レーティング:リバプール 0-1 レアル・マドリー《CL》

2022.05.29 06:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)決勝、リバプールvsレアル・マドリーが28日にパリのスタッド・ドゥ・フランスで行われ、0-1で勝利したマドリーが4年ぶり最多14度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 アリソン 5.5
少ない決定機を決め切られてしまったが、見事なディストリビューションを含めそれ以外は安定したプレーを見せた

DF
66 アレクサンダー=アーノルド 6.0
23歳233日での通算3度目のCL決勝出場でトーマス・ミュラーを抜く最年少記録を樹立。普段以上にバランスを意識しながらも正確なクロスやラストパスで決定機に関与。守備では失点時にヴィニシウスをフリーにしてしまったが、チーム自体のバランスが崩れていたこともあり、責任は問えない

5 コナテ 7.0
高いアスリート能力を買われてマティプに代わって抜擢。求められたヴィニシウスへの守備対応に加え、意表を突く持ち運びで攻撃にアクセントも付けた。チームがリスクを冒して前に出た後のリスク管理でも奮闘し、リバプールのベストプレーヤーだった

4 ファン・ダイク 6.0
相手のエースであるベンゼマを監視しつつ、的確なカバーリング、コーチングでバックラインを統率。失点場面では味方のカバーのために釣り出される形となったが、世界最高峰のセンターバックとしての気概は見せた

26 ロバートソン 6.0
ルイス・ディアスを後方支援しつつ、要所でタイミングの良い攻撃参加を披露。守備では失点の場面での中途半端な対応は悔やまれるが、全体を通しては攻守に質の高いパフォーマンスだった

MF
14 ヘンダーソン 6.0
右サイドでのローテーションで攻撃に絡みつつ、守備では豊富な運動量を生かしてスイッチを入れるハイプレス、献身的なプレスバックでチームをけん引

(→ナビ・ケイタ 5.5)
強度高くプレーしたが、シュートを大きくふかすなどやや精度を欠いた

3 ファビーニョ 6.0
中盤のフィルター役として安定した守備対応を継続。マイボール時はプレッシャーが少なかったこともあり、ほぼノーミスの見事な繋ぎを見せた

6 チアゴ 6.0
中盤の底とインサイドの位置を行き来しながらメッセージを込めたパスで攻撃の起点に。守備では味方と連動した動きで良いインターセプトを幾度も見せた。ただ、負傷を抱えながらのプレーということもあり、後半はややパワーダウン

(→フィルミノ 6.0)
攻撃が停滞しかけていた中、巧みなポジショニングと的確な判断で攻撃のギアを上げた

FW
11 サラー 6.0
CL決勝史上最多の6本の枠内シュートを放つなど、リベンジマッチで気迫のこもったパフォーマンス。ただ、クルトワの牙城は破れず。メンディらの好守もあって個での打開は少なかったが、良い形でフリーになって多くのフィニッシュに絡んだ

10 マネ 6.0
前半はカゼミロの脇や2センターバックの間でうまくボールを引き出しながら決定機に関与。ファーストディフェンダーとしての貢献度も高かったが、後半は逃げ切り態勢の相手にうまく守られた

23 ルイス・ディアス 5.5
スピードを生かした高強度のプレッシングで相手の脅威となったが、スーパーなカルバハルとバルベルデのコンビに封じ込まれた

(→ジョタ 5.5)
良い形で試合に入ったが、決定的な仕事はできなかった

監督
クロップ 6.0
試合内容では優勢だったが、クルトワとマドリーの勝負強さに屈す。それでも、胸を張れる準優勝だった

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 クルトワ 9.0
リベンジに燃えるサラーの4度の決定機を圧巻の反応で凌ぎ切るなど、スーパーセーブ連発でチームを優勝に導く。CL決勝史上に残る圧巻のパフォーマンスだった

DF
2 カルバハル 7.0
万全のコンディションで臨んだ一戦で全盛期の輝きを放つ。ルイス・ディアスへの見事な一対一の対応に加え、バルベルデとバランスを取りながら要所で良い形での飛び出しを見せた

3 ミリトン 6.5
マイボール時は相手の圧力を受ける形となったが、守備では無理の利く対応で相手の強力攻撃陣に立ちはだかった。とりわけ、逃げ切り態勢に入った終盤は高い集中力を維持

4 アラバ 6.5
約1カ月の負傷離脱を経てぶっつけ本番でのプレー。攻守共に本来の出来ではなかったが、百戦錬磨の経験を武器に要所を締める。やはりスーパーなプレーヤーだった

23 メンディ 6.5
攻撃は自重してサラーへの対応に集中。一対一の局面では冷静且つ強度の高い守備で一歩も譲らず

MF
10 モドリッチ 7.0
前半こそ攻撃面でやや窮屈なプレーを強いられたが、守備で気の利いた対応を披露。後半は攻守両面で持ち味を遺憾なく発揮し、抜群のゲームメイクでチームを勝利に導く

(→セバージョス -)

14 カゼミロ 7.0
前半は自身の脇をうまく使われたが、読みとフィジカルを生かした守備で傷口を広げず。後半はチームの修正によって良い形での潰しが光った

8 クロース 7.0
守備では相手のフィジカルアスリートに対してよく戦い、攻撃では決定的なパスこそ少なかったが、的確なボール捌きでビルドアップに貢献

FW
15 バルベルデ 7.5
狙っていた絶妙な背後からのランニングと正確なクロスで決勝点をアシスト。カルバハルと共に攻守両面で見事なハードワークを続け、フィールドプレーヤーではMOMに相応しい活躍だった

(→カマヴィンガ -)

9 ベンゼマ 6.5
6戦連発や1シーズンでのCL最多得点記録更新はならずも、頼れるエースとして前線の起点として存在感を放った。ボールが入る回数は多くなかったが、ミスの少なさと的確な捌きが光った

20 ヴィニシウス 7.0
コナテの壁に苦しんだが、若きエースとしてチームを優勝に導く決勝点を記録。後半はカウンターの起点として存在感を示しつつ、献身的なプレスバックでメンディをサポートした。

(→ロドリゴ -)

監督
アンチェロッティ 6.5
頼れる守護神にだいぶ救われたが、慌てず騒がずの的確な采配で難敵撃破。史上初となる通算4度目のビッグイヤー制覇を成し遂げる

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
クルトワ(レアル・マドリー)
CL決勝史上最多9セーブでリバプールの強力攻撃陣を無失点に抑え、待望のCL初制覇を達成。文句なしのマン・オブ・ザ・マッチ。さらに、今大会を通じての59セーブは史上最多となり、ベンゼマと共に今大会のMVPとも言える圧巻の活躍だった。

リバプール 0-1 レアル・マドリー
【レアル・マドリー】
ヴィニシウス(後14)

関連ニュース
thumb

リバプールに朗報! サラーが一足先にエジプト代表から帰還

現在エジプト代表で活動中のFWモハメド・サラーだが、一足先にリバプールへ戻ることになるようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 来たるカタール・ワールドカップ(W杯)開幕に向けて、各国が最終調整に入る今回のインターナショナルブレイク。エジプト代表は23日にニジェール代表と対戦し、3-0の快勝を収めた。 27日にはW杯開幕前の最終戦となるリベリア代表戦が控えているが、エジプトサッカー協会(EFA)は、ニジェール戦でも2ゴールを挙げたエースのサラーを休ませる決断に至ったようだ。 とくに問題があるわけではなく、負傷のリスクを避けるための判断とのこと。10月に9試合も予定されているリバプールにとっては朗報となりそうだ。 2022.09.27 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「監督からの愛がなかった」リバプールOBがマネ退団の理由を推察

かつてリバプールに所属した元セネガル代表MFのサリフ・ディアオ氏が、同胞のFWサディオ・マネがバイエルンへ移籍した理由を推察した。 6年間にわたってリバプールで不動の主軸としてプレーしながら、残り1年となった契約の延長には応じず今夏バイエルンへ移籍したマネ。頼れる得点源の1つを失ったチームは、プレミアリーグ開幕からの6試合で2勝3分け1敗と苦しいスタートを切っている。 マネ退団の理由についてはかねてよりOBやメディアの間で盛んに議論の的となっていたが、イギリス『リバプール・エコー』の取材に応じたディアオ氏は、ユルゲン・クロップ監督との関係に問題があったのだろうと推察。同胞でもあるマネの決断を支持している。 「彼はリバプールに数年いたが、ある時点でアンフィールドには自分が本当に必要としている愛がないと理解したのだろう。もちろん、ファンとの間に問題はなかったが、監督との関係がそうだった」 「だからこそ、彼は新しいチャレンジに踏み切ったのだと思う。そして私としては、トップ選手としてトップクラブに4~5年在籍した後、新しいチャレンジを望むのは良いことだと思っているよ」 また、今夏に総額1億ユーロ(約139億円)の移籍金でリバプールに加入したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスについてディアオ氏は、マネの代わりを務めるのは難しいと断言している。 「誰もが彼がマネの代わりを務めるのは難しいと分かっていたはずだ。どの選手が入ってきても、彼からポジションを奪うのは難しかったからね。マネがリバプールでどれだけ頑張ってきたか、みんなは気づいていなかったと思う」 「マネはトッププレーヤーだったから、今の状況は当たり前だろう。過去4年間、世界でベストではないにしろ、トップ3には入るだろう選手だった。だから、どんな選手がやってきても彼の不在を埋めるのは難しかっただろうね。(ヌニェスについても)時間がかかるだろう」 2022.09.27 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

来夏でフリーとなるナビ・ケイタ、ドルトムントが熱視線?

ドルトムントが、リバプールのギニア代表MFナビ・ケイタ(27)の獲得を優先事項としているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 今季限りでリバプールとの契約が切れるナビ・ケイタ。出場数への不満からクラブからの契約延長の打診を一度は拒否したと見られ、フリーとなる来夏に向けて多くのクラブが接触を図っていると言われている。 その中でドルトムントは、同選手を獲得リストのトップに上げているようだ。エディン・テルジッチ監督がブンデスリーガでの経験値を高く評価しているという。リバプールも交渉を完全に打ちとめたわけではないが、27歳が興味を持つクラブが現れれば、そちらを優先する模様。 なお、今季のケイタは、ハムストリングのケガでコミュティ・シールドを除く全試合を欠場中。過去4シーズンも、ケガの影響で通算72試合を欠場している。 2022.09.26 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「デ・ブライネやアザールは簡単ではない」値千金の決勝弾を決めたファン・ダイク、ベルギー相手の難しさを語る

オランダ代表のDFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)が、ベルギー代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 オランダは25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ4最終節でベルギー代表と対戦した。 勝ち点差3で臨んだオランダ。2位のベルギーに敗れ、3点差をつけられた場合は準決勝に進めないという状況だった。 試合はこう着状態のままスコアレスで推移。しかし、73分に左CKからのクロスをファン・ダイクがヘッド。これが決まり先制に成功。ベルギーの攻撃を前半から凌いだオランダはそのまま逃げ切り1-0で勝利を収め、首位で準決勝進出を決めた。 キャプテンとして守備を統率したファン・ダイクは、試合後にコメント。厳しい試合だったが、勝利したことを喜んだ。 「仕事を終えた。今日はとてもタフだった。またクリーンシートを維持することはとても重要だった。相手が逆転する可能性も少しはあったけど、僕たちは3ゴールを奪われないことを確実にできると確信していた」 「僕たちはいつも改善できるが、世界ランキング2位の選手や、世界最高のMFの1人であるケビン・デ・ブライネやエデン・アザールと対戦することは簡単ではない」 「でも、結局のところ、フットボールは勝つことが大事で、勝てたことを嬉しく思う」 また、自身の先制ゴール後にもチャンスを作れたと回想。ただ、1点に終わったことを反省し、次に繋げていくとした。 「ゴールの後、僕たちはさらに多くのチャンスを作り、2点、3点、または4点を奪えたかもしれない」 「でも、僕たちは、間違いなくゲームを分析し、改善できる点を確認するだろう。それが僕たちのやり方だ」 2022.09.26 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「はいチーズ…え!?」結婚の記念撮影をしてたらサラーが突然乱入!? サプライズのファンサにカメラマンも驚き「なんだこれ!」「何が起きたんだ」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーのファンサービスは果てしないようだ。 エジプト代表のキャプテンとして、そしてリバプールのエースとして活躍するサラー。しかし、カタール・ワールドカップ(W杯)の切符は、当時チームメイトのFWサディオ・マネが牽引するセネガル代表に敗れて獲得できずに終わった。 人格者としても知られるサラーは、それでも国のために戦い続けているが、ファンサービスも桁違いだった。 『433』がインスタグラムに投稿した1本の動画が話題に。その動画は、扉の前でウェディングドレスを着た花嫁とタキシードをきた花婿が記念撮影する動画だった。 なんてことはない動画だったが、なんとそこに突然現れたのがサラー。エジプト代表のユニフォームを着たサラーが突如現れ、花婿と肩を組み、花嫁との3ショット撮影を行なったのだ。 写真が1枚撮られるとサラー亜はその場をすぐに後に。颯爽とその場を去って行ったが、これには撮影したカメラマンも、何が起きたか分からないような困惑した表情を見せていた。 世界最高峰の選手のとんでもないファンサービスには「なんだこれ!」、「何が起きたんだ」、「美しい瞬間」、「最高の男だ」、「サラーと同じホテルでラッキーだった」と奇跡的にラッキーな思いをした夫婦を羨ましがると共に、サラーの素晴らしい対応が称賛された。 <span class="paragraph-title">【動画】結婚の記念撮影中に、サラーがサプライズで乱入!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Ci3WYvZAwx8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Ci3WYvZAwx8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Ci3WYvZAwx8/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.25 22:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly