ユーロ2020決勝再現カードのイングランドvsイタリアはゴールレスドロー《UEFAネーションズリーグ》

2022.06.12 05:37 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3の第3節、イングランド代表vsイタリア代表が11日に行われ、0-0で引き分けた。

4日前に行われた前節ドイツ代表戦を1-1の引き分けに持ち込んで1分け1敗スタートとしたイングランドは、ドイツ戦のスタメンから7選手を変更。3トップは右からスターリング、エイブラハム、グリーリッシュと並べた。

一方、前節ハンガリー代表戦を2-1と逃げ切って1勝1分けスタートとしたイタリアは、ハンガリー戦のスタメンからGKドンナルンマ以外の10選手を変更。3トップは右からペッシーナ、スカマッカ、ペッレグリーニと並べた。

1年前のユーロ2020決勝の再現カードはオープンな展開で推移する。

開始2分、フラッテージが決定的なシュートに持ち込んだイタリアに対し、立ち上がりからハイプレスをかけていたイングランドは5分、GKドンナルンマのパスミスからエイブラハムが際どいシュートを浴びせた。さらに9分、マウントがバー直撃のシュートを放ってゴールに迫っていく。

その後もオープンに攻め合うと、イタリアは25分にディ・ロレンツォのダイレクトクロスに反応したトナーリがプッシュ。だが、GKラムズデールの好守に阻まれた。

ひやりとしたイングランドは28分、R・ジェームズの右クロスからグリーリッシュが合わせ、イタリアを牽制。

ハーフタイムにかけても攻め合いが続き、イングランドはマウント、イタリアはスカマッカがゴールに迫ったが、0-0で前半を終えた。

迎えた後半もオープンに展開すると、イングランドは52分にビッグチャンス。しかし、R・ジェームズの右クロスをファーサイドでフリーのスターリングが合わせたシュートは枠を外してしまった。

その後もイングランドが押し込む展開としたが、やや膠着状態となったことで64分に両陣営が動く。イングランドはケインとボーウェンをイタリアはニョントを投入した。

しかし、終盤にかけても膠着状態は変わらずゴールレスでタイムアップ。ユーロ2020決勝再現カードは勝ち点1を分け合う結果となった。

関連ニュース
thumb

UNL未勝利のイングランド…OBはCBの問題指摘 「経験も質も不足している」

元イングランド代表DFのダニー・ミルズ氏が現在の同代表はセンターバックに問題を抱えていると指摘した。イギリス『ミラー』が伝えている。 2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)ではベスト4、昨夏に開催されたユーロ2020では準優勝と、近年の主要大会で結果を出してきたイングランド。11月から開催されるカタールW杯では、1966年以来となる大会優勝が期待されている。 しかし、今年6月から始まったUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23では、グループステージ6試合3分け3敗の未勝利に。ガレス・サウスゲイト監督への批判は強まり、W杯本大会に向けて懐疑的な声も増加中だ。 イギリス『talkSPORT』に出演したミルズ氏もUNL6試合で10失点の守備を問題視し、現状では国際舞台で活躍できるセンターバックが少ないことを憂えた。 「センターバックのクオリティが低いのは大きな問題だ。チームには経験も質も不足していると思う。一方で、(批判を浴びる)ハリー・マグワイアには、大きな大会で活躍した経験が備わっている」 「(ジョン・)ストーンズはまた負傷した。彼が大会までにフィットしないなら、エリック・ダイアーを選ばなければならないだろう。(ベン・)ホワイトはアーセナルのセンターバックすら十分に務められていない。そして、フィカヨ・トモリとマーク・グエイはまだ代表で6試合に出場しているだけだ」 「メジャーな大会に参加するなら、華麗なフットボールではなく試合に負けないことが重要だ。イングランドはグループリーグを突破し、その後はビッグチームを倒す必要がある。そのためには、経験豊富な選手がいなければならない。トモリとグエイをその中に入れることはできないだろう」 「ディフェンス面を見ると、我々は弱いと言わざるを得ない。マグワイアが代表でプレーする必要があるのは、チームに他のオプションがないからだ。他のオプションは、国際的なレベルになく、ステップアップが求められる」 2022.09.28 15:36 Wed
twitterfacebook
thumb

成長著しいベリンガムを代表の同僚も絶賛 「19歳で彼ほど優秀な選手は見たことがない」

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスが、ドルトムントの同代表MFジュード・ベリンガムを称賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2020年夏にバーミンガムから17歳の若さでドルトムント入りしたベリンガム。初年度からボックス・トゥ・ボックスのプレーヤーとしての力を認めさせ、早くも通算100試合の出場数を誇る。 瞬く間にビッグクラブが注目する存在となるなか、イングランド代表でも日増しに存在感を高め、今活動でもしっかりとレギュラーでプレー。代表の中盤でコンビを組むライスも称賛している。 「彼はまだ19歳だけど、まるで28歳のような肉体なんだ。大人の男という感じだね。そして、彼は成人の選手と同じように考え、プレーし、キャラクターと個性を発揮している。彼が望むなら、今後15年間はイングランドサッカーの未来であり続けるだろう」 「彼はまた、最高の若者でもあるね。ピッチの上で、味方を本当に後押ししてくれるんだ。彼の隣でプレーできて光栄だよ。僕は彼よりずっと多くの試合に出場してきた。だからこそ、19歳の彼がすでにチームにもたらすものや、彼の持つエネルギーがわかるんだ」 「ジュードはホールディングMFとしても、8番でも10番でもプレーができる。中盤のどこでもプレー可能で、僕らにとって重要な存在になるのは明らかだね。ジュードと一緒にプレーするたび、僕たちはつながりを深めているよ」 「彼がこのまま活躍し続けることを願っている。僕は彼にはこう言っているんだ。『君はどんどん攻めていってくれ。僕はここにいて君のためディフェンスをするよ!』とね」 「彼は若いのに老成している。チームの若手はみんな、彼のことが大好きなんだ。19歳にして、彼ほど優秀な選手は見たことがないよ。選手としてすべてを兼ね備えていると思う」 2022.09.28 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

デルフが32歳の若さで現役に別れ…アストン・ビラやシティ、エバートンでプレー

元イングランド代表MFファビアン・デルフ(32)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでエバートンを退団して以降、フリーの状態が続いていた32歳は、27日に自身の公式インスタグラムを通じて現役に別れを告げた。 「今日、僕はこの美しいゲームが自分に与えてくれた幸せと感謝だけを伝え、引退を発表するよ」 「家族と友人。これまで在籍してきた素晴らしいクラブで共に働いたプレーヤー、スタッフに対して、声を大にして感謝を伝えたい。同様に僕は幸運にもそのクラブの代表としてプレーするだけでなく、ファンから素晴らしいサポートを受けた。それに対しても感謝を伝えるよ」 ブラッドフォードとリーズ・ユナイテッドの下部組織でプレーしたデルフは、リーズでプロキャリアをスタート。その後、2009年にプレミアリーグに所属するアストン・ビラにステップアップを図ると、豊富な運動量と戦術眼、複数のポジションをカバーするユーティリティー性を武器に中盤の主力として台頭した。 2015年夏からはマンチェスター・シティでプレー。本職の中盤だけでなく、左サイドバックをこなすマルチロールな働きを見せ、多才なバックアッパーとして合計7個のタイトル獲得に貢献した。 2019年夏には出場機会を求めてエバートンに加入したが、度重なるケガの影響もあり、在籍3シーズンで41試合の出場にとどまっていた。 これまでのキャリアを通じてはプレミアリーグ通算204試合に出場し、7ゴール10アシストの数字を残した。 また、2014年にデビューを飾ったイングランド代表では通算20キャップを記録していた。 2022.09.28 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

試合を観ても気が付けない!ケインの背番号が逆さまの「6」に

イングランド代表FWハリー・ケインの背番号にある異変が起こっていた。 26日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3最終節で、ドイツ代表と対戦したイングランド。後半に2点を先取されながら逆転に成功する激しい点の取り合いとなり、最終的には3-3のドローに終わった。 ドイツ戦では、21日に正式発表されたばかりの新しいアウェイユニフォームを初めて着用していたイングランドだが、その影響もあるのか、ケインの背番号がささやかな関心を集めた。 これまで通り背番号「9」を背負って先発したケイン。シャツの背中部分と、ショーツにプリントされたものは間違いなく「9」だった。 しかし、『Footy Headlines』によるとシャツ前面の右胸部分にプリントされた背番号が「9」ではなく「6」を180度反対に回転させたものだったという。 実際、正しい「9」は最後に上に上がるフォントが用いられているが、ケインのシャツ右胸のものだけは左斜め下に下がっていたのだ。 この試合で83分にPKでゴールを決めていたケインだったが、思わぬところでも注目を集めることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】よくよく見ると気が付く!右胸にプリントされた逆さまの「6」とショーツにプリントされた正しい「9」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/kane1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <span class="paragraph-title">【写真】ホームユニでは正しい背番号「9」がプリントされていた</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/kane2.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.09.27 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

D・ヘンダーソン、カタールW杯行きを諦めず「確かに不利な状況だけど…」

ノッティンガム・フォレストのGKディーン・ヘンダーソンが、イングランド代表入りへの思いを語っている。 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身のヘンダーソンは、出場機会を求めて今夏にフォレストへレンタル移籍した。昨季はわずか5試合に出場しただけだったが、新天地では正GKとしてリーグ戦では全試合に出場している。 そんな中、今回のインターナショナルマッチウィークでは、イングランド代表で守護神の地位を築くジョーダン・ピックフォードが負傷中のため、代わりにヘンダーソンが招集された。ただ、昨夏のユーロ以来の招集となったが、イタリア戦とドイツ戦ともに出番はなく、4番手であることを痛感させられることになった。 イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでは他のGKより遅れをとっていることを認めたヘンダーソン。それでも、カタールW杯でのスリーライオンズ入りに向けて諦めない姿勢を示した。 「今は遅れていると思う。明らかに昨シーズンはほとんどプレーできてなかったし、他のみんなは上手くやっていた」 「僕の最大のチャンスは試合に出てガレス・サウスゲイト監督にアピールすること。願わくば良い印象を与えられるといいね」 2022.09.27 18:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly