なでしこ川澄奈穂美がニューヨークの観光名所を訪問も…見どころは自身の足元「ソックス焼け」

2022.05.26 06:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
25日、アメリカ、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のNJ/NYゴッサムFCに所属する元なでしこジャパンのMF川澄奈穂美がインスタグラムを更新。ニューヨークの観光名所を訪れた様子を公開した。

足を運んだのはクリスマスツリーで有名なロックフェラー・センターだ。今季からチームメイトとなった横山久美や、そのパートナーである「なみさん」の3人で、イザヤ書33章6節の文言の前で記念撮影を行い、種々のアイスクリームに舌鼓を打った。

その中で川澄は自身の足元にも見るべきポイントがあるとのメッセージを残している。

「クリスマスになるとニューヨークにでっかいツリーが飾られているニュースをよく見ますが、あれがココって初めて知った!!12月に行ってみたいな〜。アイススケートもできるみたいだし。※ソックス焼けに注目」

サッカー選手の象徴ともいえるような靴下の日焼け跡が除く川澄。アメリカでの述べ7シーズン目は、ここまでリーグ戦全3試合にスタメン出場。プレシーズンとなったチャレンジカップでは1ゴールを挙げている。

「ニューヨークへお立ち寄りの際は是非ご連絡ください。案内します(とか言ってみる)」と冗談めかして締め括ったMFの、さらなる活躍にも期待がかかる。

1 2

関連ニュース
thumb

アメリカで成長する遠藤純、「一対一の局面で自分が仕掛けること」を強く意識

なでしこジャパンのMF遠藤純(エンジェル・シティFC/アメリカ)がメディアのオンライン取材に応対した。 来年の女子ワールドカップに向けて強化を進めているなでしこジャパン。現在はヨーロッパ遠征に臨んでおり、セルビア女子代表、フィンランド女子代表との対戦を控えている。 遠藤はアメリカに移籍して挑戦を続けている中、デビュー戦で1ゴール1アシストを記録。ファンの前で結果を出した。 「自分では緊張するのかなと思いましたが、あまり緊張しなくて、多くのサポーターの前で試合をしたのが自分の中ではあの人数は初めてだったので、緊張というよりも楽しめましたし、初めてだったので楽しもうと考えてピッチに入って、ゴールもアシストもできてチームとしても勝つことができてよかったです」 そのアメリカでは左サイドでの起用が多い中、手応えについては「通用している部分は一対一の局面で自分が仕掛けることが増えて、味方がランニングしてそのスペースに切り込んだり、味方が使って切り込んだりというのは良さが少しずつ出ていると思います」とコメント。「課題は守備の局面で振り切られて追いつけないというところだったり、一対一で自分が大事している選手に対してプレッシャーが遅くて対処できないのは課題だと思います」と、守備面ではまだまだ向上すべき部分があるとした。 アメリカで伸ばしたい部分については「攻撃ではゴールの近いところだけじゃなく、ミドルシュートも打てるようにということと、守備の一対一で負けない体づくりを継続した中で、プレスしてあっちのコーチたちと話し合ってメニューを決めてやっています」とコメント。その辺りは今回の欧州遠征でも見せたい部分だという。 その中で自身で感じる変化については「一対一の局面で自分がいける局面でパスをしたり、組み立ての中では大事だと思いますが、相手のゴール付近で行けるところを簡単に味方にパスをして味方任せにする部分が多かったので、アメリカでもそうですし、代表でもそうですが、使いわけ、行っていいところはたくさんあるので、遠慮なくいかなければいけないです」とコメント。「攻撃の選手としては味方に決めてもらうことも大切ですが、自分で決めるという強さを出す必要があると思います」と積極的に得点を狙っていく姿勢を身につけたいようだ。 今回の2試合については「明日の試合(24日のセルビア戦)に向けて昨日と今日と、チームとしても個人としても良い雰囲気で練習できていたので、勝ちにこだわってやっていきたいです」とコメント。「個人としては攻撃の選手として得点に絡む、自分で得点を取るということを忘れないで、明日の試合を楽しんで勝ちたいと思います」と、チームとしても個人としても結果を残したいと意気込んだ。 2022.06.24 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

川澄奈穂美が笑顔で「TT兄弟」も未遂に…後輩がまさかの動き「ただただやんちゃ」

NJ/NYゴッサムFCに所属する元なでしこジャパンのMF川澄奈穂美が、後輩にパフォーマンスを邪魔されたことを報告した。 ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)を戦っている川澄。20日にはサンディエゴ・ウェーブFCと対戦し途中出場。試合はアメリカ女子代表FWアレックス・モーガンの2ゴールなどで0-3で敗れていた。 その川澄は試合前と思われる写真を自身のインスタグラムで投稿。本人はカメラに向かって狙いがあったものの、思わぬ邪魔が入ってしまったことを報告した。 「ティーティティーティッティッティティーティーティティーティッティッティティーーー」 「TT兄弟です!!って、やりたかったのに、なんか隣の小僧はただただやんちゃだったよ」 川澄はアルファベットの「T」を体で表現。チョコレートプラネットのネタである「TT兄弟」をやる気満々でいたという。 連続写真を投稿した川澄。満面の笑みで「T」のポーズをとっており、隣にはチームメイトのFW横山久美が。1枚目の写真では「T」のポーズを取ろうとしているように見えたが、3枚目あたりから様子がおかしくなると、まさかの展開となった。 川澄は綺麗な「T」ポーズを笑顔で続けているだけに、横山とのギャップがまたなんとも言えないシュールさを出している。 <span class="paragraph-title">【写真】川澄奈穂美が全力の「TT兄弟」も後輩に邪魔され未遂に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfIQLvgMiyM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfIQLvgMiyM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfIQLvgMiyM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">川澄奈穂美 Nahomi Kawasumi(@naho_kawasumi_9)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.23 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

杉田妃和がNWSLで豪快なジャンピングボレー! なでしこジャパン欧州遠征に弾み

ポートランド・ソーンスFCに所属するなでしこジャパンのMF杉田妃和が豪快なボレーシュートを突き刺した。 現地時間19日、アメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のポートランド・ソーンスvsオーランド・プライドが行われ、6-0でホームのポートランドが大勝を収めた。 杉田はフィンランド女子代表MFナタリア・クイッカらとともに先発出場。6分の左足シュートは枠を捉えられなかったが、ゴールレスで迎えた21分には大量点の口火を切る先制点をマークする。 右サイドの敵陣中央でカナダ女子代表FWジャニン・ベッキーが相手パスをカットすると、大外で待っていた杉田はDFの背後からゴール中央へ斜めのスプリント。マーカーを振り切ってクロスを呼び込み、豪快な左足のダイレクトボレーでネットを揺らした。 NWSL公式が「杉田マニア!なんてゴール!」と紹介したゴールシーンには、国内外から大きな反響が。「HINA SUGITA TIME!!」、「いつの間にこんな選手になった?」、「このパス、この仕上げ」などの賛辞が寄せられている。 今冬にINAC神戸レオネッサから完全移籍で加入した杉田は、ここまで9試合に出場。7試合で先発を飾り、この日のゴールがリーグ戦での2得点目となった。 ヨーロッパ遠征に向けたなでしこジャパンのメンバーにも選出されており、24日のセルビア女子代表、27日のフィンランド戦でも攻撃陣の牽引が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】豪快な一撃! 杉田妃和が大量点の口火を切る豪快なジャンピングボレー</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">SUGITA-MANIA! What a FINISH!<a href="https://twitter.com/hashtag/PORvORL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PORvORL</a><a href="https://twitter.com/hina_0_8_2?ref_src=twsrc%5Etfw">@hina_0_8_2</a> | <a href="https://twitter.com/ThornsFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@ThornsFC</a> <a href="https://t.co/UYXxP8HdD8">pic.twitter.com/UYXxP8HdD8</a></p>&mdash; National Women’s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1538605730671910913?ref_src=twsrc%5Etfw">June 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.21 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこ遠藤純がNWSL開幕戦で1G1Aの大活躍!! クラブ創立初勝利に貢献でPOTMにも選出

エンジェル・シティFCに所属するなでしこジャパンのFW遠藤純が加入後初ゴールを含む1得点1アシストをマーク。チームの歴史的勝利に貢献した。 エンジェル・シティは、今季からナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)に参戦する新興チームで、アメリカのロサンゼルスに本拠地を構える。クラブの創設にはハリウッド女優のナタリー・ポートマンやプロテニスプレーヤーのセレーナ・ウィリアムズ、元アメリカ女子代表FWのミア・ハムらが関わっている。 現地時間4月29日に行われた開幕戦のチケットは完売し、2万2000人が会場に足を運んだ。日本国旗も見られるスタジアムには、クラブのアンセムを歌うグラミー賞アーティストのブリタニー・ハワードとティア・Pも来場。クラブにとっての記念すべき第1歩に、遠藤は[4-3-3]の左ウイングで先発出場を果たすと、左足のキックで観衆を魅了した。 開始早々の3分、左CKのこぼれ球を右の深い位置で回収した遠藤は、左足のクロスでチームのリーグ戦初ゴールとなるDFバネッサ・ギレスの得点をアシスト。さらに13分には、中盤からの長い対角のパスに反応して裏を取ると、ボックス左に侵入して左足のシュートを右隅に流し込んだ。 その後エンジェル・シティは1点を返されたものの、逃げ切ってNWSL初勝利を達成。1ゴール1アシストで歴史的勝利に貢献した遠藤は、この試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)にも選出されている。 今冬に海を渡った遠藤は、プレシーズンとなるチャレンジカップの全6試合に先発出場していた。ここまでゴールはなかったが、大一番で結果を残したレフティー。今後の活躍も楽しみだ。 <span class="paragraph-title">【動画】加入後初ゴールも! 1G1Aの大活躍を見せた遠藤純</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Scenes From The Season Opener<a href="https://twitter.com/hashtag/LAvNC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LAvNC</a> presented by <a href="https://twitter.com/Nationwide?ref_src=twsrc%5Etfw">@Nationwide</a> <a href="https://t.co/JTHDExiL3k">pic.twitter.com/JTHDExiL3k</a></p>&mdash; National Women’s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1520515975816306688?ref_src=twsrc%5Etfw">April 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.01 16:04 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル黄金期を築いた元イングランド女子代表DFアニタ・アサンテが引退表明…昨季は岩渕真奈と同僚

アストン・ビラの女子チームに所属する元イングランド女子代表DFアニタ・アサンテ(36)が今シーズン限りでの引退を表明した。 アーセナルの育成組織出身のアサンテは、2003-04シーズンにファーストチームへと昇格した。2000年代に一時代を築き上げたアーセナルの一員として数々のタイトルを獲得し、リーグでは加入後のシーズンから5連覇を達成。2006-07シーズンにはUEFA女子カップ(現:女子チャンピオンズリーグ/UWCL)を含むクアドラプル(※1)も達成し、5シーズンで12個のタイトルを獲得した。 2008–09シーズンにはチェルシーへと移籍し、以降はアメリカやスウェーデンのクラブでプレー。再びのチェルシーを経て2020-21シーズンからは初昇格を果たしたアストン・ビラへ加入。ボランチやセンターバックとしてFW岩渕真奈とともにプレーしている。 イングランド代表としても71試合2得点を記録し、2度のワールドカップ(W杯)、3度の女子ユーロを経験。なでしこジャパンが優勝した2011年の女子ドイツW杯では、日本に唯一土を付けた試合にも出場している。翌年のロンドン・オリンピックにもイギリス女子代表として参加した。 アサンテはクラブ公式サイトを通じ、アストン・ビラへの感謝やクラブへ貢献できたことの達成感などを綴っている。 「ビラでの過去2シーズンは素晴らしい経験であり、次世代のプレーヤーをサポートするための一部となることができました。ミッドランズにビラのような歴史的で大規模なクラブがあることは素晴らしいことであり、非常に野心的な未来があります」 「多くの若い女子がサッカーをしたり、私が経験したような試合での昂ぶりを楽しめるよう、促してくれるでしょう」 ※1 UEFA女子カップ(現:女子チャンピオンズリーグ/UWCL) FA女子ナショナル・プレミアリーグ(現:女子スーパーリーグ/WSL) FA女子プレミアリーグカップ(現:女子コンチネンタル・カップ) FA女子カップ の上記4タイトル <span class="paragraph-title">【動画】アサンテが獲得したトロフィーなどキャリアを回想</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CczSytdjO55/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CczSytdjO55/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CczSytdjO55/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Anita Asante(@neetz2)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.04.26 18:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly