PSGが第3GKのルトゥリエと契約更新、今季は最終節に7分出場

2022.07.07 14:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマンは6日、フランス人GKアレクサンドル・ルトゥリエ(31)と2024年まで契約を延長したことを発表した。

元々同クラブのアカデミー選手だったルトゥリエは、2010年夏に加入したアンジェでのプロデビューするも、正GKの座を掴めないまま、2018年1月以降はスイスのヤングボーイズやノルウェーのサルプスボルグをレンタルで転々とするキャリアに。

アンジェでは9年半の在籍期間で60試合の出場にとどまり、2020年1月に当時リーグ・ドゥのオルレアンへフリー移籍。その半年後にPSGに復帰した。

PSGでは第3GKという立場で、復帰1年目の出番はゼロ。昨季はリーグ・アン最終節のメス戦でGKケイロル・ナバスに代わって途中出場し、7分間だけピッチに立った。

それがチームからの惜別のメッセージかに思われたが、この度、契約を2年延長。来季もケイロル・ナバスとGKジャンルイジ・ドンナルンマに次ぐ第3GKとして留まることになった。

関連ニュース
thumb

PSG新加入のレナト・サンチェスがデビュー後3分で加入後初ゴール! 手荒い祝福で愛されキャラの一面も

パリ・サンジェルマン(PSG)へ加入したばかりのポルトガル代表MFレナト・サンチェスが早くも初ゴールを決めた。 4日にリールからPSGへの完全移籍が発表された24歳は、13日に行われたホームでのリーグ・アン第2節のモンペリエ戦で、マルコ・ヴェッラッティに代わって85分からピッチへ立ち、新天地デビュー。すると、投入直後の88分に早速結果を残す。 DFヌーノ・メンデスの仕掛けに合わせて中盤からボックス内のスペースを見つけて顔を出すと、左クロスを流し込んで移籍後初得点をマークした。 ややダフリ気味になったものの、ゴールはゴール。リール時代に共闘したクリストフ・ガルティエ監督も拍手で称え、真剣な表情ながらわずかに口元がほころんでいるようにも見える。チームメイトからは手荒い祝福を受けるなど、愛されっぷりも披露した。 2016年のユーロでポルトガルの初優勝に貢献し、18歳にして世界中の注目を集めるようになったレナト・サンチェスだが、バイエルン移籍後は期待に見合った活躍ができたとは言い難かった。そこから2019年夏に加入したリールで好パフォーマンスを見せ、2020-21シーズンにはリーグ・アン制覇に大きく貢献。今季は自身再びのリーグ優勝へ向け、PSGでの躍進が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】PSG加入後即ゴールを決めたレナト・サンチェスへ手荒い祝福</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>レナト・サンチェス<br>デビュー戦でいきなりゴール<br>\<br><br>手荒い(?)祝福を受ける愛されっぷりも<br><br>2022-23 リーグアン第2節<br>SG×モンペリエ<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/qbW1MxYEFe">pic.twitter.com/qbW1MxYEFe</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1558647823444238336?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.14 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGのナバスはナポリ行きを受け入れる…残すはクラブ間の合意のみ

パリ・サンジェルマン(PSG)のコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(35)は、ナポリへの移籍を受け入れるようだ。フランス『レキップ』が伝えた。 2019年9月にレアル・マドリーから完全移籍で加入したナバス。PSGではこれまで公式戦106試合に出場していた。 2021-22シーズンはイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが加入。ポジション争いが激化する中、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は2人を併用。公式戦26試合に出場していた。 しかし、今夏就任したクリストフ・ガルティエ監督はドンナルンマを正守護神にすることを決定。ナバスは第2GKとなり、今季の公式戦ではベンチに座った状態となっている。 そのナバスに対して、守護神がいなくなってしまったナポリが獲得に興味を示していた中、ナバスは移籍を受け入れることにしたようだ。 今秋にはカタール・ワールドカップ(W杯)が控えており、日本代表、ドイツ代表、スペイン代表とグループステージで同居。控えにいては影響が出ると感じているようだ。 残すはPSGとナポリの間の合意とのこと。完全移籍になるか、買い取りオプション付きのレンタル移籍になるかを交渉しているとのこと。PSGとしては、最も高いサラリーの選手の1人であるナバスを手放すことはプラスだと考えているようだ。 なお、ナバスが退団すれば、セルヒオ・リコが第2GKになると見られている。 2022.08.14 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールが公式戦3戦連発! 2試合連続5得点のPSGが開幕2連勝《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は13日、リーグ・アン第2節でモンペリエと対戦し5-2で勝利した。 開幕節で昇格組のクレルモンに圧勝したPSGは、その試合の先発からサラビアに代えてケガで前節を欠場したムバッペを起用。2トップにムバッペとネイマールを据え、トップ下にメッシを配置した[3-4-1-2]の布陣で試合に臨んだ。 開幕連勝を狙うモンペリエに対し、立ち上がりから主導権を握るPSGは20分に決定機。ネイマールの左クロスのクリアボールがボックス内でメンデスと競り合ったフェリの右手に当たる。主審は一度プレーは流したが、オンフィールドレビューの結果、フェリのハンドを認めてPSGがPKを獲得。しかし、ムバッペのPKはGKオムリンの完璧なPKストップに防がれた。 膠着状態が続く中、PSGは39分に先制する。敵人でインターセプトしたハキミのラストパスをボックス右深くで受けたムバッペが高速クロスを供給。これがファライ・サコのオウンゴールを誘った。 先制したPSGは42分にも、ムバッペの横パスをボックス内で受けたメッシが浮かせたボールがF・サコに左手に当たると、主審はPKを宣告。これをネイマールが難なくゴール左に決めた。 迎えた後半もPSGが主導権を握ると51分、ムバッペのパスでボックス右に抜け出したハキミがクロスを供給。これをGKオムリンの前に走りこんだネイマールがダイビングヘッドでゴールに流し込んだ。 後半も幸先良く追加点を挙げたPSGだったが、58分に失点する。サヴァニエの左クロスをボックス内のハズリが胸で落とすと、ワイがダイレクトシュート。これはGKドンナルンマが弾いたが、こぼれ球をハズリが押し込んだ。 1点を返されたPSGはすぐに反撃に転じると69分、左CKをニアでヴィティーニャがフリックしたボールをゴール前に走りこんだムバッペが右足アウトで流し込んだ。 その後も攻撃の手を緩めないPSGは、85分にネイマールがネットを揺らしたが、これはVAR判定でオフサイドに。それでも88分、直前に投入されたレナト・サンチェスがメンデスの左クロスを流し込み、移籍後初ゴールをマーク。 試合終了間際にモンペリエに1点を返されたPSGだが、試合はそのまま5-2でタイムアップ。ネイマールの公式戦3戦連続弾などで5得点を奪ったPSGが開幕2連勝を飾った。 2022.08.14 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、自身もノミネートのバロンドールに同胞を推す 「ベンゼマは34歳にして最高のシーズンを過ごした」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが代表でのチームメイトをバロンドールに推した。スペイン『アス』が伝えている。 フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、2021-22シーズンにおけるバロンドールのノミネート者を発表。受賞最有力とされるレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマに加え、ムバッペも候補入りした。 『フランス・フットボール』のインタビューに応えたムバッペは自身もノミネートされながら、今回は代表のチームメイトであるベンゼマが受賞するべきだと主張した。 「彼は34歳にして人生最高のシーズンを過ごした。それにチャンピオンズリーグ(CL)を制覇し、何度も決定的な結果を残しているしね」 「カリムが今回のバロンドールを受賞できなかったら、僕は永遠にこの賞のことを考えるのをやめるだろう」 また、昨季の自身は公式戦46試合の出場で39ゴール26アシストを記録。凄まじい結果を残したが、夢であるバロンドール受賞のためにはさらなる成長が必要だと分析した。 「バロンドールを受賞するためには完全でなければならない。数字で目立つだけではダメなんだ。1シーズン60ゴールを決めても、必ずしもベストとは言えない。チームメイトを助けることはできても、それでは不十分だよ」 「異なるシチュエーションで、様々なことができると示す必要があるね。一芸に秀でた選手もいるけど、僕にとってバロンドールを受賞する選手は、それ以上のものを持ってなきゃならない。きっと、様々な技術が必要だ。チームの調子が悪いときに、決定的なプレーをすること。特に自分一人で試合をひっくり返すことができる選手は、そう多くはないだろう。だから、僕らは高い給料をもらっているんだ。受賞者は完璧な選手の典型でなければならないと思う」 「自分の夢を制限してはいけない。僕はいつも非常に大きな夢を見ていたし、早い段階からバロンドールを獲得したいと思っていたんだ。たぶん僕を認めない人も多くいるだろうけど、僕は気にしてないよ」 2022.08.13 19:21 Sat
twitterfacebook
thumb

「絶対に失いたくない」…PSG移籍話浮上のラッシュフォードにテン・ハグが発言

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督はパリ・サンジェルマン(PSG)行きの噂が立つイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(24)を「本当に重要な選手」と評した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 昨季、キャリアワーストの公式戦5ゴールに終わり、暗い影を落としたラッシュフォード。ユナイテッドの背番号「10」を受け継ぐ者として再起を期す今季だが、ここ最近になり、以前にも囁かれたPSG移籍の可能性が再燃している。 PSGのクリストフ・ガルティエ監督からも先日に新たなストライカーの獲得を求む発言がなされているが、テン・ハグ監督はラッシュフォードに対する満足感を示すとともに、移籍の憶測を否定した。 「彼は本当に重要な選手。私は到着した初日から、彼に本当に満足していて、絶対に彼を失いたくない。彼は我々のプランに入っているし、マンチェスター・ユナイテッドに残る」 なお、報道ではラッシュフォードの代理人によるPSGとの会談が取り沙汰される一方で、選手本人はユナイテッド残留を優先ともいわれている。 2022.08.13 09:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly