ラツィオのミズノ製今季ユニがお披露目!1stは伝統の水色と白、2ndは黒ベースに

2022.07.05 21:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオとサプライヤーの「ミズノ」は4日、2022-23シーズンのユニフォームデザインを発表した。

イタリアの首都に本拠地を構えるクラブと日本のスポーツメーカーは、ローマのポポロ広場にて新ユニフォームのお披露目となる公式プレゼンテーションを行った。

5年契約の初年度はビアンコセレスティ(白と空色)の愛称が示す通り、ホームユニフォームはクラシックなスカイブルーを基調とした。クラブの象徴でもある鷲をスタイル化したパターンを規則的に配置。襟と袖周りを白で縁取った。

胸スポンサー「BINABCE」のロゴとミズノのロゴにはネイビーブルーが採用され、パンツは白、ソックスはシャツと同色のスカイブルーとなっている。

アウェイキットは黒がベースに。胸元には水色から黄色を経て白へと変化するグラデーションのボーダー模様があしらわれている。胸スポンサーロゴがゴールド、ミズノのロゴは白となり、襟や袖の空色とともにアクセントとなっている。

アウェイキットはパンツ、ソックスともに黒で統一されている。また、GK用ユニフォームは黄緑色のボーダー柄となっている。

昨季は男子チームがヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位、女子チームが降格圏の11位に終わったラツィオ。新たなパートナーを迎えた今季の戦いぶりに注目が集まる。

1 2

関連ニュース
thumb

ユーベ、ミリンコビッチ=サビッチ獲得を諦めず? 今夏は86億円要求により断念

ユベントスが、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)を来夏に獲得するプランを練っているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ユベントスはここ数年、移籍市場を迎えるたびにミリンコビッチ=サビッチへの関心が話題となっている。今夏にもアプローチをかけたものの、ラツィオが最低でも6000万ユーロ(約86億円)という条件を譲らなかったようだ。 ラツィオの頑なな引き止めにも遭い、これまでは実現してこなかったが、来夏の獲得に向けては移籍金に加えて選手の譲渡なども視野に入れるという。 今季のミリンコビッチ=サビッチは公式戦10試合で4得点5アシストと、引き続き圧倒的な存在感でチームをけん引。ラツィオとの契約は2026年6月まで残すものの、同クラブのクラウディオ・ロティート会長としては、来月開幕のカタール・ワールドカップ(W杯)でセルビア代表MFの人気が再燃するのを恐れているとのことだ。 2022.10.05 20:38 Wed
twitterfacebook
thumb

半年ぶりイタリア代表招集のインモービレ、ケガの治療でハンガリーに帯同せず

イタリア代表のFWチーロ・インモービレだが、今回のUEFAネーションズリーグ(UNL)ではプレーできないこととなった。 イタリアは23日、UNLグループA・グループ3第5節でイングランド代表と対戦。試合は1-0で勝利したが、インモービレは欠場していた。 イタリア代表はハンガリー代表戦に向けてアウェイに出発することになったが、イタリアサッカー連盟(FIGC)はインモービレがハンガリー戦に出場できないことを発表した。 FIGCによると、25日の朝にインモービレはミラノで検査を受けたとのこと。チームに帯同していたが、ロベルト・マンチーニ監督は治療に専念させることを決断したという。 マンチーニ監督は、必要な治療を続けさせることを決断し、クラブとも共有しているという。 インモービレは、今シーズンの公式戦9試合に出場し5ゴール4アシストを記録している。 ケガで6月の活動は欠場しており、半年ぶりにイタリア代表招集を受けていたが、プレーすることなく離脱が決定した。 2022.09.25 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、新加入DFカサレの負傷を発表

ラツィオは24日、イタリア人DFニコロ・カサレの負傷を発表した。 18日に行われたセリエA第7節のクレモネーゼ戦に先発出場したカサレだったが、57分にアレッシオ・ロマニョーリと交代していた。 クラブの発表によると、カサレは左太ももの内転筋を負傷。すでに治療を始めており、今後は経過観察しながらさらなる検査を行い、完治までの期間を明確にするとのことだ。 昨季ヴェローナで主力としてセリエAで36試合に出場したカサレは、ベティスへ移籍したルイス・フェリペの退団に伴い、今夏にラツィオへ加入。今季はここまで2試合に出場していた。 2022.09.25 00:45 Sun
twitterfacebook
thumb

39歳パンデフが引退宣言…「これからは家族のために自分を捧げたい」

元北マケドニア代表FWゴラン・パンデフ(39)が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで引退する意向を明らかにした。 2002年のインテルでのプロデビューから、ラツィオやナポリで活躍してきたパンデフ。2014年夏からガラタサライでプレーした1年間を除けば、その後もジェノアやパルマなど、キャリアのほとんどをイタリアで過ごした。 セリエAでは通算493試合101ゴール58アシストを記録。2009-10シーズンにはインテルでスクデットを掲げており、冬の移籍市場で途中加入した同シーズンは、後半戦だけで公式戦29試合に出場し、伝説の三冠達成に大きく貢献した。 ラツィオやナポリ、ジェノアでも概ね主力として活躍し、在籍した全クラブを通じた成績では644試合139ゴール75アシストを誇る。また、5度のコッパ・イタリア制覇や2011年のクラブ・ワールドカップ優勝など、獲得した主要タイトルは12個を数えた。 北マケドニア代表でも輝かしい成果を残したパンデフ。2001年6月のトルコ戦で17歳でデビューして以降、歴代トップの122試合に出場。記録した39ゴールも無論歴代最多だ。母国では年間最優秀選手に5回選出されている。 直近では今冬にジェノアからパルマに移籍し、初めてセリエBを経験。11試合で1ゴール1アシストを記録し、夏の退団以降はフリーの状態が続いていた。 そして、この度応じた取材でスパイクを脱ぐ意向を明らかにした。 「20年か…。長男はもう13歳になるけど、シーズンとシーズンの間の休暇しか会うことができなかった。今は家族のために自分を捧げたい」 「でも何をすればいいかわからなかったから、いずれまたサッカーに関わっていくことになると思う」 「この夏はサッカーについて何一つ考えなかった。リラックスして、食事をして、少しだけ体を動かして。もうトレーニングを始めるつもりは全くないんだ」 2022.09.22 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

EL惨敗のラツィオ、アウェイ観戦サポーター225人にチケット払い戻しへ

ラツィオは16日、ヨーロッパリーグ(EL)のアウェイゲーム観戦に訪れた225人のサポーターに対するチケットの払い戻しを行うと発表した。 ラツィオは15日に行われたELのグループF第2節でミッティランとアウェイで対戦。試合は3点を先行され、セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチのゴールで1点を返したものの、その後さらに2失点。最終的に1-5で大敗した。 格下とおぼしき相手にまさかの惨敗を喫し、試合後の記者会見でマウリツィオ・サッリ監督は選手らのパフォーマンスを非難。また、自身も辞任が頭をよぎるほど痛恨の内容だったようだ。 クラブはその責任を取り、チケットの払い戻しを決定。はるばるデンマークまで駆けつけてくれたサポーターへの罪滅ぼしを行うようだ。 2022.09.17 13:53 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly