京都の選手1名がコロナ陽性に…前週から2人目

2022.06.13 19:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
京都サンガF.C.は13日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

当該選手は11日に発熱(37.4度)と喉の痛みを訴え、同日に2度の抗原検査を実施。どちらも陰性判定だったものの、12日の検査で陽性反応が出たため、PCR検査で改めて確認したところ、陽性が確定したという。

クラブによれば、濃厚接触者及びその疑いのある者はおらず、今後の予定に影響はないとしている。

なお、京都は6日にも選手1名の感染が伝えられていた。

関連ニュース
thumb

京都がなりすましアカウントでの選手への差別的な誹謗中傷投稿に声明「看過することはできません」…法的措置の可能性も

京都サンガF.C.は21日、SNSでの誹謗中傷についての声明を発表した。 クラブの発表によると、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第30節のFC東京vs京都サンガF.C.の試合後、他クラブのファンになりすましと思われるアカウントで、京都の選手への差別的な誹謗中傷を伴う悪意ある投稿があったという。 京都は声明を発表。厳しい処分を行う可能性を示唆した。 「このような投稿は該当選手はもちろんのこと、なりすましの被害を受けられた方やこの投稿を見られた関係者の方々、ファン・サポーターの皆さまなどを傷つける行為であり、クラブとして決して看過することはできません」 「Jリーグのガイドラインに則り、専門家等のアドバイスをいただきながら法的措置などを視野に入れ厳正に対処して参ります」 また、ファン・サポーターに向けて、改めてSNSを含めた差別的な投稿などへの注意喚起を行った。 「SNSが私たちの生活に浸透したことにより、コロナ禍でも年齢・性別・国境を越えてたくさんの人たちとつながり、憧れの選手たちとも交流ができるようになり、選手、クラブ、Jリーグ、そしてサッカーがより身近になりました。しかし一方で、SNSなどネット上の書き込みは匿名でできるものが多いことから、心無い投稿や度を超えた批判などで、特定の個人を傷つけるケースが増えています。そして、それが瞬く間に世界に拡散され、個人のプライバシーや名誉、人権を脅かし、人を窮地に追い込んだり、法律に違反する行為に発展するなど、深刻な事態になることも少なくありません」 「ファン・サポーターの皆さまにおかれましても、クラブと共にこの想いをご共有いただき、リスペクトを持った発信・行動を行っていただきますようお願い申し上げます。また、なりすましのアカウントを見つけられた場合、各SNS運営会社への削除依頼等の通報手続きにご協力をお願いいたします」 2022.09.21 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「大変光栄」J1史上初の女性主審となった山下良美さんが心境「真摯に向き合っていきたい」

史上初のJ1での女性主審となった山下良美さんが、試合を振り返った。 18日、国立競技場で行われた明治安田生命J1リーグ第30節のFC東京vs京都サンガF.C.の一戦で、J1史上初の女性主審が誕生した。 山下さんは、これまでJ3、J2では主審を務めた経験があり、今年開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)にも日本人審判員として唯一選出されていた。 その山下さんはついにJ1の舞台に立つことに。台風が迫り大雨の中、5万499人とFC東京史上ホーム最多の動員となった試合で堂々たるレフェリングを見せた。 試合は大きく荒れることもなく、イエローカードはFC東京が2枚、京都が1枚という状況。2-0でFC東京が勝利を収めていた。 歴史的な一戦となったこの試合。山下さんは、試合後にコメントしている。 「J1リーグのフィールドに立てたこと、大変光栄に、嬉しく思います。いつもサポートしてくださる皆様に感謝申し上げます] 「今後も魅力溢れるJリーグの発展のため、1試合1試合、真摯に向き合っていきたいです」 <span class="paragraph-title">【動画&写真】史上初のJ1で主審を務めた山下良美さん!コイントスからキックオフまで</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xNF6XDCVya4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CirdTblPUgT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CirdTblPUgT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CirdTblPUgT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)(@jleaguejp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.19 16:52 Mon
twitterfacebook
thumb

国立男レアンドロがゴラッソ!FC東京がホーム史上最多5万人の前で京都を下す【明治安田J1第30節】

18日、明治安田生命J1リーグ第30節のFC東京 vs 京都サンガF.C.が国立競技場で行われ、2-0でホームのFC東京が勝利を収めた。 互いに水曜日のゲームを落とし、中3日で行われる国立での一戦。山下良美氏が女性審判員としてJリーグ史上初めてJ1の試合を裁くことでも注目が集まった。 プレッシングと速攻、ポゼッションとを使い分ける両チームは入れ替わりの激しい序盤戦となった。京都は武田将平が左足ミドルで狙えば、FC東京はバングーナガンデ佳史扶のスルーパスで左ポケットを取ったレアンドロが角度のない位置から直接狙う。 試合が動いたのは28分。左のハイサイドを取ったバングーナガンデがマイナスに折り返し、受けたレアンドロがボックス手前の左45度から右足を一閃。クロスバー、右ポストに当たってゴールに吸い込まれる、GKノーチャンスの目の覚めるような一撃を沈めた。 レアンドロは4月29日の第10節ガンバ大阪に続き、再びの国立でのゴールとなった。 ビハインドで前半を終えた京都はハーフタイムにピーター・ウタカに代えて、U-21日本代表メンバーにも選出された特別指定選手の木村勇大をピッチへ。さらに、後半開始直後にも武富孝介の負傷により、急遽、福岡慎平が投入された。 交代策を駆使するも、GKヤクブ・スウォビィクに冷や汗をかかせられない京都。一方のFC東京は55分、松木玖生のオシャレなヒールパスからディエゴ・オリヴェイラが対角へのシュートでGK上福元直人にセーブを強いる。 残留へ向けてまずは追い付きたい京都だが、武田が空中戦での着地後に負傷。担架で運ばれて金子大毅との交代となり、67分でハーフタイムを除いた3回目の交代を使うことになった。 それでも78分、その金子が高い位置でボールを奪い、右サイドの深い位置からグラウンダーのクロス。ディフレクションがあってファーへ流れるも、フリーの川崎颯太は当てきれず。すると、直後のプレーでFC東京に追加点が生まれた。 ボックス手前右から三田がブレ球ミドルを放つと、手前でバウンドしてシュートをGK上福元が内側に弾いてしまい、こぼれ球に唯一反応していたアダイウトンが悠々と蹴り込んだ。 アダイウトンは82分にもGK上福元のパスミスから空いたゴールへループで狙う。これはカバーに入った井上黎生人に阻まれて3点目とはならずも、守備陣は大きな破綻を見せず、目立った決定機を作らせないままクリーンシートでタイムアップ。 攻守のかみ合った東京がクラブのホームゲーム史上最多となる、5万994人の観客の前で4試合の白星。一方の京都は、アクシデントもあって思ったように推進力をもたらせず、3試合勝利から遠ざかっている。 FC東京 2-0 京都サンガF.C. 【FC東京】 レアンドロ(前28) アダイウトン(後33) <span class="paragraph-title">【動画】国立2戦連発となったレアンドロの強烈ゴラッソ</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/A6sVCxYGijE" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.09.18 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

J3、J2に続いてJ1も! 女性レフェリーの山下良美氏が国立舞台のFC東京vs京都を担当

女性審判員の山下良美氏が18日に国立競技場で行われる明治安田生命J1リーグ第30節のFC東京vs京都サンガF.C.を指揮する。 試合開始前に両チームのスターティングメンバーとともに審判団が発表。今年11月のカタール・ワールドカップでも審判員の1人に入る山下氏が主審を担当し、女性審判員としてJリーグ史上初めてJ1リーグの試合を裁くことになった。 2015年から国際審判員の山下さんは2021年の東京オリンピックなどの国際舞台で笛を吹き、同年のJ3リーグに続いて、今年7月にJ2リーグでも主審を担当。同年8月には日本サッカー協会(JFA)と女性として初のプロ契約を結んでいる。 2022.09.18 18:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:FC東京vs京都】国立決戦! スタイルを見せつけ、白星を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2022年9月18日(日) 19:00キックオフ FC東京(9位/40pt) vs 京都サンガF.C.(15位/30pt) [国立競技場] ◆入りに注目。リズムを掴めるか【FC東京】 前節はミッドウィークの試合となった中、ヴィッセル神戸を相手に2-1で敗戦。降格圏に沈む相手に白星を献上してしまった。 残るところ6試合。上位に行ける可能性もある中での痛恨の敗戦となってしまったが、その理由は試合の入りにある。 前々節のガンバ大阪戦も同様、スタートに失敗しペースを握れないでいると、ずるずると時間が経過。リズムを掴めずに終わってしまった。 今回は3戦連続関西勢、京都を迎えるが、場所は今季2度目の国立競技場。あいにくの悪天候となるが、燃えるサポーターたちの後押しを受けて、天候に負けないサッカーを見せたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:長友佑都、木本恭生、森重真人、バングーナガンデ佳史扶 MF:塚川孝輝、東慶悟、松木玖生 FW:紺野和也、ディエゴ・オリヴェイラ、渡邊凌磨 監督:アルベル ◆迫る降格圏も自信を持って戦えるか【京都サンガF.C.】 気がつけば、降格圏が迫っている状況の中、ミッドウィークには首位の横浜F・マリノスに2-1で敗戦となった。 残すところ6試合。降格圏とは勝ち点差わずかに「2」となっており、正念場と言える状況。なんとしても残留を勝ち取りたい。 アグレッシブに運動量を持ってプレーすることが京都のスタイル。即時奪回からの攻撃という点ではここ数試合見せられているが、決定力に乏しい部分が結果に繋がっていない。 内容は上がってきており、後は結果だけ。降格するようなサッカーはしていないだけに、しっかりと残り試合で勝ち点を重ねていきたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:白井康介、井上黎生人、麻田将吾、佐藤響 MF:武富孝介、川崎颯太、武田将平 FW:豊川雄太、山﨑凌吾、松田天馬 監督:曺貴裁 2022.09.18 15:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly