バイエルン退団のトリソが古巣リヨンへ5年ぶりの帰還! 「リヨンは僕の街」

2022.07.01 16:41 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンは1日、バイエルンを退団したフランス代表MFコランタン・トリソ(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までとなる。

5年ぶりに古巣帰還を果たした27歳MFはクラブ公式サイトを通じて、意気込みを語っている。

「ここに戻ってきて、クラブの新しいプロジェクトに参加できることがとても嬉しいよ」

「リヨンは僕の街だ。ここは自分が育った場所であり、気分が良く、とても喜んで戻ってきた。サポーターからたくさんの愛を感じているんだ。グルパマ・スタジアムで再び彼らと一緒に躍動するのが、待ちきれないよ」

リヨンの下部組織出身のトリソは、2014年にトップチームに昇格すると、在籍3年半で公式戦160試合に出場し、29ゴール17アシストを記録。その後、およそ4000万ユーロ(56億4000万円)の移籍金でバイエルンへ完全移籍した。

バイエルンでは1年目に公式戦40試合10ゴール7アシストをマークしたが、翌シーズンに前十字じん帯断裂と半月板損傷の大ケガを負うと、以降もケガの連続で、満足にシーズンをフルで戦えたのは1年目のみだった。

2021-22シーズンもふくらはぎの問題などで1カ月程度の離脱を3回繰り返しており、出場は22試合で、先発はそのうち12試合のみ。5月末には5年間の契約満了をもって退団が発表されていた。

なお、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットに続きトリソを帰還させたリヨンは、バルセロナで燻るDFサミュエル・ユムティティの復帰を画策しているとも言われている。

関連ニュース
thumb

リヨンで不遇のアワール… インテル&アトレティコが来夏のフリー獲得を画策

リヨンの元フランス代表MFフセム・アワール(24)に、アトレティコ・マドリーなどが関心を寄せているようだ。フランス『フットメルカート』が報じている。 アワールは今夏、国外へのステップアップを熱望し、アーセナルやユベントスなどを筆頭とした複数クラブからの関心が伝えられた。だが、クラブ間交渉が合意に至ることはなく、最終的にリヨン残留となっていた。 そんな中迎えた今季は、退団の希望した影響もあってか、ほとんど出場機会を与えてもらえず。途中出場から33分間プレーしたリーグ・アン開幕節以降は一度もピッチに立てておらず、契約満了となる今季終了後の退団が確実だという。 フランス屈指の実力者をフリーで獲得できるチャンスとあって、来夏は争奪戦が濃厚。先日のマンチェスター・シティとのリンクに続き、アトレティコとインテルの2クラブも選手側と連絡を取り始めたとのこと。また、以前から移籍先候補として名前が挙がっているセビージャとレアル・ベティスからの関心も続いているようだ。 2022.10.05 21:47 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表DFデナイヤーもUAEへ! 昨季限りでリヨンを去ってフリー

ベルギー代表DFジェイソン・デナイヤー(27)が中東に舞台を移すようだ。 マンチェスター・シティでプロ入り後、セルティックやガラタサライ、サンダーランドを経て、2018年8月にリヨン入りしたデナイヤー。リヨンでは通算139試合の出場数を誇ったが、昨季で契約が切れ、フリーの状況が続いている。 既報でトルコやイタリアなどが新天地として噂された現役のベルギー代表戦士だが、去就はどうやらUAEクラブ行きで決着の様相を呈しているようだ。 移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者によると、デナイヤーはアラビアン・ガルフ・リーグを戦うシャバブ・アル・アハリ・ドバイへの加入を完了させるべく、27日にもベルギーからUAEに旅立つという。 これまで欧州を舞台に活躍してきた選手の有名どころでは今夏において、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ、ギリシャ代表DFコスタス・マノラス、ブラジル代表MFアランに続くUAE行きとなる。 2022.09.27 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨン戦制して公式戦6連勝のPSG、ガルティエ監督「特にネイマールが力を与えてくれた」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が、リヨン戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えている。 PSGは18日に行われたリーグ・アン第8節でリヨンとのアウェイ戦に臨んだ。開始5分にボックス左手前からブラジル代表FWネイマールがボックス内へと切り込み、ラストパスを供給。中央のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが左足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込み、早々に先制する。 その後もPSGが数回チャンスを迎えるが、相手GKアントニー・ロペスの好セーブによって追加点は奪えず。終盤にかけては逆に相手に攻め込まれる場面も見られたが、1-0のまま逃げ切った。 公式戦6連勝を飾り、首位をキープしたPSG。ガルティエ監督は試合後、追加点を奪えなかったことに歯がゆさを語りながらも、全体的なパフォーマンスについては評価した。 「選手にとってはボールを持っていない状態よりも、持っている方が楽にプレーできると思う。また、ポゼッションの時間が長かったことも重要で、それによってリヨンのディフェンスのギャップを見つけることができた」 「動きがよく、もっと得点できたはずだが、アントニー・ロペスが非常によかった。後半に得点できず、常に厳しい状況を続いていた。早い時間帯で交代を切ってしまったことで、他の交代ができなくなり、機動力が落ちてしまった」 「しかし、選手たちは難しいチームを相手に素晴らしいプレーをしたと思う。特にネイマールが我々に力を与えてくれて、よりチームのバランスが良くなった」 また、この試合で負傷によってメンバー外となったイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティについても言及。「ふくらはぎをケガしたのは痛手だ。マルコが長い間いなくなったらと思うと、心配になる。今日の夜、代表チームに出発する予定だったが、検査のためにパリに戻ることになった」と説明した。 2022.09.19 12:41 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ弾でリヨンを下したPSGが公式戦6連勝!《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は18日、リーグ・アン第8節でリヨンとアウェイ対戦し1-0で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節のマッカビ・ハイファ戦を完勝したPSGは、その試合から先発を2人変更。ヴィティーニャとムキエレに代えてハキミとファビアン・ルイスを先発で起用した。 リーグ戦2連敗中のリヨンに対し、PSGは開始早々の5分に先制する。ボックス左手前でボールを受けたネイマールが斜めに切り込みラストパスを供給すると、メッシがゴール左隅にシュートを流し込んだ。 先制点で主導権を握ったPSGだったが、21分にリヨンに最初の決定機を作られる。バイタルエリア左でボールを受けたトリソがゴール前へロングパスを供給すると、DFの裏に抜け出したラカゼットが頭で合わせたが、これはわずかに枠の右。さらに22分には、ラカゼットのパスをボックス左で受けたトコ・エカンビが決定機を迎えたが、シュートはGKドンナルンマの正面を突いた。 ハーフタイムにかけても互いにゴールに迫るシーンを作ったが、両守護神の好セーブもあり、前半はPSGの1点リードで終了した。 迎えた後半、1点を追うリヨンはトリソを下げてルプナンを投入。対するPSGは、57分にファビアン・ルイスを下げてヴィティーニャを、62分に左足を痛めたヴェッラッティを下げてムキエレをピッチに送り出した。 膠着状態が続く中、PSGは72分にチャンスを迎える。ムバッペのパスでボックス左深くに抜け出したヌーノ・メンデスの折り返しからネイマールがシュートを放ったが、これはGKアントニー・ロペスの好セーブに阻まれた。 終盤にかけて連戦の疲れが出てきたPSGは、相手に攻め込まれる場面も幾度かあったものの、要所を締める守備でゴールを割らせず。メッシのゴールで逃げ切ったPSGが公式戦6連勝を飾った。 2022.09.19 05:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ラカゼットが声帯ポリープ手術へ…代表戦明けの復帰に照準

リヨンの元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが声帯ポリープの手術を受ける見込みだ。フランス『レキップ』が報じている。 ラカゼットは、ここ最近に入って喉に強い痛みを訴えていたが、手術による試合欠場を望まず、声が出にくい状態でプレーを継続してきた。 しかし、同選手はインターナショナルマッチウィークによる短い中断期間を利用して、ポリープの除去手術を受けることを決断。来週半ばにリヨンで手術を受け、数日間の療養を経てリーグ再開のタイミングでの復帰を目指すことになる。 2022.09.16 05:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly