急造CF奈良輪が劇的決勝弾! 東京Vが磐田との延長戦制し甲府に続く8強進出《天皇杯》

2022.07.20 21:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎JFA/PR
20日、天皇杯ラウンド16の東京ヴェルディvsジュビロ磐田が味の素スタジアムで行われ、延長戦の末に2-1で勝利した東京Vがベスト8進出を決めた。

当初、13日開催予定も東京Vに新型コロナウイルス感染者が続出した影響で、1週間順延の形となった今回の一戦。

11日から16日までチーム活動中止を余儀なくされた東京Vは、活動再開から中3日という厳しいコンディションの中でJ1勢撃破を狙った。
一方、J1では4戦連続無得点の4連敗で最下位に沈む磐田は、今月末のリーグ再開に向け弾みを付ける勝利を目指した。

共に4バックでスタートした中、立ち上がりはコンディション、試合勘で勝る磐田が主導権を握る。GK梶川やポジションチェンジを効果的な使ったビルドアップで相手のプレスをかいくぐると、黒川と吉長の両翼からのクロスを使ったシンプルな攻めを見せる。11分にはミスパスをカットしたショートカウンターからボックス右に抜け出した金子にビッグチャンスもシュートを枠に飛ばせない。

以降もJ1チームがボールを握りつつ、ミスが目立つ東京Vのビルドアップを狙った形でフィニッシュのシーンを作り出す。だが、アタッキングサードでの精度を欠き決定機には持ち込めない。

すると、前半半ばを過ぎた辺りから守備の整理、身体の重さが取れ始めた東京Vが主導権を掌握。アグレッシブな守備からのショートカウンター、持ち味の細かい繋ぎから局面を打開するダイナミックな仕掛けでチャンスを創出。河村や新井の個人技からのフィニッシュ、稲見や加藤蓮のミドルシュートでゴールに迫るが、クロスバーやGKの好守に阻まれた。

ゴールレスで迎えた後半は、前半終盤の流れを踏襲する形でJ2チームが押し気味に試合を進める。開始3分には左サイドからカットインした新井が得意の形で右足を振るが、これはわずかに枠の右へ外れた。
時間の経過と共に磐田が盛り返して試合は拮抗。62分には共にボックス中央でパスを受けた磐田の金子、東京Vの河村にビッグチャンスも、シュートを枠に飛ばせず。互いに決め手を欠き先制点が遠い。

後半半ばを過ぎて完全に我慢比べの状況となった中、先にゴールをこじ開けたのは東京Vだった。80分、磐田の繋ぎのミスからのカウンターでボックス右で仕掛けたバスケス・バイロンが相手DFのファウルを誘ってPKを獲得。これをキッカーの新井が冷静に右隅へ突き刺し、82分の先制点とした。

その後、殊勲の新井を下げてDF奈良輪を投入するなど、逃げ切り態勢に入った東京Vに対して、決死のパワープレーを見せた磐田は土壇場で追いつく。5分が加えられたアディショナルタイムの93分、左サイドから入れたクロスを前線に残っていた伊藤槙人がファーで頭で折り返すと、ゴール前のジャーメイン良がヘディングで右隅へ流し込んだ。

磐田の劇的同点ゴールによって試合は延長戦に突入。満身創痍の東京Vは唯一のセンターフォワードの河村を下げ、サイドバックの山口を投入。同じくサイドバックの奈良輪が最前線に入るスクランブル布陣に。対する磐田も後半終盤に伊藤猛志、後藤啓介とユース登録の若手がデビューを飾る急造布陣となり、互いに決め手を欠く。

延長戦は完全に消耗戦の様相を呈し、PK決着が濃厚と思われたが、最後の最後に急造ストライカーが決定的な仕事を果たした。114分、宮本の左CKの流れからペナルティアーク付近でこぼれ球に反応した奈良輪が右足を一閃。地を這うかのような鋭いシュートがゴール前の密集を抜けてゴール左下隅に突き刺さった。

そして、今度こそ磐田の攻撃を凌ぎ切った東京Vが前ラウンドの川崎フロンターレに続くJ1勢連破を成し遂げ、優勝した2004年以来となる8強入りを決めた。

なお、ベスト8進出の東京Vは9月7日に行われる準々決勝で京都サンガF.C.と対戦する。

◆天皇杯ラウンド16
▽2022年7月20日
東京ヴェルディ 2-1 ジュビロ磐田

▽2022年7月13日
アビスパ福岡 2-0 V・ファーレン長崎
鹿島アントラーズ 2-0 ガンバ大阪
名古屋グランパス 1-2 セレッソ大阪
栃木SC 1-2 京都サンガF.C.
サガン鳥栖 1-3 ヴァンフォーレ甲府
ヴィッセル神戸 2-1 柏レイソル
ザスパクサツ群馬 0-1 サンフレッチェ広島

◆準々決勝対戦カード(9/7)
アビスパ福岡 vs ヴァンフォーレ甲府[M81]
[ベスト電器スタジアム]

ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ[M82]
[ノエビアスタジアム神戸]

京都サンガF.C. vs 東京ヴェルディ[M83]
[味の素スタジアム]

セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島[M84]
[ヨドコウ桜スタジアム]

◆準決勝(10/5)
[M81]の勝者 vs [M82]の勝者[M85]
[M83]の勝者 vs [M84]の勝者[M86]

◆決勝(10/16)
[M85]の勝者 vs [M86]の勝者[M87]


関連ニュース
thumb

松本DF田中隼磨が40歳で現役引退…地元クラブでの幕引きを「とても嬉しく、そして誇りに」

松本山雅FCは17日、DF田中隼磨(40)の現役引退を発表した。20日に予定する明治安田生命J3リーグ最終節のSC相模原戦後にセレモニーが執り行われる。 田中は横浜F・マリノスユース出身で、2001年にトップチーム昇格した翌シーズン途中から東京ヴェルディで修行。2004年から横浜FMに戻り、2006年に日本代表入りを果たしたりと主力に定着した。 その後、2009年に名古屋グランパスに移ってJ1優勝を経験すると、2014年からは地元クラブの松本に。2018年のJ1昇格にも貢献したが、9年目の今季はここまで公式戦での出場がなかった。 Jリーグ通算では569試合に出場。田中はクラブを通じて「皆様には突然のご報告になりますが、今シーズンをもちまして松本山雅FCで現役引退することを決断いたしました」とスパイクを脱ぐ決断を報告。また、これまでを振り返りつつ、コメントを締めた。 「サッカーをはじめてから今日まで、またプロキャリアをスタートして23年間の長きに渡り、横浜フリューゲルス、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ1969、名古屋グランパス、Jリーグ、日本サッカー協会をはじめ、さまざまな形で私のことを支えていただいたサッカー関係者の皆様、一緒に困難を乗り越えてきたチームメイト、そしてどんなときでも応援してくれたファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「生まれ育った街のクラブ 松本山雅FCでサッカー選手として引退できることを、とても嬉しく、そして誇りに思えます。11月20日最終戦にピッチに立つ姿を見せることが、共に戦ってきたファン・サポーターの皆様をはじめこれまで支えてくださった多くの皆さんに向けて、選手としてできる最後の恩返しであり、感謝を伝えられる形になるだろうと思っています。プロサッカー選手として残りの4日間を悔いなく全うしたいと思います。田中隼磨 3 “絆”」 2022.11.17 10:59 Thu
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF二川孝広が42歳で現役生活に幕…黄金期G大阪の10番

日本フットボールリーグ(JFL)のFCティアモ枚方は16日、元日本代表MF二川孝広(42)の現役引退を発表した。 ガンバ大阪のアカデミー育ちで、プロ5年目からチームの10番として、数々のタイトルとともに黄金時代の軸を担った二川。168cmのサイズだったが、一線を画すサッカーセンスを武器にパスで違いとなり、2006年に日本代表初招集を受けた。 G大阪での17年半を経て、2016年夏から東京ヴェルディに移り、2018年に栃木SCに。2019年からFCティアモ枚方に活躍の場を求め、4年間を過ごしたが、今年をもって現役を退く決断をした。 G大阪時代に現ジュビロ磐田の元日本代表MF遠藤保仁らとともに黄金の中盤を形成したファンタジスタはクラブを通じて、別れの挨拶をしている。 「今シーズンで現役生活を引退する決断をしました。この歳までサッカーを続ける事ができ幸せでした。サッカーを通して沢山の経験ができ、成長できたかなと思ってます。これまでお世話になった沢山の人達に感謝しています。ありがとうございました。そしてファン、サポーターの方々、これまでの沢山の応援ありがとうございました」 2022.11.16 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州遠征のU-21日本代表、東京VのFW染野唯月を追加招集

日本サッカー協会(JFA)は14日、東京ヴェルディのFW染野唯月をU-21日本代表に追加招集した。 前回の9月に続いて欧州遠征に臨むU-21日本代表だが、柏レイソルFW細谷真大がコンディション不良で途中離脱。これを受け、染野を代替招集した。 今回の欧州遠征ではU-21スペイン代表(18日/ポルトガル)、U-21ポルトガル代表(22日/スペイン)と対戦する。 2022.11.14 22:16 Mon
twitterfacebook
thumb

東京Vが桐蔭横浜大学のMF楠大樹の加入内定を発表、今季の関東1部で4G1A

東京ヴェルディは9日、桐蔭横浜大学のMF楠大樹(22)の来季加入内定を発表した。 楠は桐生第一高校から桐蔭横浜大学へと進学。今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では15試合に出場し4得点1アシストを記録している。 楠はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンから東京ヴェルディに加入することになりました桐蔭横浜大学の楠大樹です。これまで指導してくださった監督、コーチをはじめチームメイト、いつも温かくサポートしてくれる家族には本当に感謝しております」 「これからプロサッカー選手として結果で恩返しできるように頑張ります。ファン・サポーターのみなさま、応援よろしくお願いいたします」 <span class="paragraph-title">【写真】来季から東京ヴェルディでプレーする楠大樹</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【(@TokyoVerdySTAFF) <a href="https://twitter.com/TokyoVerdySTAFF/status/1590192456976457728?ref_src=twsrc%5Etfw">November 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.09 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

金沢DF廣井友信が16年間のプロ生活に幕 清水、東京V、熊本でプレー

ツエーゲン金沢は21日、DF廣井友信(37)の今季現役引退を発表した。 廣井は前橋育英高校、駒澤大学を経て、2007年に清水エスパルスでプロ入り。東京ヴェルディやロアッソ熊本での期限付き移籍も経験した後、2015年から金沢に活躍の場を移した。 金沢では主将も務め、プロ16年の半分にあたる8シーズンにわたってプレー。明治安田生命J2リーグ最終節を残すのみの今季は11試合でプレー中で、天皇杯では2試合に出場している。 Jリーグ通算出場数は244試合(9得点)。23日にホームで行われるJ2最終節の栃木SC戦後に引退セレモニーが執り行われるなか、クラブを通じて感謝の言葉を記した。 「今シーズンをもって、プロサッカー選手を引退することを決断しました。プレーする機会を与えてくれた清水エスパルス、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本、ツエーゲン金沢に感謝申し上げます。素晴らしい才能や能力、実力を持った人たちと仲間になったり、対戦相手として競ってきました」 「そんな世界で自分が16年もの間プロとして生き抜いてこれたことは、奇跡だと思っています。『そんなことないよ!』と言われたいからこんなことを書いているつもりは無くて、客観的に見て本当にそうなんだと思っています。なぜ奇跡は起きたのでしょうか? それは、両親をはじめとする素晴らしい人達との出会いがあったからだと確信しています」 「私という人間を成長させ、築き上げてくれました。愛情を持って接してくれた指導者の皆様、偉大な先輩、何でも言い合えた同期、頼もしい後輩、多くの怪我を共に向き合い乗り越えてきたメディカルスタッフ、いつも選手を支えてくれるクラブスタッフ、全ての方との出会いに感謝申し上げます」 「ファン、サポーターの皆様、共に歩んできた道のりを誇りに思います。ありがとうございました。楽しかったです! これからも選手を、クラブを、Jリーグを、そしてサッカーを支えてもらえると嬉しいです。この先どんな道を歩もうとも、サッカーを通じ学んだことを忘れずに日々精進していきます。16年間ありがとうございました」 2022.10.21 09:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly