齊藤未月がスーパーな一撃のG大阪、土壇場のPK献上で浦和とドロー【明治安田J1第19節】

2022.07.02 21:08 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第19節の1試合が2日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪vs浦和レッズは1-1のドローに終わった。

4連勝と好調のサンフレッチェ広島を破り、4連敗の悪い流れを止めた12位のG大阪と今季初のリーグ戦連勝と上昇気配を漂わせる10位の浦和。わずか1ポイント差でひしめく両者のマッチアップとなった。

中2日でのゲームとあって、ボランチとして出ずっぱりだったダワンをベンチからスタートさせたG大阪だが、2-0で勝ち切った広島戦での成功体験も胸に立ち上がりから浦和陣内で試合を進める。

中5日の浦和としてはそのアドバンテージを生かしてペースを掴みたいところだったが、ベンチ外のキャスパー・ユンカーに代わって最前線を務める明本までなかなかボールを運べず、我慢が続く。

それでも、攻守両面で上回り続けるG大阪が坂本の持ち上がりから先制。33分、左サイドの石毛がゴール前のファーサイドに右足でクロス。齊藤が胸トラップからの右足フィニッシュでネットを揺らす。

華麗なカウンターから齊藤の加入後初ゴールでリードしたG大阪はさらに勢いづく。39分に見事な崩しから倉田がゴールネットを揺らした場面こそオフサイドだったが、終始ペースを握って折り返す。

1点ビハインドでの後半に向けて、平野、酒井、ダヴィド・モーベルグを一挙に送り出した浦和は反撃ムードに。疲れからか、トーンダウン気味のG大阪にも乗じて、攻め込む時間を明らかに増やす。

その状況をチャンスと見るや68分にも松尾を投入した浦和は最後の交代で関根を送り込み、前に圧をかけるが、ダワンや藤春、高尾、昌子、パトリックでカードを使い切ったG大阪も集中を切らさない。

だが、浦和が終盤も押し込むと、90分にボックス右で仕掛けた松尾が対面の三浦からファウルを誘い、浦和がPKを獲得。これをアレクサンダー・ショルツが落ち着いて決め、土壇場で追いついた。

結局、ともに死力尽くした一戦は痛み分け。G大阪は土壇場で勝ち点2を落として連勝を逃した一方で、連勝ストップの浦和は敵地で最低限の勝ち点1を持ち帰っている。

ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ
【G大阪】
齊藤未月(前33)
【浦和】
アレクサンダー・ショルツ(後45+2)

関連ニュース
thumb

「イケメン度増」小野伸二の誕生日をJも祝福、ルーキー時の写真や歴代スーパーゴールを紹介「天才という言葉がピッタリ」

北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二の43歳の誕生日をJリーグも祝福した。 小野は1998年に浦和レッズでプロキャリアをスタートさせ、2001-02シーズンにはフェイエノールトへ加入。以降は浦和復帰を経て、ボーフム、清水エスパルス、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)、札幌、FC琉球を渡り歩き、2021年から再び札幌でプレーしている。 プロ生活25年目に突入し、27日には43歳の誕生日を迎えたファンタジスタをJリーグも祝福。公式ツイッターにて「小野選手のルーキー時代から現在までを並べてみました」と、デビュー時の写真などをスライドで公開した。 懐かしい1枚を含む動画には、ファンからも「歳を重ねてイケメン度が増してますね」、「永遠のサッカー少年って、まさにこの人」、「小野いい顔してるね」、「途中清原がおらん?」などコメントが寄せられている。 また、Jリーグは併せて小野の歴代スーパーゴールのシーンも公開。無回転ミドルやアウトサイドでのループシュートなど、5つのゴールには「いつ見ても色褪せないスーペルゴラッソ!」、「天才という言葉がピッタリ」、「スーパーがすぎる」などの賛辞が集まっているほか、「スーパーパスも欲しい」との要望も聞こえている。 <span class="paragraph-title">【動画】小野伸二、ルーキー時代から現在までの顔写真スライドショー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">変わった?変わってない?<br><br>本日9月27日は<br>北海道コンサドーレ札幌<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E4%BC%B8%E4%BA%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#小野伸二</a> 選手の43歳の誕生日<br><br>小野選手のルーキー時代から現在までを並べてみました<a href="https://twitter.com/consaofficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@consaofficial</a> <a href="https://t.co/AUVKvO4xH0">pic.twitter.com/AUVKvO4xH0</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1574598896508375041?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】小野伸二、Jでの歴代スーパーゴール</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今日は北海道コンサドーレ札幌 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E4%BC%B8%E4%BA%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#小野伸二</a> 選手、43歳の誕生日<br><br>小野選手の、歴代スーパーゴールの数々をどうぞ<a href="https://twitter.com/consaofficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@consaofficial</a> <a href="https://t.co/QRRRwWir8w">pic.twitter.com/QRRRwWir8w</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1574692825941377025?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.27 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグが明治安田生命と契約更新、2026年末までの4年間

Jリーグは27日、明治安田生命保険相互会社と「Jリーグタイトルパートナー」契約を更新することを発表した。 契約期間は2023年1月1日から2026年12月31日までの4年間となる。 Jリーグと明治安田生命は、2015年からタイトルパートナー契約を結んでおり、今回の契約で12年間継続することとなる。 Jリーグ発足当時は、サントリーシリーズ、ニコスシリーズとシーズンのステージにスポンサーがついていたが、その後は廃止。2014年に村井満氏がチェアマンに就任すると、J3リーグに明治安田生命がタイトルパートナーとして契約。翌年の2015年からJ1、J2、J3統一で明治安田生命がタイトルにつくこととなった。 なお、詳細は12月下旬に発表されることとなる。 2022.09.27 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグ、2023シーズン以降もVAR継続へ…オフサイド撮影カメラの台数が増加

Jリーグは27日、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)について、2023〜2025シーズンまで継続することを発表した。 Jリーグでは2020シーズンから導入され、誤審削減に重要な役割を担っているVAR。今シーズンも多くの場面で活用されてきたが、来シーズン以降に向けても継続して使われることになった。 また、2023シーズンからの変更点として、オフサイド判定の精度向上を目的に2Dで判別していたオフサイドラインを3D化すること、及びオフサイドライン投影カメラを2台から5台に増やすことも併せて発表されている。 なお、2023シーズンのVAR導入試合は、スーパーカップ、J1リーグ全試合、リーグカップ・ノックアウトステージ、J1参入プレーオフが対象となる。 2022.09.27 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

J1クラブライセンスが46クラブに交付! J2岩手が新たに取得

Jリーグは27日、2023シーズンのJ1クラブライセンスについて発表した。 Jリーグは、JFAから日本におけるクラブライセンス制度の制定および運用の委任を受けており、日本におけるライセンス交付機関(ライセンサー)としてJ1クラブライセンス制度を運営し、Jクラブに対してJ1クラブライセンスを交付している。 J1クラブライセンスの交付判定については第三者機関であるクラブライセンス交付第一審機関(FIB)が行っている。 また、本年度より、AFCクラブライセンス=J1クラブライセンスのみとし、J2およびJ3クラブライセンスは国内ライセンス制度として運用。よって、J2およびJ3クラブライセンスは理事会による判定となる。 2023シーズンは現在J1の18クラブ、J2の22クラブに加え、J3の松本山雅FC、カターレ富山、FC岐阜、愛媛FC、ギラヴァンツ北九州、鹿児島ユナイテッドFCの46チームに交付。いわてグルージャ盛岡が施設基準の例外適用申請により、新たにJ1クラブライセンスを取得した。 なお、以下の16スタジアムは屋根のカバー率が不足している。 • いわぎんスタジアム【岩手】 • NDソフトスタジアム山形【山形】 • 正田醤油スタジアム群馬【群馬】 • NACK5スタジアム大宮【大宮】 • 三協フロンテア柏スタジアム【柏】 • ニッパツ三ツ沢球技場【横浜FC】 • レモンガススタジアム平塚【湘南】 •JITリサイクルインクスタジアム【甲府】 • サンプロ アルウィン【松本】 • 富山県総合運動公園陸上競技場【富山】 •IAIスタジアム日本平【清水】 • ヤマハスタジアム(磐田)【磐田】 • シティライトスタジアム【岡山】 • ニンジニアスタジアム【愛媛】 • 白波スタジアム【鹿児島】 • タピック県総ひやごんスタジアム【琉球】 また、下記のスタジアムは、屋根のカバー率に加え、トイレの数も不足している。 •ソユースタジアム【秋田】 2022.09.27 18:53 Tue
twitterfacebook
thumb

磐田が台風15号の被災地に飲料水を提供、磐田市と清水エスパルスに

ジュビロ磐田は27日、台風15号で被災された方への支援を発表した。 台風15号に伴う豪雨により、静岡県の全域で大きな被害に。静岡市では6万世帯を超える断水の被害に。そのほか、静岡県西部でも浸水の被害などが起きている。 アスルクラロ沼津、藤枝MYFCは物資を集めて支援のために運ぶことに。また、清水エスパルスは、パートナー企業からウォーターサーバー用のボトル(9.5L)を提供してもらい、静岡市清水区在住の被災者に提供することを26日に発表していた。 そんな中、磐田も支援を発表。飲料水を提供するという。 サーラグループからは飲料水500mlを1440本提供してもらい磐田市に。株式会社伊藤園からは飲料水500mlを7200本を協力してもらい、清水エスパルスに提供するとした。 磐田は声明を発表している。 「台風15号にともなう豪雨により被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます」 「磐田市をはじめ、ホームタウンエリアである静岡県西部地域にも浸水などの被害が出ており、また静岡県全域でも断水等で困窮されている方が多くいらっしゃいます」 「被災された方々に謹んでお見舞い申し上げますとともに、救援・復旧活動に尽力されている方々に深く敬意を表し、皆様の安全と一日も早く平穏な日常が戻ってくることを、心より願っております」 2022.09.27 17:38 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly