「完全に魂を売った」サウジアラビア代表に“酷似”したデザインでニューカッスルの新ユニフォームが炎上…

2022.06.29 20:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルが発表した新ユニフォームに反発の声が上がっている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている、ニューカッスルは2021年10月にサウジアラビアの政府系ファンドであるPIFに買収された。PIFの総資産額は3200億ポンド(当時のレートで約48兆7500億円)と言われ、潤沢なオイルマネーを元手にビッグクラブ化が期待されている。

すでにリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマンやバーンリーのイングランド代表GKニック・ポープを獲得するなど、新シーズンに向けて着々と準備を進めているニューカッスルだが、28日には新シーズンで着用する3rdユニフォームも発表した。

白をベースにアクセントとしてグリーンが配色されたシャツに、グリーンをベースとしたショーツという組み合わせのユニフォームだったが、そのカラーリングはサウジアラビア代表のものと酷似している。

これに対しファンからは「サウジと我々のアイデンティティを統合することにどうしても賛同できない」「完全に魂を売った」、「納得できない」といった声が続発し、炎上している状態だ。

3rdユニフォームはクラブカラーと関係のない色やデザインとなることも少なくないが、PIFの買収時からサウジアラビア政府の評判を向上させるためのスポーツウォッシングに利用されるのではないかという懸念の声が上がっていたなか、今回はあまりに露骨だったために、現地のファンには受け入れられていないようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ニューカッスル、見事な手腕で昨季残留に導いたハウ監督と新契約締結!

ニューカッスルは5日、エディ・ハウ監督(44)との新契約締結を発表した。契約期間に関しては“長期”とのみ伝えられているが、2024年までの現行契約をさらに数年延長した模様だ。 ニューカッスルとの長期契約にサインしたイングランド人指揮官は、クラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「この素晴らしいクラブに自分の将来を約束することは素晴らしい気分だ。ニューカッスル・ユナイテッドの監督であることを非常に誇りに思い、ここでの一瞬一瞬を楽しんでいる」 「私のコーチングチーム、プレーヤー、スタッフ、サポーターに感謝の意を表したい。彼らはいつでもこの場所をとても特別なものにしてくれている」 「オーナーとダン・アシュワースにも感謝の意を表したい。我々はまだ旅の始まりのいるが、ニューカッスル・ユナイテッドの一員となるのにはエキサイティングな時期であり、将来に非常に興奮している」 これまでボーンマスやバーンリーの監督を歴任したハウ監督は、昨年10月20日にスティーブ・ブルース前監督の後任として、マグパイズの新指揮官に就任。 就任当時はプレミアリーグ10試合消化した時点で4分け6敗の19位と降格圏に低迷していたが、的確な手腕に加え、サウジアラビア資本のオーナーの後押しによる今冬の積極補強を敢行した結果、昨年12月末から今年3月初旬にかけて9戦無敗を記録。さらに、シーズン終盤に4連勝を飾るなど見事なカムバックに導き、最終的には11位で余裕の残留を決めた。 また、個人としては2月にプレミアリーグの月間最優秀監督賞にも輝いていた。 2022.08.05 22:54 Fri
twitterfacebook
thumb

キャリック兄弟がニューカッスルU-18のコーチに就任

グレアムとマイケルのキャリック兄弟が、ニューカッスルU-18のコーチに就任することがわかった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 現役時代にマンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表で活躍した兄のマイケルは言わずもがなだが、37歳の弟のグレアムは、ユース時代は兄と同じくウェストハムに在籍していたものの、ケガでキャリアを断念。2005年から故郷に戻ってニューカッスルのアカデミーでコーチを務めていた。 また、ここ15年間はイングランドサッカー協会(FA)に務め、アカデミーコーチをサポートするデベロッパーとして高い評価を得ていた。 そしてこの度、兄弟は揃ってファンであるニューカッスルのアカデミーコーチに就任する運びに。昨年、サウジアラビアの政府系ファンドを中心とするコンソーシアムに買収された同クラブではトップチームを中心にクラブ改革が進んでいるが、アカデミーの強化も抜かりなく進めているようだ。 2022.08.02 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、マディソン諦めず! 最大80億円の移籍金で再オファー

ニューカッスルがレスター・シティのイングランド代表MFジェームズ・マディソン(25)に対して2度目のオファーを提出したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 マディソンは2018年夏にノリッジ・シティから2000万ポンド(現レートで約32億7000万円)の移籍金でレスターに加入。チームの主軸に定着すると、在籍4年間で公式戦170試合に出場して45ゴール32アシストを記録している。昨シーズンもプレミアリーグ35試合の出場で12ゴール8アシストをマークし、ゲームメーカーとしてチームに欠かせない存在だ。 そんなマディソンに対してはニューカッスルが強い関心を示しており、先月に移籍金4000万ポンド(約64億1000万円)のオファーを打診したが、レスター側は拒否。昨シーズンはプレミアリーグ8位に終わり、再び上位をうかがうレスターはマディソンを必要な戦力と考えている。しかし、ニューカッスルは獲得を諦めず、移籍金4000万ポンドから5000万ポンド(約80億1000万円)の間で2度目のオファーを出したようだ。 ニューカッスルはかねてよりスタッド・ランスのU-21フランス代表FWウーゴ・エキティケ(20)獲得を狙っていたものの、パリ・サンジェルマン(PSG)に敗れる結果に。エディ・ハウ監督は別の新たな攻撃のオプションを求め、マディソン獲得を熱望している。 レスターは依然としてマディソンをキープしたい考えを示しているが、一方でファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触する恐れがあり、戦力強化に動く上でまず資金調達が必要に。ブレンダン・ロジャーズ監督が補強を必要とする場合、マディソンへの高額オファーを受け入れる可能性はあるだろう。 なお、レスターはU-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナ(21)についてもチェルシーから関心が寄せられており、主力キープと新戦力獲得のどちらを優先するか注目される。 2022.08.02 13:06 Tue
twitterfacebook
thumb

去就揺れるヴェルナー、争奪戦は古巣ライプツィヒがリードか

チェルシーのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(26)は現時点でRBライプツィヒ復帰の可能性が高いようだ。 2020年夏にライプツィヒからチェルシーに加わったヴェルナー。ライプツィヒ時代に点取り屋として名を馳せ、満を持してのイングランド挑戦だったが、フィニッシャーとしての本領を発揮できずにいるのが実情だ。 新シーズンを迎えるにあたり、今夏のプレシーズンでもアピールを続けるが、マンチェスター・シティからイングランド代表FWラヒーム・スターリングが新たに加入。それもあって動向が騒がしくなり始めている。 そのなかで、ユベントスの獲得をしようとする動きが取り沙汰されるが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、古巣ライプツィヒがリードしている情勢だという。 ライプツィヒは7月31日にチェルシーと会談して以降、ユベントス以上に獲得の動きを推し進めている模様。ちなみに、ニューカッスル・ユナイテッドの関心も噂されるが、まだ交渉に発展していないとのことだ。 また、ドイツ『スカイ』のフロリアン・プレッテンベルク記者によれば、交渉はフルスピードで進められ、ライプツィヒ側はローン移籍、完全移籍の両方で視野。選手も特別な関係性から減俸を覚悟しているようだ。 2022.08.02 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

FFP抵触のレスター、マディソンに65億円オファーも拒否

レスター・シティはイングランド代表MFジェームズ・マディソン(25)へのニューカッスルからのオファーを拒否したようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 今夏のレスターは補強が進んでいない状況。というのも、クラブはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に抵触する恐れがあり、まずは資金調達が必要な状態に。補強の前にすべきことがある。 正守護神のデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルに移籍の噂がある他、チェルシーが U-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナに興味を狙っているされている。 そんな中、マディソンに対してはニューカッスルが本気で獲得を目指しており、レスターに対して4000万ポンド(約65億円)のオファーを提示したと報じられている。 マディソンとレスターの契約は残り2年間。2000万ポンド(32億5000万円)で2018年7月にノリッジ・シティから加入した中、価値が上がりチームとしても大きな収益を上げることができる状況だ。 マディションはレスター加入後、公式戦170試合で45ゴール32アシストを記録。昨シーズンもプレミアリーグで35試合に出場し12ゴール8アシストを記録するなど、ゲームメーカーとしてレスターには欠かせない存在となっており、財政的に苦しい中でもオファーを拒否したようだ。 ただ、ニューカッスルは資金も豊富な状況。上積みして再オファーも考えられるが、果たしてどうなるだろうか。 2022.07.30 23:01 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly