「これは壮大」まるで映画! サレルニターナ・サポーターによる長編コレオが話題沸騰「今まで見た中で最高」

2022.05.25 22:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
このような行為なら大歓迎だろう。最終節で残留を決めたサレルニターナサポーターの演出に注目が集まっている。

22日、17位のサレルニターナ(勝ち点31)はセリエA最終節でホームに12位のウディネーゼを迎えた。

18位のカリアリ(勝ち点29)との当該成績はイーブンで、得失点差で劣るサレルニターナにとって勝利が必須の一戦で、ホームのサポーターは映画のワンシーンのような壮大なコレオグラフィーで選手の背中を後押しした。

試合日を記入したカチンコや、フィルムにカメラなどのコレオが展開されると、続いてスタンド最上段からクラブの歴史を記した横断幕が降ろされる。ショートフィルムのように動きをつけたコレオグラフィーは約10分にわたって展開され、創立の1919年から2022年に達したところで「サレルノで歴史は続く」と締め括られた。

閲覧者からも「このクオリティはエグい」、「これは壮大」、「いくら寄付すればいい?」、「スッゲーーーー!」、「イギリスのファンはこれについてメルトダウンする」、「ここまで手の込んだビジュアルは初めて見たかも」、「今まで見た中で最高のティフォ」などの歓声が上がっている。

これ以上ない声援を受けたサレルニターナだったが、試合は0-4で敗れてしまった。ただ、他会場でカリアリが最下位ヴェネツィアと引き分けたため、サレルニターナは他力ながらも残留が決定した。

苦しみながらの昇格1年目だったが、終盤には3連勝を含む7戦無敗の快進撃を見せたサレルニターナ。最終節でもサポーターの想いが奇跡を起こしたのかもしれない。

1 2

関連ニュース
thumb

敏腕SDサバティーニ氏がセリエAの移籍市場を語る「力強く競争力のあるユベントスを」

セリエA屈指の敏腕SD(スポーツ・ディレクター)として名高いワルテル・サバティーニ氏がセリエAにおける今夏の移籍市場について言及した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 これまでローマやインテル、パレルモなど数多くのセリエAクラブでSDを務め、今季開幕直後まで在籍したボローニャでは、日本代表DF冨安健洋(現アーセナル)を獲得したことでも知られるサバティーニ氏。今年1月に赴いたサレルニターナでは、自身が主導した積極補強が身を結び、最下位に沈んでいたチームを逆転でセリエA残留へと導いていたものの、6月2日に電撃退任し、現在はフリーとなっている。 そんな同氏がイタリア『トゥットスポルト』のインタビューに応じ、今夏のセリエA移籍市場を賑わす選手たちについて自身の見解を述べた。 「ポール・ポクバがどこまで進展しているのか私にはわからない。ユベントスにとっては優先順位が高いようだがね。彼の獲得はセリエAのライバルのみならず、各国リーグに対するイタリアサッカー界の強力なシグナルだ。プロモーション面においてもユベントスの試みが成功することを願っている」 「ゴールを切り開くディ・マリアは良い契約となるだろう。セリエAでもチャンピオンズリーグ(CL)でも、私は力強く競争力のあるユベントスを求めている。私がローマにいた頃、彼らがそうだったようにね」 サバティーニ氏がローマのSDを務めた2011~17年頃はまさしくユベントスの1強時代。イタリアサッカー界の復権のためにはユベントスの復権が重要であると語った一方、今シーズンのボローニャで自身が契約まで漕ぎつけたオーストリア代表のベテランFWや、ベルギー代表FWロメル・ルカクの復帰が噂されるインテルについても言及した。 「マルコ・アルナウトビッチはクレイジーな選手だ。中国でプレーしていた彼の獲得は驚きだったかもしれない。だが、彼は世間のイメージと違って無謀な男ではない。非常に真面目であり、そして意欲的だ。彼は私に、自らがボローニャで違いを生み出す選手となることを約束した。そして実行してくれたよ」 「ルカクはポグバと同じく偉大なチャンピオンだ。イタリアに戻ってくるなら嬉しい。強い意志をインテルに示すだろう。インテルでの彼はまさしくモンスターだった。ミラノでは大きな愛情も感じていただろうし、もう一度戻りたいのだろう」 「エディン・ジェコ? 彼は自らがインテルでサブの選手となることを受け入れないだろう。彼はプレーを愛し、サッカーを愛している。週に3試合をプレーしない限り、多くの喜びをファンに与えることができるはずだ」 2022.06.20 18:51 Mon
twitterfacebook
thumb

サレルニターナ、残留に導いたニコラ監督と契約延長

サレルニターナは3日、ダビデ・ニコラ監督(49)と2024年6月までの2年契約を結んだことを発表した。 ニコラ監督は今年2月にサレルニターナの指揮官に就任。降格圏の19位に沈んでいたチームを引き継いだ中、17位フィニッシュで見事残留に導いていた。 ニコラ監督は2017-18シーズン、クロトーネの指揮官時代、残り9試合で6勝を挙げ、奇跡的な残留劇を演じたことでも知られている。 2022.06.04 00:25 Sat
twitterfacebook
thumb

カリアリが2015-16シーズン以来の降格…サレルニターナはシーズン最終盤の快進撃で劇的残留に《セリエA》

セリエA最終節が22日に行われ、カリアリの降格が決定した。 前節、最下位のヴェネツィアと19位のジェノアの降格が決定した中、この最終節では18位のカリアリ(勝ち点29)と、17位のサレルニターナ(勝ち点31)が残り1つの降格枠を巡る争いに臨んだ。 2ポイントのアドバンテージも、当該成績イーブンで得失点差で劣るサレルニターナは、自力での残留に勝ち点3が必須の状況で12位のウディネーゼとホームで対戦。 開始直後にデウロフェウにゴールを決められて早々にビハインドを背負うと、以降も守備崩壊は止まらず、0-3のスコアで試合を折り返す。前半ラストプレーのPKをGKベレツの好守で凌ぎ、後半の巻き返しに繋げたいところだったが、後半も早い時間帯にロベルト・ペレイラにゴールを奪われた。その後はホームで一矢報いることもできず、0-4での大敗となった。 一方、サレルニターナの取りこぼしを願いながら最下位ヴェネツィアとのアウェイゲームに臨んだカリアリだったが、0-0のドローで試合を終えた。 前半はバランスを意識した戦いを見せ、幾度か決定機を作ったものの決め手を欠いて試合を折り返したアウェイチーム。後半はサレルニターナの3点ビハインドという情報を得てより攻撃的に戦ったが、30本以上のシュートを浴びせかけながらもゴールが遠く0-0のままタイムアップの笛を聞くことになった。 この結果、18位のカリアリは2015-16シーズン以来のセリエB降格が決定。一方、サレルニターナはシーズンを通してほぼ降格圏に沈んでいたものの、シーズン最終盤の3連勝を含む7戦無敗の快進撃によって1年での降格を見事に回避した。 2022.05.23 06:14 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田不出場のサンプドリア、最下位サレルニターナに敗れて3連敗《セリエA》

サンプドリアは16日、セリエA第32節でサレルニターナをホームに迎え、1-2で敗れた。サンプドリアのDF吉田麻也はベンチ入りも出場しなかった。 2連敗中の16位サンプドリア(勝ち点29)は前節ボローニャ戦で後半半ばから出場した吉田が引き続きベンチスタートとなった。 最下位サレルニターナ(勝ち点16)に対し、サンプドリアは開始4分に失点する。右CKからファシオにヘディングシュートを決められた。 さらに2分後、ハーフラインからボヒネンにボックス左まで持ち上がられてシュートを決められ、一気にリードを広げられてしまう。 2点を追う展開となったサンプドリアが前がかる中32分、ルーズボールに反応したボックス右のカプートがシュートを決めきり、1-2として前半を終えた。 迎えた後半もサンプドリアが押し込む展開となったが、ゴールを奪えずに1-2で敗戦。3連敗となった。 2022.04.16 23:32 Sat
twitterfacebook
thumb

最下位に逆転勝ちのローマ、モウリーニョは本拠地の雰囲気に感嘆「選手たちは責任を感じなければ…」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、サレルニターナ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 10日、セリエA第32節でサレルニターナをホームで迎え撃ったローマ。22分に先制を許してしまい、1点ビハインドで試合を折り返す。 しかし、81分にFWカルレス・ペレスが同点弾を挙げると、85分にはDFクリス・スモーリングが逆転ゴール。2-1で勝利し、リーグ3連勝を挙げると同時にリーグ戦無敗を「11」まで伸ばした。 モウリーニョ監督は試合後、過密日程の中でも3ポイントを掴み取ったことを喜んだ。 「チームは疲れていた。木曜日と日曜日にプレイするのは簡単ではない。アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニもきっと同じように考えていたはずだ。主にアウェイでプレーする場合には、移動があるので中2日でのプレーは困難だ」 「フレッシュな選手で勝負を変えた。間違っていなければ、一度に3枚の交代をしたと思う。後半はチームに活力を与えるような戦力を投入した」 「サレルニターナは持っているものすべて、そしてそれ以上のものを偉大なる名誉と野望を持ってこの一戦で見せた。しかし、その守備の激しさを90分間持続させることも難しかった」 「最終的に我々は勝利に値していたと思う。なぜなら、たとえ良いプレーができなかったとしても、最後まで本当に勝ちたいと思っていたからだ。しかし、サレルニターナは我々にとって非常に難しい存在となった」 また、逆転勝利を後押しした本拠地スタディオ・オリンピコの雰囲気についても言及。対戦相手のファンも含めた満員の舞台に感嘆した。 「スクデットを獲るためにプレーしているわけではないのだから、選手たちはファンに対してもっと責任を感じなければならないだろう。本当に信じられないことだ。そして、木曜日には再び今夜のようにスタジアムが満員になり、決戦に臨むことができるのは素晴らしい」 「今日は、あまり良い状況にないサレルニターナのファンの応援もとても良かった。5、6千人でアウェイの地に来て、自分たちのチームを応援するというのは、何て素晴らしいことだと思う。愛と情熱とはそういうものなんだろう」 2022.04.11 12:47 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly