川崎Fのチケット高額転売で書類送致、クラブは注意喚起「公式サイト以外での購入は絶対にしないように」

2022.06.23 18:42 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
川崎フロンターレは23日、チケット転売問題についての報告を行い、事件が起きていたことを発表した。クラブの発表によると、川崎Fのホームゲームチケットが高額転売されていたとのこと。被疑者は「業として興行主の事前の同意を得ないで、川崎フロンターレホームゲームの電子入場券を高額で販売し、興行主等の特定興行入場券の販売価格を超える価格で不正転売した」という罪を犯し、書類送致されたという。

川崎Fによれば、これまでもチケット転売問題に対応してきたものの、有効な対策がなかったとのこと。改めて公式サイト以外での購入に注意喚起を行っている。

「チケット転売問題については、これまでもいくつかの取り組みを実施してまいりましたが、なかなか効果的な対応策がないのが実情でございます。これからも、一人でも多くの方に、スタジアム観戦の機会をご提供できるよう対策してまいります」

「お客様におかれましても、チケット転売はもちろんですが、公式サイト以外での購入は絶対にしないようお願いいたします」

「空席ばかりが目立つスタンドからスタートした私たちが、昨今は、完売も続く等々力でホームゲームを行うことができるようになってまいりました。これは、フロンターレに関わるたくさんの方のご支援・ご声援のおかげであり、今後も、一人でも多くの方に当日会場にてお楽しみいただくために、チケット販売・購入に関する環境改善に努めてまいります」

川崎Fは、2017年、2018年と明治安田生命J1リーグを連覇。2019年こそ横浜F・マリノスに覇権を譲ったが、2020年、2021年と再び連覇を達成。Jリーグ屈指の実力を誇り、本拠地である等々力陸上競技場もスタンド改修などが行われた。

観客動員数もコロナ禍で大幅に減少したものの、制限が緩和された今シーズンはコロナ禍の倍以上の人数が1試合平均で来場している。

関連ニュース
thumb

劇的展開に等々力熱狂! ジェジエウの99分のゴールで川崎Fが横浜FMに勝利!【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、川崎フロンターレvs横浜F・マリノスが7日に等々力陸上競技場で行われ、2-1で川崎Fが勝利した。 王者・川崎Fと、覇権奪還へ邁進する横浜FMによる今節最大の注目マッチ。 最近新型コロナウイルス蔓延に見舞われた川崎Fは、ベンチメンバー5人(うちGK3人)で臨んだ前節の浦和レッズ戦を3-1で落とし、同じくGK3人がベンチ入りした4日前のルヴァンカップでは、セレッソ大阪に試合終了間際にドローに持ち込まれた。 対する横浜FMはリーグ戦ではここ6試合で4勝2分けと好調。一方、ルヴァンカップでは疲労を考慮し戦力を落とした結果、広島に3-1で返り討ちにされた。 ルヴァンカップから中3日だが、互いにメンバーを落として臨んでいたこともあり、前節からのスタメン変更は2人ずつ。川崎Fは瀬古と遠野が外れ、山根とチャナティップ、横浜FMは松原と實藤に代わって小池龍太と藤田が起用された。 パスサッカーを信条とする両チームの対戦。まずは9分、家長のボックス左からのシュートでホームの川崎Fが相手を牽制。続く14分には、左サイドのマルシーニョの横パスをボックス手前の脇坂がダイレクトで狙うが、惜しくも左に外れた。 良い入りを見せた川崎F。25分にそのまま押し切った。谷口が最終ラインから右サイドへロングボールを送ると、山根はこれをダイレクトで折り返す。最後はゴール前でワンバウンドしたボールをレアンドロ・ダミアンが上手く頭で押し込み、J1通算50得点目とした。 飲水タイムを挟んで再開された直後、横浜FMにアクシデント。レアンドロ・ダミアンと接触した西村が右足を痛めて負傷交代。担架でピッチ外へ運ばれ、マルコス・ジュニオールと交代となった。 ここまでチーム内2位の8ゴールで攻撃を牽引してきた西村のケガは気がかりなところだが、徐々にゴールに迫る頻度を上げていく。一方でなかなかシュートまで持ち込めず、このまま前半を終えるかに思われたアディショナルタイム3分、トリコロールのカウンターが炸裂する。 川崎Fのクロスをはね返し、自陣中央でセカンドボールを拾ったエウベルが味方とのワンツーで前進。ドリブルで相手を躱しながらピッチ中央を駆け上がり、前方を走る仲川へスルーパスを通す。橘田と競り合っていた仲川はワンタッチで上手くマークを剥がすと、最後はチップキックでGKチョン・ソンリョンの壁を抜いた。 同点で迎えた後半戦。互いに相手の長所を消し合い、試合は渋い内容に。その中で65分、横浜FMは味方のパスをワンタッチではたいたエウベルのパスから喜田がボックス左に侵入。トラップで相手を躱し、巧みに左足のシュートに運んだが、惜しくも右ポストに嫌われた。 肝を冷やした川崎Fもその直後、右CKで脇坂が上げたクロスをジェジエウがヘディングシュート。DFにブロックされたところを今度はマルシーニョが狙うが、ここもDFのブロックに遭い得点ならず。 その後、主審が足を痛めて交代する珍事もあり、数分間の中断を挟んで再開された直後、今度は横浜FMの喜田が足を攣って交代に。 追加タイムは8分。何かが起きるには十分すぎる時間のなかで、横浜FMは95分、味方の横パスをレオ・セアラが巧みなタッチで裁き、ボックス右からシュートへ。しかし、ここは角度が小さかったこともあり、外側のサイドネットを叩く。 一方の川崎Fは、足を攣ったジェジエウを前線に配置するパワープレーを決行。すると99分、右サイドの高い位置を取った家長から左足のクロスが入ると、合わせたのはそのジェジエウ。岩田に競り勝ち、強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。 この劇的な展開に等々力は大熱狂。興奮冷めやらぬまま試合終了を迎え、川崎Fが2試合ぶりの勝利を手にした。 川崎F 2-1 横浜FM 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前25) ジェジエウ(後54) 【横浜FM】 仲川輝人(前48) 2022.08.07 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:川崎Fvs横浜FM】タイトル争う“神奈川ダービー”、苦境の川崎Fに万全の横浜FMが襲いかかる

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2022年8月7日(日) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(6位/37pt) vs 横浜F・マリノス(1位/48pt) [等々力陸上競技場] ◆苦境でもめげない王者【川崎フロンターレ】 前節はアウェイでの浦和レッズ戦で3-1と敗戦。消化試合が少ない状況とはいえ、首位との差が開く手痛い敗戦となった。 さらにミッドウィークにはYBCルヴァンカップでセレッソ大阪とドロー。チームとして結果が出ていない。 ただ、今の川崎Fは最大の窮地に立たされている。チーム内で相次いだ新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者。関係者として発表されていた中、大半が選手であることが判明。浦和戦はベンチ入り5人でGKが3人、C大阪戦も7名がベンチ入りしたが3名がGKであることは変わらなかった。 2種登録選手もいなかったチームは急遽、来季から昇格が内定している2名を昇格させることに。まだまだ万全のメンバーが揃わない中、フィールドプレーヤーをしっかりと揃えることにした。 そんな中で迎えるのは首位の横浜FM戦。消化が2試合少ない状況だが、勝ち点差は「11」となっており、ここで勝たなければ厳しい事態になる。勝てば勝ち点差を「2」にするチャンスを得られるだけに、苦しい中でも勝利が欲しいところ。王者の意地をホームで見せたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:瀬古樹、ジェジエウ、谷口彰悟、橘田健人 MF:脇坂泰斗、ジョアン・シミッチ、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、チャナティップ 監督:鬼木達 ◆上位との連戦で突き放せるか【横浜F・マリノス】 前節は2位鹿島アントラーズとの直接対決で2-0と勝利。チームとしての完成度の高さを見せつけた横浜FM。対する鹿島はレネ・ヴァイラー監督が解任となった。 どんな状況でも、どんなメンバーが出てもチーム力を落とすことなく戦える今の横浜FMに隙はない。今節は消化が少なく暫定2位になる可能性もある川崎Fが相手。叩かなければいけない相手だ。 近年優勝を争い続ける両者による“神奈川ダービー”だが、ホームでの試合は4-2と快勝。シーズンダブルで優勝を手繰り寄せたいところだろう。 ミッドウィークのルヴァンカップでは10名を入れ替えた結果、サンフレッチェ広島に敗れたが、出場しなかった選手たちが万全の状態で臨めることは好材料。川崎Fよりもコンディションで優位に立てることは明白だ。 今日は誰がピッチに立ち、誰がヒーローになるのか。良い循環をチームとして見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、岩田智輝、エドゥアルド、永戸勝也 MF:喜田拓也、西村拓真、藤田譲瑠チマ FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット 2022.08.07 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「サッカー好きか?」チャナティップの“日本語Tシャツ”が話題に「この服ほしい」

川崎フロンターレのタイ代表MFチャナティップがピッチの外で注目を集めている。 チャナティップは5日、自身のツイッターを更新。特にコメントはないが、食卓に座りながらカメラに笑顔を向けている。 食事メニューの紹介にも思えるような1枚だが、注目を浴びたのはチャナティップが来ていた白Tシャツ。下の方がテーブルで隠れているが、恐らく「サッカー好きか」と書かれているのが分かる。 「サッカー好きか」は漫画『シュート!』で主人公である田仲俊彦に先輩の久保嘉晴が言った名台詞としても知られているが、クセのあるTシャツとチャナティップの満面の笑みの組み合わせにはファンが反応した。 「チャナ、サッカー好きか?」、「Tシャツ気になる(笑)」、「この服ほしい」、「11人抜きお願いします!」「2019年に静岡ダービーで売られたシュートとのコラボシャツやん」といったコメントが寄せられている。 なお、『シュート!』の新作『シュート!Goal to the Future』が7月から放送中だが、チャナティップの目にも届いているのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】チャナティップの笑顔も素敵!反響を呼んだ「サッカー好きか?」Tシャツ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="zxx" dir="ltr"><a href="https://t.co/UypmL4Zw7m">pic.twitter.com/UypmL4Zw7m</a></p>&mdash; Chanathip (@Chanathipjay) <a href="https://twitter.com/Chanathipjay/status/1555417661529415680?ref_src=twsrc%5Etfw">August 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.05 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

2試合連続ベンチにGK3人の川崎F、ついにU-18の2選手を2種登録

チーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が続出している川崎フロンターレが、ついに選手を2種登録した。 川崎Fは5日、U-18に所属するMF大関友翔(写真左/17)、DF松長根悠仁(写真右/17)の2選手をトップチームに2種登録した。 2名ともに来季のトップチーム昇格が内定しており、川崎Fにとっては今シーズン初となる2種登録選手となる。 川崎Fでは、トップチームの選手に新型コロナの陽性者が相次いでおり、7月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節の浦和レッズ戦では、7名が入れるベンチに5名しかおらず、さらに3名がGKという非常事態で戦うことに。また、3日に行われたYBCルヴァンカップ準々決勝 第1戦のセレッソ大阪戦では、ベンチ入りは7名に戻ったものの、GKは3名という状況からは抜け出せていなかった。 連日各クラブから新型コロナウイルスの陽性者が続出する中、今後もどのような事態になるかは不明だが、フィールドプレーヤーを補充した形となる。 なお、大関は背番号「33」、松長根は「34」をつける。 2022.08.05 16:23 Fri
twitterfacebook
thumb

脇坂の芸術弾で川崎FがAG奪取もC大阪がタガートの土壇場同点弾で先勝許さず《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦、セレッソ大阪vs川崎フロンターレが3日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 グループステージでは鹿島アントラーズ、ガンバ大阪、大分トリニータと同居したAグループを2位で通過したC大阪。公式戦でも8戦無敗と好調を維持するチームは、2-0で勝利した直近のアビスパ福岡戦から先発2人を変更。マテイ・ヨニッチと山田寛に代えて西尾、上門を起用した。なお、小菊監督の新型コロナウイルス陽性判定を受け、高橋大輔コーチが暫定で指揮を執った。 一方、ACL参戦に伴い、今ラウンドからの参戦となる川崎F。先月の中断明け以降、クラブ内でのコロナ感染者続出により、苦しい台所事情を強いられるチームは、直近の浦和レッズ戦では通常7人登録のベンチメンバーを5人しか登録できず、その内の3人がGKという異常事態。そのスクランブル体制で臨んだ一戦を1-3で落とした。今回の一戦では先発3人を変更。ジェジエウ、家長、レアンドロ・ダミアンをベンチに置き、山村と宮城と共に、特別指定選手の山田新(桐蔭横浜大)がデビューを飾ることに。なお、ベンチメンバーは7人揃うも、引き続きGK3人というスクランブル体制となった。 今季リーグ戦ではホームチームが2戦全勝を飾っている今カード。ヨドコウ桜スタジアムで初めて声出し応援が解禁となった中、良い雰囲気で試合はスタートする。 立ち上がりはシンプルに相手の背後を狙うアウェイチームが押し込む入りを見せるが、時間の経過と共にリーグ戦でシーズンダブルを決めているホームチームが押し返し、逆に主導権を握った。 遅攻の場面では相手を崩し切るには至らずも、奥埜と鈴木のボランチコンビを起点としたアグレッシブ且つ、連動性のあるプレスでミスを誘い、カウンターを繰り出す。さらに、前回対戦でも機能したセットプレーで続けてフィニッシュまで持ち込んでいく。 16分にはセットプレーの二次攻撃から西尾、20分にはショートカウンターから上門が得意のミドルシュートを狙うが、相手守備陣の身体を張った守備に阻まれる。さらに、27分には右のハーフスペースを使った良い崩しから為田、上門と決定的なシュートを続けて放つが、ここはGKチョン・ソンリョンの圧巻のビッグセーブに遭う。 すると、立ち上がり以降、守勢を強いられた川崎Fが守護神のビッグプレーに応える先制点を奪った。33分、右サイドをドリブルで持ち上がった宮城が絶妙なタイミングでペナルティアーク付近に入り込んだ脇坂へ横パスを通す。ここで脇坂は鮮やかなターンでDFを振り切って前を向くと、左足のグラウンダーシュートをゴール右下隅の完璧なコースへ流し込んだ。 ワンチャンスを生かして先手を奪った川崎Fは、直後の36分にも左のハーフスペースで縦へ仕掛けた脇坂が絶妙なフェイントでDFをかわしてミドルシュートを狙うが、これは相手DFにディフレクトして枠の右に外れる。 一方、ここまでの展開を考えれば、少なくとも前半の内に追いつきたいC大阪は、40分にビッグチャンス。上門のスルーパスに抜け出した加藤がボックス右でチップキックを狙うが、GKの脇を抜けたシュートは枠の左に外れた。 川崎Fの1点リードで折り返した中、互いに選手交代なしで後半に臨む。だが、前半にシミッチとの空中戦の競り合いの際に後頭部を打っていた鳥海のプレー続行が困難となり、立ち上がりの早い段階に船木が投入された。 後半もC大阪がアグレッシブにプレスを仕掛けるが、[4-4-2]へのシステム変更を含め、ハーフタイムにきっちりと修正を施した川崎Fにうまく試合をコントロールされて膠着状態が続く。 流れを変えたいホームチームは62分、加藤、上門、為田を下げてアダム・タガート、ジェアン・パトリッキ、北野を投入する3枚替えを敢行。ゴールをこじ開けるために勝負に出る。 しかし、後半先にビッグチャンスを作ったのはアウェイチーム。68分、左サイドのスペースで仕掛けたマルシーニョが右足アウトを使った絶妙なクロスを供給。これにファーサイドの山田が飛び込むが、渾身のヘディングシュートはGKキム・ジンヒョンがギリギリで残した右足にかき出されてデビュー弾とはならなかった。 さらに、川崎Fは75分にも宮城の左サイドからの正確なクロスに反応した山田に決定機も、今度はヘディングの当たりが薄く、またしてもデビュー弾を逃した。 1点差が維持されたまま、試合は終盤戦に突入。川崎Fは前半からハードワークを見せた宮城、山田を下げて84分にはジェジエウ、レアンドロ・ダミアンの主力2選手を送り込み、逃げ切りを意識した戦い方にシフト。前がかるC大阪の攻撃を何とか凌いでいく。 だが、今季リーグ戦でいずれも勝利を収めているホームチームが、最後の最後に底力を見せる。89分、自陣でのボール奪取から左サイドのスペースでボールを受けた山中が速いタイミングでボックス内のスペースへクロスを送り込む。これがボックス中央に走り込んだタガートに繋がり、タガートは冷静にGKとの一対一を制した。 これで勢いづくC大阪がさらなる攻勢を仕掛けたものの、川崎Fも5分のアディショナルタイムで冷静に時計を進めてこのまま試合は1-1でタイムアップ。敵地でアウェイゴールを奪った川崎Fが優位な形で初戦を終えることになった。 なお、ベスト4進出を懸けた準々決勝第2戦は10日に等々力陸上競技場で行われる。 セレッソ大阪 1-1 川崎フロンターレ 【C大阪】 アダム・タガート(後44) 【川崎F】 脇坂泰斗(前33) 2022.08.03 21:01 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly