久保建英とも2シーズンプレーしたマジョルカのベテランMFサルバ・セビージャが降格したアラベスに完全移籍

2022.05.28 22:19 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)へと降格したアラベスは28日、マジョルカのベテランMFサルバ・セビージャ(38)を完全移籍で獲得することを発表した。

契約期間は1年間となる。

セビージャはレアル・ベティスやエスパニョールでプレーし、2017年8月にマジョルカへと完全移籍していた。

マジョルカでは2部降格や1部昇格を味わうなど、公式戦で186試合に出場し25ゴール21アシストを記録。日本代表MF久保建英がレアル・マドリーから2度レンタルで加入したが、どちらのシーズンも力になっていた。

今シーズン限りで契約が切れるセビージャは、ラ・リーガで28試合に出場し5ゴール3アシストと残留争いを繰り広げるチームを支えていたが、契約満了で退団となっていた。

2部に降格したアラベスだが、新シーズンからは今シーズン途中までマジョルカを率いていたルイス・ガルシア・プラサ監督が就任することが決定しており、セビージャは再びタッグを組むこととなる。

関連ニュース
thumb

アラベスの原大智はやはり移籍へ…スペイン2部と3部クラブに加え、海外からもオファーと報道

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のアラベスに所属するFW原大智(23)だが、やはり移籍の可能性が高いようだ。 昨夏クロアチアのイストラからアラベスに加入した原は、そのままシント=トロイデンへとレンタル移籍。長身を生かしたプレーでチームの中心として活躍し、ジュピラー・プロ・リーグ28試合で8ゴール3アシストを記録した。 ベルント・ホラーバッハ監督の評価も高く、残留を望んだ一方で、レンタル期間が終了してアラベスに復帰した原。しかし、アラベスでのポジション確保は難しいものとされてきた。 プレシーズンマッチを欠場した際には居場所がないとされた中、それは体調の問題で欠場しただけだったとのこと。しかし、今シーズンの開幕戦となったレガネス戦ではベンチ入りも出番はなかった。 スペイン『Noticias de Alava』はアラベスのチーム状況を特集した記事の中で、移籍についても言及。そこには原の名前もあがっていた。 「まだ移籍先を探している」とされた原には「セグンダ・ディビシオン(2部)とプリメーラRFEF(3部)の両方からオファーがある。また、海外からもオファーが来ている」としており、スペインに残る可能性の他、海外移籍の可能性もあると報じた。 シント=トロイデンはFW林大地が足首を捻挫ししばらく離脱。そもそもストライカー獲得をホラーバッハ監督が熱望していた中、トレーニングに参加していた元日本代表FW岡崎慎司を獲得することが濃厚とされている。 ただ、岡崎は労働許可を得る必要があり、すぐには起用できない可能性も。また、ホラーバッハ監督が望んでいたように、原が再びシント=トロイデンに行く可能性もありそうだ。 2022.08.18 12:27 Thu
twitterfacebook
thumb

リーガ返り咲きのアルメリア、アラベスから経験豊富なGKパチェコを獲得!

アルメリアは10日、アラベスからスペイン人GKフェルナンド・パチェコ(30)の獲得を発表した。 契約は2026年まで。アラベスとの契約を今季まで残っている状況だったが、それを解消してのアルメリア入りとなる。 パチェコはレアル・マドリーでプロ入りし、2015年8月からアラベスでプレー。アラベスでは7シーズンを過ごして通算252試合でゴールマウスを守り、ラ・リーガでも通算207試合の出場数を誇る。 アルメリアは昨季のセグンダ・ディビシオンを制し、2014-15シーズン以来のラ・リーガ昇格。パチェコはGKフェルナンド・マルティネス、GKディエゴ・フオリとのポジション争いに臨むことになる。 2022.08.11 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アラベスがMF伊藤美玖と契約延長…昨季は1部昇格でチームの残留に貢献

アラベスは8日、日本人MF伊藤美玖(22)との契約延長を発表した。 新契約は2022-23シーズン終了までの1年間となる。 伊藤は日ノ本学園高校から、なでしこリーグのFC十文字VENTUSに加入。2019-20シーズンからアラベスへと完全移籍した。 イマジネーションあふれるプレーと戦術理解度の高さで、チームの中心選手として活躍。1部に昇格した昨シーズンもチームの残留に貢献していた。 <span class="paragraph-title">【動画】アラベスが伊藤美玖との契約延長を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/AltaLaFrente?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AltaLaFrente</a> <a href="https://t.co/Vyr7pbjQQH">pic.twitter.com/Vyr7pbjQQH</a></p>&mdash; Deportivo Alavés Gloriosas (@AlavesFem) <a href="https://twitter.com/AlavesFem/status/1556596086973911040?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.08 21:32 Mon
twitterfacebook
thumb

アラベスでは放出候補の原大智はシント=トロイデンに? 監督も復帰を熱望…昨季はリーグ戦8ゴール

アラベスのFW原大智(23)だが、チームを去る可能性が高いようだ。スペイン『ノティシアス・デ・アラバ』が伝えた。 原はFC東京の下部組織出身で、2018年2月にトップチーム昇格。2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍。オーナーが同じアラベスに2021年7月に完全移籍したが、直後にシント=トロイデンへとレンタル移籍した。 2021-22シーズンはシント=トロイデンで、ジュピラー・プロ・リーグ28試合に出場し8ゴール3アシストを記録。エースであった鈴木優磨が鹿島アントラーズに移籍したこともあり、チームにとっては大きな存在となっていた。 その原はレンタル期間が終わり、プレシーズンはアラベスで過ごしている。しかし、チームでのポジションが保証されていない状況。放出リストの上位に名前があるという。 しかし、直近のプレシーズンマッチでは2試合出番なし。チームとの契約は1年残っているが、構想に入っていないと見られている。 また、シント=トロイデンが原の復帰を熱望している状況。ベルント・ホラーバッハ監督も、昨季の原の活躍、さらに高さや強さを持った若いストライカーの帰還を望んでいると語っている。 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で戦うことも可能だが、出場機会がなければ意味がない状況。一方で、シント=トロイデンであれば、チームにとっても大きな補強となり、昨シーズンのサッカーを理解しているだけに、馴染むのも早いだろう。 果たして原の去就はどうなるのか。地元メディアはシント=トロイデン行きが濃厚と見ているようだが、注目が集まる。 2022.07.30 13:24 Sat
twitterfacebook
thumb

グイデッティがAIKソルナに移籍! 12年ぶりの母国帰還に

AIKソルナは14日、アラベスから元スウェーデン代表FWヨン・グイデッティ(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 マンチェスター・シティやフェイエノールト、ストーク・シティ、セルティックを渡り歩いたストライカーのグイデッティは、2015年夏にセルタへ加入。2018年冬にアラベスへレンタル移籍し、半年後に完全移籍に移行していた。アラベスではハノーファーへの半年間のレンタル移籍を挟み、公式戦74試合9ゴール5アシストを記録。 昨季は公式戦12試合1ゴールに留まり、チームもセグンダ降格が決定していた。 スウェーデン代表として28キャップを刻む30歳FWは、2008年まで在籍したIFブロマポイカルナ時代以来、12年ぶりの母国帰還となった。 2022.07.15 13:26 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly