脇坂の芸術弾で川崎FがAG奪取もC大阪がタガートの土壇場同点弾で先勝許さず《ルヴァンカップ》

2022.08.03 21:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦、セレッソ大阪vs川崎フロンターレが3日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。

グループステージでは鹿島アントラーズ、ガンバ大阪、大分トリニータと同居したAグループを2位で通過したC大阪。公式戦でも8戦無敗と好調を維持するチームは、2-0で勝利した直近のアビスパ福岡戦から先発2人を変更。マテイ・ヨニッチと山田寛に代えて西尾、上門を起用した。なお、小菊監督の新型コロナウイルス陽性判定を受け、高橋大輔コーチが暫定で指揮を執った。

一方、ACL参戦に伴い、今ラウンドからの参戦となる川崎F。先月の中断明け以降、クラブ内でのコロナ感染者続出により、苦しい台所事情を強いられるチームは、直近の浦和レッズ戦では通常7人登録のベンチメンバーを5人しか登録できず、その内の3人がGKという異常事態。そのスクランブル体制で臨んだ一戦を1-3で落とした。今回の一戦では先発3人を変更。ジェジエウ、家長、レアンドロ・ダミアンをベンチに置き、山村と宮城と共に、特別指定選手の山田新(桐蔭横浜大)がデビューを飾ることに。なお、ベンチメンバーは7人揃うも、引き続きGK3人というスクランブル体制となった。

今季リーグ戦ではホームチームが2戦全勝を飾っている今カード。ヨドコウ桜スタジアムで初めて声出し応援が解禁となった中、良い雰囲気で試合はスタートする。

立ち上がりはシンプルに相手の背後を狙うアウェイチームが押し込む入りを見せるが、時間の経過と共にリーグ戦でシーズンダブルを決めているホームチームが押し返し、逆に主導権を握った。

遅攻の場面では相手を崩し切るには至らずも、奥埜と鈴木のボランチコンビを起点としたアグレッシブ且つ、連動性のあるプレスでミスを誘い、カウンターを繰り出す。さらに、前回対戦でも機能したセットプレーで続けてフィニッシュまで持ち込んでいく。

16分にはセットプレーの二次攻撃から西尾、20分にはショートカウンターから上門が得意のミドルシュートを狙うが、相手守備陣の身体を張った守備に阻まれる。さらに、27分には右のハーフスペースを使った良い崩しから為田、上門と決定的なシュートを続けて放つが、ここはGKチョン・ソンリョンの圧巻のビッグセーブに遭う。

すると、立ち上がり以降、守勢を強いられた川崎Fが守護神のビッグプレーに応える先制点を奪った。33分、右サイドをドリブルで持ち上がった宮城が絶妙なタイミングでペナルティアーク付近に入り込んだ脇坂へ横パスを通す。ここで脇坂は鮮やかなターンでDFを振り切って前を向くと、左足のグラウンダーシュートをゴール右下隅の完璧なコースへ流し込んだ。

ワンチャンスを生かして先手を奪った川崎Fは、直後の36分にも左のハーフスペースで縦へ仕掛けた脇坂が絶妙なフェイントでDFをかわしてミドルシュートを狙うが、これは相手DFにディフレクトして枠の右に外れる。

一方、ここまでの展開を考えれば、少なくとも前半の内に追いつきたいC大阪は、40分にビッグチャンス。上門のスルーパスに抜け出した加藤がボックス右でチップキックを狙うが、GKの脇を抜けたシュートは枠の左に外れた。

川崎Fの1点リードで折り返した中、互いに選手交代なしで後半に臨む。だが、前半にシミッチとの空中戦の競り合いの際に後頭部を打っていた鳥海のプレー続行が困難となり、立ち上がりの早い段階に船木が投入された。

後半もC大阪がアグレッシブにプレスを仕掛けるが、[4-4-2]へのシステム変更を含め、ハーフタイムにきっちりと修正を施した川崎Fにうまく試合をコントロールされて膠着状態が続く。

流れを変えたいホームチームは62分、加藤、上門、為田を下げてアダム・タガート、ジェアン・パトリッキ、北野を投入する3枚替えを敢行。ゴールをこじ開けるために勝負に出る。

しかし、後半先にビッグチャンスを作ったのはアウェイチーム。68分、左サイドのスペースで仕掛けたマルシーニョが右足アウトを使った絶妙なクロスを供給。これにファーサイドの山田が飛び込むが、渾身のヘディングシュートはGKキム・ジンヒョンがギリギリで残した右足にかき出されてデビュー弾とはならなかった。

さらに、川崎Fは75分にも宮城の左サイドからの正確なクロスに反応した山田に決定機も、今度はヘディングの当たりが薄く、またしてもデビュー弾を逃した。

1点差が維持されたまま、試合は終盤戦に突入。川崎Fは前半からハードワークを見せた宮城、山田を下げて84分にはジェジエウ、レアンドロ・ダミアンの主力2選手を送り込み、逃げ切りを意識した戦い方にシフト。前がかるC大阪の攻撃を何とか凌いでいく。

だが、今季リーグ戦でいずれも勝利を収めているホームチームが、最後の最後に底力を見せる。89分、自陣でのボール奪取から左サイドのスペースでボールを受けた山中が速いタイミングでボックス内のスペースへクロスを送り込む。これがボックス中央に走り込んだタガートに繋がり、タガートは冷静にGKとの一対一を制した。

これで勢いづくC大阪がさらなる攻勢を仕掛けたものの、川崎Fも5分のアディショナルタイムで冷静に時計を進めてこのまま試合は1-1でタイムアップ。敵地でアウェイゴールを奪った川崎Fが優位な形で初戦を終えることになった。

なお、ベスト4進出を懸けた準々決勝第2戦は10日に等々力陸上競技場で行われる。

セレッソ大阪 1-1 川崎フロンターレ
【C大阪】
アダム・タガート(後44)
【川崎F】
脇坂泰斗(前33)

関連ニュース
thumb

「女性サポーターにも人気なイケメン選手」をJリーグが紹介!ピックアップされたのは…?

Jリーグの公式ツイッターが16日、「今日は女子大生の日 そこで女性サポーターにも人気なイケメンJリーグ選手をご紹介‼」と綴り、選手たちの写真を紹介した。 現在は8月21日が「女子大生の日」として登録されているが、2020年までは一般的に8月16日が「女子大生の日」と認識されていた。 Jリーグはそこで、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、土居聖真(鹿島アントラーズ)、汰木康也(ヴィッセル神戸)、キャスパー・ユンカー(浦和レッズ)をピックアップ。特徴の違う4人のイケメンショットを並べている。 さらに、「皆さんが思うイケメンJリーグ選手は誰ですか?」とし、4人以外の選手も募集。この投稿には各チームのファンから思い思いの選手の名が挙げられている。 「この人たちは本当にかっこいい」、「もちろんレイソルの上島くん」、「山岸祐也選手」、「圧倒的ユンカーだな!」、「志知くんがいない!?」、「大宮アルディージャにはイケメン沢山いますよ!」、「あれ、谷くんは?」など様々だ。 アスリートらしい引き締まった体と精悍な顔つきの持ち主が多いJリーガー。彼らがピッチの上でさらに輝く姿に期待だ。 <span class="paragraph-title">【写真】「女性サポーターにも人気なイケメン選手」たちのイケてるショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今日は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E7%94%9F%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#女子大生の日</a> <br>\<br><br>そこで女性サポーターにも人気なイケメンJリーグ選手をご紹介‼ <br><br>皆さんが思うイケメンJリーグ選手は誰ですか? <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグあいさつ</a> <a href="https://t.co/sfFgEtjb1R">pic.twitter.com/sfFgEtjb1R</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1559317548130152448?ref_src=twsrc%5Etfw">August 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「これ見てた」大久保嘉人の息子がTVニュースに登場、街頭インタビューに応じる姿は貫禄十分「誰かに似てると思ったら!」

元日本代表FW大久保嘉人氏の次男、緑二くんが街頭インタビューに応じていたようだ。 Uターンラッシュを迎えたJR博多駅で、著名人の子供だと気付かれないままインタビューを受けた緑二くん。目線が泳ぐこともなく、インタビュアーの方をしっかり見て、はっきりとした口調とで堂々と取材に応じている。 大久保氏は14日に自身のツイッターで放送のキャプチャを投稿。「一人で長崎に行ってる緑ニが新幹線乗る前にインタビューされてニュースに出てる〜」と綴った。 「このニュース見てたー」という視聴者も多くいたようだが、「誰かに似てると思ったら!」、「見たのに、緑二くんだって気づかなかった…」との声も。「どこかで見た気がすると思って、これでスッキリした」と、大久保氏の投稿により、もやもやが解消されたファンもいたようだ。 緑二くんは、メディアに対応する父親を間近で見ていた影響か、取材に対してしっかりした受け答えを見せた。「インタビュー受け慣れている感じですね!」と、感嘆の声が上がっているが、もしかしたらテレビクルーも雰囲気を感じて声をかけたのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】テレビの街頭インタビューに応じる大久保嘉人の次男、緑二くん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">一人で長崎に行ってる緑ニが新幹線乗る前にインタビューされてニュースに出てる<a href="https://twitter.com/hashtag/yoshito13?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yoshito13</a> <a href="https://t.co/O8JwPTaFv5">pic.twitter.com/O8JwPTaFv5</a></p>&mdash; 大久保嘉人 (@Okubonbon13) <a href="https://twitter.com/Okubonbon13/status/1558748452615426048?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.15 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表候補に川崎F U-18の高井幸大、柏の升掛友護が追加招集‥土屋巧、内野航太郎が不参加

日本サッカー協会(JFA)は15日、U-19日本代表候補の選手変更を発表した。 15日から千葉県内で活動するU-19日本代表候補。柏レイソルのDF土屋巧、横浜F・マリノスユースのFW内野航太郎が不参加となった。 なお、土屋はクラブ事情、内野はケガが理由となっている。 また、U-19日本代表候補は、川崎フロンターレU-18のDF高井幸大、柏レイソルのFW升掛友護を追加招集した。 高井はジャパンツアーのパリ・サンジェルマン(PSG)との試合に出場も公式戦の出場はなし。升掛は、明治安田生命J1リーグで10試合、YBCルヴァンカップで6試合4得点を記録している。 2022.08.15 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎Fvs京都で「電流爆破」予定だった大仁田厚、試合中止も会場からのコメントに再戦臨む声多数「リベンジしに来て欲しい!」「今度は晴天の下で」

試合は雨天で中止となったが、内なる炎は消えないようだ。川崎フロンターレvs京都サンガF.C.戦でイベントを行う予定だったプロレスラーの大仁田厚さんがファンへメッセージを充てた。 等々力陸上競技場にて13日19時キックオフで予定されていた同試合は、台風8号(メアリー)の影響で中止に。これに伴い、川崎Fがこの試合で準備していた企画「ボーイズビーアンビシャス」も中止となった。 このイベントはサッカー×格闘技とうたい、総合格闘技イベント「RIZIN」とのタイアップとして那須川天心選手による始球式や、レニー・ハートさんによるオリジナル選手紹介が予定されていた。 また、武蔵小杉にジムを構える所英男選手も来場。総合格闘技だけではなく、川崎新田ボクシングジムのレジェンド、黒田雅之さん引退セレモニーや「格闘家だらけの男気じゃんけん」など種々の企画が練られていた。 その中の1つが、大仁田厚さんによる電流爆破マッチだ。試合中止決定の前、雨天の影響により先んじて「電流爆破マッチ中止」の発表がなされた際には「電流爆破バットを持って等々力へ行く!決まったものはやる!」と意気込んでいた"炎のカリスマ"。当日も会場入りはしたものの、試合そのものがなくなり、無念の想いで「このままで終わっていいのか…」と綴り、背中を見せた。 それでも、大仁田さんは川崎FのSNSを通じてメッセージを発信。力強い「ファイヤー!」に続き、「(スタジアムへ)来る用意をしていた人達、試合を楽しみにしていた人達に申し訳ないです。家でゆっくりしてください」と、ファンを気遣うコメントを充てた。 富士通スタジアム川崎(旧:川崎球場)にて引退試合を行うなど、川崎にゆかりのある大仁田さん。雨中のスタジアムから届けられたメッセージには、「こんな濡れながらメッセージくれるのか」、「また必ず」、「いつかこの企画がリベンジされますように」、「今度は晴天の空の下、心置きなく爆破させてください!!」、「リベンジしに来て欲しい!」、「最高のエンターテイナー」と、企画の実現を願うサポーターらの声が多数寄せられている。 当初2020年2月29日に開催予定だったイベント「ボーイズビーアンビシャス」は、新型コロナウイルス(Covid-19)の影響に続き、今回またしても実現できず。等々力で熱い男の雄姿を見られる日が待ち遠しい。 <span class="paragraph-title">【動画】大仁田厚さんからサポーターへのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日の京都戦が台風の影響で試合中止となり、残念ながらイベント「ボーイズビーアンビシャス」も中止となりました。<br><br>朝から等々力にお越しいただき準備を進めてくださった大仁田厚さんから、皆さんへのメッセージです。<br><br>大仁田さんありがとうございます!!<br>いつかまた等々力で!!<br><br>【プロモ】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/MsdSxEY8Da">pic.twitter.com/MsdSxEY8Da</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1558353145948172288?ref_src=twsrc%5Etfw">August 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.13 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪が後半ラストプレー弾で劇的4強入り! 悲劇の等々力劇場となった川崎Fはカップ戦すべて敗退…《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦、川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に等々力陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計3-3もアウェイゴール数で上回ったC大阪がベスト4進出を決めた。 1週間前にヨドコウ桜スタジアムで行われた第1戦は、アウェイの川崎Fが前半半ばに脇坂のゴールで先制に成功したが、ホームのC大阪が後半終了間際にアダム・タガートのゴールで追いつき、1-1のドローとなった。 コロナ禍で多くの選手を欠いた中、アウェイゴールを得てのドローと最低限の結果を残した川崎F。さらに、先週末のリーグ戦では首位の横浜F・マリノスを試合終了間際の劇的ゴールで勝ち切り、今回のホームゲームに大きな弾みを付けた。多くの選手の復帰に伴い、前回対戦からは先発6人を変更。ジェジエウ、山根、登里、チャナティップが起用され、前線は右から家長、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョが並んだ。 一方、内容は上々もホームでの初戦を勝利で飾れなかったC大阪だが、先週末のリーグ戦ではヴィッセル神戸に3-0の快勝。公式戦10試合無敗と好調を維持して敵地へ乗り込んだ。新型コロナウイルス感染で療養中の小菊監督に代わり、引き続き高橋大輔コーチが暫定で指揮を執った中、前回対戦からは山田寛に代えてタガートを上門の相棒に起用した以外、同じメンバーを継続した。 ベスト4進出を懸けた運命の一戦は立ち上がりから拮抗した展開に。戦前の予想通り、ホームチームがボールを握って押し込む時間が続くものの、C大阪も集中した守備で相手の攻撃を撥ね返してカウンター、前線からの積極的な守備で押し返す場面を創出する。 一進一退の攻防が続く中、20分過ぎには川崎Fが右CKから谷口のヘディングシュート、直後にはマルシーニョの突破から橘田のミドルシュートとフィニッシュの局面を作り出す。 対するC大阪は30分、左サイドの山中のクロスの流れから波状攻撃。ゴール右でこぼれ球を回収した松田がGKと一対一も、ここはGKチョン・ソンリョンにうまくコースを消されてセーブされる。さらに、ボックス左でボールを受けた為田にビッグチャンスも、右足のシュートはクロスバーを叩き、両チームを通じた最初のビッグチャンスをモノにできない。 互いに自分たちの時間の中でゴールをこじ開けられない我慢比べの様相を呈した試合は、前半終盤に動く。40分、川崎Fが中央での細かいパス交換から橘田、チャナティップと繋いでボックス右のレアンドロ・ダミアンにシュートチャンス。このシュートはDFのブロックに遭うも、ゴール前でこぼれ球に反応したマルシーニョが相手のゴールカバーを外すクロスバー内側直撃の強烈なシュートを叩き込んだ。 前回対戦に続きこの試合でも先制に成功した川崎Fは、さらに前半終了間際にもレアンドロ・ダミアンの完璧な背後への飛び出しから追加点のチャンスを得たが、ここはボールコントロールの乱れもあり、右足アウトで強引に放ったシュートは枠の左に外れた。 迎えた後半、1点リードの川崎Fはチャナティップを下げて脇坂、逆転突破に2点が必要なC大阪はタガートを下げて加藤をハーフタイム明けに投入。後半も引き続き拮抗した入りとなったが、前回対戦とは異なり川崎Fが追加点を奪い切る。 53分、相手陣内の左サイドに張ってジョアン・シミッチから大きな展開を受けたマルシーニョが一瞬のスピードでDF松田を振り切ってボックス付近までドリブルで運ぶ。そして、中央のレアンドロ・ダミアンにボールを預けて内側へ切れこむと、DFを引き付けた元ブラジル代表FWから絶妙なリターンパス。ボックス中央で完全にフリーとなったマルシーニョが右足の鋭いシュートを突き刺した。 ブラジル人アタッカーコンビの鮮やかな連携で大きな2点目を奪った川崎Fだが、ゴール直後に右足の筋肉系のトラブルかジェジエウがプレー続行不可能となり、車屋がスクランブル投入される。 一方、敵地でより厳しい状況となったC大阪は毎熊、為田、上門を下げて北野、山田寛、ジェアン・パトリッキと前線3枚を一気に入れ替える。さらに、奥埜を下げて中原投入と、よりリスクを冒して前に出る。だが、ゲームコントロールを優先するリーグ王者のしたたかなゲームコントロールを前に、なかなか決定機まで持ち込めない。 その後、過密日程が続く川崎Fは殊勲のブラジル人アタッカーコンビ、家長を下げて遠野や山村の投入で逃げ切り態勢に入る。このまま2-0のスコアで試合終了かに思われたが、昨季の準優勝チームがここから驚異の粘りを見せる。 90分、相手陣内左サイドでボールを受けた山中が低い軌道の高速クロスを入れると、DF谷口の前に入り込んだ加藤がダイビングヘッド。谷口の足にディフレクトしたボールがニア下に決まった。 アディショナルタイムが5分加えられたことで、これでどちらが勝ち抜けるかわからなくなると、決死のパワープレーを敢行したアウェイチームが見事に押し切る。ほぼラストプレーとなった96分、波状攻撃から右サイドの中原が入れたクロスをボックス左の西尾がゴールラインぎりぎりで折り返すと、中央で反応した山田寛が頭で押し込んだ。 そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、90分からの猛攻によって敵地で2点差を追いつく驚異の勝負強さを見せたC大阪がアウェイゴール数で上回り、劇的過ぎる勝ち上がりを見せた。 一方、直近の横浜FM戦とは異なり、悲劇の等々力劇場となった川崎Fは、ACL、天皇杯に続きルヴァンカップ敗退となり、残すコンペティションは逆転での3連覇を目指すリーグ戦のみとなった。 なお、4強入りを決めたC大阪は9月21日、同25日に行われる準決勝で浦和レッズと名古屋グランパスの勝者と対戦する。 川崎フロンターレ 2-2(AGG:3-3) セレッソ大阪 【川崎F】 マルシーニョ(前40) マルシーニョ(後8) 【C大阪】 加藤陸次樹(後45) 山田寛人(後45+6) 2022.08.10 21:19 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly