アトレチコ・ミネイロと契約解消のゴディン、ベレス・サルスフィエルドに加入

2022.06.22 07:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチンのベレス・サルスフィエルドは21日、アトレチコ・ミネイロを退団したウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(36)の加入を発表した。契約期間は2023年12月までとなっている。

ゴディンは前日、アトレチコ・ミネイロを双方合意の下で契約を解除し、退団していた。

今年1月にカリアリからアトレチコ・ミネイロにフリートランスファーで移籍したゴディンだったが、ポジション争いに苦戦してここまで公式戦8試合の出場に留まっていた。

カタール・ワールドカップに向けてプレー機会を得るべく、新天地で再起を図ることになった。


関連ニュース
thumb

コスティッチのユベントス移籍が決定! 移籍金は23億円

ユベントスは11日、フランクフルトに所属するセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得した。セリエAを運営するレガ・セリエAが同選手の移籍を認めた。 なお、『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は1700万ユーロ(約23億3000万円)になるとのこと。また、ユベントスはイタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(23)をフランクフルトにレンタルすることに合意しており、明日にもメディカルチェックを受ける予定となっている。 コスティッチは2018年夏にハンブルガーSVから加入。初年度のレンタル移籍を含めて在籍4年間で公式戦171試合33ゴール64アシストを記録しており、昨季はヨーロッパリーグで3ゴール6アシストの成績を残して優勝に貢献していた。 2022.08.12 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ミレンコビッチがヴィオラと2027年まで契約延長!

フィオレンティーナは11日、セルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 2017年にパルチザンから加入したミレンコビッチは、在籍5シーズンで公式戦171試合に出場し14ゴールを記録。195cmの長身センターバックは、3バックと4バックのセンターバックに加え、加入初期は右サイドバックでもプレー。長年に渡ってヴィオラのディフェンスラインを支えてきた。 そのミレンコビッチには、今夏の移籍市場でインテルやユベントス、ナポリといった国内クラブをはじめ、アーセナルやトッテナム、チェルシー、、ウェストハム、アトレティコ・マドリーといった国外クラブから関心を示されていた。 同日に行われた記者会見に出席したミレンコビッチは、以下のように残留を決めた理由を語った。 「クラブと話をして、大きな野望があること、クラブが継続的に成長していること、そして監督の役割が確認されたことは、僕にとって非常に重要なことだった」 「また、長年にわたり、特に最近、多くの愛情を注いでくれたファンにも感謝している。僕はここで愛されていると感じている。監督や会長は、僕をここにとどめ、ここでキャリアを続ける機会を与えてくれるために、素晴らしい仕事をしてくれた」 「じっくりと時間をかけて考えて出した、自分の選択にはとても満足しているよ」 2022.08.12 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノ、ハマーズからクロアチア代表MFヴラシッチを買取OP付きのレンタルで獲得

トリノは11日、ウェストハムからクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチ(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 なお『フットボール・イタリア』によれば、ヴラシッチの買い取りオプションを行使する場合は、1500万ユーロ(約20億5600万円)+300万ユーロ(約4億1000万円)のボーナスがかかるとのことだ。 ヴラシッチは、ハイデュク・スプリトの下部組織で育ち、2014年7月にファーストチームに昇格。2017年8月にエバートンへと完全移籍した。 その後CSKAモスクワへとレンタル移籍を経験。2019年7月に完全移籍したが、2021年8月にウェストハムに完全移籍し、プレミアリーグに戻ってきていた。 2021-22シーズンはプレミアリーグで19試合に出場し1ゴールを記録するなど、公式戦36試合に出場。しかし、レギュラーポジションを掴めているとは言えず、苦しい状況にある。 また、2017年5月にデビューしたクロアチア代表では、これまで39試合に出場し7ゴールを記録している。 2022.08.11 23:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ監督のモロッコ代表退任が正式決定…前大会に続きW杯直前の解任に

モロッコサッカー協会(FRMF)は11日、同国代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督(70)の退任を発表した。 ハリルホジッチ監督の退任を発表したFRMFは、公式サイトで以下のような声明を発表している。 「カタール・ワールドカップに向けた最終段階の調整に関して見解の相違があったため、ハリルホジッチ氏と友好的に別れることに合意した。ハリルホジッチ氏が代表チームの指揮を執る中で成し遂げた業績、特に才能ある有望な若手選手を選抜し、ワールドカップ出場権を獲得したことに感謝している」 一方、ハリルホジッチ氏は公式サイトで「モロッコ代表の今後の成功を祈っている」とのコメントを発表している。 2019年8月にモロッコ代表の指揮官に就任し、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場に導いたハリルホジッチ監督。しかし、数カ月前からチェルシーのMFハキム・ツィエクやバイエルンのDFヌサイル・マズラウィら一部選手との確執により、チームの主力となりうる実力者を除外するなど、メンバー選考に関して批判の声が集まっていた。 今年5月には解任論が高まり、モロッコサッカー協会(FRMF)は同時点での解任を否定する声明を発表。これにより、一旦の火消しとなったが、やはりFRMFは同監督の解任を決断。 昨日からFRMFのファウジ・レキジェア会長と、ハリルホジッチ監督による契約解除に向けた話し合いが行われていた。 かつては日本代表も指揮したハリルホジッチ監督。2010年のコートジボワール代表、2014年のアルジェリア代表、2018年の日本代表に続き、今大会でもモロッコをワールドカップ(W杯)出場に導いていた。 指導者として、4つの別の国を率いて4大会連続でW杯の出場権を獲得した初めての監督となったハリルホジッチ監督だが、2018年の前大会に続き2大会連続での大会前解任という、これまた稀な記録を残すことになりそうだ。 2022.08.11 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、19歳エリオットと新契約締結! 「ここほど良い場所はこの世にない」

リバプールは11日、U-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオット(19)との新契約締結を発表した。 契約期間は“長期”とのみ伝えられているが、イギリス『スカイ・スポーツ』などによると、2027年までの5年契約になるようだ。 フルアム時代にプレミアリーグ史上最年少デビュー(16歳60日)を飾り、多くのビッグクラブの関心を集めた中、2019年夏にリバプールへ加入したエリオット。 2020-21シーズンにレンタル加入したチャンピオンシップ(イングランド2部)のブラックバーンで主力として活躍した後、昨夏に満を持してマージーサイドに帰還した。 プレシーズンの好アピールによって昨シーズンは開幕から出場機会を得る順調なスタートを切ったものの、昨年9月に行われたリーズ・ユナイテッド戦で左足首を脱臼骨折。懸命なリハビリもあり、今年2月のFAカップで復帰を果たしたが、以降は交代枠3枚の弊害もあり、熾烈なポジション争いで苦戦。プレミアリーグでは復帰後わずか2試合の出場にとどまった。 それでも、そのポテンシャルを高く評価するクラブは、今シーズンの開幕直後のタイミングで長期契約を掲示。今回の新契約締結に至った。 今シーズンから背番号を67番から19番に変更し、新たな気持ちで飛躍を誓う若武者は、新契約サインに際して意気込みを語っている。 「この先、何年もここにいられることを改めて知ることができ、本当に素晴らしい気持ちだよ。ここは僕にとって少年時代からの憧れのクラブであり、この世界でこれほど幸せに興奮させてくれるものはないよ」 「僕だけでなく家族、そしてクラブにとっても大きなジェットコースターのような経験だったね。ここにいる間、本当に多くのことが起こった」 「僕らはすでに多くの勝利を収めてきたけど、より多くの勝利を収めることができればと思っているよ。だから、自分が再び長い間ここにいることを知ることができたのは、僕自身と家族にとって、本当に素晴らしい気分なんだ」 「リバプールのサポーターとして、リバプールのためにプレーし、このシャツを着て外に出て、チームとファンのためにプレーする。このクラブほど良い場所はこの世にないよ」 「もっとたくさんの思い出ができることを願っているよ。だけど、契約書にサインして、ここにより長く滞在できることにとても興奮しているよ」 2022.08.11 20:31 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly