ブラジル代表のカタールW杯用ユニがリーク、伝統のイエローにヒョウ柄を付加か

2022.08.06 21:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジル代表がカタール・ワールドカップ(W杯)で着用するユニフォームのデザインがリークされたようだ。『Footy Headlines』が伝えた。世界でただ一カ国、22大会連続の出場を決めているブラジル。カタールW杯ではグループGでセルビア代表、スイス代表、カメルーン代表と同居する。

歴代最多となる5回の優勝を誇るカナリア軍団が本大会で着用するとされる1stユニフォームは、「ダイナミックイエロー」と呼ばれる黄色を基調に、うっすらとしたヒョウ柄が全面に取り入れられた。1ボタンのヘンリーネックで、襟と袖には緑の縁に青の細いストライプ加えられている。
2ndユニフォームはブルーがベース。ボタンはなくなり、柄はボディ部分ではなく、袖から肩へ掛けてグリーンとのグラデーションで配置された。

GK用は1stキットのデザインを基調にカラーを黒に。ブラジルサッカー連盟(CBL)のエンブレムとナイキのロゴに黄色が採用されている。

同メディアによれば、これらのユニフォームは8日に正式リリースされるとのことだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ガンの治療が中止された“サッカーの王様”ペレ氏がメッセージ「私は強く、多くの希望を持っている」

サッカーの王様として知られるブラジルの英雄、ペレ氏(82)が自身のインスタグラムを更新。メッセージを送った。 ペレ氏は2021年9月に結腸からの腫瘍切除手術を受け、それ以降は定期的に入退院を繰り返していた。そんな中、先日には「全身のむくみ」と「心不全」を患い、アルバート・アインシュタイン病院に入院していたことが確認された。 その際、娘のケリー・ナシメントさんや、同病院は、同氏の状態に関して緊急性はないと報告。2日には病院側が呼吸器感染症によって抗生物質による治療を受けていることが新たに報告されていた。 しかし、ペレ氏の体がガンの治療において化学療法に反応しないため、話し合いの中で化学療法の中止を決断。そして、現在は終末期緩和ケア病棟で痛みを和らげるための処置を受けているという。 容態が安定していることは確認されている一方で、ガンの治療を断念するという心配なニュースを受け、ペレ氏が自身のインスタグラムでメッセージを発信。感謝を綴りつつ、ポジティブに考えて欲しいとした。 「友よ、私はみんなを落ち着かせ、ポジティブな考えのままでいてほしいと思う」 「私は強く、多くの希望を持っており、いつものように治療を受けている」 「私が受けた全てのケアに対し、医療及び看護のチーム全体に感謝したいと思う」 「私は神に多くの信仰を持っており、世界中の皆さんから受け取る愛のあるメッセージは、全て私を元気にさせてくれる」 「そして、ワールドカップでブラジル代表を観ていることも同じだ」 「全てのこと、本当に感謝する」 ワールドカップを通算3度制覇した唯一の男子選手であるペレ氏は、2012年に人工股関節置換手術に失敗して以来、運動機能に問題を抱えており、公共の場では歩行器や車椅子を使うことを余儀なくされている。また、近年は腎臓や前立腺の手術のために複数の病院に入院していた。 <span class="paragraph-title">【SNS】ペレ氏が自身の状態について言及</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CluFX8JOAwl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CluFX8JOAwl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CluFX8JOAwl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Pelé(@pele)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.04 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールがチーム練習に復帰! 終始笑顔でメニューこなす

ブラジル代表のエースFWネイマールが韓国代表戦の2日前にチームトレーニング復帰を果たした。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ネイマールは11月24日に行われたセルビア代表とのグループG初戦で右足首を痛め、その後の2試合を欠場。以降は屋内でのエクササイズやボールを使った簡単なトレーニングを行っている姿が確認されていたが、復帰は不透明な状況となっていた。 しかし、3日にグランド・ハマド・スタジアムで行われたトレーニングセッションでは負傷後、初めてピッチ上でチームメイトと共にトレーニングをこなした。 過密日程ということもあり、トレーニング自体の強度は高くなかったが、ネイマールは前日のカメルーン代表戦で温存されたFWヴィニシウスらと共にボールを使ったメニューをこなし、シュート練習も問題なく行っていた。また、練習風景を映したブラジルサッカー連盟(CBF)のカメラには終始笑顔の同選手が映っており、本人としても自身の状態に手応えを感じている模様だ。 韓国戦でチッチ監督がエースの起用に踏み切るかは現時点で不明だが、少なくともプレー可能な状態には仕上がりつつあるようだ。 なお、その他の負傷者ではカメルーン戦で負傷交代したDFアレックス・テレスとFWガブリエウ・ジェズスの今大会の離脱が決定したが、ネイマール同様に練習に参加したDFダニーロとDFアレックス・サンドロに関しては復帰が可能と見られている。 <span class="paragraph-title">【動画】セレソンのエースが待望のチーム練習復帰</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Neymar treinou com bola no Estádio Grand Hamad. A melhor notícia do dia. <br><br>CBF <a href="https://t.co/WmEXt1Tv0o">pic.twitter.com/WmEXt1Tv0o</a></p>&mdash; Mário Kempes (@kempao) <a href="https://twitter.com/kempao/status/1599094420376199170?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.12.04 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サッカーの王様・ペレ氏が終末期ケアに移行…化学療法を中止

サッカーの王様として知られるブラジルの英雄、ペレ氏(82)が終末期ケアに移行したようだ。ブラジル『Folha de Sao Paulo』など複数メディアが報じている。 ペレ氏は2021年9月に結腸からの腫瘍切除手術を受け、それ以降は定期的に入退院を繰り返していた。そんな中、先日には「全身のむくみ」と「心不全」を患い、アルバート・アインシュタイン病院に入院していたことが確認された。 その際、娘のケリー・ナシメントさんや、同病院は、同氏の状態に関して緊急性はないと報告。2日には病院側が呼吸器感染症によって抗生物質による治療を受けていることが新たに報告されていた。 現時点でペレ氏の容態が安定していることは確認されているが、前述の腸のガンに関しては終末期ケアに移行したことが判明した。 報道によると、医師はペレ氏の体がガンの治療において化学療法に反応しないため、話し合いの中で化学療法の中止を決断。そして、現在は終末期緩和ケア病棟で痛みを和らげるための処置を受けているという。 ワールドカップを通算3度制覇した唯一の男子選手であるペレ氏は、2012年に人工股関節置換手術に失敗して以来、運動機能に問題を抱えており、公共の場では歩行器や車椅子を使うことを余儀なくされている。また、近年は腎臓や前立腺の手術のために複数の病院に入院していた。 2022.12.03 23:54 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表満身創痍…ジェズスとテレスがW杯残りを全休

ワールドカップ優勝候補のブラジル代表だが、決勝トーナメントを前にして負傷者に悩まされている。 すでにエースのネイマールが足首のケガで第2戦以降の欠場が続くブラジル。グループ突破を決めた中で迎えた2日のカメルーン戦は0-1で敗戦となった。 ただ、この試合でガブリエウ・ジェズスとアレックス・テレスが揃って負傷。テレスについては大ケガを悟ってか、ユニフォームで顔を覆いながらピッチを後にしていた。 そして、ブラジル『グローボ』が彼らの容態を報告。共に右ヒザの負傷で残りのW杯は全休を余儀なくされることになってしまったようだ。ジェズスは全治1カ月。テレスは手術が必要となる可能性があり、より長い離脱期間を強いられる事になるとのことだ。 セレソンはその他にも、ダニーロやアレックス・サンドロが負傷中。ダニーロは復帰の見込みだが、サンドロやテレスの左サイドバックは駒不足に陥ると指摘している。 2022.12.03 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表、重鎮D・アウベスが危機感強める「この先のステージでは…」

ブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG最終節のカメルーン代表戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ブラジル代表は2日にカメルーン代表と対戦。すでに決勝トーナメント進出が決定済みとあってか、スタメンを9選手入れ替えるなど、フレッシュな選手らでグループステージ3連勝を狙ったが、最後までネットを揺らせなかった一方、後半アディショナルタイムの失点に沈み、0-1での敗戦となった。 グループ首位の座こそ維持するも、シュート21本を浴びせるなど、90分間を通して優位に試合を進めたなかでの敗戦に。自身もフル出場した39歳のD・アウベスは試合後のインタビューでチームへの警鐘と捉え、グループステージだったことが不幸中の幸いと口にした。 「これは僕たち自身への警鐘。弱いライバルなどいないという明確な警告、メッセージだ。この先のステージではミスを犯すのが許されない」 「これを教訓にし、より機能するチームにならなくてはならない。だから、このタイミングで敗北を喫したのは良かったとも言えるかもしれない。大会は少しずつ、少しずつ、激しさを増して行く。とにかく、これを教訓として受け止めるよ」 ブラジル代表は4日に行われる決勝トーナメント1回戦で、グループHを2位で通過した韓国代表と対戦する。 2022.12.03 13:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly