「本当の補強」と言われた北川航也、3年間で7ゴールに終わりラピド・ウィーンも早期売却に動く…清水復帰とも

2022.06.19 11:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラピド・ウィーンに所属するFW北川航也(25)だが、クラブはもはや構想に入れていないようだ。オーストリア『Krone』が報じた。

2019年7月に清水エスパルスから完全移籍でラピド・ウィーンへと移籍した北川。当時は日本代表にも選出され、2019年1月のアジアカップでは大迫勇也(ヴィッセル神戸)と共に出場していた。

その北川は1年目でリーグ戦19試合で2ゴール1アシスト、2年目は17試合で3ゴール1アシストを記録。しかし、3年目の今シーズンは12試合の出場でノーゴール。公式戦でも26試合でわずか1ゴール1アシスト鹿記録できなかった。

「コーヤは我々にとって本当の補強になるだろう」と150万ユーロ(約2億1300万円)の移籍金を払って獲得した当時にスポーツ・ディレクター(SD)のゾラン・バリシッチ氏が語っていたが、在籍3年間で公式戦71試合で7ゴール3アシストと期待に応える結果を残せていなかった。

北川はクラブ内でもとても給与が高い1人で、残り契約が1年あるもののクラブはは期待外れに終わった北川を手放したいと考えているようだ。

売却先を探しているラピド・ウィーンだが、北川はJリーグ復帰の可能性が取り沙汰され、『Krone』も古巣の清水復帰がう有力であると報道。3シーズンぶりに復帰する可能性がありそうだ。

関連ニュース
thumb

好調・中村敬斗が今季リーグ戦2ゴール目! 見事な動きだしで決勝点記録《オーストリア・ブンデスリーガ》

LASKリンツのFW中村敬斗が好調を維持している。 14日、オーストリア・ブンデスリーガ第4節が開催。LASKはラピド・ウィーンをホームに迎えた。 前節のヴォルフスベルガー戦で3アシストを記録して勝利に貢献していた中村は、この試合も[4-2-3-1]の左ウイングでプレーした。 今季は公式戦4試合で2ゴール4アシストを記録。リーグ戦でも開幕戦でゴールを決めていた中村は、1-0で迎えた43分に魅せる。 中盤でボールを持ったトーマス・ゴイギンガーがスルーパス。これを相手DFとの駆け引きに勝って動き出した中村がボックス内で受け、前に出たGKをかわして無人のゴールへと流し込み、2-0とリードを広げた。 好調を維持している中村は、69分にお役御免。チームは後半アディショナルタイムに1点を返されたものの、2-1で逃げ切り勝利。中村のゴールが決勝点となり、首位をキープした。 LASKリンツ 2-1 ラピド・ウィーン 【LASK】 トーマス・ゴイギンガー(前10) 中村敬斗(前43) 【ラピド・ウィーン】 マルコ・グリュル(後46) <span class="paragraph-title">【動画】スルーパスに絶妙な反応!中村敬斗が今季2ゴール目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="S7R7CdcDu78";var video_start = 42;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 16:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ラピド・ウィーン北川航也が古巣清水へ! 完全移籍で3年ぶり復帰

清水エスパルスは19日、ラピド・ウィーンから元日本代表FW北川航也(25)の完全移籍加入決定を発表した。背番号は「45」をつける。 北川は清水の下部組織あがりで、プロ4年目の2018年にJ1リーグで13得点を決めて一気にブレイク。それから日本代表にも初選出され、2019年夏にオーストリアのラピド・ウィーンで初の欧州挑戦を果たした。 だが、加入から数カ月後に左足首のじん帯損傷に見舞われ、復帰後も出番に恵まれず。2021-22シーズンも12試合に出場したオーストリア・ブンデスリーガでたった1度の先発機会にとどまり、得点もなかった。 J1リーグ16位に沈む状況から脱しようと、ゼ・リカルド新監督の下で再出発を図る古巣に3年ぶりの復帰を決断した北川。クラブを通じて、喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「SKラピード・ウィーンから加入しました北川航也です。また、皆さんとオレンジのユニフォームを着て、清水エスパルスのエンブレムを背負って闘えることを、とても嬉しく思います。シーズン途中での加入となりますが、自分の持っている力の全てをチームに還元していきます。早くIAIスタジアム日本平のピッチで皆さんと会える時を楽しみにしています。よろしくお願いします」 2022.06.19 14:03 Sun
twitterfacebook
thumb

“和製ハーランド”札幌FW中島大嘉がオーストリアに!? 欧州クラブが興味と報道

“和製ハーランド”とも称される北海道コンサドーレ札幌の若きストライカーに欧州クラブが目をつけているようだ。 噂に上がっているのは札幌のU-21日本代表FW中島大嘉(19)だ。国見高校から2021年に札幌へと入団すると、プロ1年目は公式戦9試合で4得点を記録した。 2年目の今シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合に出場し2得点を記録。YBCルヴァンカップでは5試合で4得点を記録するなど、その得点力に磨きがかかり、体格などを含めて“和製ハーランド”と称されることもある。 その中島に関して、イタリア人ジャーナリストであり、アジアサッカーに精通しているダニーロ・セルバディ氏がツイート。「ヒュッテルドルファー(ラピド・ウィーン)が中島大嘉に注目している」とした。 そのツイートを受けたオーストリア『Heute』も中島を取り上げ、「アーリング・ハーランドと比較されている」とし、「チームが探している前線の選手として中心になるだろうと」と報じている。 中島と札幌の契約は2024年1月までとされ、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のレアル・サラゴサも狙っていると報じられている。 ただ、現在見せている得点力は非常に高く評価されているようだ。 一方で、現在所属しているFW北川航也(25)についても言及しており、「ヒュッテルドルファー(ラピド・ウィーン)でのキャリアを終わらせるべきだ」と厳しいコメント。「自分自身を示すことができず、取り残されている。今シーズンは22試合で1得点も決めていない」と、ストライカーとして結果を残せていない北川はチームを去るべきだとした。 <span class="paragraph-title">【動画】“和製ハーランド”中島大嘉の抜群の動き出しからゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="n3BalU70WOw";var video_start = 242;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.08 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

板倉滉所属のシャルケが、ラピド・ウィーンからU-21オーストリア代表DFグライムルを獲得

日本代表DF板倉滉が所属するシャルケは13日、ラピド・ウィーンのU-21オーストリア代表DFレオ・グライムル(20)の完全移籍加入を発表した。 契約期間は2025年6月30日までの3年間。フリートランスファーでの加入となる。 グライムルは、ザンクト・ペルテンの下部組織で育ち、2018年7月にラピド・ウィーンのセカンドチームへと加入。2019年7月にファーストチームに昇格した。 これまで公式戦57試合で1ゴール1アシストを記録。今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで11試合に出場。ヨーロッパリーグでも3試合でプレー。しかし、昨年10月にヒザを負傷し、現在は戦線離脱中となっている。 また世代別のオーストリア代表を経験しており、U-21オーストリア代表としても7試合に出場し1ゴールを記録していた。 「僕はできるだけ早く完全に元気になるように努力している。夏にシャルケで自分を証明できることを本当に楽しみにしている」 「シャルケの信頼にとても感謝しているし、クラブが僕の成長に理想的な環境を提供してくれると確信している」 2022.04.14 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

【ECLプレーオフ2ndレグまとめ】堂安PSVやレスター、マルセイユが決勝トーナメント進出!北川ラピドは逆転を許し敗退…

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・決勝トーナメントプレーオフ2ndレグの8試合が24日に欧州各地で行われた。 先週行われたホームでの1stレグを1-0で勝利したPSVは、アウェイでマッカビ・テルアビブ(イスラエル)と対戦し1-1の引き分けに終わった。PSVの堂安律は66分までプレーしている。 堂安が先発したPSVは、立ち上がりからボールを保持するがマッカビ・テルアビブの集中した守備を崩しきれず、なかなかシュートまでまで持ち込めない。 それでも、PSVは32分に堂安のボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ボックス右深くまで切り込んだマウロ・ジュニオールの折り返しをボックス内で受けたマドゥエケが決定機を迎えたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半も一進一退の展開が続く中、57分にPSVのコーナーキックの際にスタンドからモノが投げ込まれ、試合が中断する事態に。 約5分間の中断を経て再開された中、PSVは66分に堂安とザハビを下げてブルマとヴィニシウスを、69分にはマドゥエケを下げてヴェルテッセンを投入。すると84分、バイタルエリア右サイドでパスを受けたヴェルテッセンがカットインからボックス内に侵入しシュート。これがサボリに当たると、そのままゴール右に吸い込まれた。 その後、PSVは後半終了間際の88分にセットプレーから1点を返されたが、終盤の猛攻を絶え凌ぎ、1-1でタイムアップ。2戦合計2-1でPSVがECL決勝トーナメント進出を決めた。 また、北川航也所属のラピド・ウィーンはアウェイでフィテッセ(オランダ)と対戦し0-2で敗戦した。ホームでの1stレグを2-1で勝利したラピド・ウィーンは、開始早々の5分にスルーパスに抜け出したグルビッチにシュートを決められると、19分にもベロにゴールネットを揺らされ、2戦合計スコアで逆転を許す。 ラピド・ウィーンは57分に北川を投入するも、最後までゴールを奪うことはできず。0-2でタイムアップ。この結果、3-2でフィテッセがECL決勝トーナメント進出を決めた。 そのほか、1stレグを4-1と快勝したレスター・シティは、アウェイでラナース(デンマーク)と対戦し3-1で勝利。同じく1stレグを3-1で勝利したマルセイユは、アウェイでカラバフ(アゼルバイジャン)と対戦し3-0で勝利。共に危なげなくECL決勝トーナメント進出を決めている。 ◆ECLプレーオフ2ndレグ ▽2/24(木) ボデ/グリムト 2-0(AGG:5-1) セルティック カラバフ 0-3(AGG:1-6) マルセイユ マッカビ・テルアビブ 1-1(AGG:1-2) PSV パルチザン 2-1(AGG:3-1) スパルタ・プラハ ラナース 1-3(AGG:2-6) レスター・シティ PAOK 2-1(AGG:2-2) ミッティラン ※PK戦を5-3で制したPAOKが決勝トーナメント進出 スラビア・プラハ 3-2(AGG:6-4) フェネルバフチェ フィテッセ 2-0(AGG:3-2) ラピド・ウィーン 2022.02.25 07:42 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly