【2021-22プレミアリーグベストイレブン】シティから最多5人、リバプールから4人選出

2022.06.04 12:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
2021-22シーズンのプレミアリーグが全日程を消化しました。そこで本稿では今シーズンのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆プレミアリーグベストイレブン
GK:アリソン
DF:アレクサンダー=アーノルド、ファン・ダイク、ルベン・ディアス、ククレジャ
MF:デ・ブライネ、ロドリ、ベルナルド・シウバ
FW:サラー、フォーデン、ソン・フンミン

GKアリソン(29歳/リバプール)
出場試合数:35(先発回数:36)/失点数:24/出場時間:3240分
Getty Images

今季のプレミアリーグでは、シティのエデルソンとともにゴールデングローブを受賞したアリソン。年々ハイレベルになっていく優勝争いにおいて、2人のブラジル代表GKは鎬を削り合ってきた。今季も失点数ではアリソンが「24」、エデルソンが「26」、クリーンシートは同じ20試合と、甲乙付け難いスコアとなったが、直接対決で好セーブの印象が強かったアリソンを今回は選出した。

DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(23歳/リバプール)
出場試合数:32(先発回数:32)/2ゴール12アシスト/出場時間:2854分
Getty Images

若くして史上最高の右SBに上り詰めたアレクサンダー=アーノルドが今季もベストイレブン入り。アシスト数では自己最多の19-20シーズンにはひとつ及ばなかったが、今季はシティ戦やチェルシー戦、アーセナル戦などのビッグマッチで結果を残すことが多く、プレースキックの精度も相変わらず高かった。一方で、守備面ではまだまだ伸び代を感じさせるシーズンとなった。

DFヴィルヒル・ファン・ダイク(30歳/リバプール)
出場試合数:34(先発回数:34)/3ゴール4アシスト/出場時間:3060分
Getty Images

昨季は右ヒザじん帯損傷でシーズンの大半を治療に費やす悔しい思いをしたファン・ダイクが完全復活。開幕当初は「まだ道半ば」と、負傷前のレベルには至っていないと謙虚な姿勢を見せていたが、やはりそこはファン・ダイク。もはやどんなFWも寄せ付けない卓越した守備で、出場した34試合中21試合で無失点を記録した。

DFルベン・ディアス(25歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:29(先発回数:27)/2ゴール4アシスト/出場時間:2402分
Getty Images

昨季のプレミアリーグ初挑戦で年間最優秀選手に選ばれたルベン・ディアスは、今季も安定したパフォーマンスでシチズンズの守備を固めた。また、加入2年目にしてキャプテンも任されるなどリーダーシップも発揮。今後もさらなる活躍が期待されている。

DFマルク・ククレジャ(23歳/ブライトン)
出場試合数:35(先発回数:35)/1ゴール1アシスト/出場時間:3092分
Getty Images

トップ4以外のチームでは唯一の選出。ヘタフェから加入した今シーズン、ラ・リーガより遥かに勝る強度の中で、ククレジャはバルセロナ仕込みのテクニックに加え、スピードやパスも非凡な才能を見せ、左サイドバックとして素晴らしい存在感を放った。移籍金が1500万ポンドだったこともあり、今季のベストバイに推す声も。また、すでにチェルシーやシティからの関心が伝えられている。

MFロドリ(25歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:33(先発回数:33)/7ゴール2アシスト/出場時間:2888分
Getty Images

加入3年目を迎え、もはやペップ戦術の申し子となったロドリ。ポジショニング、パス捌き、キック精度のどれをとっても現在のシティには欠かせないもので、とりわけ守備時のポジショニングの正確さは、チームの攻撃力にも起因している。今季は重要な終盤戦にゴールを量産しており、最終節のアストン・ビラ戦では、ミドルレンジから針の穴を通すようなゴールで逆転勝利に貢献した。

MFケビン・デ・ブライネ(30歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:30(先発回数:25)/15ゴール8アシスト/出場時間:2206分
Getty Images

足首の問題で前半戦はサラーやベルナルド・シウバに主役の座は譲ったものの、シーズン後半はデ・ブライネの独擅場に。終盤のウルブズ戦ではプレミアリーグ歴代3番目の早さとなるハットトリックと1試合4ゴールを達成。そして、最終節で逆転勝利を呼び込んだギュンドアンへのアシストは真骨頂と言えるプレーだった。

MFベルナルド・シウバ(27歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:35(先発回数:33)/8ゴール4アシスト/出場時間:2860分
Getty Images

前半戦は攻守に大車輪の活躍でMVP級のパフォーマンスだったベルナルド・シウバ。シーズン後半は数字上は目立たなかったが、攻撃的な選手の中でも最もピッチに立っていた選手で、相変わらずペップからの信頼は厚かった。繊細かつダイナミックなプレーで、シティの優勝に貢献した。

FWモハメド・サラー(29歳/リバプール)
出場試合数:35(先発回数:25)/23ゴール14アシスト/出場時間:2762分
Getty Images

3度目のプレミアリーグ得点王に輝いたサラー。15ゴールをマークした前半戦と比較すると、後半戦は代表で2つの大きな失望を味わったこともあり、ゴール数は伸び悩む結果に。それでも、アシスト数でもトップに立ったエジプト代表FWは流石の一言に尽きる。

FWフィル・フォーデン(22歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:28(先発回数:24)/9ゴール8アシスト/出場時間:2134分
Getty Images

もはやポジションに囚われない変幻自在な選手に化けたフォーデン。プロ入り当初は中盤の中央で起用されることが多かったが、今季は両ウイングに加えてセンターFWでの起用が増え、最前線でゲームを組み立てるプレーが印象的だった。まだまだ伸び代を残す末恐ろしい22歳は、プレミア史上初の2年連続での若手最優秀選手に選ばれる偉業を成し遂げた。

FWソン・フンミン(29歳/トッテナム)
出場試合数:35(先発回数:24)/23ゴール9アシスト/出場時間:3022分
Getty Images

在籍7年目を迎えたソン・フンミンが、今季はサラーと並んで初めてゴールデン・ブーツを受賞した。移籍叶わずで闘争心を失いかけていたエースに代わって序盤から気を吐いた韓国代表FWは、サラーよりもコンスタントに得点を重ねた。今季のスパーズにとって大きなポイントとなった終盤戦では、10試合で12ゴール3アシストを記録。チームの3シーズンぶりとなるCL出場に導く働きを見せた。

関連ニュース
thumb

「言葉を失った」昨季プレミアMVPのデ・ブライネ、今季初ゴールの芸術的アウトサイド弾に「史上最高のMF」

これがプレミアリーグ年間最優秀選手の実力だ。マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが圧巻のパフォーマンスを披露した。 13日にエティハド・スタジアムで行われたボーンマス戦に先発出場したデ・ブライネは、イルカイ・ギュンドアンのゴールでリードして迎えた31分に見事な一撃を沈める。 ロングカウンターから右サイドでボールを持ったベルギー代表MFは、中へ切り込みながらペナルティアーク付近で右足アウトサイドを使ったシュートを放つと、ゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 フィニッシュ前のボディフェイントでシュートコースを作った体捌きも鮮やか。芸術的な一連の流れには「KDBのパフォーマンスは世界クラス」、「誰もがアーリング・ハーランドに出すと予想していたことでしょう」、「MFとしても、ストライカーのようにもプレーしている。すごい」、「史上最高のミッドフィールダー」、「言葉を失いました」など、惜しみない賛辞が送られている。 昨シーズン、シティの連覇に貢献し、プレミアリーグ年間最優秀選手にも選出されたデ・ブライネ。12日には2021-22シーズンのUEFA(欧州サッカー連盟)年間最優秀選手賞候補に、さらにはバロンドール候補にもノミネートされた。 デ・ブライネのゴールでリードを広げたシティは、フィル・フォーデンと相手オウンゴールによって加点。ホーム開幕戦を4-0の快勝で締め括っている。 <span class="paragraph-title">【動画】キレが違う!デ・ブライネの芸術的アウトサイド弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="G1JQc5F-w_g";var video_start = 40;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.14 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

シティの21歳DFイサ・カボレ、マルセイユへのレンタルが目前に

マンチェスター・シティのブルキナファソ代表DFイサ・カボレ(21)がマルセイユへのレンタル移籍に近づいているようだ。 イサ・カボレは2020年7月からシティに在籍する右サイドバック。過去2年は古巣メヘレンやトロワに貸し出され、シティの選手として公式戦のピッチに立った経験はない。 一方、18歳でデビューしたブルキナファソ代表では不動の存在であり、通算26試合2得点を記録。今年に開催されたアフリカ・ネーションズカップでは全試合にフル出場し、同国のベスト4入りに大きく貢献している。 イギリス『デイリー・メール』によると、サウサンプトンも獲得に動いていたなか、マルセイユへの1年レンタルが目前に。1700万ポンド(約27億5000万円)の買い取りオプションが付帯した契約とみられている。 2022.08.14 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップ、2戦目途中交代のハーランドに「彼は世界で最も難しい仕事をしている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が13日に行われたプレミアリーグ第2節のボーンマス戦を振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 3連覇を目指すシティは昇格組を開幕戦のホームに迎え撃っての一戦でも盤石の戦いぶりをみせつけ、4-0の快勝で連勝。開幕から連続クリーンシートの複数得点による連勝で貫禄のスタートを切ったグアルディオラ監督は試合後、満足感を示している。 「守りも攻めも良く構成されたチームに対して、本当に良いパフォーマンスだったよ。彼らは深くで、スペースを狭めて守ってくるから、外側からいかないといけなかったんだ」 そんなシティで注目のハーランドは2ゴールの開幕戦に続く連発とはならなかったものの、お膳立て役として1アシストを記録。ただ、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、この試合でのボールタッチ数はわずか8回で、74分にピッチを後にしている。 初めてボールに触れたのがアシストをマークした19分とあって、チームとしても課題を露呈したが、グアルディオラ監督はその件について「彼は世界で最も難しい仕事をしている」と擁護した。 「ディフェンシブエリアでプレーするストライカーはボーンマスのようなチームと対峙するとき、中央に3人の守備者とその前に2人の選手がいて、その真ん中に陣取ることになる」 「そのなかで、どうやって生きろというんだ? 非常に難しいことで、そんなのわかっている。それでも、我々は多くの状況を見つけだせる」 「ただ、時間が問題なんだ。適切な瞬間、動き、そして彼の後ろにいる選手のクオリティがあれば、彼を見つけられる」 「何の疑いもないよ。過去に対戦した他のチームでも同じような光景を目にしてきた。我慢強く戦っていかないとね」 2022.08.14 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

シティが開幕2連勝! デ・ブライネの圧巻アウトサイド弾などでボーンマスに完勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、マンチェスター・シティvsボーンマスが13日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-0で圧勝した。 リーグ3連覇を目指すシティは前節、プレミアデビューとなったハーランドの2ゴールの活躍によって難敵ウェストハムを敵地で退け、2-0の快勝スタートを飾った。ホーム開幕戦となる今回の一戦では、アストン・ビラ相手に2-0の白星スタートを飾った昇格組ボーンマスを迎え撃った。 グアルディオラ監督は初戦からグリーリッシュに代えてフォーデンを起用した以外、同じスタメンを採用。3トップは右からマフレズ、ハーランド、フォーデンという並びとなった。 立ち上がりから相手を圧倒的に押し込むシティは、的確な立ち位置、正確なパスを軸に引いたボーンマスを揺さぶり続ける。さらに、ボールを失っても連動したプレスですぐさまボールを奪い返し、ハーフコートゲームを展開。 開始9分にはデ・ブライネの鋭いグラウンダーのパスをボックス左で足元に収めたフォーデンがGKと一対一の場面を作り出すが、ここはGKトラバースの好守に阻まれる。以降もセットプレーから際どいシーンを作り続けると、前半半ばを前にしてゴールをこじ開ける。 19分、相手陣内中央でウォーカーがグラウンダーで差し込んだボールをギュンドアンがワンタッチでハーランドに預けると、ノルウェー代表FWはDFを背負いながらも見事な粘りで完璧なリターンパス。完璧にゴール前へ抜け出したギュンドアンが難なくGKとの一対一を制した。 前節のPK獲得シーンの逆の形からギュンドアンに今季初ゴールが生まれたホームチームは、これで落ち着くことなく相手を圧倒。徐々にボーンマスに自陣の深い位置へ運ばれるシーンも出てきたが、逆に個のクオリティを生かしたロングカウンターが機能する。 そして、31分にはロングボールのセカンドボールを奪った流れからロドリ、フォーデン、デ・ブライネとスムーズに右サイドへパスが繋がる。ここでベルギー代表MFはペナルティアーク付近で左へ切り込みながら右足アウトサイドを使ったシュートを放つと、ゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 デ・ブライネの芸術的なシュートで追加点を奪ったシティはその数分後にも三度ゴールを奪取。37分、自陣右サイドでのボールを奪ったマフレズが左サイドのスペースを狙うデ・ブライネへ絶妙なミドルレンジのパスを供給。そのままボックス付近まで運んだデ・ブライネは相手DFを引き付けながらゴール前に走り込んだフォーデンへ絶妙なラストパスを通すと、フォーデンがこの試合2度目の決定機を今度は決め切った。 その後、ボーンマスの士気、運動量にかげりが見え始めると、前半終了間際には2試合連続ゴールを狙うハーランドに幾度か際どいチャンスが訪れるが、4点目を奪うまでには至らなかった。 昇格組相手に格の違いを見せつけた2連覇王者は、ハーフタイム明けに1ゴール1アシストのフォーデンを下げてグリーリッシュを投入。後半もボールを握って危なげなくゲームをコントロールしていく。 3点のリードがあることもあり、リスクを冒して攻める場面は少ないものの、相手を押し込んではボックス付近での相手の隙を突いてはデ・ブライネ、ギュンドアン、マフレズとミドルシュートで4点目に迫る。 後半も完全に主導権を掌握するシティは65分、フォーデンに続きルベン・ディアス、ギュンドアンがお役御免となり、ストーンズ、ベルナルド・シウバがピッチへ送り出される。さらに、76分にはハーランドが下がり、アルバレスが送り込まれた。 勝利は確実なものの、もうひと盛り上がりがほしいところだった79分にはボックス左に抜け出したカンセロのクロスがレルマのオウンゴールを誘い、ようやく後半最初のゴールが生まれた。 その後、ウォーカーを下げてプレミアデビューのDFルイスをピッチに送り込んだシティは、ボーンマスの反撃を危なげなく封じ切って4-0の完勝。昇格組相手に王者の貫録を見せつけて開幕2連勝を飾った。 2022.08.14 01:00 Sun
twitterfacebook
thumb

シティの19歳FWカイキがポルトガル1部のパソス・デ・フェレイラにレンタル…昨季は2試合に出場

マンチェスター・シティは13日、ブラジル人FWカイキ(19)がポルトガルのパソス・デ・フェレイラにレンタル移籍することを発表した。 カイキはフルミネンセのアカデミーで育ち、2021年3月にファーストチームに昇格。2021年8月にシティへと完全移籍し、U-23チームに所属した。 昨シーズンはシティのU-21で14試合に出場し6ゴール4アシストを記録。FAカップとプレミアリーグでファーストチームデビューを果たし、2試合に出場していた。 今夏はファーストチームに帯同してプレシーズンを過ごしていたが、プリメイラ・リーガで更なる成長に邁進することとなる。 2022.08.13 22:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly