PSGがレナト・サンチェスの獲得を正式発表! 契約期間は2027年まで

2022.08.05 06:30 Fri
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は4日、リールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日まででとなる。
PR
なお、移籍金については発表されていないが、フランス『レキップ』は1500万ユーロ(約20億4500万円)程度と伝えている。
2016年のユーロでポルトガルの初優勝に貢献し、18歳にして世界中の注目を集めるようになったレナト・サンチェス。大会後にはベンフィカからバイエルンへと移籍したが、期待に見合った活躍は残せず、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)のポルトガル代表メンバーからも落選する結果となっていた。

ビッグクラブで失格の烙印を押されたレナト・サンチェスだが、2019年夏にリールへと加入するとフランスの地で好パフォーマンスを見せ、2020-21シーズンにはチームのリーグ・アン制覇に大きく貢献。昨シーズンは筋肉系のケガで離脱を繰り返したが、公式戦31試合に出場していた。

リール時代に共闘したクリストフ・ガルティエ監督は、4日にメディアの取材で「レナトは今日の午後に到着する。彼は(マルコ・)ヴェッラッティやヴィティーニョのような、他の選手にはないクオリティを備えた選手だ」と、獲得を明言していた。

PR
関連ニュース

「キリアン抜きの戦いに慣れないと」 PSG監督がリード許す展開のムバッペ途中交代を説明

パリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督が追いかける展開でフランス代表FWキリアン・ムバッペに交代を命じた。 PSGは25日のリーグ・アン第23節でスタッド・レンヌとホームで対戦。33分に先制を許すと、途中から出場したゴンサロ・ラモスがPKを決めた90+7分に追いつくのやっとで、3連勝がストップした。 そんな試合ではムバッペが65分にピッチを後に。チームは1点ビハインドのシチュエーションとあって、話題のひと幕だった。 フランス『Le Parisien』によると、スペイン人指揮官は試合後の会見でその件についても言及。今季終了後の移籍話が加熱するエースの途中交代に述べたようだ。 「ムバッペに関しては遅かれ早かれ、あのような状況がまた起こるだろう。キリアン抜きの戦いに慣れていかないといけない。いかなるコーチが選手にそうするように、私が正しいと判断したとき、彼がプレーするか否かが決まる」 また、試合自体に関しては苦戦を認めつつ、引き分けという結果にも納得の様子をうかがわせた。 「序盤から複雑な試合だったし、いつもより正確さを欠き、インスピレーションも足りなかった。チームの姿勢とプレッシャーは良かったよ。ゴールの場面を除けば相手にほとんど突破させなかった」 「おそらくボールを持っていないときの機動力が欠けたのかもしれないが、大事なこと。後半はチャンスを作るのに苦労したが、引き分けという結果は最終的に妥当だ」 2024.02.26 15:35 Mon

PSG、レンヌ相手に苦戦もG・ラモスのラストプレーPK弾でドロー【リーグ・アン】

リーグ・アン第23節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsスタッド・レンヌが25日にパルク・デ・プランスで行われ、1-1のドローに終わった。 リーグ3連勝で首位を快走するPSGは、7位のレンヌを相手に4連勝を狙った。ルイス・エンリケ監督は2-0で勝利したナント戦から先発5人を変更。マルキーニョスやザイール=エメリがスタメンを外れた一方、ムバッペやデンベレが復帰した。 試合はホームのPSGがボールを握って押し込む展開に。アタッキングサードでデンベレやムバッペの仕掛けで局面の打開を図るなか、序盤はミドルレンジからの強引なシュートが目立つ。20分にはデンベレとのパス交換でペナルティアーク付近でボールを受けたヴィティーニャがゴール左隅へ決定的なシュートを飛ばすが、これはGKマンダンダの好守に遭う。 一方、ヨーロッパリーグの疲労が見受けられるレンヌだったが、鮮やかな個人技からワンチャンスを活かして先制点を奪う。33分、相手陣内中央でデジレ・ドゥエから足元にパスを受けたグイリが強引に中央突破を仕掛けてDFダニーロを裏街道で抜き去ると、最後はGKとDFに寄せられる寸前で右足アウトにかけた見事なシュートをゴールネットに突き刺した。 失点後にすぐさま反撃の姿勢を見せたものの、なかなか攻撃のリズムを掴めずに1点ビハインドで試合を折り返したPSG。後半はイ・ガンインを下げてアセンシオを投入し、早い時間帯のゴールを目指すが、前半同様に苦戦が続く。59分にはデンベレが見事な左足のシュートでゴールに迫るが、GKマンダンダの好守に遭う。 この苦しい展開を受け、ルイス・エンリケ監督はムバッペやデンベレ、バルコラと主力アタッカーを下げてコロ・ムアニ、ゴンサロ・ラモスらを投入。さらに、長期離脱明けの攻撃的な左サイドバックのヌーノ・メンデスもピッチに送り込んだ。 後半終盤を迎えて専守防衛の構えを見せるアウェイチーム相手に決死の猛攻を仕掛けていくと、87分にはボックス内でドゥエと交錯したゴンサロ・ラモスがPKを獲得。だが、オンフィールド・レビューの結果、接触なしとの判定でゴンサロ・ラモスにイエローカードが出る。 これで万事休したかに思われたが、後半アディショナルタイムにボックス内でゴンサロ・ラモスがGKマンダンダと交錯すると、オンフィールド・レビューの結果、今度はPSGにPKが与えられた。そして、これをゴンサロ・ラモス自らきっちり決め切り、苦しんだレンヌ戦を劇的ドローで終えた。 2024.02.26 03:17 Mon

PSGがコルウィルに興味示す…チェルシーは“非売品”とみなすも財政状況次第で…

パリ・サンジェルマン(PSG)がチェルシーのイングランド代表DFレヴィ・コルウィル(20)に興味を示しているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。 センターバックの選手層に問題を抱えるPSGは、レアル・マドリーとの競合が伝えられるU-21フランス代表DFレニー・ヨロをトップターゲットに定める。 その一方で、フランス代表DFプレスネル・キンペンベの長期離脱が続いており、その穴を埋めるため左利きのセンターバック獲得にも関心を示す。 報道によると、PSGのリクルート部門を取り仕切るルイス・カンポス氏は以前からコルウィルを高く評価しており、獲得に強い関心を示しているようだ。 チェルシーアカデミー出身でブライトンでの武者修行によって完全にブレイクを果たしたコルウィルは、昨年8月に1年の延長オプションを含む2029年までの新契約にサイン。クラブとしては将来のキャプテン候補とみなしている。 その一方で、ロマン・アブラモビッチ前体制、トッド・ベーリー新体制移行後も移籍市場に巨額の資金を投下するクラブは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)、プレミアリーグの利益と持続可能性の規定の問題を抱えている。 そのため、帳簿上において“純粋な利益”に計上できるアカデミー育ちの生え抜き選手の売却に聖域はなく、来る夏の移籍市場でもMFコナー・ギャラガー、FWアルマンド・ブロヤ、DFトレヴォ・チャロバーらの売却の必要性が報じられる。 そういったなか、PSGは以前に関心が報じられたリバプールと共にチェルシー、コルウィルの状況を監視し続けるようだ。 2024.02.23 06:30 Fri

ポルトガルフットボール界のレジェンド、アルトゥール・ジョルジェ氏が78歳で逝去…

ポルトガルフットボール界のレジェンドであるアルトゥール・ジョルジェ氏(享年78)が病気によって22日に逝去した。ポルトガル『レコルド』が訃報を伝えている。 ポルト生まれでFCポルトでプロキャリアをスタートしたアルトゥール・ジョルジェ氏は、現役時代にポルトガル代表でも活躍したストライカー。ポルト、アカデミカ、ベンフィカという国内クラブにアメリカのロチェスター・ランチャーズでもプレー。キャリア全盛期を過ごしたベンフィカ時代には2度のリーグ得点王に輝き、4度のプリメイラ・リーガ制覇に貢献した。 現役引退後は古巣であるポルト、ベンフィカ、パリ・サンジェルマン(PSG)、テネリフェ、アル・ヒラル、アル・ナスルFCといった国内外のクラブチーム、ポルトガル、スイス、カメルーンの3つの代表チームの指揮官を歴任。ポルトで3度のプリメイラ・リーガ制覇、PSGでリーグ制覇を成し遂げた。 2024.02.22 23:34 Thu

「ゴール決めても祝わない」…セルヒオ・ラモスが今週末に古巣ベルナベウへ! 「ユニークで感動的な瞬間に」

セビージャの元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが今週末に古巣サンティアゴ・ベルナベウに帰還する。 セビージャは25日のラ・リーガ第26節でレアル・マドリーのホームに乗り込む。元レアル・マドリーのセルヒオ・ラモスにとって、19歳だった2005年夏から34歳の2021年夏までを過ごした古巣での一戦だ。 パリ・サンジェルマン(PSG)でのプレーを挟み、昨夏にセビージャ復帰の37歳DFにとって、レアル・マドリー退団後初となるサンティアゴ・ベルナベウでの試合となるなか、スペイン『マルカ』によると、『DAZN』で心境を語った。 「キャリアで最も重要な瞬間を何年も過ごしたし、家のように感じることだろう。ファンやチームメイトとの素晴らしい思い出だってあるしね。ユニークで感動的な瞬間になるはずだ」 苦楽をともにしたレアル・マドリーに対しては今も変わらずの深い敬意から、この試合で自身がゴールを決めても祝うつもりがないものの、15位に甘んじるチーム事情から勝てれば素直に喜ぶようだ。 「レアル・マドリーは毎年、優勝候補の一角に挙がる。ファンやチームのことをリスペクトしているし、自分がゴールを決めても祝ったりなんてしない。ただ、運よくゴールを決めて勝ったら、とても嬉ぶ。僕らにとって、3ポイントは本当に役立つものだからだ」 そんな百戦錬磨のセンターバックだが、1年契約でのセビージャ復帰とあって、今夏の動向も注目どころ。だが、今のところは「ここで幸せだし、明日のことなんて考えていない」と話している。 2024.02.22 16:55 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly