【J1注目プレビュー|第24節:名古屋vs浦和】3日ぶりの再戦、今回は決着つけられるか

2022.08.06 16:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第24節】
2022年8月6日(土)
19:00キックオフ
名古屋グランパス(12位/26pt) vs 浦和レッズ(8位/32pt)
[豊田スタジアム]

◆課題は得点力、新戦力は輝くか【名古屋グランパス】

前節は北海道コンサドーレ札幌とアウェイで対戦。リードをしていながら、アディショナルタイムに追いつかれてドローに終わった。
これで後半戦は5試合を戦い1勝1分け1敗。勝ち点が伸びず、降格圏との勝ち点差は「4」となっている状況だ。

浦和とは3日前に同じ場所で戦い、1-1のドロー。追いついて引き分けに持ち込んだわけだが、今節を足掛かりに、ルヴァンカップでも勝ち上がりたい。

夏に実力者を補強した中で、ここから巻き返せるかは正念場。チームとしての完成度をあげる必要があるが、何よりも得点力の向上が急務だろう。

前節は新戦力の永井謙佑が先発デビュー、レオナルドが途中出場を果たした。共にゴールはなかったが、今節はネットを揺らすことができるだろうか。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:ランゲラック
DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市
MF:森下龍矢、レオ・シルバ、相馬勇紀
MF:稲垣祥、仙頭啓矢
FW:マテウス・カストロ、永井謙佑
監督:長谷川健太

◆いざ4連勝で上位への足掛かりに【浦和レッズ】

前節は満身創痍の川崎フロンターレを相手に3-1で勝利。手負いの相手にしっかりと勝利を収めることに成功した。

これでリーグ戦は3連勝。8戦無敗と勝ち点を積み上げている状況。この勢いで一気に上位に食い込んでいきたいところだ。

ただ、DFアレクサンダー・ショルツが復帰したルヴァンカップで負傷。ケガ人が戻っている中で、また軸を失うこととなってしまった。

それでも戦力は充実しているだけに、あとは継続して結果を残していけるか。チームとして戦い方には手応えがあるはずだけに、良さを出していきたい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:西川周作
DF:宮本優太、岩波拓也、知念哲矢、明本考浩
MF:岩尾憲、伊藤敦樹
MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、関根貴大
FW:キャスパー・ユンカー
監督:リカルド・ロドリゲス

関連ニュース
thumb

【J1参入POプレビュー|決定戦:京都vs熊本】来季J1で戦うのは!? ラスト90分、運命の一戦で己を出し切るのは?

【J1参入プレーオフ決定戦】 2022年11月13日(日) 13:05キックオフ 京都サンガF.C.(J1・16位/36pt)ロアッソ熊本(J2・4位/67pt) [サンガスタジアム by KYOCERA] ◆12年ぶりのJ1を来季も続けたい【京都サンガF.C.】 12年ぶりに掴んだJ1の舞台。その戦いは自らのスタイルを貫き、久々に立つトップカテゴリーでも堂々たる戦いを見せた。結果は16位。自動降格を逃れたが、J1に留まることも許されなかった。 最終節、最下位で降格が決定したジュビロ磐田との一戦。試合自体はゴールレスドローに終わったが、その結果、京都は他会場の結果に一喜一憂した。 17位の清水エスパルスが勝てば逆転され自動降格、引き分け以下なら残留という中、試合は思わぬ打ち合いに。リードし、追いつかれ、逆転されと他会場の試合展開に合わせ、京都も戦い方を変えて行った。 結果として、清水は力負けして敗戦し、京都は自動降格を免れることに。そして、最後の相手が熊本となった。 互いに指揮官はスタイルを貫く方針。どの相手にも自分たちが信じたサッカーを全力で出していく。曺貴裁監督は「自分たちを伸ばすチャンス」とこの一戦について言及。悲壮感はない。選手たちも指揮官に引っ張られ、ホームで戦えるシーズンラストマッチで躍動することだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:白井康介、井上黎生人、麻田将吾、荻原拓也 MF:福岡慎平、川崎颯太、武田将平 FW:豊川雄太、山﨑凌吾、松田天馬 監督:曺貴裁 ◆初のJ1へあと1勝【ロアッソ熊本】 J3から昇格して1年。熊本は、クラブ史上初のJ1にあと1つと迫る奇跡を起こしている。 プレーオフ1回戦の大分トリニータ戦は、早々に失点する嫌な流れ。さらにゴールが決まらないまま試合は終わるかと思われたが、最終盤に奇跡の2ゴール。その後追いつかれたが、2-2と引き分けた。 続く第2戦はモンテディオ山形と対戦。今度は先制したものの、すぐに逆転を許してしまう展開に。それでも後半の早い時間帯に追いつき、2-2の引き分けで終わった。 2戦連続ドロー。しかし、ビハインドになっても、盛り返す力を見せた。今回は勝利しなければJ1の切符は掴めないが、臆することはない。 大木武監督は「チャレンジャーということを全面に出す」とコメント。さらに、「1試合にかける気持ちは変わらない」と、この一戦に全力を注ぐ。 スタイルを貫き、互いにプレスの掛け合いになるだろう試合。胸を借り、そのままJ1に上り詰めたい。 ★予想スタメン[3-3-1-3] GK:佐藤優也 DF:黒木晃平、菅田真啓、イヨハ理ヘンリー MF:三島頌平、河原創、竹本雄飛 MF:平川怜 FW:杉山直宏、髙橋利樹、坂本亘基 監督:大木武 <span class="paragraph-title">【動画】京都か?熊本か? 来季J1の座を懸けたラストマッチ煽り映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="fdUB-vOqpD0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.13 10:50 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1参入POプレビュー|2回戦:熊本vs山形】スタイルのぶつかり合い、J1昇格への挑戦権を手にするのは?

【J1参入プレーオフ2回戦】 2022年11月6日(日) 13:05キックオフ ロアッソ熊本(J2・4位/67pt) vs モンテディオ山形(J2・6位/64pt) [えがお健康スタジアム] 【今季対戦成績】 第2節 2/27 ロアッソ熊本 0-3 モンテディオ山形 【山形】 加藤大樹(前9) オウンゴール(前45) 國分伸太郎(後29) 第26節 7/10 モンテディオ山形 0-1 ロアッソ熊本 【熊本】 菅田真啓(前35) ◆初のJ1への挑戦権を【ロアッソ熊本】 プレーオフ1回戦ではホームで戦い、大分トリニータと対戦。開始早々に失点する苦しい展開に。しかし、終盤に2ゴールを奪い逆転。最終的には2-2となったが、ホームの力を生かしての勝ち上がりとなった。 あと2勝で初のJ1に手が届くなか、前に立ちはだかるのは山形。大分戦ではストロングポイントを消されることになったが、山形は似たようなスタイル。真っ向勝負ができるだろう。 ポイントは試合の立ち上がり。大分は1分で失点ということ。苦しい戦いを強いられただけに、気をつけたいところ。山形は5分で得点を決めていただけに、警戒しなければいけない。 リーグ戦は1勝1敗。ただ、ホームでは敗れている。いかにして優位性を保てるかが重要となる。 ★予想スタメン[3-3-1-3] GK:佐藤優也 DF:黒木晃平、菅田真啓、イヨハ理ヘンリー MF:三島頌平、河原創、竹本雄飛 MF:平川怜 FW:杉山直宏、髙橋利樹、坂本亘基 監督:大木武 ◆最大の下剋上を【モンテディオ山形】 8位だった最終節で6位に入り、3位で終えたファジアーノ岡山との1回戦では0-3と快勝。この勢いは本物だ。 3試合勝利していない相手に対してついに勝利を収めた中、勢いをもって臨む相手は熊本。似たスタイルを見せる相手だけに、しっかりと自分たちの戦いが出せることが重要だ。 いかにしてボールを握り、自分たちのタスクを遂行するか。3試合連続で3ゴールを記録しているだけに、チームとして乗っている状況でもある。 状態は良い。そして、慢心もないはずだ。しっかりとクラモフスキー監督のプランを遂行できるのか。最後尾からの捲りを見せたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:後藤雅明 DF:半田陸、山﨑浩介、野田裕喜、川井歩 MF:藤田息吹、南秀仁 MF:國分伸太郎、山田康太、加藤大樹 FW:ディサロ燦シルヴァーノ 監督:ピーター・クラモフスキー 2022.11.06 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:柏vs湘南】湘南は引き分け以上で残留決定、柏は10試合ぶり勝利で引退のバンディエラに花道を

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2022年11月5日(土) 14:00キックオフ 柏レイソル(7位/47pt) vs 湘南ベルマーレ(13位/38pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆10試合ぶり勝利で花道を【柏レイソル】 順位を考えればなかなかモチベーションを維持することが難しい柏。ただ、この最終節に無けては、勝たなければいけない理由ができた。 柏はDF染谷悠太、MF大谷秀和が現役引退を発表。大谷はワンクラブマンとして、アカデミー時代から柏一筋を貫いてチームを去ることを決断した。 現役ラストマッチはホーム。多くのファンが応援を続けてきた大谷は、今日を最後にピッチからいなくなる。そしてベテランとして近年は出場機会が限られていた染谷も、若手に後を託してピッチを去る。 2人をしっかりと送り出すため、柏は勝たなければいけない。引退の花道を作れるか。10試合ぶりの勝利を収め、ファンと共に喜びを分かち合いたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:佐々木雅士 DF:古賀太陽、高橋祐治、田中隼人 MF:大南拓磨、椎橋慧也、三丸拡 MF:マテウス・サヴィオ、ドッジ FW:細谷真大、武藤雄樹 監督:ネルシーニョ ◆向上したプレー精度、勝って残留を【湘南ベルマーレ】 今シーズンも残留を争う戦いが続いた湘南。最終節となっても、まだ残留は確定していない。しかし、残留争い中の中では最も有利なポジションにつけている。 勝ち点は38。自動降格はすでに回避しており、今節負けても、下位のチームが全て勝利しない限りは残留を掴むことができる。安心はできないが、いくらか平常心で戦えるだろう。 前節のサガン鳥栖戦は3-0で快勝。湘南らしさを出し、早い段階でリードを広げて自分たちのペースに持ち込んだ。チームとしての完成度が上がってきている印象だ。 エースの町野修斗は今季のゴールを12点にした。得点王まではあと1つ。チームの残留を決めるゴールを奪い、得点王にも輝けるか。最後まで湘南らしさを出して残留を掴みたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、山本脩斗、杉岡大暉 MF:石原広教、茨田陽生、中野嘉大 MF:タリク、山田直輝 FW:町野修斗、瀬川祐輔 監督:山口智 2022.11.05 11:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:浦和vs福岡】福岡は勝って残留を、浦和はリカルド監督ラストマッチで何を見せる

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2022年11月5日(土) 14:00キックオフ 浦和レッズ(8位/44pt) vs アビスパ福岡(14位/37pt) [埼玉スタジアム2002] ◆指揮官ラスト、最後は充実のサッカーを【浦和レッズ】 優勝候補の一角に挙げられていた中、気がつけば中位に。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では決勝に駒を進めたが、国内無冠に終わった。 そして3年計画を掲げた中の3年目。集大成となるはずがリカルド・ロドリゲス監督は2年目での退任が決定。指揮官と袂を分つことが決まった。 昨季は天皇杯をクラブにもたらしたリカルド監督は、浦和のサッカーに大きな影響を与えた。サッカーの質は間違いなく向上している。しかし、弱者に勝てても強者には勝てないことが続いた。このままでは計画が進まないと言う判断になったのだろう。 ただ、最後はホームでの試合。全てがうまくいった訳ではないが、リカルド監督がもたらしたものは多い。サポーターの前でしっかりと勝利で終われるか。奇しくも相手はJ1昇格を争っていた福岡。好ゲームになることが期待される。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:鈴木彩艷 DF:宮本優太、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、大畑歩夢 MF:岩尾憲、伊藤敦樹 MF:ダヴィド・モーベルグ、小泉佳穂、松尾佑介 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス 出場停止:酒井宏樹 ◆自力で残留を掴めるか【アビスパ福岡】 勝てば文句なしの残留が決定。ただ、引き分け以下の結果に終われば、他会場の結果次第でプレーオフに回る可能性が残っている。 すでに自動降格は回避しているが、北海道コンサドーレ札幌、柏レイソルと最終盤で連勝を収めたことが大きい。この勝ち点6がなければ現在降格圏。積み上げたものが成果を残したと言える。 ただ、まだ何も終わっていない。プレーオフに回ることとなれば、苦しい試合になることは間違いない。ここでシーズンを終わらせることが福岡が目指すことだ。 とはいえ、アウェイでの浦和戦。プレッシャーは計り知れない。それでも、自分たちのやってきたことを信じ、攻守にわたって積極性を出していければ勝機はある。3連勝でシーズンを締めくくりたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:湯澤聖人、奈良竜樹、宮大樹、志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、中村駿、ルキアン FW:フアンマ・デルガド、山岸祐也 監督:長谷部茂利 2022.11.05 11:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|最終節:鹿島vsG大阪】崖っぷちから這い上がったG大阪、最後の砦は今季4戦全敗の鹿島

【明治安田生命J1リーグ最終節】 2022年11月5日(土) 14:00キックオフ 鹿島アントラーズ(5位/51pt) vs ガンバ大阪(15位/36pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆ホームラストで勝利を【鹿島アントラーズ】 改革を図ったシーズンだったが、ここ数年と違いスタートでつまづくことはなく上位を争うことに。久々のタイトルを手にする可能性を見出していたが、エースFW上田綺世の移籍を機に夏場に失速。監督交代と描いたシナリオ通りには進まなかった。 監督交代後も思うように結果を残せず、5位という位置にいながらも、全く満足感を得ることがない不思議な感覚だろう。 それでも前節は清水エスパルスを相手に8試合ぶりの勝利。後半戦3勝目といかに勝ち点を取りこぼしてきたかがわかる。 ただ、最後はホームゲーム。今季苦しんだホームでの戦いでしっかりと勝利を収め、来季につなげていくことが今できる最大限のこと。数字上、得失点差は厳しいが3位の可能性もゼロではない。 しかし、両サイドバックが相次いで負傷という緊急事態。苦しんだシーズンを象徴するかのような出来事だが、勝って終わりたい。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:早川友基 DF:広瀬陸斗、関川郁万、キム・ミンテ、和泉竜司 MF:三竿健斗 MF:松村優太、樋口雄太、ディエゴ・ピトゥカ、仲間隼斗 FW:鈴木優磨 監督:岩政大樹 ◆取り戻した勝負強さ、このまま残留へ【ガンバ大阪】 本当の崖っぷちに立たされてきたが、1人の男の復活がチームを大きく変化させたことは言うまでもない。その男は、宇佐美貴史。来季もJ1で戦うためのヒーローは、遅れてやってきた。 今年3月の第3節・川崎フロンターレ戦でアキレス腱断裂の重傷。宇佐美本人にとってはもちろん、チームにとっても痛すぎる離脱は、その後の結果を見れば明白だ。 守備が上手くいかない時期があれば、立て直しても攻撃がハマらない。勝負強さも失い、暗い影を落とす日々が続いていた。 しかし、それを晴らしたのは宇佐美。第31節で復帰するとチームはドロー。続く横浜F・マリノス戦は首位に快勝。そして前節、負ければ大きなピンチを迎えたジュビロ磐田戦でも勝利し、引導を渡した。宇佐美復帰後は3戦無敗、勝ち点7を積み上げた。 ゴールを決めたわけでもアシストをしたわけでもないが、エースに牽引されたチームは大きな自信を取り戻した。ラスト1試合、今季4戦全敗の鹿島に勝って残留を決める。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、三浦弦太、昌子源、黒川圭介 MF:小野瀬康介、ダワン、山本悠樹、ファン・アラーノ FW:レアンドロ・ペレイラ、宇佐美貴史 監督:松田浩 2022.11.05 10:58 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly