仲川が1ゴール1アシスト!! アウェイで磐田に勝利した横浜FMが首位に浮上!!【明治安田J1第16節】

2022.05.29 18:29 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第16節のジュビロ磐田vs横浜F・マリノスが29日にヤマハスタジアムで行われ、アウェイの横浜FMが2-0で勝利した。

前節は最下位のヴィッセル神戸とゴールレスドローで直近2試合勝利がない磐田と、攻守両面で京都サンガF.C.を圧倒し2-0で勝利した横浜FMが激突。磐田は4勝目、横浜FMは連勝で首位浮上を目指して試合に臨んだ。

序盤は一進一退の攻防で進むも、徐々にアウェイの横浜FMが攻勢をかけて磐田陣内へ攻め込んで行く。14分に仲川が磐田の最終ラインのギャップを突いて背後に抜け出しGKと1対1に。ゴール前で仲川からのラストパスを受けたレオ・セアラが落ち着いて右足でネットを揺らすも、オフサイドの判定となる。

高い位置でのプレッシングと積極的な背後狙いを繰り返す横浜FMに対して、守備対応で後手に回る磐田。39分には最終ラインでのビルドアップ中に連携ミスからレオ・セアラにボールを奪われ、絶体絶命のピンチを迎える。レオ・セアラのコントロールミスにより、なんとか間一髪のところで難を逃れたが、ピッチ上で良い循環を作れなかった前半を象徴するシーンとなった。

防戦一方ながらも、GK三浦の好セーブにも救われ、ゴールレスで試合を折り返した磐田は、シュート「0」に終わった前半から打って変わり、後半立ち上がりからチーム全体でプレッシャーを強めて高い位置でボールを奪取するなど、随所で積極的な姿勢を見せる。だが、欲しかった先制点は地力で上回る横浜FMにもたらされた。

55分、ショートパスを繋いで左サイドから右サイドへと展開した横浜FMは、ボランチの藤田譲瑠チマも絡んで磐田の守備陣を揺さぶり、右サイドバックの松原がセンタリングを上げる。ゴール前でレオ・セアラの頭上を越えたボールは、ファーサイドで待ち構えていた仲川の足元へ。仲川はワントラップから右足を豪快に振り抜きネットを揺らした。

後半の早い時間帯で先制に成功した横浜FMは62分にも追加点を挙げる。左サイドバックの永戸が内側を攻め上がり、入れ替わるようにしてワイドに開いた仲川へボールを預ける。仲川は右足でセンタリングを上げると、ゴール前でレオ・セアラが相手DFと競り合いながらも打点の高いヘディングで合わせた。

2点のビハインドを背負った磐田は、75分にようやく初シュート。左サイド深い位置からセンタリングを供給すると、一度はDFにクリアされたボールを拾い返して上原が右足でゴールを狙う。しかし、枠をとらえることは出来ず。磐田は攻撃が単発に終わることが多く、継続して横浜FMに脅威を与えることが出来ない。

81分には途中出場の大津とファビアン・ゴンザレスが立て続けにシュートを放つが、いずれも横浜FMの守護神・高丘がセーブ。ファビアン・ゴンザレスは86分にもセンタリングを頭で合わせてチャンスを迎える。磐田は試合終盤へ来てようやく好機を作り出すも、最後までゴールは奪えずタイムアップ。横浜FMが0-2で勝利を収めた。

なお、他会場で首位の鹿島アントラーズと2位の川崎フロンターレがいずれも敗れたため、2連勝の横浜FMが首位に浮上した。

ジュビロ磐田 0-2 横浜F・マリノス
【横浜FM】
仲川輝人(後10)
レオ・セアラ(後18)

関連ニュース
thumb

台風8号の影響で中止となっていた横浜FMvs湘南は9月7日に開催

Jリーグは19日、中止となっていた横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレの代替日程を発表した。 同カードは13日に開催予定だったが、台風8号の影響で中止となっていた。 代替日程については、9月7日(水)の19時キックオフに決定。場所は日産スタジアムで変更はない。 横浜FMは現在首位に立っており、9月3日(土)にFC東京とアウェイで、同10日(土)にホームでアビスパ福岡と対戦。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場していた関係で、9月3日まで半月ほど試合がない状況となる。 また、湘南は現在15位で残留争い中。3日には川崎フロンターレとホームで、10日にはアウェイで清水エスパルスと対戦する。 2022.08.19 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「非常に嬉しい」リーグ首位・横浜FMを下しての8強入りに神戸・吉田孝行監督、躍動の飯野七聖は「フィットしている」

ヴィッセル神戸の吉田孝行監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・ラウンド16の横浜F・マリノス戦を振り返った。 18日、ACL2022が再開。ラウンド16から準決勝までは日本での開催となり、Jリーグ勢同士の対戦となった。 明治安田生命J1リーグではプレーオフ圏の16位に低迷する神戸。相手は首位に立つ横浜FMであり、リーグ戦でも大事な最終節で対戦する相手となった。 チャレンジャーという立場になる神戸だったが、前半から積極的に仕掛けると、左サイドでボールを握り、右サイドの飯野七聖を使って攻勢をかけることに。すると7分、汰木康也のスルーパスに反応した飯野が抜け出し、GKとの一対一を冷静に決めて先制。サガン鳥栖から移籍後初ゴールを決め、早々に神戸が先制する。 幸先良く先制した神戸だったが、リーグ戦の悪さが出ることに。9分に右サイドを突破され、西村拓真に同点ゴールを決められてしまう。 先制からすぐに追いつかれてしまった中、心折れずに攻め続けると、31分にもチャンス。最後は飯野がボックス内で詰めるが、相手に倒される。主審はファウルを取らなかったが、VARが介入した結果、神戸がPKを獲得。これを佐々木大樹が決めて神戸リードで前半を終える。 後半に入ってからは、横浜FMに攻め込まれる時間が長くなる中、それでもゴールを許さず。すると80分に一瞬のズレを突いて、スペースに抜けた山口蛍がクロス。これをニアサイドで小田裕太郎が合わせて2点差に。89分にアンデルソン・ロペスに1点を返されるが、守り切って準々決勝に進出した。 見事に勝利した吉田監督は試合後の記者会見で「非常にタフなゲームだったと思います。そんな中勝利することができて、非常に嬉しく思っています」と、まずは勝利を喜んだ。 試合については「ある程度自分たちの普段通りできた部分もありますし、もちろん相手も現在のJリーグ首位のチームですから、多少やられるというのは覚悟していました」と、相手に押し込まれることも想定内だったとコメント。ただ「それでも選手たちは前にいく姿勢を忘れずに最後まで戦ってくれたと思いますし、その結果が出たと思います」と、選手たちのファイトを褒めた。 この試合では先制点、そしてPK奪取と活躍を見せた飯野については「彼の評価については、とにかくスピードがありますし、運動量もあります。非常にチームとしてフィットしていると思います」と、チームに加入してから日が浅い中でもチームにフィットしているとコメントした。 また、中心選手であるアンドレス・イニエスタを温存しての勝利。ケガという話もある中で、現在のコンディションについて言及した。 「ケガの状況というともちろん多少はあると思いますが、試合には出られる状況ではあります」 「試合の展開も含めて今日は出場がなかったですが、これからチャンスも出てくると思います。練習もそこまで重ねられていなかったので、コンディション面もこれからもっと良くなってくると思います」 神戸は2020年にベスト4まで進出。今大会もどこまで勝ち上がるのか注目が集まる。 2022.08.19 10:03 Fri
twitterfacebook
thumb

「悔しい気持ちでいっぱい」公式戦4連敗…歴史変えられずラウンド16敗退の横浜FM・マスカット監督「学ぶ部分もあった」

横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・ラウンド16のヴィッセル神戸戦を振り返った。 18日、ACL2022が再開。ラウンド16から準決勝までは日本での開催となり、Jリーグ勢同士の対戦となった。 明治安田生命J1リーグでは首位に立つ横浜FMと、プレーオフ圏の16位に低迷する神戸の対戦。一発勝負とは言え、リーグ戦の状態から見ても横浜FMが勝ち上がると予想された中、試合は意外な展開で進む。 開始7分にスルーパスに反応した飯野七聖がシュートを沈めて神戸が先制。しかし、9分に右サイドからの仲川輝人のクロスを西村拓真がニアサイドでダイビングヘッド。これが決まりすぐに追いつく。 しかし、31分にVARが介入した結果、神戸がPKを獲得。これを佐々木大樹が決めて神戸リードで前半を終える。 後半に入っても横浜FMが攻め込む時間が長くなる中、なかなかゴールを割れないでいると80分に一瞬の隙をつかれて小田裕太郎にゴールを許し2点差に。89分にアンデルソン・ロペスが1点を返すも、あと1点が遠く神戸が勝利した。 またしてもラウンド16という壁を突破できなかった横浜FM。マスカット監督は、試合後の記者会見で悔しさをあらわにした。 「敗退してしまい悔しい気持ちでいっぱいだ。前半は、自分たちがアプローチしたかったことをなかなかピッチ上で表すことができなかった。自分たちがやりたかったサッカーを見せながら、良い同点ゴールが生まれたが、PKは仕方なかった」 「後半に入って、ようやく自分たちのサッカーをやれていたし、アグレッシブさという部分でも本当に見せてくれたと思う。交代のところもアグレッシブな選手を投入し、最後の最後まで選手たちが諦めない姿勢を見せてくれた。ただ、終わってみれば敗退。悔しい気持ちでいっぱいだ」 これで公式戦4連敗。そのうちカップ戦が3試合と、リーグとは打って変わって結果を残せていない。 この試合も外国人枠の制限がJリーグと異なるために3人しか起用できず、選手起用についても先を見据えれば連戦となるだけに、監督の判断が重要となっていた。 最終ラインには畠中槙之輔と實藤友紀というリーグ戦でもあまり多くない組み合わせをチョイスした。また、マルコス・ジュニオールもベンチから外すなど、ベンチメンバー含めて普段とは違う状態で臨んだことについても言及した。 「我々は、常日頃から選手たちの分析をしながら準備をしている。練習のメニューにしても、次の相手に対してどのように準備をしていくかというところを毎回取り組んでいる。そのなかで、實藤は準備ができているから起用した」 「相手を分析しているなかで、クロスやロングボールに対応するために、畠中と實藤の2センターバックを起用した。後半に入り、少し流れを変えてもっと前に行くために、中盤に藤田を入れた。西村も攻撃のときはトップ下になったり、守備のときは[4-4]のラインに入ったりとやり方を変えた」 これで残すタイトルはリーグ戦のみ。短期間で2つのタイトルを手放すことになってしまった。リーグ戦で調子の出ない相手にも敗れることになったが、その理由については「自分たちがボールに対してプレッシャーに行かなければならなかった中で、そのプレッシャーに甘さが出た」とコメント。ただ、神戸の実力も評価し「もちろん相手も個の部分で上手い選手は本当多いチーム。そこは尊重するべき部分はあるし、彼らも決して簡単な相手ではない。自分たちがこの試合で得たものを次に向けてしっかり力にしなくてはいけないと思うし、学ぶ部分もあった」と、残りのリーグ戦10試合に向けて、気持ちを新たに臨むことになりそうだ。 2022.08.19 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【PHOTOギャラリー】ACL2022・ラウンド16|ヴィッセル神戸 3-2 横浜F・マリノス/埼玉スタジアム2002

18日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022 ラウンド16のヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスは3-2で神戸が勝利を収めた。 ヴィッセル神戸 3-2 横浜F・マリノス 【神戸】 飯野七聖(前7) 佐々木大樹(前31[PK]) 小田裕太郎(後35) 【横浜FM】 西村拓真(前9) アンデルソン・ロペス(後44) <span class="paragraph-subtitle">【PHOTO】前半戦</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_01.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_02.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_03.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_04.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_05.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_06.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_07.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_08.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_09.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_10.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_11.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_12.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_13.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_14.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_15.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_16.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_17.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_18.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_19.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_20.jpg" style="max-width:100%;"></div> <span class="paragraph-title">【PHOTO】後半戦</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_21.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_22.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_23.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_24.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_25.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_26.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_27.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_28.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_29.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_30.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_31.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_32.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_33.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_34.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_35.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_36.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_37.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_38.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_39.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_40.jpg" style="max-width:100%;"></div> 写真:超ワールドサッカー 2022.08.19 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

注目のJリーグ対決、神戸が横浜FMとの打ち合いを制し準々決勝へ! 《ACL2022》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の東地区ラウンド16、ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスが18日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-2で神戸が勝利し、準々決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの影響でグループステージから短期間での集中開催の方針が取られている今季のACL。このラウンド16から準決勝までは8月のうちに日本で開催されることになり、ラウンド16の舞台は埼玉に決まっている。また、従来のレギュレーションとは異なり、ラウンド16以降は全試合が一発勝負となる。 日本からは浦和レッズを含めた3チームが参戦する中、このラウンドで日本勢対決が実現。神戸は、上海海港が出場を辞退したことで、異例の3チームでの争いとなったグループステージを2勝2分け無敗で首位突破。一方の横浜FMは、4勝1分け1敗という好成績で全北現代モータースを振り切り首位通過した。 グループステージから3カ月半ぶりのACLとなるが、神戸はこの間、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を解任し、吉田孝行氏が監督に就任。一時公式戦4連勝と持ち直した時期もあったが、最近は公式戦4連敗と再び不振に。13日に行われたJリーグの北海道コンサドーレ札幌戦は0-2で勝利している。 対する横浜FMは、J1では2位と5ポイント差の首位という状況だが、公式戦ここ6試合はわずか1勝にとどまっており、そのうち直近3試合は連敗中。13日に予定されていた湘南ベルマーレ戦は台風8号の影響で延期されたため、8日ぶりの一戦となる。 ファーストシュートは横浜FM。5分、速攻から仲川がドリブルで縦に仕掛け、ボックス右手前から左足を一閃。だが、ストレート性のシュートはGK前川にセーブされた。 ボールを繋いで主導権を握りにかかる横浜FMだが、前線からプレスをかける神戸の守備網に捕まると7分、今季公式戦10試合目の出場となった實藤の縦パスが汰木に奪われカウンターの餌食に。汰木は敵陣左サイドからドリブルで中央へ持ち込み、ボックス右へスルーパス。最後は飯野がループシュートを流し込み、先制点を挙げた。 珍しいビルドアップミスで失点を喫した横浜FMだが、その直後の9分に持ち味の見事なパスワークから同点に追いつく。右サイドいっぱいに開いた小池龍太が實藤のパスをワンタッチで縦に繋ぎ、反応した仲川が深い位置からクロスを供給。これを西村がダイビングヘッドで合わせネットを揺らした。 その後はポゼッションにおける劣勢は許容しながらも、堅守速攻の得意な土俵に持ち込む神戸は15分、ボックス手前でボールを収めた大迫のバックパスを山口がダイレクトシュート。ゴールへ一直線に向かう強烈なシュートはクロスバーに直撃し、大きな見せ場となった。 前線からのプレスを続ける神戸。28分に敵陣でボールを奪った場面では、ショートカウンターから大迫がクロスを入れると、ダイレクトで叩いた佐々木のシュートが實藤の手に直撃。主審はVARでの確認の上、PKを指示。これを佐々木が決めて、再び神戸が勝ち越しに成功した。 後半に入ると、1点を追う横浜FMが猛攻を見せる。55分に小池龍太がドリブルからのミドルシュートでGK前川を強襲すれば、58分、59分と永戸やエウベルが決定機を迎えるも、いずれもGK前川の好セーブに遭う。続く61分にも仲川がゴールに迫るが、ボックス右からのシュートは枠を捉えられず。 対する神戸も大迫のシュートで応戦。60分にその大迫と佐々木を下げて武藤と小田を投入すると、66分に右から入ったクロスをボックス右の小田がスルーし、背後に走り込んだ大崎がシュートという連動した攻撃を見せる。 その後、横浜FMも仲川と實藤を下げて水沼と藤田を投入。76分には喜田をアンデルソン・ロペスに代えて前線の枚数を増やし、厚みのある攻撃を展開していく。直後にはCKからレオ・セアラがヘディングシュートを放つが、ここはGKの正面。 前がかりになる横浜FMに対して、前線からのプレスの姿勢を崩さない神戸は80分、飯野が敵陣右サイドの深い位置でボールを奪い、山口が大崎とのワンツーで右サイドからボックス右へ侵入。マイナスへ折り返すと、ニアの小田がワンタッチで合わせて3点目を奪った。 これで試合の大勢は決したかに思われたが、横浜FMは89分にアンデルソン・ロペスが得点を決めて波乱の起きそうな展開に。 しかし、3分のアディショナルタイムを逃げ切った神戸が3-2で試合を制し、準々決勝へ駒を進めた。準々決勝の組み合わせは20日の抽選会で決まる。 ヴィッセル神戸 3-2 横浜F・マリノス 【神戸】 飯野七聖(前7) 佐々木大樹(前31[PK]) 小田裕太郎(後35) 【横浜FM】 西村拓真(前9) アンデルソン・ロペス(後44) 2022.08.18 22:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly