スペツィア、昨季も所属したアタランタのウクライナ代表MFコバレンコを買取義務付きのレンタルで獲得

2022.08.03 12:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペツィアは3日、アタランタからウクライナ代表MFビクトル・コバレンコ(26) を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。

レンタル期間は2023年6月30日までの1年間となり、スペツィアが2022-23シーズンのセリエAで残留した場合は完全移籍に移行する。

シャフタール・ドネツクの下部組織出身であるコバレンコは、2015年2月にファーストチームデビューを飾ると、以降は期待の若手として公式戦通算199試合に出場して、32ゴール12アシストを記録した。

2021年1月にアタランタへ移籍したが、出場機会は得られずセリエAで1試合の出場にとどまることに。昨シーズンは出場機会を求めてスペツィアにレンタル移籍するとポジションを掴み、公式戦27試合に出場して1ゴール4アシストの成績を残した。

関連ニュース
thumb

チェルシーからレンタル中のアンパドゥ、KO直後のPK献上でセリエA最速記録を更新…

スペツィアでプレーするウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥが、セリエAワースト記録を打ち立ててしまった。 2日のセリエA第8節のラツィオ戦で先発出場したアンパドゥ。しかし、キックオフ直後、ゴール前に侵入したラツィオFWチーロ・インモービレを倒してPKを与えてしまった。 イタリアの複数メディアによると記録は39秒で、2015年5月に行われたナポリvsミランで、ミランDFマッティア・デ・シリオがナポリMFマレク・ハムシクを倒してPKを献上した42秒を上回るリーグ最速記録となってしまったようだ。 なお、今回のPKはインモービレ自らキッカーを務めたが、珍しくクロスバーの上へ外してしまっている。 また、このプレーでイエローカードを受けたアンパドゥは、ヴェネツィアでプレーした昨シーズンを含めて今回のラツィオ戦がセリエAで31試合目となるが、イエローカード13枚にレッドカード2枚を受けている。 2022.10.02 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

89分劇的ゴールで白星のナポリ、指揮官がチームのメンタリティを称賛 「精神力の表れ」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督がスペツィア戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ナポリは10日に行われたセリエA第6節でスペツィアとホームで対戦。ボール支配率やシュート数で圧倒しながらもネットを揺らせない時間が続いたが、ドローも覚悟した89分にイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリが値千金の決勝ゴールを記録し、1-0で勝利を収めた。 スパレッティ監督は試合後、スペツィアに0-1で敗れた昨季の第19節を引き合いにこの勝利の重要性を強調している。 「今日は必ず勝たなければいけないゲームだった。我々が昨季のスペツィア戦で喫した敗戦はセリエAでチャンピオンを狙う上でマイナスの影響を与えた」 「我々のチームには忍耐力とクオリティが備わっている。今日のような勝利は精神力の表れだ。繰り返しになるが、我々はスペツィアとの過去のゲームで大きな代償を払っている。今日はこれ以上素晴らしい結果はない」 今夏にサッスオーロから加入し、待望の初ゴールを記録したラスパドーリにも称賛を送っている。 「ラスパドーリは90分間常にゲームに入り込めていた。疲れているように見えた一方、全力で走っていたね。最終的に勝利の喜びを我々に与えてくれたのは彼だった」 劇的勝利で暫定ながらも首位浮上のナポリ。この後は13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループAの第2節でレンジャーズとのアウェイゲームに臨み、18日に行われるセリエA第7節はビッグマッチに。敵地サン・シーロでミランと対戦する。 2022.09.11 15:03 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤のラスパドーリ移籍後初弾でナポリがスペツィアに辛勝《セリエA》

ナポリは10日、セリエA第6節でスペツィアをホームに迎え、1-0で辛勝した。 前節ラツィオに逆転勝利としたナポリは、3勝2分けと好スタート。そして3日前に行われたチャンピオンズリーグではリバプール相手に4-1と完勝した。そのナポリはリバプール戦で負傷したオシムヘンが欠場となり、代わってラスパドーリが最前線で起用された。 立ち上がりからボールを握ったナポリは15分、FKの流れからクワラツヘリアがオンターゲットのシュートを放つも、GKドラゴウスキのセーブに阻まれた。 その後もナポリが押し込む展開が続いたが、攻めきれずにいると41分、ギャシにミドルシュートで牽制される。だが、GKメレトがセーブし、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半開始1分、アンギッサに決定機が訪れたナポリが引き続き押し込む展開で推移。 しかし、スペツィアの守備網を攻略しきれず57分にジエリンスキとロサーノを、67分にシメオネを投入した。 それでも流れを変えられず苦しんでいたナポリだったが、終盤の89分に値千金のゴールをこじ開ける。右サイドからのロサーノのクロスをラスパドーリらが合わせた。 ラスパドーリの移籍後初ゴールで競り勝ったナポリが2連勝としている。 2022.09.11 00:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アンパドゥがスペツィアへレンタル! 2年連続イタリアでの武者修行に

スペツィアは1日、チェルシーからウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 17歳でウェールズ代表デビューを果たしたアンパドゥは、2017年7月にエクセターからチェルシーへと完全移籍。同年9月のEFLカップで早速トップチームデビューを飾ったものの、以降はトップチームに定着ならず。 これまでRBライプツィヒ、シェフィールド・ユナイテッド、ヴェネツィアへの武者修行を経験。昨シーズンのヴェネツィアでは守備的MFを主戦場に、セリエA29試合に出場していた。 今夏には一度チェルシーに復帰したものの、プレミアリーグでは背番号を与えられず、移籍が既定路線となっていた。 21歳ながらウェールズ代表で36キャップを誇るアンパドゥは、11月にカタール・ワールドカップを控えており、2年連続で過ごすイタリアの地で出場機会を確保し、本大会へ万全の状態で臨む構えだ。 2022.09.02 04:19 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスが開幕節以来の勝利、アッレグリ監督「無失点の勝利を喜ぶべき」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、開幕節以来の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは8月31日に行われたセリエA第4節で、スペツィアと対戦した。 2戦連続ドローと思うようなスタートを切れていないチームだが、この日は立ち上がりから相手を押し込むと、9分にFWドゥシャン・ヴラホビッチがFKを直接決めて先制に成功。その後はなかなかチャンスまで至らない時間帯が続いたが、後半アディショナルタイムにFWアルカディウシュ・ミリクに移籍後初ゴールが生まれ、2-0で勝利した。 開幕節以来の勝利について、試合後のアッレグリ監督は課題に言及しつつも結果が重要だったと強調。そのうえで、より試合をコントロールする必要があるとも語った。 「序盤はうまく機能していたが、その後に少しインテンシティが落ちてしまった。チームの意識が後ろ向きになり、ボールのスピードが落ちたことで、スペツィアに勇気を与えてしまうところがあったと思う。とはいえ、我々はほとんど苦しむことはなかった。重要なのは勝利であり、それを無失点でやり遂げたのだから、喜ぶべきだ」 「ボールを持ったら、ゲームをコントロールする必要があると理解しなければならない。そして、守備の局面でもそうだ。もし、自分のポジションでただじっとしていたら、すべてが難しくなってしまうだろう」 また、アッレグリ監督はこの試合で優れたパフォーマンスを示した選手たちを称賛。同時に、獲得が発表されたアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスへの期待も口にしている。 「モイゼ・ケアンは、良いプレーをした。ヴラホビッチの近くでプレーすることで、有利な状況を作り出していたと思う。ドゥシャンはボックス内でのプレーやテクニックをまだまだ向上させられるし、すでにそれを実践している。中距離からのFKも得意だね」 「ミリクは優れたクオリティを持っており、今日は素晴らしいゴールを決めた。FKに話を戻すなら、チームには新たにレアンドロ・パレデスが加入したね。彼は右足のキッカーであり、テクニックを備えた強い選手だ」 2022.09.01 13:54 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly