「見事に借金をした」本田圭佑、レストランでの珍エピソードを告白「おじいちゃんが現金をくれた」

2022.08.03 14:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
本田圭佑が思わぬ事態に見舞われることとなった。

カンボジア代表のGMとして活躍する本田。現在は所属チームがない状況だ。

その本田は2日に自身のツイッターを更新。衝撃のエピソードを明かした。

「夕食でレストランに行ったけど、クレジットカードが使えず、現金も持っていなかった」

「レストランで働くおじいちゃんが僕に現金をくれて、「明日返してね」と言われた。見事に借金をした」

なんと、本田はレストランで借金をしたとのこと。翌日に返すことになったという。

現金から電子マネーに移り変わっている世の中において、このパターンのミスを経験したことがある人は少なくないはず。本田でもやってしまうのは意外だった。

1 2

関連ニュース
thumb

野々村芳和チェアマン、リーグが提携するインドネシア・リーガ1で125名が死亡した事故に言及「インドネシアのクラブに寄り添いたい」

Jリーグの野々村芳和チェアマンが、インドネシアでの悲劇にコメントした。 3日、JリーグとNPBによる「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第64回が行われた。 会議後には記者会見が行われた中、野々村チェアマンがインドネシアのサッカースタジアムで起きた悲劇についてコメントした。 「インドネシアのサッカー場で起きた事故に関して、亡くなられた方のご冥福をお祈りします」 「Jリーグもリーグとして提携をしているので、どういうことでこのような事態が起きたのかを考えると、どう対処して良いか難しいですが、インドネシアのクラブに寄り添いたいと思います」 「個人としてもインドネシアのクラブや選手と関係もありましたので、非常に心を痛めています」 事件が起こったのはインドネシアの東ジャワ州のマラン市にあるカンジュルハン・スタジアム。1日にアレマ・クロノスFCとベルセバヤ・スラバヤのライバルチーム同士の試合が行われ、2-3でアウェイのベルセバヤが勝利した。 この試合ではベルセバヤ・スラバヤに所属する日本人FW山本奨が決勝ゴールを決めて勝利した中、試合終了直後にアレマのサポーター数千名超がピッチに乱入する事件が発生。警察が騒動を鎮めようと催涙ガスを使用すると、催涙ガスから逃れようと出口ゲートに殺到。混沌とする中で窒息死する人や、踏みつけられて命を落とした人もいたという。 警察当局は125名が死亡したことを発表。当初は170名を超えると発表されていたが、現場を確認して訂正した。 なお、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は「このような悲劇が起きたことを遺憾に思います」とし、「そして、これがこの国での最後のサッカーの悲劇であることを願っています」と述べていた。 Jリーグは2014年からインドネシスーパーリーグ(現:リーガ1)の「PT LIGA INDONESIA」とパートナーシップ提携を締結していた。 2022.10.03 11:12 Mon
twitterfacebook
thumb

京都の選手をSNSで誹謗中傷…なりすましアカウントと思われる投稿に「法的措置などを視野に入れ厳正に対処して参ります」

京都サンガF.C.は3日、SNSでの誹謗中傷についての声明を発表した。 クラブの発表によると、1日に行われた明治安田声明J1リーグ第31節のサガン鳥栖戦の試合後、他クラブのサポーターになりすましたと思われるアカウントにて、京都の選手への差別的な誹謗中傷を伴う悪意ある投稿が確認されたとのことだ。 この所、SNSを通じた誹謗中傷、差別的な投稿が散見されている中、京都は厳正に対処するとした。 「このような投稿は該当選手たちはもちろんのこと、なりすましの被害を受けられた方やこの投稿を見られた関係者の方々、ファン・サポーターの皆さまなどを傷つける行為であり、クラブとして決して看過することはできません」 「Jリーグのガイドラインに則り、専門家等のアドバイスをいただきながら法的措置などを視野に入れ厳正に対処して参ります」 「SNSが私たちの生活に浸透したことにより、コロナ禍でも年齢・性別・国境を越えてたくさんの人たちとつながり、憧れの選手たちとも交流ができるようになり、選手、クラブ、Jリーグ、そしてサッカーがより身近になりました。しかし一方で、SNSなどネット上の書き込みは匿名でできるものが多いことから、心無い投稿や度を超えた批判などで、特定の個人を傷つけるケースが増えています。そして、それが瞬く間に世界に拡散され、個人のプライバシーや名誉、人権を脅かし、人を窮地に追い込んだり、法律に違反する行為に発展するなど、深刻な事態になることも少なくありません」 「ファン・サポーターの皆さまにおかれましても、クラブと共にこの想いをご共有いただき、リスペクトを持った発信・行動を行っていただきますようお願い申し上げます。また、なりすましのアカウントを見つけられた場合、各SNS運営会社への削除依頼等の通報手続きにご協力をお願いいたします」 京都では9月18日に行われたFC東京戦の後にも選手への差別的な誹謗中傷を伴う悪意ある投稿があったと報告していた。 2022.10.03 10:53 Mon
twitterfacebook
thumb

インドネシアでの悲劇…警察当局が死者数を訂正、170人超から125人に

インドネシアでのサッカーの試合直後に多数の死者が出た事件。東ジャワ州の警察は、死者の数を訂正した。 事件が起こったのはインドネシアの東ジャワ州のマラン市にあるカンジュルハン・スタジアム。1日にアレマ・クロノスFCとベルセバヤ・スラバヤのライバルチーム同士の試合が行われ、2-3でアウェイのベルセバヤが勝利した。 ベルセバヤ・スラバヤに所属する日本人FW山本奨が決勝ゴールを決めて勝利した中、試合終了直後にアレマのサポーター数千名超がピッチに乱入する事件が発生した。 すると、警察の機動隊が騒動を鎮めようと催涙ガスを発射。しかし、これが逆効果に。何百人もの人々が催涙ガスから逃れようと出口ゲートに殺到。混沌とする中で窒息死する人や、踏みつけられて命を落とした人もいたという。 300人以上の人々がケガの治療のために近くの病院に搬送され、搬送途中や治療中にも命を落としていったとされ、当初は129名が死亡。その後、死者が174名、負傷者が309名と発表されていた。 しかし、警察は改めてその数を確認。その結果、死者数は最初の発表よりも少ない125名と訂正した。なお、死者には観客と警察が含まれている。 サッカーの歴史の中で多くの死者が出る事故は何度か起きており、もっとも大きな事件は1964年のペルーで発生。主審の判定が問題となり暴動が発生。300人以上が命を落とす事件が起きていた。 なお、問題視されている警察の催涙ガスの使用だが、これは国際サッカー連盟(FIFA)では禁止されているもの。警察はファンが攻撃をしてきたためとしているが、多くの死者を生んでしまった要因の1つになったことは間違いない。 インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は「このような悲劇が起きたことを遺憾に思います」とし、「そして、これがこの国での最後のサッカーの悲劇であることを願っています」と述べていた。 <span class="paragraph-title">【動画】大量のファンがピッチに乱入し大乱闘、催涙ガスが撒かれる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">BREAKING: Over 100 people were killed and 200 injured in a riot at a football stadium in Malang Indonesia, authorities said. <a href="https://twitter.com/hashtag/news?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#news</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BreakingNews?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BreakingNews</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Newsnight?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Newsnight</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/NewsUpdate?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NewsUpdate</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/NewsBreak?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NewsBreak</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/soccer?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#soccer</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Indonesia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Indonesia</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/malang?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#malang</a><a href="https://twitter.com/hashtag/AremavsPersebaya?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AremavsPersebaya</a><a href="https://twitter.com/hashtag/arema?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#arema</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Kanjuruhan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Kanjuruhan</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/bonekjancok?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#bonekjancok</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/football?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#football</a> <a href="https://t.co/SXhCPfTId9">pic.twitter.com/SXhCPfTId9</a></p>&mdash; That Guy Shane (@ProfanityNewz) <a href="https://twitter.com/ProfanityNewz/status/1576355908661100544?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】大事件が起きた中、決勝ゴールを決めたのは日本人FW山本奨</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="dAzp9Vh7G_k";var video_start = 104;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.03 09:47 Mon
twitterfacebook
thumb

なぜ? アーセナルDFサリバに異変…ダービーで何かが足りないことが判明

アーセナルのフランス代表DFウィリアム・サリバに何かが足りなかったことが判明した。 1日、アーセナルはプレミアリーグ第9節でトッテナムと対戦。首位と3位によるノースロンドン・ダービーは大きな注目を集めた。 試合は、アーセナルがトーマス・パルティの衝撃ミドルで先制するも、ハリー・ケインのPKでトッテナムが追いつく展開に。それでも後半に、ガブリエウ・ジェズス、グラニト・ジャカがネットを揺らし、アーセナルが3-1で勝利。首位を守った。 しかし、試合中のサリバに異変があることが判明。他の選手に比べて、何かが足りないことが判明した。 それはショーツのライン。アディダスがサプライヤーを務めるアーセナルは、白のショーツの両サイドに赤いスリーストライプが入っている。 しかし、サリバが着用するショーツの右側は、なぜか2本に。スリーストライプになってから、2本になったことはないため、どこかで失われたことになる。 試合前に気が付かなかったのだろうが、果たしてどこに行ったのか。それとも、最初からなかった不良品なのかは不明だが、とにかくラインが1本足りないショーツをまさかの着用していたことになっていた。 <span class="paragraph-title">【比較写真】サリバのショーツには何かが足りない</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/arsenal20221002_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/arsenal20221002_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.10.02 23:28 Sun
twitterfacebook
thumb

「間違いなく赤だ」「手が伸びるのは偶然なわけがない」チェルシーDFチアゴ・シウバが退場を免れる珍事?「またVARを買収した」と揶揄する声も

またもやプレミアリーグではVARが物議を醸すことになりそうだ。 世界的に導入されているVAR。決定的な場面での誤審がなくなり、不要なゴールの取り消しや見逃されていたファウルなどは無くなっている。 一方で、ミリ単位の厳密すぎるジャッジや、スローや静止画での印象の違いなどが問題になることも少なくない。 特にプレミアリーグではVARのレビューの要請を無視する主審や、VARでチェックしながらも誤審が起きるなど問題が多く起きている。 そんな中、新たに物議を醸す事件が起きている。 それは1日に行われたプレミアリーグ第9節のクリスタル・パレスvsチェルシーの一戦。ブラジル代表DFチアゴ・シウバのプレーが問題視されている。 この試合はチェルシーにとってはグレアム・ポッター監督が初めてリーグ戦で指揮を執る試合に。しかし、開始7分に失点し、ビハインドからスタートする。 すると30分過ぎ、チアゴ・シウバが抜け出そうとしたジョルダン・アイェウをストップ。決定機阻止かと思われたが、VARチェックの結果、イエローカードで終わっていた。 しかし、問題はファウルの仕方ではない。この場面、切り取った画像を見ると、チアゴ・シウバは手でボールを触っている。明らかな故意のハンドであり、本来であれば退場処分となるはずだったが、VARのチェックは決定的な得点機会阻止かどうかという点だったため、イエローカードに終わった。 これには「間違いなく赤だ」、「馬鹿げた判定」、「手が伸びるのは偶然なわけがない」とのコメントが。さらに「チェルシーはまたVARを買収した」と、これまで何度もVARの判定で利益を得ていることを揶揄するコメントも多く集まった。 1点ビハインドで1人少なくなる予定がイエローカードで済んだわけだが、この件が大きく話題になる理由はその後。チェルシーの同点弾を決めた元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールをアシストしたのがチアゴ・シウバだったから怒りが収まらない。 最終的に90分にコナー・ギャラガーのゴールでチェルシーは逆転勝利。退場していれば違った結果になっていたのではないか?という疑問が多くのファンの中で燻る結末となってしまった。 <span class="paragraph-title">【写真】チアゴ・シウバ、退場なのでは?と物議醸すハンド疑惑</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjLPXEOMsfs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjLPXEOMsfs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjLPXEOMsfs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.02 22:07 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly