欧州5大リーグの昇格チーム決定! 1年での復帰組や古豪、初昇格組も…

2022.06.20 18:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021-22シーズンの欧州5大リーグの2部リーグの全日程が終了し、各リーグの昇格チームが決定した。

プレミアリーグ(イングランド)では、降格のノリッジ・シティ、ワトフォード、バーンリーに代わって、チャンピオンシップを制したフルアムとボーンマスが自動昇格、昇格プレーオフを制したノッティンガム・フォレストが来季プレミアに参戦する。

1年でのプレミア復帰を勝ち取ったフルアムは、1シーズンのチャンピオンシップ最多ゴール記録(43ゴール)を樹立したセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチらを擁し、シーズン100点超えを果たした攻撃の破壊力が大きな注目を集めた。

また、過去に2度のユーロピアン・カップ(現チャンピオンズリーグ)を制覇した古豪ノッティンガム・フォレストは24年ぶりのトップリーグ復帰となった。

ラ・リーガ(スペイン)ではアラベス、レバンテ、グラナダが降格となり、セグンダ・ディビシオンを制したアルメリア、バジャドリーが自動昇格、昇格プレーオフを制したジローナが来季プリメーラを戦う。

8年ぶりの昇格となったアルメリアはナイジェリア代表FWサディク・ウマル(18ゴール12アシスト)、1年での復帰となったバジャドリーはイスラエル代表FWショーン・ヴァイスマン(20ゴール)、3年ぶりの昇格となったジローナは元ウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニ(22ゴール)とエースストライカーの活躍が光った。

セリエA(イタリア)ではヴェネツィア、ジェノア、カリアリが降格となり、セリエBを制したレッチェとクレモネーゼが自動昇格、昇格プレーオフを制したモンツァが昇格の切符を勝ち取った。

レッチェが3シーズンぶり、クレモネーゼは26シーズンぶりの昇格となった中、最も注目を集めるのは初昇格のモンツァ。ミランの名物オーナーとして知られたシルヴィオ・ベルルスコーニ会長、アドリアーノ・ガッリアーニCEOが率いるロンバルディアのクラブは、初のセリエAでの戦いに向け、積極補強も期待されるところだ。

ブンデスリーガ(ドイツ)ではグロイター・フュルトとビーレフェルトが降格となり、2.ブンデスリーガを制したシャルケとブレーメンが共に1年での復帰を決定。一方、昇格・降格プレーオフは今季の1部を16位で終えたヘルタ・ベルリンが、2.ブンデスリーガ3位のハンブルガーSVを破ったことで、残留を決めている。

シャルケではマンチェスター・シティからローン加入していた日本代表DF板倉滉が主力として2部優勝に大きく貢献したが、クラブの財政難もあって買い取りオプション行使を見送る形に。その板倉はボルシアMG移籍が決定的と報じられており、来季の1部で古巣対戦が実現する可能性が高い。

最後にリーグ・アン(フランス)ではボルドー、メスが自動降格となり、リーグ・ドゥを制したトゥールーズとアジャクシオが自動昇格。さらに、今季のリーグ・ドゥを3位で終えて昇格プレーオフを勝ち抜いたオセールが、入れ替え戦で今季リーグ・アン18位のサンテチェンヌを破り、10シーズンぶりの昇格を決めた。

そのトゥールーズでは日本代表FWオナイウ阿道が10ゴールを挙げる活躍をみせ、3シーズンぶりの1部復帰に大きく貢献している。

◆2022-23シーズン昇格チーム(欧州5大リーグ)

▽プレミアリーグ(イングランド)
1.フルアム
2.ボーンマス
PO.ノッティンガム・フォレスト

▽ラ・リーガ(スペイン)
1.アルメリア
2.バジャドリー
PO.ジローナ

▽セリエA(イタリア)
1.レッチェ
2.クレモネーゼ
PO.モンツァ

▽ブンデスリーガ(ドイツ)
1.シャルケ
2.ブレーメン

▽リーグ・アン(フランス)
1.トゥールーズ
2.アジャクシオ
PO.オセール


関連ニュース
thumb

フルアム、ウェストハムDFディオプを完全移籍で獲得

フルアムは10日、ウェストハムのフランス人DFイサ・ディオプ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなる。 フルアムへの加入の決まったディオプは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「フルアムの一員になれてとても嬉しく思っている。僕のキャリアの中で、とても良いステップになることを願っている」 2015年にトゥールーズでトップチームデビューを飾ったディオプは、194cmの長身を生かした空中戦の強さに加え、長いリーチやスピード、タックル技術、的確カバーリングと総合力の高い守備者だ。 2018年夏に加入したウェストハムでは、加入初年度からレギュラーポジションを確保し在籍4シーズンで公式戦119試合に出場し8ゴール3アシストを記録。しかし、近年は準主力としてベンチを温める機会が増えていた。 2022.08.11 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ウィリアンがフルアム移籍で欧州復帰? 家族はブラジルの治安を懸念か

コリンチャンスに所属する元ブラジル代表FWウィリアン(34)のフルアム移籍の公算が高まっているようだ。 かつてチェルシーやアーセナルに在籍し、昨夏からは古巣のコリンチャンスでプレーしているウィリアン。ブラジルでもキレのあるプレーで、2022シーズンはここまで公式戦36試合に出場している。 直近のコパ・リベルタドーレス準々決勝2ndレグのフラメンゴ戦にも出場していたが、現在はフルアムが獲得に動いているようだ。 現時点でオファー内容は不明だが、選手本人もヨーロッパ復帰を視野に入れているとのこと。また、家族もブラジルの治安の悪さを懸念しているようで、公私ともに移籍には前向きだと考えられている。 なお、イギリス『90min』によると、コリンチャンスのヴィトール・ペレイラ監督は「私には答えることはできない。彼が幸せかどうかわからないし、家族の問題でもある」と、コメントしている。 2022.08.10 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

躍動フルアムに苦戦のリバプール、ヌニェスの1G1Aで2度のビハインド追いつきドロー《プレミアリーグ》

リバプールは6日、プレミアリーグ開幕節でフルアムとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 昨季はマンチェスター・シティとの熾烈な優勝争いの末、惜しくも2位に終わったリバプールは、1週間前に行われたシティとのコミュニティ・シールドでは3-1と勝利。その試合のスタメンからGKアドリアンに代えて守護神アリソンのみを変更した。 1年でプレミアリーグに復帰したフルアムに対し開始直後、ミトロビッチに決定機を許したリバプールは守勢の入りとなる。 ホームチームのアグレッシブな姿勢の前になかなか主導権を握れないリバプールは、32分に押し切られる。右サイドを上がったテテにクロスを入れられると、ファーサイドのミトロビッチにアーノルドの上からヘディングシュートを叩き込まれた。 意外にも追う展開となったリバプールは39分に個人技からこの試合最初のチャンス。ボックス左のルイス・ディアスが縦に仕掛けてシュート。際どかったが、右ポストに直撃した。 フルアムの良さばかりが目立った前半はリバプール1点ビハインドで終了した。 迎えた後半開始6分、チアゴの負傷によりエリオットが、フィルミノに代わってヌニェスが投入された中、前半同様にプレー強度が落ちないフルアムにリバプールは主導権を握られる。57分にはボックス右からケバノに左ポスト直撃のシュートを打たれた。 ひやりとしたリバプールは62分に同点のチャンス。サラーの右クロスからヌニェスがヒールで合わせたシュートが枠に向かったが、GKロダークのセーブに阻まれる。それでも64分に追いついた。先ほどと同じような形からサラーの右クロスをヌニェスが合わせた。 さらに67分にもラフなロングボールをボックス内で収めたヌニェスがゴールに迫ったリバプールだったが、70分にPKを献上する。ボックス内で仕掛けてきたミトロビッチをファン・ダイクが倒してしまった。 このPKをミトロビッチに決められて勝ち越されたリバプールだったが、81分に追いつく。アーノルドのフィードをボックス内のヌニェスが収め、最後はサラーが流し込んだ。 終盤にかけてはリバプールが攻勢をかけると、試合終了間際にはヘンダーソンのコントロールシュートがバーに直撃。善戦してきたフルアムに対し、2度のビハインドをリバプールが追いつく結果で開幕戦は決着となった。 2022.08.06 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

フルアムがブライトンから屈強CBダフィをレンタル!

フルアムは5日、ブライトンからアイルランド代表DFシェーン・ダフィ(30)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 エバートンのアカデミー出身のダフィは、ブラックバーンを経て2016年夏にブライトンへ加入。193cmの屈強な体躯を生かしたハードな守備を武器に、加入後3シーズンに渡ってディフェンスラインを支え、プレミアリーグ昇格にも貢献。 しかし、ビルドアップ能力を重視するグレアム・ポッター監督の下ではレギュラーポジションを掴めず、2020-21シーズンにはセルティックへ1年間のレンタル移籍。レンタルバックした昨シーズンはシーズン前半戦こそスタメンで起用されたものの、終盤戦はベンチが定位置となり、リーグ戦18試合1ゴールの数字にとどまっていた。 ただ、アイルランド代表として55キャップを誇り、空中戦においてはリーグ屈指の強さを誇る屈強な守備者の加入は、ディフェンスラインが手薄な昨季チャンピオンシップ王者にとって有効な補強となるはずだ。 2022.08.05 20:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマが人員整理に着手! クライファートはフルアム行きか?

ローマが新シーズン開幕前に余剰人員の整理を進めている。 ローマは今夏の移籍市場でFWパウロ・ディバラ、MFネマニャ・マティッチ、GKミル・スヴィラールの3選手をフリートランスファー、リールからDFゼキ・チェリクを完全移籍で補強。さらに、パリ・サンジェルマンからMFジョルジニオ・ワイナルドゥムの買い取りオプション付きのレンタルで加入することが決定的となり、FWアンドレア・ベロッティのフリートランスファーも濃厚な状況だ。 その一方で、選手の放出に関しては契約満了のMFヘンリク・ムヒタリアン(インテル)、レンタルから完全移籍に移行したMFアレッサンドロ・フロレンツィ、マルセイユ行きが決定的なMFジョルダン・ヴェレトゥらを除き、売却やレンタル交渉が停滞している。 そういった中、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、ここ最近に入ってMFゴンサロ・ビジャールのサンプドリア、FWエルドル・ショムロドフのボローニャ、FWカルレス・ペレスのセルタ移籍交渉が最終段階に入っているという。 同じく、ジョゼ・モウリーニョ監督の構想外となっている生え抜きDFリッカルド・カラフィオーリはスイス方面からアプローチが来ているという。 さらに、4日の最新の報道ではゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏が、幾つかの交渉のためにロンドンに渡ったという。 同氏は今回のロンドン訪問で、ニースからレンタルバックしたオランダ代表FWユスティン・クライファートの完全移籍に関して、フルアムと交渉を行ったという。 さらに、完全に構想外ながらも移籍先が決まらないギニア代表MFアマドゥ・ディアワラに関しても、フルアムやイングランドのクラブに売り込みを行っているが、こちらの交渉は芳しくないようだ。 ローマは一連の余剰人員の売却によって、財務状況の改善を図りつつ、移籍市場閉幕までにセンターバックやセントラルMF、アタッカーの補強にも動く構えだ。 2022.08.05 17:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly