「世界で最も美しいカップル」シティDFアケが交際10年以上のデザイナー女性と結婚!

2022.06.22 07:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティに所属するオランダ代表DFナタン・アケ(27)が交際していたカイリー・ラマンさん(27)と結婚した。フェネルバフチェやチェルシーの下部組織で育ったアケは、2016年に加入したボーンマスで才能が開花。その活躍がジョゼップ・グアルディオラ監督の目に留まり、4000万ポンド(当時のレートで約56億4700万円)の移籍金で2020年夏にシティへとステップアップした。

シティでは厚い選手層もあり左センターバックと左サイドバックの控えという扱いだが、今シーズンは公式戦27試合に出場。ピッチに立てば見事なパフォーマンスを発揮している。

そのアケは今オフにスペインのマジョルカ島で挙式。式にはオランダ代表のチームメイトやシティのチームメイトも多数参加した。

イギリス『サン』によると、デザイナーのカイリーさんとアケは10年以上交際。2年前に婚約をしていたが、晴れて正式に夫婦となったようだ。

アケは自身のインスタグラムでも結婚を報告。シティMFケビン・デ・ブライネの妻であるミシェル・ラクロワさんやオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの妻であるエステル・ベルカンプさんからも「世界で最も美しいカップル」と祝福の言葉を贈っている。


1 2

関連ニュース
thumb

シティが元バルサカンテラーノの左SBセルヒオ・ゴメスを獲得!

マンチェスター・シティは16日、アンデルレヒトからU-21スペイン代表DFセルヒオ・ゴメス(21)を獲得したことを発表した。契約は2026年までの4年間となる。 バルセロナのカンテラーノという肩書を持つセルヒオ・ゴメスは、2018年1月にドルトムントに移籍するも、トップチームでの出場機会をなかなか得られず、2019年夏からはレンタルで2年間ウエスカで過ごした。 ウエスカは当時2部リーグに所属。そのなかでセルヒオ・ゴメスは左サイドバックを主戦場にリーグ戦36試合に出場し、優勝に貢献した。しかし、1部に上がるとポジションを奪われ控えに回ることに。リーグ戦では29試合に出場も、先発出場は3試合のみだった。 不本意なシーズンを終え、2021年夏にドルトムントにレンタルバックしたが、その足でアンデルレヒトに完全移籍することに。すると昨シーズン、ジュピラー・プロ・リーグで34試合5ゴール12アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。バルセロナ仕込みのテクニック、戦術眼を生かした正確なパス、ドリブル突破、プレースキックで多くのチャンスを創出した。 今夏、ブライトンに所属していたスペイン代表DFマルク・ククレジャの獲得に動くなど左サイドバックの補強を目指していたシティ。移籍金が障害となり、同選手の獲得は断念せざるを得なかったが、将来有望な21歳の獲得には成功した。 「マンチェスター・シティに移籍できるなんて信じられないぐらい誇り高く嬉しいよ」 「シティはイングランドで最高のチームだ。僕は世界で最も優れた監督であるペップ・グアルディオラの下で学び、成長するチャンスを得たんだ」 「シティがここ数年で獲得したトロフィーの数は驚くべきもので、ペップが築いたチームスタイルはヨーロッパで最もエキサイティングだ」 「また、シティファンがどれほど情熱的かを聞いて、もう待ちきれないよ。クラブが目標を達成するサポートができるといいね」 なお、移籍金は推定1500万ユーロ。シティグループが所有するジローナへレンタル移籍する可能性も残されているようだ。 2022.08.16 20:28 Tue
twitterfacebook
thumb

「言葉を失った」昨季プレミアMVPのデ・ブライネ、今季初ゴールの芸術的アウトサイド弾に「史上最高のMF」

これがプレミアリーグ年間最優秀選手の実力だ。マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが圧巻のパフォーマンスを披露した。 13日にエティハド・スタジアムで行われたボーンマス戦に先発出場したデ・ブライネは、イルカイ・ギュンドアンのゴールでリードして迎えた31分に見事な一撃を沈める。 ロングカウンターから右サイドでボールを持ったベルギー代表MFは、中へ切り込みながらペナルティアーク付近で右足アウトサイドを使ったシュートを放つと、ゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 フィニッシュ前のボディフェイントでシュートコースを作った体捌きも鮮やか。芸術的な一連の流れには「KDBのパフォーマンスは世界クラス」、「誰もがアーリング・ハーランドに出すと予想していたことでしょう」、「MFとしても、ストライカーのようにもプレーしている。すごい」、「史上最高のミッドフィールダー」、「言葉を失いました」など、惜しみない賛辞が送られている。 昨シーズン、シティの連覇に貢献し、プレミアリーグ年間最優秀選手にも選出されたデ・ブライネ。12日には2021-22シーズンのUEFA(欧州サッカー連盟)年間最優秀選手賞候補に、さらにはバロンドール候補にもノミネートされた。 デ・ブライネのゴールでリードを広げたシティは、フィル・フォーデンと相手オウンゴールによって加点。ホーム開幕戦を4-0の快勝で締め括っている。 <span class="paragraph-title">【動画】キレが違う!デ・ブライネの芸術的アウトサイド弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="G1JQc5F-w_g";var video_start = 40;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.14 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

シティの21歳DFイサ・カボレ、マルセイユへのレンタルが目前に

マンチェスター・シティのブルキナファソ代表DFイサ・カボレ(21)がマルセイユへのレンタル移籍に近づいているようだ。 イサ・カボレは2020年7月からシティに在籍する右サイドバック。過去2年は古巣メヘレンやトロワに貸し出され、シティの選手として公式戦のピッチに立った経験はない。 一方、18歳でデビューしたブルキナファソ代表では不動の存在であり、通算26試合2得点を記録。今年に開催されたアフリカ・ネーションズカップでは全試合にフル出場し、同国のベスト4入りに大きく貢献している。 イギリス『デイリー・メール』によると、サウサンプトンも獲得に動いていたなか、マルセイユへの1年レンタルが目前に。1700万ポンド(約27億5000万円)の買い取りオプションが付帯した契約とみられている。 2022.08.14 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップ、2戦目途中交代のハーランドに「彼は世界で最も難しい仕事をしている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が13日に行われたプレミアリーグ第2節のボーンマス戦を振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 3連覇を目指すシティは昇格組を開幕戦のホームに迎え撃っての一戦でも盤石の戦いぶりをみせつけ、4-0の快勝で連勝。開幕から連続クリーンシートの複数得点による連勝で貫禄のスタートを切ったグアルディオラ監督は試合後、満足感を示している。 「守りも攻めも良く構成されたチームに対して、本当に良いパフォーマンスだったよ。彼らは深くで、スペースを狭めて守ってくるから、外側からいかないといけなかったんだ」 そんなシティで注目のハーランドは2ゴールの開幕戦に続く連発とはならなかったものの、お膳立て役として1アシストを記録。ただ、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、この試合でのボールタッチ数はわずか8回で、74分にピッチを後にしている。 初めてボールに触れたのがアシストをマークした19分とあって、チームとしても課題を露呈したが、グアルディオラ監督はその件について「彼は世界で最も難しい仕事をしている」と擁護した。 「ディフェンシブエリアでプレーするストライカーはボーンマスのようなチームと対峙するとき、中央に3人の守備者とその前に2人の選手がいて、その真ん中に陣取ることになる」 「そのなかで、どうやって生きろというんだ? 非常に難しいことで、そんなのわかっている。それでも、我々は多くの状況を見つけだせる」 「ただ、時間が問題なんだ。適切な瞬間、動き、そして彼の後ろにいる選手のクオリティがあれば、彼を見つけられる」 「何の疑いもないよ。過去に対戦した他のチームでも同じような光景を目にしてきた。我慢強く戦っていかないとね」 2022.08.14 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

シティが開幕2連勝! デ・ブライネの圧巻アウトサイド弾などでボーンマスに完勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、マンチェスター・シティvsボーンマスが13日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-0で圧勝した。 リーグ3連覇を目指すシティは前節、プレミアデビューとなったハーランドの2ゴールの活躍によって難敵ウェストハムを敵地で退け、2-0の快勝スタートを飾った。ホーム開幕戦となる今回の一戦では、アストン・ビラ相手に2-0の白星スタートを飾った昇格組ボーンマスを迎え撃った。 グアルディオラ監督は初戦からグリーリッシュに代えてフォーデンを起用した以外、同じスタメンを採用。3トップは右からマフレズ、ハーランド、フォーデンという並びとなった。 立ち上がりから相手を圧倒的に押し込むシティは、的確な立ち位置、正確なパスを軸に引いたボーンマスを揺さぶり続ける。さらに、ボールを失っても連動したプレスですぐさまボールを奪い返し、ハーフコートゲームを展開。 開始9分にはデ・ブライネの鋭いグラウンダーのパスをボックス左で足元に収めたフォーデンがGKと一対一の場面を作り出すが、ここはGKトラバースの好守に阻まれる。以降もセットプレーから際どいシーンを作り続けると、前半半ばを前にしてゴールをこじ開ける。 19分、相手陣内中央でウォーカーがグラウンダーで差し込んだボールをギュンドアンがワンタッチでハーランドに預けると、ノルウェー代表FWはDFを背負いながらも見事な粘りで完璧なリターンパス。完璧にゴール前へ抜け出したギュンドアンが難なくGKとの一対一を制した。 前節のPK獲得シーンの逆の形からギュンドアンに今季初ゴールが生まれたホームチームは、これで落ち着くことなく相手を圧倒。徐々にボーンマスに自陣の深い位置へ運ばれるシーンも出てきたが、逆に個のクオリティを生かしたロングカウンターが機能する。 そして、31分にはロングボールのセカンドボールを奪った流れからロドリ、フォーデン、デ・ブライネとスムーズに右サイドへパスが繋がる。ここでベルギー代表MFはペナルティアーク付近で左へ切り込みながら右足アウトサイドを使ったシュートを放つと、ゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 デ・ブライネの芸術的なシュートで追加点を奪ったシティはその数分後にも三度ゴールを奪取。37分、自陣右サイドでのボールを奪ったマフレズが左サイドのスペースを狙うデ・ブライネへ絶妙なミドルレンジのパスを供給。そのままボックス付近まで運んだデ・ブライネは相手DFを引き付けながらゴール前に走り込んだフォーデンへ絶妙なラストパスを通すと、フォーデンがこの試合2度目の決定機を今度は決め切った。 その後、ボーンマスの士気、運動量にかげりが見え始めると、前半終了間際には2試合連続ゴールを狙うハーランドに幾度か際どいチャンスが訪れるが、4点目を奪うまでには至らなかった。 昇格組相手に格の違いを見せつけた2連覇王者は、ハーフタイム明けに1ゴール1アシストのフォーデンを下げてグリーリッシュを投入。後半もボールを握って危なげなくゲームをコントロールしていく。 3点のリードがあることもあり、リスクを冒して攻める場面は少ないものの、相手を押し込んではボックス付近での相手の隙を突いてはデ・ブライネ、ギュンドアン、マフレズとミドルシュートで4点目に迫る。 後半も完全に主導権を掌握するシティは65分、フォーデンに続きルベン・ディアス、ギュンドアンがお役御免となり、ストーンズ、ベルナルド・シウバがピッチへ送り出される。さらに、76分にはハーランドが下がり、アルバレスが送り込まれた。 勝利は確実なものの、もうひと盛り上がりがほしいところだった79分にはボックス左に抜け出したカンセロのクロスがレルマのオウンゴールを誘い、ようやく後半最初のゴールが生まれた。 その後、ウォーカーを下げてプレミアデビューのDFルイスをピッチに送り込んだシティは、ボーンマスの反撃を危なげなく封じ切って4-0の完勝。昇格組相手に王者の貫録を見せつけて開幕2連勝を飾った。 2022.08.14 01:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly