夏に戦力刷新検討のトッテナム、生え抜きMFウィンクスの移籍容認か

2022.05.27 16:56 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムがイングランド代表MFハリー・ウィンクス(26)に対して移籍を許可しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

5歳からトッテナムの下部組織に所属し、2014年にトップチームデビューのウィンクス。ここまで公式戦203試合に出場して5ゴール6アシストの成績を残している。

しかし、今季は11月に就任したアントニオ・コンテ監督の下では出場機会が減少。今冬にはウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールも加入して、プレミアリーグでの先発は2月に行われた第27節のリーズ・ユナイテッド戦が最後となった。

選手本人は今年11月から開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のためにも移籍を検討するとされており、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得たトッテナムも戦力刷新のため、容認する姿勢のようだ。

ウィンクスに対してはサウサンプトンやニューカッスルが獲得に興味を示しており、トッテナムは移籍金として2500万ポンド(約40億円)を求める構えだという。

トッテナムではウィンクスのほか、MFタンギ・エンドンベレ、MFブライアン・ヒル、MFジオバニ・ロ・チェルソ、FWステーフェン・ベルフワイン、DFセルヒオ・レギロン、DFジョー・ロドンらの去就が不透明となっており、夏に活発に動くことが予想されている。

関連ニュース
thumb

スパーズ、ラングレ移籍でバルサと合意か 買取OP付きのレンタル

フランス代表DFクレマン・ラングレ(27)の移籍に関して、バルセロナとトッテナムが合意に至ったようだ。イギリス『90min』が報じている。 今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるトッテナム。ここまでクロアチア代表MFイバン・ペリシッチとイングランド代表GKフレイザー・フォースターをフリートランスファーで、マリ代表MFイヴ・ビスマをおよそ3000万ポンド(約49億7000万円)の移籍金で獲得している。 各ポジションに満遍なく戦力を加えているが、現在注力しているのはセンターバックの補強だ。元々、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスや、ライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル、アントニオ・コンテ監督の古巣であるインテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニらもターゲットとしていたが、交渉が難航し、ラングレにシフト。ここ数週間で話し合いが行われていた。 そして、『90min』によると、両クラブは買い取りオプションが付いた1年のレンタルで合意。バルセロナで放出候補となっていたフランス代表DFには、マルセイユやローマも獲得に乗り出していたようだ。 2022.06.30 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表FWリシャルリソンのトッテナム移籍が近づく…エバートンは83億円を要求か

トッテナムがエバートンのブラジル代表FWリシャルリソン(25)の獲得で合意に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今夏の移籍市場でストライカーの補強に動いているトッテナム。様々なターゲットがいた中、リシャルリソンの獲得に迫っている。 エバートンはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に抵触する可能性があり、主力選手の売却で資金を調達する必要がある。6月30日の時点で、プレミアリーグの時速可能性のルールに準拠するようにプレッシャーをかけられているともされている。 その中で、数名の主力選手を売却する必要があるが、トッテナムが興味を示したリシャルリソンもその対象となっている。 エバートンは5000万ポンド(約83億円)を要求。トッテナムもこれに見合う金額を支払うつもりだと言い、30日にも契約がまとまるものと見られている。 リシャルリソンは2017年8月にフルミネンセからワトフォードに加入してイングランドに渡ると、2018年7月からエバートンでプレーしている。 エバートンでは公式戦152試合で53ゴール14アシストを記録。プレミアリーグでも通算173試合で48ゴール18アシストと一定の力を見せつけている。 トッテナムはリシャルリソンに加えて、U-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)も希望しているが、エバートンは売却を考えていないという。 いずれにしても、6月30日までに資金繰りをしなければいけないエバートンとしては、リシャルリソンの売却を進めることになりそうだ。 2022.06.30 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

引く手数多のエクアドル代表DF、ナポリ、トッテナム、ミランの興味も移籍に興味なし?

レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(20)は今夏の移籍市場で引く手数多だが、移籍する気はないようだ。 インカピエは母国のインデペンディエンテの下部組織育ち。アルゼンチンのタレレスに移籍すると、2021年8月に完全移籍で加入した。 ブンデスリーガ1年目を戦ったインカピエは、センターバックとして27試合に出場し1ゴール1アシストを記録。安定したパフォーマンスを見せていた。 そのインカピエに関しては、ナポリやトッテナムが獲得に関心を示していた中、ミランも獲得に興味を示すことに。多くのオファーが舞い込む中、移籍する気はないようだ。 インカピエの代理人であるマヌエル・シアラ氏がイタリア『Stop&Goal.com』で語った。 「ピエロは現時点でレバークーゼン、そしてドイツでの生活にとても満足している」 「ミランから彼に関心があることは確認しているが、彼はレバークーゼンと話し合い、どのように一緒に成長できるかを確認している」 移籍する意思がないというインカピエ。仮に今夏獲得となれば、3000万ユーロ(約43億円)は必要になると見られている。 トッテナムは3500万ユーロ(約50億3000万円)までは検討しているようだが、果たしてどうなるだろうか。 2022.06.29 20:24 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズがセットプレーのスペシャリスト獲得へ! 4830種類を操る敏腕

トッテナムがセットプレーの専門家の招へいに迫っているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が報じている。 アントニオ・コンテ監督の下、今シーズンのプレミアリーグを4位でフィニッシュしたトッテナム。新シーズンに向けては久々のチャンピオンズリーグ(CL)での戦いを楽しみつつ、リーグ戦ではマンチェスター・シティ、リバプールの2強が主役を演じる優勝争いへ挑戦する。 ここまですでに3選手を獲得するなど、積極的な移籍市場を過ごす一方、近年攻守両面でウィークポイントとなっているセットプレー改善に向け、スペシャリストの招へいに動いているようだ。 『フットボール・ロンドン』によると、トッテナムはイタリア代表や、ミラン、リーズ、ブレントフォード、フィオレンティーナなどで、セットプレーの専門コーチとして確かな手腕を発揮してきたジャンニ・ヴィオ氏(69)の招へいに近づいているという。 元銀行員で、過去にセットプレーに関する論文や著書を発表したことでも知られるヴィオ氏は、4830種類のセットプレーを操るスペシャリスト。 『That Extra 30 Per Cent』というセットプレーに関する著書が元イタリア代表GKのワルテル・ゼンガ氏の目に留まり、2008年にカターニャに招へいされた際にはチームの総得点44点の内、セットプレーから17得点を記録し、残留に導いた実績は広く知られるところだ。 また、過去のイギリス『ガーディアン』のインタビューでは、「自分のチームが抱えているプレーヤーを分析し、彼らのスキルセットに合わせた解決策を見つける必要がある」と、自身のコーチングスタイルに関しても言及していた。 トッテナムではデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの退団以降、韓国代表FWソン・フンミンらがメインのプレースキッカーを務めてきたが、セットプレーでの得点が課題となっている。 ヴィオ氏の招へいによって、ゴールの可能性が著しく低く、サポーターの不興を買うイングランド代表FWハリー・ケインの直接FKを含め、セットプレーの改善が期待されるところだ。 2022.06.29 18:38 Wed
twitterfacebook
thumb

FFP抵触の恐れがあるエバートン…主力売却を検討もA・ゴードンは死守の構えか

エバートンはU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)の売却には応じない構えのようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 今季は残留争いに巻き込まれ、最終的にプレミアリーグ16位で終える失意のシーズンとなったエバートン。ピッチ内だけでなく外でも問題を抱えており、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)が定める基準をクリアするためには、年度末となる6月末までに主力売却によってまとまった資金を得る必要があると報じられている。 ただし、クラブはトッテナムから強い関心を示されるA・ゴードンの売却は検討していないようだ。リバプール生まれ、エバートンの下部組織育ちのA・ゴードンは、2020年1月にプレミアリーグデビューを飾ると、今季は公式戦40試合に出場して4ゴール3アシストを記録。地元出身ということもあり、サポーターからの人気も高い選手だ。 クラブはA・ゴードンを非売品と考えており、そのほかの主力選手を売却することでFFPへの抵触を回避したい考えだという。そこで高額な移籍金が期待されるのが、ブラジル代表FWリシャルリソン(25)だ。今季低迷するチームにあってプレミアリーグ10ゴール5アシストと気を吐く活躍を見せた選手には、トッテナムやチェルシーが獲得に関心を示している。 しかし、エバートンはリシャルリソンに5000万ポンド(約82億8000万円)の移籍金を設定するなかで、現在まで要求に見合ったオファーはなし。6月末まで一刻の猶予もないなかで、このままリシャルリソンに満足なオファーが届かない場合、A・ゴードンの売却に応じざるを得ない可能性が出てくるかもしれない。 2022.06.29 16:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly