リール、トゥールーズのU-21フランス代表DFディアキテを獲得

2022.08.06 00:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リールは5日、トゥールーズのU-21フランス代表DFバフォデ・ディアキテ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間となっている。

2019年12月にトゥールーズでプロデビューを飾ったセンターバックのディアキテ。両サイドバックでもプレー可能なDFは、トゥールーズでこれまで公式戦83試合に出場して7ゴールを記録。

昨季はリーグ・ドゥで24試合に出場して2ゴールを挙げ、トゥールーズの1部復帰に貢献していた。

関連ニュース
thumb

リールが元フランス代表GKコスティルを補強、今季はオセールで正守護神務める

リールは26日、オセールから元フランス代表GKブノワ・コスティル(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月まで、背番号は「25」に決まった。 コスティルはカーンの下部組織育ち。18歳でカーンのファーストチームに昇格すると、ヴァンヌ、スダン、スタッド・レンヌ、ボルドーでプレー。2022年7月にオセールに完全移籍で加入した。 今シーズンはリーグ・アンで19試合に出場し、正守護神として活躍していた。 世代別のフランス代表歴もあり、2014年からはフランス代表にも招集。控えという立場ながら、ユーロ2016では準優勝を経験。わずか1試合しか出場はないものの、2021年にも招集を受けていた。 リールでは、ここまで21歳のGKリュカ・シュヴァリエが正守護神を務めていた中で、成長を促すための貴重な補強であるとクラブは説明している。 コスティルはクラブを通じてコメントしている。 「フランス最大のクラブのひとつであるこの壮大なクラブに、素晴らしいチームと素晴らしいプロジェクトと共に参加できることをとても嬉しく思う。これは、僕にとって別のレジスターでの新しい挑戦でもある。リュカ・シュヴァリエと一緒なら、良い仕事ができると思う。他のゴールキーパーやコーチと一緒に楽しみたい」 「最後に、サポーターの皆さんに、僕は本当にうまくやりたいと思っていること、そしてシーズンの終わりに僕たち全員が幸せになることを願っていることを伝えたいと思う。僕たちがお互いを知り、感謝することをすぐに学ぶことを願っている」 2023.01.27 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリはロサーノの来夏売却が濃厚、後釜候補はアダマ・トラオレら3選手

ナポリが、メキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(27)の後釜として3選手をリストアップしているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 中断期間までにセリエAの首位をキープし、33年ぶりのスクデットに期待が膨らむナポリ。来年1月の移籍市場における大きな動きはなさそうだが、シーズン終了後のロサーノ売却は可能性が高いと言われている。 後釜候補は3選手。かねてより名前が挙がるウォルバーハンプトンの元スペイン代表FWアダマ・トラオレ(26)に加え、サッスオーロの元U-21フランス代表FWアルマン・ローリエン(24)、リールの元U-21フランス代表FWジョナサン・バンバ(26)を注視しているという。 トラオレは筋肉番長としてもお馴染みの韋駄天サイドアタッカー。プレーバリエーションの少なさは難点だが、昨季後半戦は半年レンタルでバルセロナに在籍し、今季限りでウルブスとの契約が満了を迎える。 ローリエンは今夏の移籍市場閉幕直前に駆け込みでサッスオーロ加入を果たし、セリエAで9試合2得点3アシストを記録。国際的には全くと言ってよいほど無名の存在だが、目の付け所がいかにもナポリと言える。 最後にバンバ。これまで複数のフランス国内クラブを渡り歩き、2018年夏に加入したリールで不動の主軸に。リーグ・アン制覇の2020-21シーズンは全38試合出場で6得点と11アシストを記録しており、市場価値は2000万ユーロ(28億2000万円)とのことだ。 2022.12.26 21:38 Mon
twitterfacebook
thumb

オセールがアルジェリア代表DFゼダドゥカをレンタル! 今季リール加入もポジション争いで苦戦

オセールは9日、リールからアルジェリア代表DFアキム・ゼダドゥカ(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「13」に決定している。 今夏、ローマに旅立ったトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリクの後釜として加入したゼダドゥカ。しかし、今季ここまではU-21フランス代表DFバフォデ・ディアキテとのポジション争いで苦戦を強いられ、リーグ戦8試合1ゴールも先発出場は3試合にとどまっていた。 ナポリが保有権を持つMFカリム・ゼダドゥカを弟に持つゼダドゥカは、イストレやRCランス、マリニャーヌ・ジニャックといった故郷フランスのクラブを渡り歩き、2019年に当時リーグ・ドゥに所属していたクレルモンに加入。 主力としてリーグ・アン昇格に貢献すると、昨シーズンは自身初の1部の舞台でリーグ全試合に出場し、3アシストを記録。チェリクの後釜に指名されたように推進力のある攻撃的なサイドバックだが、一対一の対応を含め守備でも貢献できる安定したサイドプレーヤーだ。 2022.12.10 05:45 Sat
twitterfacebook
thumb

リールの若き点取り屋デイビッドが公言 「どんな選手も大きなクラブでプレーしたいと思うもの」

リールのカナダ代表FWジョナサン・デイビッド(22)がビッグクラブ行きの夢を公言した。イギリス『ミラー』が報じている。 2020年夏にヘントからリールに加わってから、抜群のスピードと決定力が魅力の若きフィニッシャーとして一気に知名度を高めるデイビッド。フランス挑戦から公式戦で13得点、19得点ときて、リーグ・アン12試合でプレーする今季もここまで9得点をマークしている。 今季もここまで順調にきて、カナダ代表の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)を迎えそうな注目株だが、ピッチ外では移籍話も加熱。マンチェスター・ユナイテッドにチェルシー、レアル・マドリー、バイエルンらの関心がまことしやかに取り沙汰されている。 リールとはまだ3年間の契約があるが、以前に代理人から移籍の可能性がほのめかされてもおり、この調子を続ければステップアップの日が近そうなカナダ産の点取り屋はイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで大きなクラブでのプレーしたい思いを口にした。 「次のステップは常に成長すること、より大きな野心を持つこと、より大きなクラブに行くことだと思う。どんな選手もキャリアのどこかで大きなクラブでプレーしたいと思うものさ。だから、僕もチャンスがあるなら、間違いなくそれを目指す」 また、「プレミアリーグとラ・リーガは2つの異なるリーグだけど、どっちにも適応できると思う」と新天地の有力候補と目される2つのリーグについても語り、どちらの国が新たな舞台となっても適応できると話した。 「ここフランスでの経験は別の土地で素早く適応しないといけないときにすごく役立つだろう。だから、どっちのリーグも僕に合っていると思う」 2022.10.26 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

レンヌがリール退団のポルトガル人MFゼカをフリーで獲得…2年契約締結

スタッド・レンヌは21日、ポルトガル人MFゼカ(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 契約期間は2年間とのことだ。 ゼカは、母国のゴンドマルやバレンシア、パソス・フェレイラ、ブラガの下部組織に在籍経験があり、2016年10月にブラガでファーストチームに昇格した。 その後2017年1月にリールへとレンタル移籍。同年7月に墓前移籍すると、ディジョンへのレンタル移籍を経験。2022年7月にリールを退団していた。 リールでは公式戦通算144試合に出場し9ゴール7アシストを記録。リーグ・アンでも通算131試合で9ゴール9アシストを記録していた。 2022.09.21 21:37 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly