バイエルン退団のトリソが古巣リヨンへ5年ぶりの帰還! 「リヨンは僕の街」

2022.07.01 16:41 Fri
Getty Images
リヨンは1日、バイエルンを退団したフランス代表MFコランタン・トリソ(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までとなる。
PR
5年ぶりに古巣帰還を果たした27歳MFはクラブ公式サイトを通じて、意気込みを語っている。
「ここに戻ってきて、クラブの新しいプロジェクトに参加できることがとても嬉しいよ」

「リヨンは僕の街だ。ここは自分が育った場所であり、気分が良く、とても喜んで戻ってきた。サポーターからたくさんの愛を感じているんだ。グルパマ・スタジアムで再び彼らと一緒に躍動するのが、待ちきれないよ」

リヨンの下部組織出身のトリソは、2014年にトップチームに昇格すると、在籍3年半で公式戦160試合に出場し、29ゴール17アシストを記録。その後、およそ4000万ユーロ(56億4000万円)の移籍金でバイエルンへ完全移籍した。
バイエルンでは1年目に公式戦40試合10ゴール7アシストをマークしたが、翌シーズンに前十字じん帯断裂と半月板損傷の大ケガを負うと、以降もケガの連続で、満足にシーズンをフルで戦えたのは1年目のみだった。

2021-22シーズンもふくらはぎの問題などで1カ月程度の離脱を3回繰り返しており、出場は22試合で、先発はそのうち12試合のみ。5月末には5年間の契約満了をもって退団が発表されていた。

なお、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットに続きトリソを帰還させたリヨンは、バルセロナで燻るDFサミュエル・ユムティティの復帰を画策しているとも言われている。

PR
関連ニュース

サッスオーロがディオニージ監督の解任準備か…フリーのグロッソ氏に接触報道

サッスオーロを指揮するフェデリコ・ディオニージ監督のクビが迫っているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。 就任3年目を迎えたディオニージ監督率いる今シーズンのサッスオーロは、今シーズン開幕2連敗とスタートで躓くと浮上のきっかけをつかめず、降格圏の17位ヴェローナと1pt差の15位と低迷。直近のボローニャ戦も敗れ、現在3連敗中となっている。 今回の報道によれば、既定路線では監督交代はしない考えのサッスオーロ首脳陣だが、直近の成績に不安を抱いており、次節トリノ戦の結果次第では、ディオニージ監督の解任を検討する可能性が浮上すると予想している。 また同紙は、クラブはすでに後任候補の選定にも動き出しており、第一号として元イタリア代表DFのファビオ・グロッソ氏に接触したとのこと。 現役時代は左サイドバックとして名を馳せ、パレルモやインテル、ユベントスでもプレーしたグロッソ氏は、引退後にユベントスのU-19で指導者キャリアをスタート。 その後、バーリでファーストチームの監督を務めると、エラス・ヴェローナやブレシア、シオン(スイス)、フロジノーネでで監督を歴任。直近では低迷していた古巣のリヨンで監督を務めたが、チームを立て直すことはできず、昨年11月末に解任されていた。 2024.02.10 00:30 Sat

PSGがブレスト撃破でベスト8進出! 南野拓実スタメンのモナコは3部相手にPK戦の末に敗退…【クープ・ドゥ・フランス】

クープ・ドゥ・フランスのラウンド16が2月6~8日に行われた。 最多14度の優勝を誇るパリ・サンジェルマン(PSG)は、スタッド・ブレストと対戦し、3-1で勝利した。 リーグ・アン首位と3位によるベスト8進出を懸けた一戦はホームのPSGがやや優勢に進めていくと、34分にはショートカウンターの形からボックス右でパスを受けたムバッペが強烈な右足のシュートをゴール左隅に突き刺して先制に成功。さらに、37分には左CKの二次攻撃からデンベレの左からのグラウンダークロスを攻め残っていたダニーロが右足ワンタッチで合せ、前半のうちに2点を挙げた。 迎えた後半はイーブンな展開のなか、65分にはムニエの強烈なヘディングシュートでブレストが1点を返したことで、一気に試合の緊迫感が増す。それでも、試合終了間際の92分にはムバッペの鮮やかなドリブル突破を起点に右サイドを完全に崩し、ゴンサロ・ラモスがトドメの3点目を奪って試合を決めた。 FW南野拓実を擁するモナコは3部に所属するFCルーアンと対戦し、PK戦の末に敗退となった。 南野が先発出場した一戦は冷たい雨が降りしきる中でスタート。その南野は開始4分にいきなりゴールネットを揺らしたが、ここは味方の戻りオフサイドを取られてゴールは認められず。 立ち上がり以降はボールの主導権を握るものの、アタッキングサードで苦戦するモナコ。それでも、35分にはバログンがボックス内でGKに倒されて得たPKを自ら決めて先制に成功する。だが、前半終了間際にはセットプレーからボックス内でうまく繋がれてバシンに同点ゴールを決められた。 1-1のイーブンで折り返した後半もイーブンの展開に持ち込まれると、60分過ぎには3枚替えを敢行。南野はやや消化不良の形でアクリウシュとの交代でピッチを後にした。 その後も粘るルーアン相手に攻撃が停滞するモナコは90分のうちに決着を付けることができず。ベスト8の行方はPK戦に委ねられることに。後攻となったPK戦ではGKマイェッキが4人目をストップし、5人目が決めれば勝利という状況だったが、これをバログンが相手GKに止められてサドンデス突入。すると、7人目のアクリウシュが止められてしまい、3部相手にまさかの敗退となった。 その他のカードではリーグ・アンの名門対決となったリヨンvsリールは、リーグ戦で不振に陥るリヨンが2-1で勝利。リーグ2位に位置するニースはモンペリエに4-1の快勝を収めた。また、4部のル・ピュイ・フットと2部のヴァランシエンヌがベスト8進出を決めている。 ◆クープ・ドゥ・フランス ラウンド16結果 ▽2/6 ソショー(3) 1-6 スタッド・レンヌ ▽2/7 リヨン 2-1 リール モンペリエ 1-4 ニース ストラスブール 3-1 ル・アーヴル サンプリースト(5) 1-2 ヴァランシエンヌ(2) ル・ピュイ・フット(4) 2-1 スタッド・ラヴァル(2) パリ・サンジェルマン 3-1 スタッド・ブレスト ▽2/8 FCルーアン(3) 1-1(PK:6:5) モナコ ※()内は所属カテゴリー 2024.02.09 07:07 Fri

UWCLの準々決勝組み合わせが決定!昨季王者のバルセロナはブラン、浜野まいか所属のチェルシーはアヤックスと対戦

UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のノックアウトステージ組み合わせ抽選会が6日にスイスのニヨンで実施された。 元イングランド代表FWジョディ・テイラー氏らによって行われた抽選の結果、昨季王者のバルセロナは、躍進のSKブランと対戦。歴代最多8度の優勝を誇るリヨンは、初の準々決勝進出を決めたベンフィカと顔を合わせる。 浜野まいかが所属するチェルシーは、混戦のグループCを抜けたアヤックスと、同じくグループCを突破したパリ・サンジェルマン(PSG)は、ヘッケンと対戦する。 準々決勝以降へ向けては、各クラブ3名まで新規選手を登録できる。期限は3月14日まで。グループステージではメンバー登録がなされていなかった浜野にも、機会が巡ってくる可能性がある。 準々決勝第1戦は3月19/20日に、第2戦は3月27/28日に行われ、準決勝以降の組み合わせは以下の通り。決勝はスペインのビルバオ、サン・マメスで行われる。 ◆UWCL ▽準々決勝組合せ SKブラン(ノルウェー) vs バルセロナ(スペイン)--[A] ベンフィカ(ポルトガル) vs リヨン(フランス)--[B] アヤックス(オランダ) vs チェルシー(イングランド)--[C] ヘッケン(スウェーデン) vs パリ・サンジェルマン(フランス)--[D] ▽準決勝(4月20/21日、27/28日) [A]の勝者 vs [C]の勝者--[1] [B]の勝者 vs [D]の勝者--[2] ▽決勝(5月25日) [1]の勝者 vs [2]の勝者 <span class="paragraph-title">【動画】19-20UWCL決勝で熊谷紗希が決めたミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OeNl-2OYwOU";var video_start = 2835;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.07 15:40 Wed

リヨン、ウェストハムからFWベンラーマを買い取りOP付きのレンタルで獲得

リヨンは2日、ウェストハムに所属するアルジェリア代表FWサイード・ベンラーマ(28)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までとなる。 なおリヨンによれば、レンタル料は510万ポンド(約9億5600万円)で、買い取りオプションを行使する際には1230万ポンド(約23億円)の移籍金と、リセール時の移籍金10%をウェストハムに支払うとのことだ。 2020年10月にブレントフォードからレンタルでウェストハムに加入し、半年後には完全移籍へと移行したベンラーマ。主力ウインガーの1人としてここまでクラブ通算155試合に出場しており、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ決勝(ECL)ではPKから貴重な先制点をゲット。クラブにとって43年ぶりの主要タイトル獲得に貢献した。 しかし、迎えた今シーズンは序列が急降下。プレミアリーグではここまで13試合の出場しているが、主に途中出場が多く出場時間は615分に留まっていた。 2024.02.03 07:30 Sat

ベンラーマの移籍が破談に…リヨン「ウェストハムの著しい敬意欠如」

リヨンがアルジェリア代表FWサイード・ベンラーマ(28)の獲得とん挫に声明を発表した。 リヨンの主張によると、ベンラーマを巡っては今冬のマーケット閉幕が目前となるなか、すべてで合意に達してはいたが、ウェストハム側の手続きが完了せず、破談となってしまったようだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、この移籍は買取義務を伴う総額1500万ポンド(約27億9000万円)以上のローン契約だったとのことで、選手本人も現地に向かっていたという。 よもやのリーグ・アン16位に沈む状況からの巻き返しを期して、冬補強に力を入れていたリヨンは「サイード・ベンラーマの移籍が失敗した理由」と題して、ウェストハム側の不備を主張した。 「ウェストハムからの移籍をまとめるため、木曜日(1日)にサイード・ベンラーマをリヨンに迎え入れることができ、嬉しい思いだった。両クラブは一時的な移籍契約に署名を済ませ、リヨンはこの移籍が円滑かつ透明性をもって進められるようDNCG(フランスサッカーの財政監視機関)の承認を得ていた」 「しかしながら、夕方初めにリヨンがすべての管理データを専用のFIFAプラットフォームに入力していたにもかかわらず、ウェストハムは再々の注意、そして電話でのやり取りもありながら、技術的な手続きを始めなかった」 「イングランドのクラブがこうした相互的な行動をとらなかったことと、そうした不可解な行為を受け、疑問が生じたため、国際移籍証明書の発行を期限内に要求できなかった」 「リヨンは組織と選手に対して、ウェストハムの著しい敬意欠如を示すこの事態と決定を深く遺憾に思う。クラブとしては後日、この取引を検証するために必要なすべての適切な手続きを開始し、必要に応じてウェストハムの責任を問う権利を留保する」 2024.02.02 12:25 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly