守護神クルトワ躍動のレアル・マドリー、リバプールを返り討ちで4季ぶり14度目の優勝《CL》

2022.05.29 06:33 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ決勝、リバプールvsレアル・マドリーがパリのスタッド・ドゥ・フランスで行われ、0-1でレアル・マドリーが勝利した。リバプールのMF南野拓実はベンチ入りも出場しなかった。

2017-18シーズン決勝の再現カード。

2018-19シーズン以来7度目の優勝を目指すリバプールは負傷を抱えていたチアゴとファビーニョが揃って先発。3トップはマネ、サラー、ルイス・ディアスで臨んだ。

一方、2017-18シーズン以来最多14度目の優勝を目指すレアル・マドリーは戦列を1カ月離れていたアラバが先発し、3トップの一角にバルベルデを起用した。

セキュリティ問題により36分遅れてキックオフとなった中、慎重な展開で立ち上がっていく。リバプールがボールを保持する流れとなる中、16分に最初の決定機。

アーノルドがボックス右で仕掛けてクロスを送り、サラーが合わせたシュートが枠を捉えたが、GKクルトワの好守に阻まれた、

続く20分にもリバプールにビッグチャンス。チアゴの縦パスを受けてボックス内に侵入したマネが右足を振り抜くと、ボールは枠を捉えていたが、ここもGKクルトワのファインセーブに阻まれて左ポストに直撃した。

その後もリバプールがレアル・マドリーにシュートを打たせず時間を進めていた中、43分にはベンゼマが混戦の中でネットを揺らすもオフサイドに阻まれ、互いにゴールをこじ開けるには至らず0-0で前半を終えた。

迎えた後半もリバプールが押し込む流れで推移していたものの、試合を動かしたのはレアル・マドリー。59分、ボックス右に侵入したバルベルデがシュート性のクロスを送ると、ファーサイドのヴィニシウスが合わせた。

失点したリバプールは64分、サラーのカットインシュートが枠を捉えるも、やはりGKクルトワの好守に阻止される。さらに69分、ルーズボールをゴール前のサラーが押し込みにかかったが、ここもGKクルトワのセーブに阻まれた。

ゴールが遠いリバプールは既に投入されていたジョタに加え、フィルミノを投入。4トップ気味にして圧力をかけた中、83分に同点のチャンス。ボックス右で縦に仕掛けたサラーが右足でシュート。だが、ここもGKクルトワのビッグセーブに阻止された。

守護神の鮮烈な活躍でレアル・マドリーが1-0のまま逃げ切り。4季ぶり14度目の優勝に輝いた。

関連ニュース
thumb

「どれだけわがままを言ったか今ならわかる」 かつてリバプールで監督批判のリエラ氏が謝罪

かつてリバプールに所属し、現在はスロベニアのオリンピア・リュブリャナで指揮官を務めるアルベルト・リエラ氏が、現役時代の振る舞いを謝罪した。 リエラ氏は2008年夏、ラファエル・ベニテス政権下のリバプールへ加入。初年度は最後まで優勝争いを繰り広げたチームに貢献したが、翌シーズンは出場機会の少なさに不満を抱き、スペインメディアでベニテス氏を批判すると、その後は一度もメンバー入りしないまま2010年夏に退団となった。 その後、2018年1月に現役を退き、ガラタサライでのアシスタントコーチを経て、今夏から現職に就くリエラ氏はイギリス『リバプール・エコー』の独占インタビューで、当時の自身の振る舞いをベニテス氏に謝罪したと告白。監督となった現在は自分の過ちを教訓として選手に伝えていると明かした。 「私も指導者となり、異なる視点を得た。自分の振る舞いについて、何度もベニテス氏には謝ったよ。それから、私のキャリアでお世話になった多くの監督たちにも謝った」 「選手としてはプレーしたいと思うし、自分が果たしたい役割だけを考えるものだ。でも、25人の選手を満足させ続けるのは不可能なんだ。監督として決断すべきことがあり、それを好まない人もいるだろう。とてもシンプルさ」 「私が選手としてどれだけわがままを言ったか、今ならわかる。それは私を知るすべての選手に聞いてみてほしいね。選手としては情熱が必要であり、常にプレーしたいと思うものだ。でも私は、監督が下す決断がグループのためだと理解できる、賢くて聡明な選手が好きだよ」 「フットボールは個人でなく、グループやチームのためにあるのだ。私は、自分のミスから多くを学んだよ。そして、ミスについて恥じてはいない。おかげで多くを学べたし、今は選手たちに教訓を伝え、経験を積ませることができる。だから、彼らが私と同じミスをすることはないだろう」 2022.09.28 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! サラーが一足先にエジプト代表から帰還

現在エジプト代表で活動中のFWモハメド・サラーだが、一足先にリバプールへ戻ることになるようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 来たるカタール・ワールドカップ(W杯)開幕に向けて、各国が最終調整に入る今回のインターナショナルブレイク。エジプト代表は23日にニジェール代表と対戦し、3-0の快勝を収めた。 27日にはW杯開幕前の最終戦となるリベリア代表戦が控えているが、エジプトサッカー協会(EFA)は、ニジェール戦でも2ゴールを挙げたエースのサラーを休ませる決断に至ったようだ。 とくに問題があるわけではなく、負傷のリスクを避けるための判断とのこと。10月に9試合も予定されているリバプールにとっては朗報となりそうだ。 2022.09.27 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「監督からの愛がなかった」リバプールOBがマネ退団の理由を推察

かつてリバプールに所属した元セネガル代表MFのサリフ・ディアオ氏が、同胞のFWサディオ・マネがバイエルンへ移籍した理由を推察した。 6年間にわたってリバプールで不動の主軸としてプレーしながら、残り1年となった契約の延長には応じず今夏バイエルンへ移籍したマネ。頼れる得点源の1つを失ったチームは、プレミアリーグ開幕からの6試合で2勝3分け1敗と苦しいスタートを切っている。 マネ退団の理由についてはかねてよりOBやメディアの間で盛んに議論の的となっていたが、イギリス『リバプール・エコー』の取材に応じたディアオ氏は、ユルゲン・クロップ監督との関係に問題があったのだろうと推察。同胞でもあるマネの決断を支持している。 「彼はリバプールに数年いたが、ある時点でアンフィールドには自分が本当に必要としている愛がないと理解したのだろう。もちろん、ファンとの間に問題はなかったが、監督との関係がそうだった」 「だからこそ、彼は新しいチャレンジに踏み切ったのだと思う。そして私としては、トップ選手としてトップクラブに4~5年在籍した後、新しいチャレンジを望むのは良いことだと思っているよ」 また、今夏に総額1億ユーロ(約139億円)の移籍金でリバプールに加入したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスについてディアオ氏は、マネの代わりを務めるのは難しいと断言している。 「誰もが彼がマネの代わりを務めるのは難しいと分かっていたはずだ。どの選手が入ってきても、彼からポジションを奪うのは難しかったからね。マネがリバプールでどれだけ頑張ってきたか、みんなは気づいていなかったと思う」 「マネはトッププレーヤーだったから、今の状況は当たり前だろう。過去4年間、世界でベストではないにしろ、トップ3には入るだろう選手だった。だから、どんな選手がやってきても彼の不在を埋めるのは難しかっただろうね。(ヌニェスについても)時間がかかるだろう」 2022.09.27 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

来夏でフリーとなるナビ・ケイタ、ドルトムントが熱視線?

ドルトムントが、リバプールのギニア代表MFナビ・ケイタ(27)の獲得を優先事項としているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 今季限りでリバプールとの契約が切れるナビ・ケイタ。出場数への不満からクラブからの契約延長の打診を一度は拒否したと見られ、フリーとなる来夏に向けて多くのクラブが接触を図っていると言われている。 その中でドルトムントは、同選手を獲得リストのトップに上げているようだ。エディン・テルジッチ監督がブンデスリーガでの経験値を高く評価しているという。リバプールも交渉を完全に打ちとめたわけではないが、27歳が興味を持つクラブが現れれば、そちらを優先する模様。 なお、今季のケイタは、ハムストリングのケガでコミュティ・シールドを除く全試合を欠場中。過去4シーズンも、ケガの影響で通算72試合を欠場している。 2022.09.26 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「デ・ブライネやアザールは簡単ではない」値千金の決勝弾を決めたファン・ダイク、ベルギー相手の難しさを語る

オランダ代表のDFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)が、ベルギー代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 オランダは25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ4最終節でベルギー代表と対戦した。 勝ち点差3で臨んだオランダ。2位のベルギーに敗れ、3点差をつけられた場合は準決勝に進めないという状況だった。 試合はこう着状態のままスコアレスで推移。しかし、73分に左CKからのクロスをファン・ダイクがヘッド。これが決まり先制に成功。ベルギーの攻撃を前半から凌いだオランダはそのまま逃げ切り1-0で勝利を収め、首位で準決勝進出を決めた。 キャプテンとして守備を統率したファン・ダイクは、試合後にコメント。厳しい試合だったが、勝利したことを喜んだ。 「仕事を終えた。今日はとてもタフだった。またクリーンシートを維持することはとても重要だった。相手が逆転する可能性も少しはあったけど、僕たちは3ゴールを奪われないことを確実にできると確信していた」 「僕たちはいつも改善できるが、世界ランキング2位の選手や、世界最高のMFの1人であるケビン・デ・ブライネやエデン・アザールと対戦することは簡単ではない」 「でも、結局のところ、フットボールは勝つことが大事で、勝てたことを嬉しく思う」 また、自身の先制ゴール後にもチャンスを作れたと回想。ただ、1点に終わったことを反省し、次に繋げていくとした。 「ゴールの後、僕たちはさらに多くのチャンスを作り、2点、3点、または4点を奪えたかもしれない」 「でも、僕たちは、間違いなくゲームを分析し、改善できる点を確認するだろう。それが僕たちのやり方だ」 2022.09.26 09:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly