「スマホが小さく見える」トラオレが驚きの肉体を惜しげなく披露!

2022.06.30 20:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表FWアダマ・トラオレがインスタグラムを更新。オフシーズンでも変わらぬ肉体を見せている。トラオレといえば、サッカー選手離れした圧倒的な筋肉量が度々話題に。プレーだけでなくその肉体でも注目を集めている。

オフシーズン中のトラオレは29日にインスタグラムを更新すると、上半身裸でスマートフォンを確認する写真をアップ。相変わらず凄い肉体で、オフに入って少しだけ脂肪が乗ったのか、シーズン中よりもさらに迫力は増した印象だ。

そのサイズにはファンも「この体になりたい」、「スマホが小さく見えるな」と驚きの様子だ。

そのトラオレは「すべての痛みが強くし、すべての裏切りが賢くし、すべての失望がより巧みにし、すべての経験がより賢明にする」と意味深なコメントを残している。

今年1月にウォルバーハンプトンから買い取りオプション付きでバルセロナにレンタル移籍し加入直後こそ存在感を示しながら、同ポジションのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが台頭したことで序列が低下。買い取りオプションが行使されないことが決まっており、ウォルバーハンプトンに戻ることとなるが、そのことを指しているのだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

ハフィーニャのバルサ移籍の背景に代理人デコのナイスアシスト! 手数料の受け取りを遠慮

ブラジル代表FWハフィーニャのバルセロナ移籍に関して、代理人であるデコ氏が大きな役割を果たしていたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 先月13日にリーズからの加入が発表されたハフィーニャ。その1週間後に行われたプレシーズンマッチのインテル・マイアミ戦で先発でデビューを果たすと、25分の移籍後初ゴールをはじめ、前半の出場だけで1ゴール2アシストと早速結果を残した。さらに、続くレアル・マドリーとのエク・クラシコでは、ペナルティアーク右から左足でゴール右上隅に突き刺すスーパーゴールも。 早くも新天地で存在感を放つ25歳だが、多くのビッグクラブが関心を寄せていたこともあり、移籍金は相当なものに。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、固定額は5800万ユーロ(約80億円)で、各ボーナスを含めると最大6700万ユーロ(約92億4000万円)となる可能性があるという。 しかし、本来は7000万ユーロを超える取引になる見込みだったようだ。『ムンド・デポルティボ』によれば、代理人のデコ氏は513万ユーロと言われる手数料が支払われる手筈だったが、バルセロナ移籍を強く望む顧客のため、その受け取りを辞退したという。 レジェンドの素晴らしいアシストで獲得に漕ぎ着けたバルセロナ。だが、深刻な財政難により、ラ・リーガ新シーズンに向けた選手登録が滞っているようだ。 2022.08.08 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサがレヴァンドフスキ初弾などでダニ・アウベス加入プーマスに圧勝! ラ・リーガ開幕へ弾み《ガンペール杯》

バルセロナは7日、ジョアン・ガンペール杯でUNAMプーマス(メキシコ)と対戦し、6-0で圧勝した。 今回で通算57回目を迎える同大会は、当初ローマとの対戦が決定していたものの、対戦相手の突然の参加辞退により紆余曲折を経て、昨季まで在籍したダニエウ・アウベスが加入したメキシコの名門との対戦となった。 来週末にラージョとのラ・リーガ開幕戦を控える中、最後の調整試合となる一戦に向け、チャビ監督は両サイドバックにセルジ・ロベルト、バルデを起用した以外、主力を揃って起用。前線は右からデンベレ、レヴァンドフスキ、ハフィーニャという並びとなった。 カンプ・ノウ帰還となったダニエウ・アウベスもスタメンで起用されたこの一戦。立ち上がりから攻勢を仕掛けるホームチームは、加入後2試合で沈黙していたエースストライカー候補がいきなり魅せる。 開始3分、ボックス手前左でボールを持ったペドリからの絶妙な浮き球パスに反応したレヴァンドフスキはボックス左ゴールライン際でGKをかわす。シュートの角度はほぼなかったが、右足の丁寧なシュートをファーポストに流し込み、待望の加入後初ゴールを奪う。 このゴールに気を良くしたレヴァンドフスキは直後の5分、ボックス中央でデンベレからの横パスを足元に収めると、ゴール前の狭いスペースへ絶妙なショートスルーパスを供給。これに完璧なタイミングで抜け出したペドリが冷静にGKをかわして無人のゴールへシュートを流し込む。 レヴァンドフスキとペドリの美しい連携に触発されたのか、今度は両ウイングが魅せる。10分、右サイド深くでボールを持ったハフィーニャが丁寧な折り返しを入れると、立ち上がりから果敢にシュートを放っていたデンベレが自身3本目のシュートをゴール右隅に突き刺した。 リーグ戦真っ只中のプーマス相手に開始10分で3ゴールを奪う圧巻の強さを見せるホームチームは、ここから少しペースを落とす。だが、完全に覚醒した新エースと司令塔の勢いが止まらない。19分、エリック・ガルシアからのグラウンダーの縦パスをレヴァンドフスキがヒールを使って背後のスペースへ流すと、これに抜け出したペドリがボックス内で冷静にDFをかわして右足のシュートを流し込み、ドブレーテを達成した。 前半半ばを過ぎると、試合はようやく落ち着いた展開に。バルセロナはデル・プレーテの際どいボックス内でのシュートをGKテア・シュテーゲンの好守で凌ぎつつ、ハフィーニャやレヴァンドフスキにも5点目のチャンスが訪れたが、ここは相手の好守やポストに阻まれた。 結局、4-0のスコアで前半を終えたチャビ率いるチームは、ハーフタイムで6人を変更。ピケとジョルディ・アルバの重鎮2人、総入れ替えの中盤はアンカーにニコ・ゴンサレス、インテリオールにフレンキー・デ・ヨング、ケシエ、両ウイングにオーバメヤン、アンス・ファティが入った。 熾烈なポジション争いにおいて結果がほしい攻撃陣が、後半も早い時間帯にゴールを奪う。49分、ボックス左に抜け出したケシエからの正確な折り返しを、ファーサイドに飛び込んだオーバメヤンがワンタッチで流し込んだ。 その後、60分にはレヴァンドフスキら5選手がお役御免となり、ブラウグラナデビューのクンデやデパイが投入される。一方、プーマスではダニエウ・アウベスがこのタイミングでベンチへ下がり、カンプ・ノウに集まったクレはレジェンドへ惜しみない拍手を送った。 大量得点差に加え、多くの主役がベンチに下がったこともあり、以降はやや大味な展開に。 それでも、試合終盤の84分にはデ・ヨングが高い位置でのボール奪取からそのままボックス内までボールを運び丁寧な右足のシュートを流し込み、6点目を奪取。さらに、直後のピンチはGKペーニャが見事なセーブで凌ぎ、クリーンシートを維持した。 そして、UNAMプーマスに6-0の完勝を収めたバルセロナが、最高の形でラ・リーガ開幕を迎えることになった。 バルセロナ 6-0 UNAMプーマス 【バルセロナ】 レヴァンドフスキ(3分) ペドリ(5分) デンベレ(10分) ペドリ(19分) オーバメヤン(49分) F・デ・ヨング(84分) ◆バルセロナ GK:テア・シュテーゲン(→ペーニャ) DF:セルジ・ロベルト(→デスト)、アラウホ(→クンデ)、エリック・ガルシア(→ピケ)、バルデ(→ジョルディ・アルバ) MF:ガビ(→ケシエ)、ブスケッツ(→ニコ・ゴンサレス)、ペドリ(→フレンキー・デ・ヨング) FW:デンベレ(→オーバメヤン)、レヴァンドフスキ(→デパイ)、ハフィーニャ(→アンス・ファティ) 2022.08.08 05:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがバルサから新守護神候補ネトをフリーで獲得!

ボーンマスは7日、バルセロナから元ブラジル代表GKネト(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号は「13」に決定。契約期間は2023年6月30日までの1年となる。 ネトはユベントスやバレンシアなどを経て、2019年夏にバルセロナへ加入。だが、同クラブではドイツ代表GKアンドレ・テア=シュテーゲンが不動の定位置を築いており、ネトの出場機会はごくわずか。昨季も公式戦4試合の出場にとどまった。 さらに、ガラタサライから武者修行を終えたカンテラ出身のGKイニャキ・ペーニャにセカンドGKのポジションを奪われており、クラブの財政難も重なって今夏の退団が既定路線となっていた。 一時はアーセナルやナポリ、セルタ、フルアムなどが移籍先候補として報じられていたが、プレミアリーグ昇格クラブが新天地となった。 なお、ボーンマスは23歳のアイルランド代表GKマーク・トラバースが守護神を務め、22歳のイングランド人GKウィル・デニスがサブに控えるという状況。スコット・パーカー監督はGK陣に経験豊富なベテランの加入を熱望していた。 2022.08.07 21:54 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキの入団セレモニーパフォが過去の偉人と類似の声「ズラタンとロナウジーニョはオリジナル」

バルセロナのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのプレゼンテーションに注目が集まっている。 8年間にわたって活躍したバイエルンを離れ、スペインに新天地を求めたレヴァンドフスキ。『433』はバルセロナでの入団セレモニーにおけるレヴァンドフスキのパフォーマンスを「見覚えがある」と、着目した。 大きく背中をそらせた状態で胸元にボールをコントロールや天を向いた状態の顔にボールを乗せるパフォーマンスをピックアップ。前者はミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに、後者は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏のそれに似ているようだ。 過去にバルセロナでプレーをした偉人との比較画像には「ズラタンの方が良かった」、「ズラタンとロナウジーニョはオリジナル」、「彼は宿題をしました」、「ズラタンの方がうまくやった」などのコメントが寄せられている。 「サラリーは似ていないと思うが…」との声もあり、選手登録問題も未解決のバルセロナだが、レヴァンドフスキはピッチ上でサポーターを満足させることができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】レヴァンドフスキの加入時パフォーマンスをズラタンやロナウジーニョと比較</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg7OeN-MmUa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg7OeN-MmUa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg7OeN-MmUa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.07 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

開幕戦ベンチ外のマルコス・アロンソ、トゥヘル監督が明かす「彼とは退団で合意している」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、スペイン代表DFマルコス・アロンソが退団を希望していることを明らかにした。 2016年夏に加入し、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグと多くのタイトルを獲得したマルコス・アロンソ。貴重な左サイドプレイヤーとして長らく重宝され、とりわけアントニオ・コンテ体制でリーグ制覇を果たしたシーズンはMVP級の活躍を見せた。 だが、DFベン・チルウェルの加入で徐々にその地位が傾き始め、昨季はそのチルウェルが負傷離脱するまでセカンドチョイスだった。 今夏に至っては、クラブは新たに同ポジションにDFマルク・ククレジャを獲得。6日に行われたプレミアリーグ初戦のエバートン戦では、マルコス・アロンソを差し置いてそのククレジャがベンチ入りした。 試合後のトゥヘル監督によれば、31歳は以前から退団を求めており、そのためエバートン戦には登録しなかったという。 「彼は我々と同意したうえでチェルシーを去ろうとしている。だから今日は彼を出場させることは無意味だった」 そんなマルコス・アロンソはしばらくバルセロナとの関連が伝えられている。また、両クラブはMFフレンキー・デ・ヨングの移籍に向けても交渉を行っており、何らかの動きがあると予想されている。 2022.08.07 14:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly