備ができていて、エネルギーに満ちていると感じている」 「私は、近年急速に発展し、非常に野心的で、明確なフットボール哲学を代表するクラブに来ている。ここには、クラブ全体と地域全体に大きな可能性がある」 「この可能性を利用して発展させていくことは、私にとって信じられないほど魅力的な仕事だ。同様に、ここ数週間のオリヴァー・ミンツラフ会長との信頼できる話し合いと、ワールドカップが終わるまでクラブが私の休暇を尊重してくれたことは、心から引き受けたい仕事であることを明確にしてくれた」 現役時代に右サイドバックとしてバイエルンやボーフム、グロイター・フュルト、ボルシアMGでプレーしたエバール氏。現役引退後は古巣ボルシアMGで育成部門の責任者を務めた後、2008年からスポーツディレクターに就任した。 以降は古豪として知られるクラブで、10年以上に渡って補強部門の責任者を担い、監督人事、新戦力補強を主導。この間にタイトルこそ獲得できていないものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得など、安定してヨーロッパのコンペティションに参戦できる競争力をもたらしてきた。 2022.09.19 23:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ホフマンがドッペルパック、ボルシアMGが新生ライプツィヒに快勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第7節、ボルシアMGvsライプツィヒが17日に行われ、3-0でボルシアMGが快勝した。ボルシアMGのDF板倉滉は欠場している。 トレーニング中の負傷で板倉が長期離脱となったボルシアMG(勝ち点8)と、ローゼ監督が就任して公式戦2連勝のライプツィヒ(勝ち点9)の一戦。 試合は10分に動く。テュラムのヘディングシュートのルーズボールをホフマンが押し込んでボルシアMGが先制した。 さらに35分、ロングカウンターに転じた流れからボルシアMGがリードを広げる。テュラムが持ち上がってスルーパス、これを受けたホフマンがGKとの一対一を制した。 迎えた後半、53分に決定的な3点目がボルシアMGに生まれる。CKの流れからシュティンドルのパスを受けたベンセバイニがGKとの一対一を制した。 このまま3-0でボルシアMGが快勝。ホフマンの活躍でローゼ監督就任後、公式戦2連勝のライプツィヒに初黒星を付けている。 2022.09.18 03:32 Sun
twitterfacebook
thumb

「我々が不利益を被ってはいけない」負傷離脱の板倉滉のW杯出場にボルシアMG監督が言及「W杯の前に再び起用することは不可能」

ボルシアMGのダニエル・ファルケ監督が、日本代表DF板倉滉について言及した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 今季マンチェスター・シティからボルシアMGへと完全移籍した板倉。すぐにチームの守備の中心となった。 ファルケ監督からも信頼されていた板倉は、高いパフォーマンスを見せていた中、出場停止で欠場した試合の翌日のトレーニングでまさかの負傷。検査の結果、左ヒザ内側じん帯の部分断裂と診断されていた。 手術の必要はないとクラブは発表した一方で、「ワールドカップ(W杯)で中断するまではボルシアMGで試合をすることはできないだろう」と長期離脱になるとされていた中、ファルケ監督が板倉について言及。同様に負傷離脱したドイツ代表MFフロリアン・ノイハウスとともに語った。 「コウはこれまで、我々にとってちょっとしたシーズン・オブ・プレーヤーだった。2人は少し落ち込んでいた」 「残念ながら、今年は両選手とも欠場する必要があり、ここからの9試合は欠いてプレーしなければならない。理想には程遠いが、それが現実だ」 W杯まではプレーできないとした板倉だが、その状況は変わっていないとのこと。ただ、過去にはドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が守護神のマヌエル・ノイアーがケガしていたものの、プレーしていない状態でW杯に呼んだことをあげ、今どうなるとは言えないとした。 「(W杯の出場について)それは確認する必要がある。今それを話すのは時期尚早かもしれない」 「ヨアヒム・レーブは、マヌエル・ノイアーをドイツ代表に招集するのを待ち、ブンデスリーガの試合を戦っていなくとも彼を選んだ」 「コウが日本代表チームでそのステータスを持っているかどうか、今はわからない。我々にとって、彼をワールドカップの前に再び起用することは不可能だ」 一方で、ケガの状態に不安がある場合は、クラブとして派遣することはないと強く語った。 「彼が軽傷でワールドカップに出場するなんてありえない。しかし、2つの心が彼の胸の中で動いている。ケガによる長期離脱の後、ワールドカップで試合のトレーニングをするのは、それほど悪くないのかもしれない。ブンデスリーガのシーズンは1月中旬まで始まらない」 「ただ、もちろん、それはケガが完全に治った時にのみ起こる。雇用主として、結果として不利益を被ってはいけない」 まずはケガの完治が必要。焦らずに2カ月かけてどこまで回復できるかに注目が集まる。 2022.09.16 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

「W杯間に合ってくれ!!」左ヒザ負傷でW杯危ぶまれる板倉滉が笑顔で意気込み「やるよ俺は!」

ボルシアMGの日本代表DF板倉滉が笑顔を見せた。 今季マンチェスター・シティからボルシアMGへと完全移籍した板倉。すぐにチームの守備の中心となった。 ダニエル・ファルケ監督からも信頼されていた板倉は、高いパフォーマンスを見せていた中、出場停止で欠場した試合の翌日のトレーニングでまさかの負傷。検査の結果、左ヒザ内側じん帯の部分断裂と診断されていた。 手術の必要はないとクラブは発表した一方で、「ワールドカップ(W杯)で中断するまではボルシアMGで試合をすることはできないだろう」と長期離脱になるとされていた。 そんな中、板倉は自身のインスタグラムを更新。松葉杖をつきながらも笑顔を見せ「たくさんのメッセージありがとうございます!やるよ俺は!」と、ケガに負けないで復帰すると強く意気込んだ。 これにはチームメイトのユリアン・ヴァイグルも反応。またファンも「めっちゃ応援しています!」、「早くよくなりますように」、「まずは治療に専念を」という心配の声のほか、「W杯には間に合うって信じてます」、「W杯間に合ってくれ!!」、「君が必要だ」と復帰を願う声も寄せられた。 9月の代表活動でのプレーは不可能となったが、まずはW杯に間に合わせるための治療とリハビリに臨むことに。カタールの地で板倉のプレーが見られるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】松葉杖をつきながらも笑顔を見せる板倉滉</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CifQsNaI87_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CifQsNaI87_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CifQsNaI87_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Kou Itakura(@kouitakura)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.14 22:33 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly