守田英正のスポルティング移籍が正式決定! 4年契約で契約解除金は63億円超

2022.07.01 22:04 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スポルティングCPは1日、サンタ・クララの日本代表MF守田英正(27)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年間。契約解除金として4500万ユーロ(約63億4000万円)が設定されている。

流通経済大学から2018年2月に川崎フロンターレに加入した守田は、1年目からポジションを掴むと、ロシア・ワールドカップ(W杯)後の2018年9月に日本代表デビューを果たす。
その後、日本代表には招集されなかったものの、クラブではアンカーとして絶対的な地位を築き、公式戦107試合に出場し2ゴール5アシストを記録。2021年1月にサンタ・クララへと完全移籍した。

サンタ・クララでは加入当初からチームの軸としてプレーすると、ここまで59合に出場し4ゴール3アシストを記録している。

日本代表としてもポジションを確立している守田。サンタ・クララとは2024年6月まで契約を結んでいたが、スポルティングが興味を示し移籍交渉。一時は移籍を希望したことで懲戒処分を受けるなどしていたが、スポルティングのアプローチが実り、加入から1年半でステップアップを果たすこととなった。

スポルティングは言わずと知れたポルトガルの名門の1つ。2021-22シーズンもプリメイラ・リーガを2位で終えており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場が決定している。


関連ニュース
thumb

守田所属のスポルティング、若き智将アモリム監督が2026年まで契約延長

日本代表MF守田英正の所属するスポルティングCPは29日、ルベン・アモリム監督(37)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。 現役時代にベンフィカで活躍した元ポルトガル代表MFのアモリム監督は2017年に現役を引退。その後、カーザ・ピア、ブラガBを経て2019年12月末にブラガのトップチームの指揮官に昇格すると、タッサ・ダ・リーガではスポルティング、ポルトを破り、トップチーム初采配からわずか1カ月でタイトルを獲得する見事な手腕を発揮した。 そして、2020年3月にはスポルティングへ引き抜かれると、就任2年目の2020-21シーズンにはプリメイラ・リーガ制覇とタッサ・ダ・リーガ優勝の国内2冠を達成。 今季はリーグ戦とチャンピオンズリーグ(CL)の二足の草鞋を履いた中、リーグ戦では首位ベンフィカと12ポイント差の4位、CLではグループリーグ3位敗退とやや苦戦を強いられている。 それでも、プレミアリーグを中心に国外の中堅クラブやビッグクラブの関心を集める若き智将だ。 スポルティングとの現行契約は2024年までとなっていたが、今回新たに2年延長したことで、他クラブからの引き抜きの際の違約金もより高額となった模様だ。 2022.11.30 05:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】守田フル出場のスポルティングCPがリーグ戦連勝で中断期間へ!

プリメイラ・リーガ第13節が週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正や昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、に加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。 日本代表に選出された守田が先発したスポルティングCPは、前半終盤の42分にトリンコンのゴールで先制すると、前半終了間際にもトリンコンの右クロスが相手DFの手に当たって獲得したPKをゴンサウヴェスが決め、2-0で前半を終える。 後半は一進一退の展開が続く中、スポルティングCPは62分に右CKをニアのパウリーニョがフリックしたボールをファーサイドの守田が押し込んだが、VARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 スポルティングCPは78分にイバン・ハイメのジャンピングボレー弾で1点を返されたが、その後のファマリカンの攻撃を凌ぎ切り、2-1で勝利した。なお、守田はフル出場している。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽11/13 ファマリカン 1-2 スポルティングCP ◆フル出場 ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽11/13 ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽11/13 ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ ◆75分までプレー ★新井瑞希[ジル・ヴィセンテ] ▽11/13 ベンフィカ 3-1 ジル・ヴィセンテ ◆ベンチ入りも出場せず ★小川諒也[ギマランエス] ▽11/13 ギマランエス 1-0 マリティモ ◆ベンチ入りも出場せず ★田川亨介[サンタクララ] ▽11/14 サンタクララ 3-1 エストリル ◆74分からプレー ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽11/12 ボアヴィスタ 1-4 ポルト ◆56分までプレー ★川﨑修平[ポルティモネンセ] ▽11/13 ポルティモネンセ 1-2 ブラガ ◆ベンチ入りせず ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽11/13 ポルティモネンセ 1-2 ブラガ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽11/13 カーザ・ピア 1-2 シャヴェス ◆ベンチ入りせず 2022.11.15 07:14 Tue
twitterfacebook
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】負傷明けの守田が今季3点目!スポルティングがギマランエスとの日本人対決を制す

2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第12節が週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正や昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、ヴィトーリア・ギマランエスに加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。 負傷明けの守田が3試合ぶりの先発したスポルティングは、ホームに小川の所属するギマランエスを迎えた。試合は34分にボックス左に侵入したレイスのクロスをエドワーズが頭でゴールに流し込み、スポルティングが先制。 さらに40分には、右CKの二次攻撃からエドワーズがクロスを供給すると、守備陣の頭を超えてファーサイドに流れたボールを走りこんだ守田が左足ボレーで流し込んだ。 守田の復帰弾でリードを広げたスポルティングは、後半にもう1点を追加し、3-0の勝利している。なお、守田はハーフタイムに交代、小川は33分からプレーした。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽11/5 スポルティングCP 3-0 ギマランエス ◆前半のみプレー、40分にゴールを記録 ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽11/6 エストリル 1-5 ベンフィカ ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆86分までプレー ★新井瑞希[ジル・ヴィセンテ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆ベンチ入りも出場せず ★小川諒也[ギマランエス] ▽11/5 スポルティングCP 3-0 ギマランエス ◆33分からプレー ★田川亨介[サンタクララ] ▽11/7 シャヴェス - サンタクララ ◆ ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽11/6 リオ・アヴェ 1-0 ボアヴィスタ ◆66分までプレー ★川﨑修平[ポルティモネンセ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆ベンチ入りせず ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽11/4 ジル・ヴィセンテ 1-2 ポルティモネンセ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽11/6 ブラガ 0-1 カーザ・ピア ◆ベンチ入りせず 2022.11.08 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサvsユナイテッドのビッグカードがPOで実現! 守田英正、南野拓実、原口元気の対戦相手は?《EL》

7日、ヨーロッパリーグ(EL)のノックアウトステージ・プレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのEL。グループ首位がラウンド16に、2位はチャンピオンズリーグ(CL)のグループ3位チームとのプレーオフを戦い、ラウンド16に進む。 バルセロナやユベントス、アヤックスなど強豪クラブがCL敗退となった中、日本代表MF守田英正が所属するスポルティングCPもプレーオフに参加した。一方で、ELからは日本代表MF南野拓実が所属するモナコ、日本代表MF原口元気が所属するウニオン・ベルリンが参加している。 なお、DF冨安健洋のアーセナル、MF堂安律のフライブルク、MF久保建英のレアル・ソシエダ、DF町田浩樹のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは1位で突破し、既にラウンド16進出を決めていた。 そんな中、2年連続でCLをグループステージで敗退となったバルセロナは、マンチェスター・ユナイテッドと対戦することに。プレーオフの最大のカードとなった。 また、守田のスポルティングCPはミッティラン、南野のモナコはレバークーゼン、原口のウニオン・ベルリンはアヤックスとの対戦が決まった。 ◆2022-23シーズン ELプレーオフ組み合わせ バルセロナ(CLグループC・3位) vs マンチェスター・ユナイテッド(ELグループE・2位) ユベントス(CLグループH・3位) vs ナント(ELグループG・2位) スポルティングCP(CLグループD・3位) vs ミッティラン(ELグループF・2位) シャフタール・ドネツク(CLグループF・3位) vs スタッド・レンヌ(ELグループB・2位) アヤックス(CLグループA・3位) vs ウニオン・ベルリン(ELグループD・2位) レバークーゼン(CLグループB・3位) vs モナコ(ELグループH・2位) セビージャ(CLグループG・3位) vs PSV(ELグループA・2位) ザルツブルク(CLグループE・3位) vs ローマ(ELグループC・2位) 3 個のファイル 2022.11.07 21:33 Mon
twitterfacebook
thumb

「この活躍はえぐい」「くそかっちょいい」ケガから復帰の守田英正がダイレクトで合わせ今季3ゴール目「ポジショニング素晴らしい」

ケガからの復帰初戦となったスポルティングCPの日本代表MF守田英正がいきなりゴールを決めた。 5日、プリメイラ・リーガ第12節でスポルティングは、ヴィトーリア・ギマランイスをホームに迎えた。 負傷していた守田は、リーグ戦のアロウカ戦とヨーロッパリーグのフランクフルト戦を欠場。3試合ぶりの出場で先発に名を連ねた。 ヴィトーリアのDF小川諒也は33分から途中出場。日本人対決が実現した中、1点リードを迎えた40分に守田が決めた。 スポルティングは右CKを獲得すると、クロスは相手DFにクリアされてしまう。しかし、こぼれ球を拾ったマーカス・エドワーズがボックス手前からクロス。すると、ファーサイドでフリーになっていた守田がダイレクトで合わせてゴール。スポルティングがリードを2点に広げた。 絶妙なポジショニングと、しっかりとダイレクトで合わせたこのゴールには「復帰戦でこの活躍はえぐい」、「ポジショニングは本当に素晴らしい」、「復帰したのマジででかい」、「くそかっちょいい」とコメント。なお、対応すべきだったのは小川。守田に見事にしてやられた形となった。 なお、試合はその後にも追加点を奪ったスポルティングが3-0で勝利している。 <span class="paragraph-title">【動画】守田英正が復帰初戦で今季3ゴール目を決める</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="V8YwC4_yy5U";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.06 13:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly